自然からのたより

四季の生き物たちの命の輝きを写真でお伝えします。

帰国しました

2015-11-14 05:15:20 | ラップランド探鳥記
帰りはジェット気流もあり、やや早めに成田に着きました。ここからが長かったでした。
撮りためた10000枚余の写真整理が大変でした。カメラの時間は日本時間だったからで、現地時間を考えながら久しぶりに頭をフル回転させました。

これでラップランド探鳥記を完結しました。長い間ご覧いただきありがとうございます。「森の自然誌」「野鳥」「探鳥記」にラップランド探鳥記としてまとめましたので、こちらもご覧ください。

38ゲート 17:25東京行き。



ヘルシンキから東京へ、 AIRBUS A330。



夕食:左奥におそばがあったのですが、写真を撮る前に食べてしまった、美味しかった!!



朝食、卵焼き。食事はあまりよくなかったですが、ビールやワインが無料でした。



JAL の後ろの派手なペイントの飛行機が搭乗機の FINNAIR。



入国手続き。



麻薬犬が活躍していました。この後、手荷物を宅急便で送ってゆっくり帰りました。


コメント (4)

帰国まで

2015-11-13 05:07:05 | ラップランド探鳥記
最後に日本に帰るまで13時間ありますので、その過程をご報告します。

イバロ空港。



チェックインカウンター。



搭乗口へ。



12:05発ヘルシンキ行き。



幼児用カート。



AIRBUS A320。



搭乗口が2つあります。



イバロ空港。



管制塔。



満席でした。



地方の小さな空港です。



ヘルシンキのヴァンター空港到着。



とても人が多かったでした。



ムーミングッズが。



フィンランド時間15:19:38。



フィンランドと言えばシベリウスの「フィンランディア」です。



6月から8月中旬までが夏休みだそうですから、楽しい時期なのでしょう。



これはなに?



ラップランドってこんなところ?



日本食レストランがありました。



寿司とそば。



オーロラが誘う冬のラップランド。


コメント

ホオジロガモの雛たち

2015-11-12 05:05:20 | ラップランド探鳥記
対岸に4羽のホオジロガモの雛たちが座っていました。
■ ホオジロガモ  カモ目カモ科  45cm  Goldeneye

ホオジロガモの雛たち。



お行儀よく座って。



でもキョロキョロ。



すごく可愛い!



お母さんのようです。



でも雛には近づきません。



ちょっと緊張してます。



■ ラップランド プチ情報

カモ用の巣箱、いろいろなサイズの巣箱が各所につけられていました。自然への関心の強さを感じました。

コメント

続キアオジ♂夏羽

2015-11-11 05:03:12 | ラップランド探鳥記
パトナー募集中のようでした。

虫でも見つけたか?



飛びました。腰羽が茶色です。



フライングキャッチ?



腰羽と尾羽、よく見えました。



飛びます。



林を飛び回りました。



こちらをちらり。



キョロキョロ。



正面凝視。



よく鳴きました。



いいパートナーを見つけてね。



■ ラップランド プチ情報

横断歩道と一時停止。



制限速度40kmを解除。



バス停。



西洋人は自転車好きです。

コメント

キアオジ♂夏羽

2015-11-10 05:49:41 | ラップランド探鳥記
全身黄色のアオジ、とてもきれいでした。ヨーロッパ全域に生息し、北極圏で繁殖します。 初見初撮り。
■ キアオジ  スズメ目ホオジロ科  16cmm  Yellowhammmer

夏羽♂登場。



頬の茶色がアクセント。



尾羽の裏は白いです。



何?



興味津々。



「ピッピッ」と鳴きました。



リラックスしているようで。



歌ってます。



横を向いて。



気持ち良さげ。



大きく開いて。



■ ラップランド プチ情報

ゴミ分別用の容器。



蜘蛛巣型の物干し。

コメント