自然からのたより

四季の生き物たちの命の輝きを写真でお伝えします。

バイオミミクリー

2010-09-27 09:43:19 | 実と種
バイオは生物や生命、ミミクリーは真似をする意味のミミックという単語の名詞形で、2つの単語をあわせた造語です。(Biomimicry)
つまり、生物の真似をして最先端の科学技術を開発することをいいます。
古くは飛行機の翼はトンボの翅と鳥の翼を、マジックテープはひっつく種を、それぞれ参考に作られたそうです。
生き物の巧みさは人間の知恵をはるかに凌駕していて、毎日が発見の日々です。だから地球上に存在するすべての命は貴重なのです。
というわけで、ひっつく種を写してみました。

種を包むさやの形が盗人の足跡に似ているというのですが、ヌスビトハギの種:マメ科



ヌスビトハギの種の表面にはちいさな突起が多方向にあり、よくくっつきます。



黄色の小さな花をつけますが、花に比して種が大きいです、キンミズヒキ:バラ科



キンミズヒキの種の表面の突起もかぎ状になっていて、付きやすい構造です。


次世代テレビは液晶から構造色を使ったものになるそうです。構造色としてはモルフォチョウ、タマムシなどが有名です。

■ お知らせ ■
右側の最新フォトチャンネルに今までのトピックスをまとめました。どうぞクリックしてお楽しみください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春のきざしⅤ

2009-01-26 14:23:55 | 実と種
大好きなトキリマメも鞘にまだ残っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅立つ種Ⅰ

2008-12-19 15:26:32 | 実と種
テイカカズラは森の樹にからんで樹上までのびるつる植物で、通常は樹上で花を咲かせるので、花や種はなかなか見ることができません。夏に鞘ができ、初冬の乾燥期に鞘がはじけてきれいな種が現れます。

長い鞘(200mm)の中におさまる種(茶色の部分で20mm)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅立つ種Ⅱ

2008-12-19 15:25:36 | 実と種
種の頭には長い綿毛があり、風で飛んでいきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅立つ種Ⅲ

2008-12-19 15:24:43 | 実と種
繊細な綿毛。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加