心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

やったー、おめでとう♪

2018年02月17日 | ほんのすこし
今日はなんて日だ!
何度も母に言った。
昨日のフィギュアショートプログラム、母とふたりで見る事にした。どきどきしながら見ていて羽生くんが滑り終わったあと、ふたりとも「ほぉ~」とため息をついた。
良かった、何事もなく済んで。そして以前の優美な滑りを見ることができて。
そう思った昨日だった。
そして今日。
午後の演技に間に合うよう、早めに買い物を済ませて母の所に行った。
お昼を食べて、ふたりでテレビの前に待ち構えていた。
羽生くんが滑る前から何人も見ていた。母が
「ほら、お前が好きだという人が出るよ」って。そうそう前にわたしはパトリック・チャンが好きだといったことがあったのだ。それを母は覚えていて、何年経ってもわたしが彼のファンだと思っている。まあ彼のことはいいなとも思うけど。母が思うほどではないとわたしは思っている。でも母の印象を否定する気はさらさらない(笑)。
今日の彼の演技もまた素敵だった。母も
「この人はジャンプ以外の手の動きとかいいね~」と目を細めていた。曲に合っている振り付けの良さというか、曲を演じる美しさというか、そういうものに惹かれる。

でも、なんといっても羽生くん。母がずっと応援してきた羽生くんがあのケガを乗り越えてショートでもすごい点数を出して、今ここにいるんだよ。
ふたりでどきどきしながら見ていた。
母はその前の選手の演技にはあれこれと感想を言うのだけど、わたしはその都度合いの手を挟んでいたのだけど。
もう羽生くんのときには何も応えなかった。母もわたしの様子を見たのか黙っていた。ふたりで固唾をのんで画面を見る。どうか最後まで滑りきってほしい・・・それだけを祈っていた。

演技終了後、羽生くんが滑り終えたあとの達成感を味わう姿に拍手の嵐を送った。

そして宇野くんも最終滑走で登場。最初の四回転が失敗だったけど(そのとき母が「最初を失敗するとその後うまくいくもんだよ」と言った)、その後は最後までやり遂げた。母の言う意味がなんとなくわかった気がする演技だった。
羽生くんと宇野くんワン・ツーでメダル! すごいよ。

もうずっとふたりで今日の奇跡のような時間を振り返っていた。
途中でスマホに速報が入った。将棋の藤井君があの羽生さんに勝利したという速報だった。母に知らせると「六段になったのか?」という。
いや、決勝で勝たなければねと言った。
ところが、だ。母のところから戻ったらなんと藤井くん、決勝で勝ったではないですか!
すごいすごい、中学生で六段ですよ!
もう、今日はなんて日なの。
フィギュアスケートでは羽生くんが66年ぶりという大偉業をなし遂げるし、将棋界では藤井くんが中学生という若さで六段になるという。しかも五段になってから15日しか経っていないのに。
こんな若い力がいまの日本にはあるんだね~

最高の嬉しさを与えてくれてありがとう。
おっと、母に知らせなくちゃ。藤井くんが六段になったって♪

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオを聞くようになりました

2018年02月15日 | ほんのすこし
最近、スマホにNHKの「らじる★らじる」を入れていて。
それをかけながらパソコンに向かったり、作業をしたり。たまにBOSEのミニスピーカーに飛ばしていい音源で聞いたり。

前はコンポでラジオを掛けたりしたけど、どうもわたしの住んでいる場所は電波がよくないのかラジオを聞くのが大変でした。だからほとんどラジオを聞くということがなかったのです。
それがスマホで聞くと全然心配無用♪
どちらかというとFMよりも第一、第二を聞いている。今は第一の「すっぴん!」川島明さんの低音の声にしびれながら(笑)。
これも母の影響。母のところではテレビに飽きるとラジオをかけていることが多いので、わたしも一緒に耳を傾けることがあります。そのときにこの川島明さんの声を聞いて、もうファンになりました。テレビでもコメンテーターとして出演していますが、彼が発言すると母もわたしも「いい声だね~」とうっとり? 気分に。

声のいい人は得しますね。顔は二の次です(笑)。
声と言えば、親子というのは声が似るものでしょうか。
娘とわたしの声もよく似ていると言われます。ただわたしと母の声が似ていると言われたことは無いような気がします。どこがどう違うのかなあ。

