心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

今日は記録更新になるのか・・・

2017年06月26日 | ほんのすこし
母も叔母もすごく楽しみにしているのが、今の若い子たちの活躍で。
ほんとにびっくりするくらい若い人たちが色々なジャンルで記録を出してきています。
そのたびに三人でああでもないこうでもないときゃーきゃー黄色い声をあげています。なんというお年寄りでしょうね(その中にわたしも入っている)。

先日のBSに入っていたバレーの試合。わたしは見ていませんでしたが、母と叔母はBSに入るそれを連日見ていたようで、わたしが母のところに行ったときコタツの上に紙切れが。
なんだろうと覗いてみたら、なにやら数字と名字が書かれていました。
首をかしげてそのまま台所に立ったのですが・・・よくよく考えてみたら、ここ数日バレーの話をしている二人のこと、もしや・・・と再度コタツの上に行くと。やはり、選手の背番号と名前。きっと母のために叔母さんが書いたものなのでしょう。ふたりであの人はどうだとか見ながら話しているのだろうなと思いました。

叔母さんも母の影響であれこれと若い方の活躍ぶりに結構はまっているようです。
卓球もそうですし。
最たるものは将棋の藤井くん♪

藤井くんの大活躍にはもう大変です。ふたり以外にもわたしが入るので、最新情報を聞きたがる叔母さんたちにスマホが大活躍。
でも結果がまだ出ないときもあって、そのときは「まだなの?」と言われる始末。
今日は・・・ネットで見ることが出来るらしいけど。
AbemaTV だって。
どうしようかな・・・

気になる。
すごく気になる。
ダウンロードしてみようか・・・でも将棋のこと全然分からないのに見てもしょうがないよなあ。
でも、ちょっと気になる。

う~ん。
かなり気になる(笑)
でも、これまで色々な競技を見てきたけど、わたしが見るとダメになる時が多いからなあ。やっぱり後で結果を知ったほうがいいかなあ。

今日は午前三時に起きて仕事。
今は終わった(と思ってる)ので、これから寝るかどうか考え中。と言いながら炊き込みご飯を炊いていたんだった。出来上がるまで眠れないな。

月曜日、また一週間が始まるね。今週はちょっと特別。
じゃ、またね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くよくよしても仕方が無い

2017年06月26日 | ほんのすこし
※※※

まだ起きもしないことに
くよくよしても仕方が無い
そりゃあ、先行きの不安を抱くのはあり得るし
それが普通だと思う

でもいつまでもまだ起きもしていないことを
こうなるだろう、あぁなるだろうって
決めつけたような想像に囚われてしまうのは
結局、その後の自分の過ごし方をその考えが
決めてしまっているんだよ

そうだね
でも起きる前に何か出来ないかと思って

それがいらぬ算段だってことだよ
ど~んと構えていればいいのさ

そうなの?

まあ、経験者は語るっていうから

ふぅ~ん
疑わしげな目で

でも、ま、それも一理あるかなと
ちょっと苦笑いしながら
くよくよしても
何にもならないよねって
笑って吹き飛ばすくらいの
どどんとした気持ちが
一番いいよねって

そんな気持ちがむくむく
いいね
いいね
そんな月曜日を迎えたいね
なんたって
一週間始まるし、ね

※※※

土曜の夕日は車の中から。大きな夕日がしばらく顔を見せていたから、午後7時でもまだ明るかった。梅雨の間のつかの間の晴れの時間。

※※※

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Norah Jones - Summertime

2017年06月25日 | ほんのすこし
Norah Jones - Summertime


サマータイム続きで、ノラ・ジョーンズを。

美容院でいいなと思ってからしばらくたつけど、探しに行かないままだった。
ヘッドファン越しに聞こえる彼女の声とピアノ、ベッドに行くのが面倒になってしまいそうだ・・・

今日はずっと音楽に浸かったままで。

昨日からおしゃべりが多すぎて少し口をつぐっていよう(笑)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Joe Locke - Ain't No Sunshine

