成り行きアラカルト日記

人生は成り行きでありますが、日日是好日と考えて、日々の出来事を凡人の視点でアドリブ的に記載したいと思っております。

56才ラサール石井、24歳と再婚!何回もやり直しがきく?

2012-01-31 15:52:45 | 三面記事的
56歳ラサール石井 24歳と再婚(日刊スポーツ) - goo ニュース

 そう言えば、NHK連続テレビ小説「カーネーション」でも、若い女性と結婚する役でありました。

 32歳の歳の違い。最近は年齢差は余り気にしない時代なのか、芸能人だからなのか、どうなんでしょう。

 年の差結婚と言えば、ブログにも載せた「俳優・寺田農」が訴えられている事件もあり、トラブルがなければいいのですがね。

 彼は、79年に劇団員女性と結婚。前妻は「コント赤信号」がブレークする前の下積み時代を支え、27歳と26歳になる2人の娘

 さんがいましたが、昨年1月に離婚で32年間の結婚生活が終わられたわけです。

 色々と浮気などのスキャンダルもあったようですが、やはり、女性には懲りず、結婚されるわけで、「結婚欲」がおありです。

 真面目なお方のようだから、離婚時も前妻さんと娘さん達にはきっちりとされたと思います。

 おめでとうございます。

 無事に、死に水をとってもられるところまで添い遂げられんことを祈ります。


 ところで、今日の産経新聞夕刊に「講演会 手塚治虫と教育を語る」というのに、石井さんの講演趣旨が載っていました。

 彼が少年期に影響を受けたのは、手塚治虫と、かの有名だった「入江塾」の塾長の入江伸氏だったとか。

 その入江氏は「人間七分、学力三分」と人間を鍛えろとのこと。人間を磨け、合格、不合格の分かれ目は人間だから。

 そして「この世の中ほど甘いものはない」と言われたと。

 大人は「現実はそんな甘いものではない」と言うが「現実は甘いもので、何回もやり直しがきく。挑戦して失敗するのは

 仕方が無い。やらないで後悔するより、やって失敗するほうが身のためなる」ということだそうだ。

 入江氏独特のエリクソン流の催眠誘導だったのだろうか。それとも、本音と建前が混乱されていたのか。

 入江氏は後に塾を止められるときに、色々と述べられた。後悔もあると言われたなあ。

 僕が思うに、「一部の人間にとっては、この世の中ほど甘いものはない」ではないだろうか。

 橋下大阪市長が話題にする「教育」とか「学力」って何だろう?という疑問が常に僕の頭の中にある。

 その言葉だけが情報となって混乱が起こるのではとも思う。

 頭の中の「教育」「学力」「能力」などの定義は、人それぞれかなりの違いがあるんじゃないだろうか。 
コメント (6)

1月30日(月)のつぶやき

2012-01-31 04:00:04 | 雑談
22:06 from gooBlog production
俳優・寺田農、事実婚女性が提訴? goo.gl/raX3Q

23:11 from web
明日の朝食と夕食は何とか自分で。朝早く、ワイフは福井の美山へ。もちろん、写真である。三脚、カメラ2台もって雪の中。元気で趣味の世界。僕はまだまだ仕事の世界。まあ、ワイフが元気で僕より長生きしてくれたら嬉しいしね。

23:15 from web
さ~寝ます。と言いながら寝付かれなく読書などすると、脳内が活動して覚醒系になり悪循環。グッドミンのんで、布団に入り目をつぶることにします。おやすみなさい。良い夢を!

by susan8181 on Twitter
コメント

俳優・寺田農、事実婚女性が提訴?

2012-01-30 21:57:57 | 三面記事的
寺田農、事実婚女性が提訴へ「恨みと憎しみ」(サンケイスポーツ) - goo ニュース

・・・・一昨年12月に35歳下の一般女性と再婚した俳優、寺田農(69)を相手取り、10年近く事実婚状態にあったとする55歳の女性が婚約不履行で東京地裁に民事提訴する準備を進めていることが23日、分かった。24日発売の「週刊女性」が報じている。・・・・

 色々と背後には複雑な事情はありましょうが、男女の関係はきれいにしておかなくては

 ねえ。

 個人的に、俳優、寺田農さんが好きなので何だか複雑な心境だ。

 35歳下の女性と再婚されたニュースには、彼の元気さに驚いたが、

 今度もびっくりだなあ。

 女性の話が本当だとすると、揉めるに決まっているでしょうにね。

 肝っ玉が太いんでしょうね。良いにしても悪いにしても。

コメント (2)

1月29日(日)のつぶやき

2012-01-30 03:53:18 | 雑談
13:27 from Keitai Web
大阪国際女子マラソンを観ています。観るとテレビの前から立てないなあ。ただいま、折り返し点をトップが。囲碁トーナメントは録画してますので、あとで観賞。

