成り行きアラカルト日記

人生は成り行きでありますが、日日是好日と考えて、日々の出来事を凡人の視点でアドリブ的に記載したいと思っております。

瓶の裏には、万葉集の和歌が!

2006-11-30 19:09:31 | 雑談
越の海の手結が浦を旅にして見ればともしみ大和思ひつ
・・・いったい誰の歌でありましょう?
コメント (2)

今夜の晩酌は「大和思ひ」

2006-11-30 19:01:44 | 雑談
奈良県生駒市の中本酒造店の山鶴・純米大吟醸であります。精米歩合が50%です。その意味では大吟醸山鶴は40%だから、どうなのかな?わかりましぇーん。
コメント

自民の復党問題・・・小泉さんは復党容認

2006-11-29 23:59:56 | 三面記事的
小泉前首相、復党容認「白旗上げたのだから認めれば」(朝日新聞) - goo ニュース

 まあ、考えるに自民党は古い村会議員体質でありますから、ころころと気持ちが変わってもいいんじゃないですか。人の心は変わりますし、「君子豹変す」という言葉もありますし。
 「矜持」ということから考えると、なんとも言えないですが、皆さんは日本の為にと真剣に考えられてのことだと思います。
 ちなみに、僕は今度の選挙では自民党に投票しません。すいません。
コメント   トラックバック (1)

映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす」1942年イタリア

2006-11-29 22:25:01 | 映画
 「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(The Postman Always Rings Twice) は1934年に出版された、ジェームズ・M・ケインの小説の題名である。共謀して夫を殺した妻とその愛人の関係を描いているが、過激な性の暴力の描写が話題になった。実際の事件が元になっているという。1946年にはケイン自身がこの作品を戯曲化し、ブロードウェイで上演もされたとのこと。
 映画化は3度されている。1942年は、ルキノ・ヴィスコンティ監督で映画化された。舞台はイタリアになっており、彼の初監督作品である。
1946年にはテイ・ガーネット監督で映画化された。ジョン・ガーフィールド、ラナ・ターナー主演。日本では劇場公開されなかった。
1981年にボブ・ラフェルソン監督で映画化された。ジャック・ニコルソン、ジェシカ・ラング、マイケル・ラーナー等が出演している。これは、日本でも話題になった。

 今夜は、NHK衛星第二で1942年の作品が放送された。最初はなんだかなあと観ていたが、やはり引き込まれますね。白黒でも飽きないし・・・。よけいに新鮮な感じがしました。
ジャック・ニコルソンとジェシカ・ラングが出演の1981年作品は、露骨な性描写が宣伝されて、台所で立ったまま犬のようにするセックスが記憶に新しいが、 ルキノ・ヴィスコンティ監督の作品は、庶民を描きながらも気品がありますね。そこが、貴族の家庭に生まれ、芸術的環境で育った彼らしいかな。

[映]「郵便配達は二度ベルを鳴らす」
11/29 20:00 - 22:25
衛星第二
(1942年イタリア)(字幕)
郵便配達は二度ベルを鳴らす◇42年、伊。マッシモ・ジロッティ、クララ・カラマイ。アメリカ人作家J・M・ケインの同名小説を映画化。イタリアのポー川沿いのレストランに流れ者の男性がやって来た。夫の営むその店で退屈な毎日を送っていた妻は男性と関係を結び、夫の殺害を企てる。ルキノ・ビスコンティ監督。(字幕)
出演者:
ルキノ・ビスコンティ 
マッシモ・ジロッティ 
クララ・カラマイ 


コメント

宮崎県の№3が逮捕へ・・・・知事さんは大丈夫か?

2006-11-29 21:45:23 | 三面記事的
宮崎県出納長を逮捕へ 落札業者指示の疑い(朝日新聞) - goo ニュース

・・・・調べでは、江藤出納長は、県土木部長の藤本坦(ひろし)容疑者(59)らに指示して、05年11月、県宮崎土木事務所が発注した「県道鰐塚山田野(わにつかやまたの)停車場線」災害復旧工事の橋梁(きょうりょう)設計業務の指名競争入札で、設計コンサルタント会社のヤマト設計(東京都)に落札させた疑い。
 この過程で江藤出納長は藤本容疑者に対し、「ヤマト設計に総額で8000万円くらい、受注させられないか」などと具体的な指示を出したという。
 事件では、藤本容疑者に加え、土木部次長の柴岡博明(58)、道路保全課長の黒木勝男(57)の両容疑者ら県土木部幹部3人、ヤマト設計社長の二本木(にほんぎ)由文容疑者(56)、安藤知事の「政治指南役」で元国会議員秘書の石川鎮雄容疑者(68)ら計11人が逮捕されている。・・・・・

