自然からのたより

四季の生き物たちの命の輝きを写真でお伝えします。

マゼランカモメ幼鳥とミナミオオセグロカモメ

2017-10-02 00:00:33 | 南極探鳥記
マゼランカモメ幼鳥は頭部と嘴の先と足は黒で地味でした。

地味な幼鳥



警戒心ゼロ



することもなく



空を見上げる



ミナミオオセグロカモメは体が大きく何かを咥えて遊んだり、大きな声を出したりと、目立ってました。
◆ ミナミオオセグロカモメ  チドリ目カモメ科  58cm  Kelp Gull  126S1

木片を銜えて



鳴いてます



周りには仲間はいません



■ 南極 プチ情報

シー・アドベンチャラー号も停泊、船の甲板には喫煙所がありました。喫煙所



ウシュアイア港



中央の丸窓が私の部屋です





『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マゼランカモメ成鳥 | トップ | アカエリシトド山岳亜種 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

南極探鳥記」カテゴリの最新記事