第一ではなく第二放送を聞くこともあります。
BGMとして。
スペイン語や英語、はたまた韓国語、中国語など語学レッスンの番組が多いのですが、勉強しているわけではなくただ流しているだけです。だから頭の中にはちっとも入っていません。でもそれでも聞いているだけでなんだかちょっと外国語に慣れた気分を味わえます。頭に入っていないので、次の番組になるとさっぱり忘れているのですが。
ラジオって他の作業をしながら聞くことが出来るので(聞いているとは言えないけど)、時間を有効に使っている気分を味わえるなあと最近思っています♪

さて、今日も朝から寒いです。薄いグレーの空、雪が降り積もった隣の屋根を見ていると夜中の冷え込みで雪の表面が固まっているのがわかります。屋根の雪下ろしは大変だろうなあ。
この寒さ、今年はいつまで続くやら・・・

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

光と影

2018年02月14日 | 朝のことば&つぶやき
※※※

相反するものが
つかず離れず

そのものはそこに在るだけで
付随するものに
ふたつのものが存在するという

光と影

わたしの光はどこだろう
わたしの影はどこだろう

夢に出てきたわたしは
冷たい人間だった
置き去りにして生きようとしていた
自分が可愛くて
自分が良ければそれでいいと
そんな人間だった

もしかしたらこれが本当のわたしか

「だれか!」と叫んだ声で目が覚めた
夢だと知って
でも夢を見るということは
どこかで本当の自分がそこにいるような気がした

現実が光だとは限らない
夢が影だとは限らない

わたしには光も影も
どっちもついてまわるのだろう

※※※

さらさら さらさら
凍った上に滑るように粉雪が降りていく
危ないよ
こういうのが一番危ないよ

きれいだと思っても
下にあるものは違うかもしれない

用心するにこしたことはない

さらさら ということばは
いかにも軽げで明るい
その下の氷の冷たさが待ち受けていることを
おくびにも出さずに
軽く音もなく
降り積もる

※※※

おぉ、怖っ
今日はなんてつぶやきだ!(笑)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高揚感

2018年02月13日 | ゴスペル
昨日は月一のゴスペルレッスン。
いつもは日曜日が多いけど、三連休に当っていたので月曜日に。
月曜日だったので、普段参加できないでいた方も久しぶりに参加。そしてソプラノのメンバーも久しぶりに参加した方もいて。
いつも以上に人数が多くて、音楽室が暖房が必要ではないほど暑く感じられた。人数が多くしかも声を大きく歌うというと部屋の温度が上がるということが証明された(笑)。メンバーが先生に
「暑くないですか?」というと、先生が笑いながら「脱げばいいのよ♪」と答えたので、皆爆笑。

そんな和やかな雰囲気でレッスンは進む。
声ならしに「OH! Happy Day」を。相変わらずソロのHさんの声が素晴らしい。先生の指揮を見ながらメンバーは声のメリハリをつける。
前よりずっと曲に深みが出てきたように思える。指揮を良く見ることは大事だなと思った。

その後は新曲『Praise The Lord Everybody』の練習に入った。
先生から模範CDを頂いていたのだけど、練習日に会場に向かう運転時間に聞いただけ。しばらくCDを聞く時間を持たなかったことを後悔する。
日頃の練習を忘れるのがどうも悪い習慣だ。慌ててレッスンの前に聞く。この悪循環を断ち切るべく今年はしっかりやろう・・・

この曲、途中で早くて歌詞をうまく歌えない。先生の発音説明を聞きながら、それでもなんとかついていこうとした。
ソプラノから順番にレッスン。丁寧に教えてもらえるので曲の流れがつかめる。ある程度覚えた頃、通しで皆で歌う。まだ歌詞は不十分だけど、曲の感じはつかめていく。そして何度か繰り返し。
そのうち間奏部分にはステップが入る。
あっ、このステップ格好いい・・・間違わずに覚えたい♪

そんな風に時間が経ち、二時間もあっという間に終わろうとする。
最後に歌詞を見ないで先生の指揮を見ながら歌う。歌詞はうろ覚えだが、先生の口元を見ながらなんとか歌う。
最後の最後は皆ほとんど歌詞を見ないで指揮に合わせて歌っている。だんだん声が揃ってくる。カモ~ン! の合いの手が入る場所とか、思い切り声を出す。
気持ちいい!
身体が熱い。
なんだか身体の中心から熱いものがわき上がるような。
これって高揚しているってことだよね?
隣のメンバーと顔を合わせ、笑顔になる。「気持ちよかったあ!」ふたりでハグ。
なんかいいよね~。
元気になる曲があるってすごいなと思った。