 すでに11人が逮捕されているが、12人目が出納長でありましょうか。真偽は別にして「疑われるような行動」があったというだけで、既にその地位にはふさわしくないとしたものです。
 昔の人は、疑われるだけで恥辱と感じて、腹を自ら切って潔白を証明したようですが、そのような根性ある人はいないだろうなあ。
 そのような覚悟ある人に行政とか政治をしてほしいです。

コメント

井川 ヤンキースが交渉権!30億円で落札

2006-11-29 18:55:10 | 阪神タイガース
井川、ヤンキース交渉権 阪神ファンびっくり 「結構大物やんか」(産経新聞) - goo ニュース

 30億円でヤンキースでしたか。少し驚いたけど、レッドソックスに松坂の交渉権を60億円で取られましたらか、井川は是非とも取りたかったのでしょうね。しかし、ヤンキース入りが決まれば、松井と井川が同時に観られ、対レッドソックス戦で松坂が投げると、益々面白いシーンが見れそうですね。阪神フアンとしては、やはり、松坂には投げ勝ってほしいですね。頑張れ井川
コメント (2)   トラックバック (17)

「バンザイサイダー」飲んでみたいです。

2006-11-28 23:29:06 | 三面記事的
幻の「バンザイサイダー」復活 日露戦争中に発売(朝日新聞) - goo ニュース

「バンザイサイダー」という名前は初めて聞きました。明治時代に長崎市の外国人居留地で作られたサイダーらしく、日露戦争中に「バンザイサイダー」の名で売り出され、外国船の寄港が激減した第1次大戦直後に姿を消していたとか。長崎の歴史がそこにはありますね。

・・・・復活させたのは長崎県酒販(本社・長崎市出島町)。長崎の歴史を勉強していた社員がバンザイサイダーの存在を知り、思いついた。
 元祖の製造元「バンザイ清涼飲料水会社」は日露戦争が始まった直後の1904年、長崎市で海運会社「R・N・ウォーカー商会」を営んでいた英国人ロバート・ウォーカー氏が外国人居留地にあった倉庫を使って創設した。・・・・・

 ぜひ飲んでみたいなあ。僕らの子供時代は、「ラムネ」「アップル水」が駄菓子屋で売られていた。それと何か分からない、オカシな「コーヒー」や「ジュース」類が瓶で売ってました。そんな中で、「三矢サイダー」でしたか、あれは飲みたいものだったかな。「バヤリースオレンジジュース」も高級品でしたか。そんな時代から、粉ジュースもあったかな。そのうちに「ワタナベのジュースの素」などができました。そうそう、「ニッキ水」もあったかなあ。ああ懐かしい。

コメント (5)   トラックバック (3)

大酒飲みは自殺に注意とか!・・・・3合以上で2.3倍

2006-11-28 22:12:32 | 心のこと
大酒飲みは「自殺要注意」 「3合以上」で2.3倍(朝日新聞) - goo ニュース

 とりわけ不思議な結果でもないと思います。昔から、毎日3合を飲むような人はアルコール依存症になりやすいと言われていますし、アルコール依存症は「消極的な自殺」であるという論点は以前から言われております。アルコール依存症とウツとの悪循環もありましょうし、統計学的には「自殺要注意」かもしれません。しかし、統計学で人生を生きていくわけにもいかないでしょうから、まあ楽しく飲むことでしょうね。自棄酒はやめる。禁酒日は儲ける。心のしんどさを酒で誤魔化すことややめる。以上は大事だろうなあ。
コメント

落ち葉の上の愛娘2

2006-11-28 16:23:26 | 雑談
愛娘も秋はどこにあるのかな?と思ってるかな。今年は暖かくて嬉しい愛娘である。何故か横向くんだな。横顔が自慢なのか?
コメント (2)   トラックバック (1)

落ち葉の上に座る愛娘1

2006-11-28 16:17:59 | 雑談
芝生の上は落ち葉だらけです。何故か座りたがる愛娘です。なかなか美人や!
コメント