2017年06月25日 | ほんのすこし
Joe Locke - Ain't No Sunshine


今日の最後はヴィブラフォンのジョー・ロックで。

やっぱりこっちが眠る前は耳に心地よいなあ・・・

明日は目覚めがすっきりしていますように♪

こっちの動画の方が演奏の様子がわかって楽しいかも。

『サマータイム』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mustang Sally - Wilson Pickett (Album Version)

2017年06月25日 | ほんのすこし
Mustang Sally - Wilson Pickett (Album Version)


今夜はこんな気分で。

ウィルソン・ピケット「ムスタング・サリー」

パソコンにヘッドフォンをつけて聞きながら、わぁ~ぉ! って叫ぶところを一緒にシェイク?

ほんとはご機嫌な気分でもないけど、逆のときってこんなノリノリのを聞いて紛らわすってこともありかなあって思う。
ドミニク・ミラーにどっぷり浸かって過ごした数日。
あまりにも切ないので、たまには目線を変えてみよう・・・
明日は月曜日だ。
いくらか前に進めればいいのだけど。
まだやれることがあるのか、どうなのか・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女四人、かしましく

2017年06月25日 | ほんのすこし
昨日は、珍しいお客様が母のところへ。
わたしの年上の従姉妹が叔母がいるうちに会いたいからとやってきました。事前に来ることは知っていましたので、お昼を一緒に食べようとお弁当を買っていくことにしました。お弁当を準備するのはわたしの役目です。すでに従姉妹は来ていました。
ずっと従姉妹がわたしよりどのくらい年上なのかなと思っていましたが、昨日初めて二歳年上だということがわかりました。
なんとなくわたしの頭の中ではずっと上のような気がしていました。というのも小さい頃、従姉妹がとても大人びてみえて、いつも凄いなあと感心してばかりだったからです。社交的で自分にはできないことをスイスイやってしまう、そんな印象があって、ずっと上のような気がしていたのです。

わたしが中学生の頃あたりから彼女と会うことは疎遠になっていました。早くに都会に出ていってしまった彼女がたどった人生は波瀾万丈そのもので、彼女がどう生きてきたかということは最近になって、母や当人から聞いてわかったのです。そして自分のことや昔のことを話術巧みに話す彼女に、母も叔母もわたしも聞き惚れていました。
ときどき愛の手(合いの手)を入れるのが、叔母とわたし。ピンポイントでいい言葉を挟むのが母。

従姉妹は今、実家である自分の兄の家に戻ってきています。遠くに住んでいたのですが、旦那様が亡くなり、子供も遠くに住んでいて、ひとりで住むよりは・・・と、戻ってくることに。
母の実家でもあるその家を将来、従姉妹の子供が継ぐことで家系が繋がっていくことになります。
その点、母も叔母も安心したねと話していました。

まあ、その話が実現するのはずっと後になるのでしょうけど。それでも従姉妹が実家に戻り、兄や母親と一緒に暮らすことは互いの間にできた川を乗り越える(時間を飛び越える)ことになるのかなあ、とも思います。
彼女が話す内容は深刻なことも多々ありましたが、それを笑いに変えていくのは叔母でした。
四人の笑い声がずっとずっと外に聞こえていただろうなと思います。ほんとにお腹の皮がねじれるってこういうことなんだなと思えるほど笑った一日でした。

彼女がどんなに周りの人に助けられて暮らしてきたかを話します。困っていると助けの手をさしのべてくれる人が沢山いたようです。それは彼女が周りの人とどんな風に接してきたかを物語ることです。わたしたち三人は、それは彼女の誠実さが生んだ結果なのだろうと思って聞いていました。人に対して(例えば金銭の貸し借り)きちんとした行動をとってきたこと、決してルーズなことをしてこなかったこと、そんな話を聞きながら周りの人に可愛がられてきたんだなと感じました。
従姉妹は話の途中でときどきアカペラで演歌を数曲歌いました。叔母とわたしがヤンヤヤンヤと手拍子をいれたり。芝居がかったことをしたり。もう芸達者です。亡くなった従姉妹の父親がそういう方だったと、やっぱり似ているねと言われてすごく嬉しそうな顔をした従姉妹でした。