来月はもっとうまくなりたい。日頃からの練習、今度は忘れないでいこう♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お茶

2018年02月12日 | ほんのすこし
先日、友人が勤めているお店に寄ったとき。
コーヒー飲まない? と勧められたけど、すでにお腹はケーキセットと馬肉うどんでいっぱいぱい。
有り難いけど、お断りしました。すると
「コーヒーはだめでも美味しいお茶があるのよ。美味しいのを淹れてくれるから飲んでちょうだい」と言われました。

そういえば、ここのお店の若奥様が確かお茶をたしなむと聞いたことがありました。

お話していると、出されたのがこのお茶でした。
見事にきれいな緑色です。
なんといったらいいのか、緑がすがすがしい感じのお茶です。

一口含むと、口の中に爽やかな風が舞ったような。
そんな美味しさが広がりました。

嬉しくて間をおかずに飲み干してしまいました。さっきまでお腹いっぱいぱいだなんて思っていたのはどこへ行ったの? といった感じでした。
「美味しいお茶だね~」
しみじみと言いました。
友人が
「そうでしょ。奥様のお茶はすごく美味しいのよ」とちょっと鼻高々な様子でした。

普段、珈琲それもインスタント珈琲が多いわたしは、母のところでもお茶を飲むことは珍しいのですが、母が美味しそうに緑茶を飲んでいるわけがわかるような気がしました。
お茶の入れ方もあまりよく分からないので、母にお茶をいれようかと言うと
「お前が淹れるとあまり美味しくないから、自分で淹れる」と痛い足をひきずりながら立ってきます。
「へいへい、そうですか。」と憎まれ口を叩きながら笑って、母が淹れるのを見ていますが、まだピンときていません。お茶っ葉の量も待つ時間も器を温めておく時間もわたしはまだまだ駄目なようです。

美味しいお茶を淹れることが出来るようになるのも案外いいかもしれないとこの頃思うようになっています♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

可愛いもの

2018年02月11日 | ほんのすこし
可愛いものに目が行く。
どんな年になっても、だ。

ワインカップ。基泉の、1900巴里と描かれている。
大きさは普通のワイングラスよりはかなり小ぶり。
貴腐ワインなんかを入れるには十分な感じだ。そういえば貴腐ワインも何年も飲んでいないなあ。一度飲んだことあるけど、わたしには合わなかった。甘すぎて。

見ているだけで可愛くて。
先日『魔王』探しの時、段ボールにしまい込んでいたのを見つけて出してきた。久しぶりに飾ったら、ちょこんと置くだけでなんだか気分が上がった。
白い中に浮かぶ藍色、細い線で描かれる楽器が美しい。
この白い中にボルドー色が入ったら、どんな感じになるだろうか。ちょっと試してみたい気になる。

可愛いといえば。
今までスマホにはケースを使ってこなかった。保護用のガラスで十分だと思っていたし、ケースがあったら使いにくいんじゃないかと勝手に思っていた。
でもガラスにちょっとだけひびが入ってしまい、これはどうしようかと。
そう思っていたときに偶然目に入ったカタログ。

そこにそれはあった。なんと可愛い奴。



開くとこんな感じ。
愛嬌のある猫さんたちが赤い毛糸と赤いパラソルをアクセントに楽しそう♪

最近はこのスマホケースを見て、にんまりしているわたしなの。
可愛いものには目がないね。
でも何をもって「可愛い」と感じるかは人それぞれだからね~。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

試着

2018年02月10日 | ほんのすこし
昔、学生の頃、名画座という場所が。終日500円で映画館にいることができた。
あの頃、見た映画にはリバイバル物が多かったけど、 
「ウエストサイド物語」などはその最たるもので、見終わった後、映画館を出るとすぐさま通りに出てジョージ・チャキリスばりに足を上げている自分を想像したものだ。なんというか自分はそう出来ると思っていた。
そういう気分が漂っていた。
ヒーロー物を見た後は、自分が腰に拳銃を下げているような。
恋愛物を見た後は、通りですれ違った人ともしかしてぶつかって・・・みたいな、そんな妄想を抱くことができた。