13:29 from Keitai Web
個人的には、福士選手がどうなんかと気になってました。

13:33 from Keitai Web
重友か福士か?で決まりますが、どこでどちらが、仕掛けるのか、興味深い。

13:54 from Keitai Web
天満屋の重友梨佐選手が単独トップ、ワコールの福士加代子選手遅れる。福士雪辱ならずだなあ。重友で決まりだな。あとは記録がどうか?野尻二位へ。福士またまた落ちる。

14:33 from Keitai Web
大阪国際女子マラソン、天満屋の重友梨佐選手が優勝!!

by susan8181 on Twitter
コメント

かっくんは微熱ありますが

2012-01-29 14:09:14 | 雑談
誕生日にもらったメガトンダンプで一人遊びを堪能してます。
インフルエンザ検査は陰性でしたが、おそらくインフルエンザだろうとのことで薬をもらいましたが、のむのを嫌がりました。なんとか甘いものでごまかしてのませたとのこと。元気でなにより。
コメント

かーちゃんは

2012-01-29 14:00:46 | 雑談
インフルエンザ回復中!団扇を持って、日なたでくつろいでいます。元気になって良かったよ。
コメント

1月28日(土)のつぶやき

2012-01-29 03:56:03 | 雑談
16:09 from Keitai Web
坂本龍一の「音楽は自由にする」は面白い。教授の幼少期から現代にいたる自伝的エッセイだか、また彼が生きて学んで活動してきた時代の音楽の流れがわかる本である。ドビッッシーの影響を強く受けたこと、そのドビッッシーはガムラン音楽の影響ありは興味深い。

17:20 from Keitai Web
今日は電車通勤。問題は、職場から駅までが渋滞していて、送迎バスが乗りたい電車に間に合うかだ。しばしば、1分遅れで乗れないことがある。(-.-;)駅構内を走って乗れる場合もあるが、息切れで苦しい。

17:42 from Keitai Web
てっきり間に合わないかなと思っていたが、5時39分の急行に乗れた。多少息切れしてます。歳だなあ。f^_^;

17:53 RT from Keitai Web
【お知らせ】昨日の「障害萌え」「欠損フェチ」に関する連続ツイートを、@inoue_yasu さんがTogetterにまとめてくださいました。「みんな身体的特徴についてどう考えてるの?」ぜひ、ご覧ください! togetter.com/li/248298
乙武 洋匡さんのツイート

by susan8181 on Twitter
コメント

13階段/高野和明

2012-01-28 14:27:01 | 書物
先輩が面白いからと貸してくれた高野和明の「ジェノサイド」はなかなかのものだった。その先輩は、ある作品が気に入ると、その作家の本をあと2冊は読むことにしているとのこと。
そんなわけで、高野和明の「13階段」も読みませんかと僕の手に。買おうかなと思っていただけに嬉しい。得した気分である。
この作品は、第47回江戸川乱歩賞受賞作である。死刑囚の冤罪を晴らそうとする刑務官と前科あり刑務所を仮出所した青年。処刑までの時間はない。アメリカ映画でもあったような筋立てだか、果たして高野和明はどんな風に料理したのか楽しみだ。昨日から読み始めている。
コメント (2)

1月27日(金)のつぶやき

2012-01-28 04:00:10 | 雑談
00:24 from web
さ~寝よう。毎朝、今日は早く寝ようと決心するけど、なかなかできないんだなあ。意志が弱いというか・・・。今夜もグッドミンを服用。良い睡眠を取ろう。朝気持ちよく起きて仕事に行きたいものだ。おやすみなさい。

14:49 from Keitai Web
熱を出していた孫娘が今日小児科受診。インフルエンザとのこと。この寒さもあり、幼稚園でうつったかな。あとは長男夫婦と弟、妹に感染しないことを祈るのみ。当の孫娘、マスクさせられ一人にさせられて寂しいらしい。(-.-;)

22:58 from gooBlog production
ナシ婚増加時代 blog.goo.ne.jp/susan8181/e/ba…

by susan8181 on Twitter
コメント

ナシ婚増加時代

2012-01-27 22:48:17 | 三面記事的
結婚式はウェディングプランナーで選ぶ“ナシ婚”時代の結婚式事情(ダイヤモンド・オンライン) - goo ニュース

 ・・・・1月1日に発表された厚生労働省の人口動態総覧によると、2011年に結婚した夫婦の数は約67万組。これに対して、経済産業省の「特定サービス産業実態調査」(05年調査)によると、年間の結婚式(挙式・披露宴)は、約35万件にすぎない。・・・・


 色々な事情で結婚式をあげない男女が増えているのは事実のようだ。

 無理しない、自分の経済状況も考えて、ほどほども知っている若い人がいるってのは安心だが・・・

 何だか少し味気ない気もします。

 結婚は社会的なものだから、歴史的にも「儀式」は必要なものかもしれない。

 僕の個人的な思いは・・・

 お二人さんだけでもいいから、神社や教会なりで式だけでもあげたほうがいいのではないかなと。

コメント (2)