夕方、電車で帰るからという彼女をわたしが自宅まで送っていくことにしました。往復40分ぐらいかな。
途中で買い物をしたいというので、スーパーに寄り、兄と母親のためにお刺身とかを買いだしている彼女を見て、やっぱり家族のことを考えているんだなと思っていました。なんだかんだ愚痴をこぼしてもやっぱりね、って。
車中、隣で昔わたしが彼女と遊んだときのことやら、わたしの弟のことやら彼女の話はとめどなく、ほんとに楽しい時間でした。

思い出が蘇る、鮮やかに蘇る、いつもの人たち以外にひとり加わるだけで思い出の幅が広がる、そんな気がしました。

従姉妹と来年は叔父も呼んでまた語り合おうと約束しました♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分という奇跡

2017年06月24日 | 朝のことば&つぶやき
※※※

いつか通り過ぎた日を思い出すことがあるでしょう
そこにあなたは確かにいて
そこであなたは静かに笑ってる

いや
ひそかに泣いていたかもしれません

どんなに泣きたくても
我慢してやり過ごしてきたこともあったかもしれません

何もしたくなくて
そんな自分が嫌になって
この世に自分なんて必要ないと思いつめたこともあったかもしれません

でも
いつかそんな自分がいたんだなあと
それでもこうして生きてきたんだなあと
思える日が
必ずやってくるのは

自分がこの世に生を受けたことが
奇跡以外のなにものでもないという衝撃が
体中を駆け巡るときがあるから

そのときは理もなく突然やってきて
自分という存在が
たったひとりの他とは比べることのできない存在なのだと
感じる瞬間があるから

たぶん
わたしたちはこの世に生まれたときから
奇跡の存在だと知るように作られているのだろう

それが新しい自分が生まれる瞬間でもあると思えてならない

※※※

なんという花、樹なのだろうか。一本の樹で花の色がこんなにも違うとは。

※※※
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

女三人、問わず語りする

2017年06月24日 | ほんのすこし
女三人、母と叔母とわたし。
それぞれちょうど10歳以上の年齢差で、三人が一緒の家に住んだ時代の話をしていました。
叔母は若い頃から姉である母の家に一緒に住んでいたのです。それはわたしが幼いとき、二歳か三歳頃からだったのです。その当時住んでいた町では一緒にいたという記憶が全然なく、わたしが小学校に入る少し前に移り住んだ町で一緒に住んでいたとばかり思っていました。

昨日はそのわたしが思い出せなかった時代の二歳か三歳頃の話になり、叔母がその当時のことを話していると、母が
「あのときはびっくりしたなあ」と。
わたしの弟○一を産むというので、母の実家にわたしを連れて里帰りしていて、妹である叔母を家に置いてきていたのです。叔母は母の家の近くの学校に通っていたのでした。
父は朝早く仕事に出るので、叔母は不安になり、どこをどうやって行ったのか今は思い出せないけど自分の親がいる(母が里帰りしている)家に戻ったのでした。妹が目の前にやってきたので本当に驚いたと話していました。

それから叔母が結婚するまでどんな道をたどったかを母と語っていましたが、ところどころ母が覚えていることが違っていて、事実を付き合わせるのに二人で首をかしげたり、笑ったり。
母にしてみれば遙か遠くの昔、覚ろげなのもわかります。

「自分たちの若い頃ってすごく大変だったってことはあるけど、どんな風に過ごしてきたかは案外忘れているもんだね~」と三人で言いました。わたしが
「忘れているというよりも、ちゃんと記憶にはあるけど、それを思い出さなくてもいいくらい今がいいんじゃないの?」と言うと、母も叔母も口をそろえて
「そうだなあ。今がいいから思い出して悩むこととかしなくていいんだろうなあ」と。