映画を見た後というのは、そういういつもの自分ではない高揚感を味わえたのだ。

それがなりを潜めたのは、映画館に足を向けることが無くなったということがあるのだろう。
自分が普段の自分とは違うものに成り代わるという、そのなんともいえない別世界的な気分を味わうことがなくなっていたのだろう。

そんなこの頃のわたしだけどね。
先日、友人が働いているお店に行った。
春の新作が出ているかなと聞いた。
少ないけど、あれこれと出してきた。店に飾っていたブラウスに目がとまった。
緑のストライプが鮮やかで、デザインが今風。後ろが下がっている。身頃もたっぷりしていて、襟が開襟になっている。

「あれ、これってブルゾンちえみ?」
そう言いながら、わたしの頭にはブルゾンちえみの後ろにいるwithBの姿すら見えてしまった。
「なんかそういう雰囲気だよね~」
友人もそう言いながら
「試着してみる? 似合いそうよ」

そう言われて、なんだか似合いそうな気がしてくるからなんとも単純なわたしだ。

で、さ。
試着室に入って着てみた。

さぞかし格好いいだろうとね。

えっ、なんか違う!
全然違う!
ブルゾンちえみでも、後ろにwithBを従えているわけでもなく、ただのおばさん。
ただのおばさんでも似合っていればいいけど、全然似合っていない!
友人も頭をひねって
「似合うと思ったんだけどね~。なんかね~」
おいおい、そこは少しはお世辞でも救いの手をさしのべてほしいんだけど。

そんな試着を終えて、全然違うものをゲットした。一番危なげないフォーマルスーツ。
ブルゾンちえみとは正反対な、もの(笑)。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

やがて来るものへ

2018年02月09日 | 朝のことば&つぶやき
※※※

わたしは見ている
やがて来るべきものの行く末を

それが何を意味するのか
それがどんな末路をたどるのか

だが、今このときを生きるものの生き様だけは
誰にも邪魔できないのだ

わたしは見ている
この世界のありとあらゆるものの
うごめく密かなもくろみを

ほんの少しの動きにも
疑いはあるのだと
目を凝らし
じっと
見ている

そうありたいものだ

※※※

暮れゆく時間に
ただたゆとうだけで
何をなし得たかではなく
こうして今も生かされていることに
喜びを見いだすことが
前を向くことなのだと
思えてならない

※※※

時は残酷なこともある
でも多くは
癒やされるために
前に進む時を刻むのだ

※※※

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

町中にあった建物を見て

2018年02月09日 | ほんのすこし
先日、普段運転ばかりで町中を歩くことがないわたしですが、てくてく歩いていたことがあります。
そのとき信号で向かいに渡ろうと、ふと上を見上げたとき目に飛び込んできたのが、この建物です。
古ぼけた建物ですが、何が気になったかというとこの9枚の窓です。長四角ではなく角が少し変形していて、遠目に見るとガラスも窓に沿ってその形になっているのかと思ってしまいました。
今、思うとガラス部分は窓枠の内側になっていて、普通に長四角のガラスがはめ込まれているのです。

でも向かい側から見ると、ガラスもその形に切り取られているような気分になったのです。
視覚の錯覚? かな。
本来の姿ではないのに、そう思い込んでしまう。
こういうことが案外見えているものの中に潜んでいるのかもしれないなと思いました。
それをなんの疑いもせずにそういうものだと思い込んでいる、それがわたしという人間
疑うことをあまりせず、鵜呑みにして生きてしまう。生きてしまうという言い方は大げさか・・・でも、物事を疑わずに「へ~、そうなのか」と感心したりして、後で友人から笑われたりすることも多かったのです。「天然」だと言われたこともありました。
もしかしたら、オレオレ詐欺とかに引っかかりやすいのかな、ちょっと心配にもなります。

少し前に知り合いが電話をかけてきました。新年明けなので挨拶めいた電話かな? と思ったら、なんだか介護用品とかケアの仕事がどうのこうの、東京からわざわざやってきて説明するとか、電話を受けながら疑問符。月に30万がどうとか。
あれれ、なんでわたしに電話してよこしたのかな。
きっぱりお断りしました。「わたし、そういう話は必要ないので」
相手はびっくりしたかもしれません。これまでだと知り合いだしなあと思って、会って話を聞くのがわたしだったので。わたしだったら話を聞いてくれるとその東京から来るという方にも話していたのかもしれません。
断る、こと。わたしの性格からしてなかなか出来ないけど、きっぱり嫌なことは嫌と意思表示することにも慣れていかなければね。

