情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

Linux等でswap領域を無停止で開放し再初期化する

2021-01-17 05:07:57 | Linux
Linuxデスクトップを常用しています。長期間無停止で使っていると、アプリをほとんど使っていないのに、何故かスワップ領域が開放されないことがあります。

無停止でswap領域を開放することは簡単です。

■swap領域の消費が激しいママ
約1Gの領域が775Mほど使われています。実RAMは約10Gで、約6.4Gほど余裕があります。全部RAM上に乗ってもおかしくない状況です。
takumi@taniubsd:~$ free
total used free shared buff/cache available
Mem: 10089108 2998800 5868592 442560 1221716 6361992
Swap: 999420 774528 224892

■swap領域を一旦利用停止し、再度利用設定する
takumi@taniubsd:~$ sudo -i
root@taniubsd:~# swapoff -a && swapon -a

■結果の確認
期待通り、swap領域の消費は0=ZEROになりました。余裕領域も減り、期待通りの動きです。
root@taniubsd:~# free
total used free shared buff/cache available
Mem: 10089108 3557248 5135240 591812 1396620 5654296
Swap: 999420 0 999420
root@taniubsd:~#


いつもアクセスありがとうございます。
Linux等でswap領域を無停止で開放し再初期化する方法を共有します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2021年の匠技術研究所の取り... | トップ | ヤマハ UTMアプライアンス『U... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux」カテゴリの最新記事