母も叔母もそれぞれ苦労を抱えて生きてきただろうに。辛かった日々のことはすっかり忘れたかのように笑ってやり過ごしています。笑い話にできるのが生きてきた証拠だと。
その当時は無我夢中でなんとしてでも生きていこうと、家族を守ろうと、そう思っていたのでしょう。自分の居場所を守りたいと思う気持ち、それが親となって生きる原動力になっていたんだなあと思います。
自分もかつてあんなに一日が24時間以上あってほしいと思った多忙な日々をどんな風にやりくりして生きていたのか、思い出そうとしても所々がぼんやりして思い出せません。辛かったことも沢山あるはずなのに、後悔したいことばかりが沢山あったのに、そのことだけに目を向けずに今はこうして穏やかな気持ちで過ごしています。

渦中にあるときは時間の過ぎるのが遅くて、なんとかして前に進もうと思っていた気がします。今日をやり過ごせば何かが見えてくる・・・ 諦めずに・・・ そう思わずにいられなかった日々もありました。
でも今考えると、あんなに苦しかったことよりももっと若い幼い頃の親に守られて育った頃のことの方が懐かしく優しい気分に思えるのです。
そんな親の気持ちをないがしろにして生きていた時代もありました。

今になって親のありがたみを感じているなんて、遅すぎるなあと思うのですが、若い頃はそれが若いってことなのかもしれません。
人間はうまく出来ているなと思います。月日が経つにつれて周りに目を向ける、その目が育つということ、幼い頃には幼いままの、年を取ってからは年取ってからの人間だけが味わう良さがあるのでしょう。

※※※

紫陽花が少しだけ色づき始めました。

※※※
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電話で

2017年06月23日 | 母のこと
午前中に電話することは滅多にないのだけど。
なんだか気になって母に電話した。
スマホで市川海老蔵さんがブログに書いていた言葉が・・・という記事を読んで胸騒ぎがした。電話をすると叔母とふたりで針仕事中だったらしい。

「あのね、まだはっきりしないけど、麻央さんが危ないというか、だめだったかもしれないって」
「あぁ、やっぱりかあ。だいぶ弱っていたものなあ」

退院してきた辺りにニュースを見ていた母が
「この人には長生きしてほしい」と話していた。その顔がなんとも辛そうな顔で、重い病気を患い戦っている人へのエールをこめた顔だなと思って見ていた。母にしかわからない病気と闘う人の気持ちもあるのだろう。
「こんな可愛い子供たちがいるんだから、もっともっと生きてほしいよ」と続けて言った。

わたしはその言葉を聞きながらうなづくだけだった。

頑張ったんだね、と電話口でふたり。

麻央さん、母も応援していたんですよ。苦しいはずなのに笑顔が綺麗だって。

ほんとにさよならしたんですね・・・ 若すぎます・・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしてこんなに

2017年06月23日 | 朝のことば&つぶやき
※※※

生きているうちには
”どうしてこんなに・・・” と思えることが
次々に訪れることがある

一つの問題が起きたと思ったら
解決しないうちに次の問題がやってきて
一体 なぜ こんなに? と
自分自身の生活が急に苦しくなってしまう

自分だけがこんな目に遭う事への不安がまとわりつく

そのときは見えない
決して自分だけがこんな目に遭っているのではないということに
そのときは考えることができない
自分だけじゃないということに

渦中にあるときほど
見失っていることがある

母の庭の大きな柘植の木
剪定していると
「いったん離れてじっくり眺めてみるといいよ」
と教えられた

見えてなかったものが見える
目の前に没頭していたけど、全体から見たら
なんとちぐはぐな形になっていた

どんな難問も与えられたことに意味があると
乗り越えられないものはこの世にないのだと
そう思いたくなる

遠くで辛い思いをしているだろう
その人へは
どんな言葉も嘘くさく聞こえて仕方がないけど
それでもあなただけではない、と
そばに大事な人たちがいる、と
風の便りが運んでくれるだろうか

※※※

どんな小さなものにも命がある。

※※※

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加