その後からかな。
今年のわたしが変わったかなと思ったのは。お財布を買ったり、今まで買わなかったスマホケースを買ったり。
町に出て歩き回ったり。外に出ていこうとする気持ちが出てきたように思います。
今年はもっとフットワークが軽くなりそうな予感があります♪ そしてこの窓のように少し裏側を考えてみることもわたしには必要なのかなと思っています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビの効果は絶大だ

2018年02月08日 | ほんのすこし
先日、三宅裕司のふるさと探訪を見たことをここに書きました。
そのときに出てきた町の食堂、『米田食堂』のおばさんの笑顔に会いたくて、昨日、用事を足したあとで行ってみました。
その前にハチ公カフェを通り過ぎようとしたら、看板があって、今日が最後だと書いていた養護学校の出張カフェがあることに気づきました。一度行ってみたいなと思って居たので、早速入ってみました。ランチの時間にはちょっとだけ早かったので、ケーキセットを注文。
と、このときには「米田食堂に行く」という頭はなかったのです。
まだお昼前でしたから、ここでケーキセットを食べたら、部屋に戻るかななんて思っていたのです。

ケーキセットが来る前にアンケートしてほしいとバラのクッキーをいただきました♪



二枚入っていました。サクサクと甘すぎずほのかにバラの香りが口の中に漂って美味しいクッキーでした。


ケーキセット到着。
珈琲がとっても美味しかったのです。これならもっと早く来るんだったなあ。この日で最後。後6月ぐらいに開店するそうです。最後だからケーキセットは400円だとか。珈琲だけだと150円ですって。先に入っていたお客様が珈琲のお代わりしていましたよ。「安いからね!」と言って。
接客は養護学校の高等部の女の子たち。何度も練習したのかとても慣れた様子でした。
また再開したら来てみようと思います。

で、そのケーキセットを食べていたときに隣に親子連れの方が座りケーキセットとランチを注文しました。そのとき、すでにお昼近くになっていたんだ、という意識がむくむく。このまま家に戻るのもなあと思ってどうしようか悩みました。ここでランチを食べるか、それともいつものお店のランチにするか(歓土里、とても美味しいけどボリュームがケーキセットの後ではね)悩み、ふと米田食堂が浮かびました。そういえばすぐ近くにあります。
よし、今日はそこにしよう!

で、てくてく歩くこと2分ほど。
まだ12時前だったせいか店にはテーブルにひとり、もうひとつのテーブルに男女カップル(お年寄りね)。私はカウンター。
迷わず「肉うどん」を。「うどんは細いのと太いのどっちがいいかな」と言われ、細い麺をチョイス。
おばさんのお肌がつやつや。



安すぎるメニュー。かけうどん250円ですよ!

「ここはお休みはいつなんですか」と、聞くと「休みはないですよ」と。
びっくり。
「年中無休! 健康じゃなくちゃ出来ませんね。おばさんの健康の秘訣はこのお店なんですね」と驚きながら話しました。カウンターの上に出来上がった肉うどんを乗せるとおばさんお肉(馬肉)をさらに乗せ
「おまけしておくよ」と。なんとまあ、昨日はおまけだらけの日♪
味は本当にさっぱりしていて、こってり系を好む方には物足りないと思うかも。馬肉は適度な噛み心地を味わえ、濃すぎない味つけがうどんに合います。今度は馬肉定食も食べてみたくなりました。

食べていると次から次とお客様来店。先にいたお客様が出ていくと三人連れやらふたり連れやら、あっという間に満員になってしまいました。わたしも食べ終え急いで出ていくことにしました。
それにしてもあのお客様をたったひとりでさばくなんて。
帰ってから大丈夫だったのかと心配になったほどでした。

お客様の中に懐かしい方もいて、少し話し込んでしまいました。その方わたしを見つけたら
「あらあ、いつも肌がつやつや、変わらないね」と。もう何年か見かけていないけど、その方も若々しさは変わらず。褒められたこともあって、昨日はずっとご機嫌でした(笑)。最近、基礎化粧を変えたせいかしらね。
その後に入ってきた方の中にも見知った方が。

皆さん「テレビを見たよ」と言うのでした。
これは当分『米田食堂』参りは続くだろうなあと思ったのでした♪ テレビの効果は絶大なり!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加