ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


久しぶりのレッスンで成長をしみじみ感じました

2019-12-09 | ADHD児 頑張るT君

土曜日は、テツ君(小5・ADHD児)のレッスンでした。

テツ君は、静かにレッスン室に入ってきて

「こんにちは。」と言いました。

「おおっテツ君久しぶりだね。」

「はい。」

「何か、大きくなったね。背が伸びたんじゃない?」

「はい。伸びました。」

 

実は、テツ君に会うのは、一ヶ月ぶりでした。

私が帰省の為にレッスンをお休みにした事もありましたし、

テツ君のサッカーの試合と重なった為、

テツ君のお兄ちゃん(ユウ君)が、2枠レッスンしたり。。。と、

本当に久しぶりだったのです。

 

そしてその日は、お兄ちゃんのユウ君が風邪をひいたので、

テツ君が2枠レッスンすることになっていました。

少し早いのですが、来年の発表会の曲を練習させたり、

レッスンは、滞りなく進んだと思います。

テツ君も、集中してレッスンに臨んでくれました。

 

レッスンが終わった後で、私はテツ君に

「テツ君、今日は すごく集中出来たね。さすが5年生は違うね。」

と褒めました。

テツ君は謙遜して

「そうでもありません。」と言いました。

「そんな事ないよ。

  すごく集中できたから、先生も嬉しかったよ。

  集中してくれてありがとうね。」

私がそう言うと、テツ君は

「確かに そうかな。」と言いました。

 

「うん、確かにそうだよ。

   テツ君はピアノを始めて3年半になるけど、昔は大変だったよね~」

「はい、覚えています。」

「覚えてる? なかなか集中出来なくて、ジャンケン大会とか、息止め競走したよね?」

私がそう言うと、テツ君はニヤッと笑いました。

自分でも、昔の事を思い出して、面白がっているようでした。

 

集中力が無く、すぐに気が散って、他の事をしたがったり、

そうかと思うと、「100回弾くまで頑張る。」と言って、

なかなか椅子から降りなかったり。。。

 

そんな紆余曲折を経て、

テツ君は すっかり素敵な少年になりました。

お薬のお陰もあるけど、

きっと、テツ君自身の成長も大きいな~と思ったレッスンでした。

コメント

誤診?療育の成果?とにかく素晴らしい出来事

2019-12-06 | 障がい児教育

昨日は、ダイスケ君(5歳)のレッスンでした。

3歳の頃から ひと月に1回程、リトミックや指先の訓練をしてきましたが、

今月から、本格的なピアノのレッスンを始めたのです。

 

昨日は、右手で「ドレミ~♪」と弾く練習をしました。

ダイスケ君は左利きなので、

右手では弾きににくいだろうな~とは思っていたのです。

想像通り、最初は少々もたついたのですが、

少し練習したら、難なく弾けるようになりました

 

次に、「ドレミ~♪」と弾いた後で、

3の指(中指)を使って、

「ミミミ~ ミミミ~♪」と弾かせました。

そう、「ジングルベル」の最初のフレーズです

ダイスケ君は、とても喜んで、

何度も何度も弾いてくれました。

 

次に、先週指導した「レドレ~♪」を使って、まねっこ遊びをしました。

「先生の真似してね。」と言って、

私は まず最初に、大きな音で「レドレ~♪」と弾きました。

するとダイスケ君は、大きな音で「レドレ~♪」と弾きました。

 

そして次に、私は 小さな音で「レドレ~♪」と弾きました。

するとダイスケ君は、小さな音で「レドレ~♪」と弾きました。

 

凄いピアノを始めたばかりなのに、

しかも、利き手ではない右手で、

ちゃんと、指先のコントロールが出来ているのです

 

実はダイスケ君は、

「発達性協調運動障害」の診断を受けています。

あの有名な天才・佐藤和音君と同じ障害です。

https://blog.goo.ne.jp/soraminosorami/e/9714cc2c95a399796eb14b44365f6c83?fm=entry_awp

確かに、体幹が弱いのは感じていましたし、

鉛筆を持ったりすることは、今でも苦手の様です。

 

しかし、ここ数回のレッスンでは、そんな病名を忘れる程の素晴らしさです。

もしかしたら、誤診だったのかしら?と思う程なのです。

注意欠陥の要素もある~と伺っていましたが、

昨日のレッスンでは、30分間、ずっと集中力を保つことができました。

5歳児にしては、素晴らしい集中力だと思います。

 

ダイスケ君は、診断を受けてから 毎週多くの療育を受けています。

3歳から熱心に療育を受けていますので、

もしかしたら、それが功を奏しているのかもしれません。

 

ただ言えることは。。。

ダイスケ君は、これからグ~ンと伸びるであろうと云うこと。

可能性を見つけ、充分に伸ばせば、

きっと、素晴らしい未来が待っているんじゃないかな。

コメント

中2男子の言い分~自閉症スペクトラム

2019-12-05 | 障がい児教育

4月に、以下の記事を書きました。

「アスペルガー児の反抗期~お母様の叫び」

https://blog.goo.ne.jp/soraminosorami/e/1328afb5eab4f27959706246e26cb3d6

その後、夏休みが終わる頃に、

その男の子が体験レッスンに来られましたので、

その時の事を記しておきたいと思います。

 

ゲンキ君は中2の男の子。 

発達障がい(アスペルガー症候群)の診断を受けています。 

頭は良いのですが、人間関係が、かなり苦手のようです。

 

そんなゲンキ君が、ピアノに興味を持ち始めたそうで、

夏休みに体験に来られました。

 

ゲンキ君は、玄関に入るなり、

「緊張する~」 と言いました。

そして、レッスンを受けている間も

「緊張する~」と言い続けていましたが、

それでも、だんだんと打ち解けてきて、

体験レッスンはスムーズに進みました。 

ゲンキ君も、色々と質問したり笑ったりして、

興味を持ったようでした。 

 

お母様は 

「ゲンキの こんなに楽しそうな様子は、久しぶりに見ました

と言ってくださいました。 

私自身も手応えを感じましたので、てっきり 入門するだろうな~と 

思っていたのですが。。。 

 

その夜、お母様からの電話があり、 

「ゲンキは、入門を見合わせたいと言っています。」

とのことでした。

 

詳しく聞くと。。。 

「女の先生だと、お稽古の時に、
ずっと緊張しなきゃならないから嫌だ。」 

と語ったそうです。 

 

えっ

私は、女~というより、オバチャンなのに?

と思いましたが、 

ゲンキ君がそう言うのならば仕方がありません

お母様からは 

「先生からゲンキに電話をして、誘ってあげてください。」 

と言われたのですが、 

「ゲンキ君が、自分から行く!と言うまで待ってあげてください。」 

とお伝えしました。

 

この時期は、大人からの指図が一番うっとうしい年齢だからです。 

大人に反発したり、女の人に過度に緊張したり。。。

 

一般的に、思春期男子の反抗期は、なかなか難しいのですが、 

ゲンキ君は、発達障がいだからこそ、 

その特徴が、より顕著に表れたのかな~と思いました。 

 

。。。と云うわけで、 

私は、ゲンキ君が自発的に「習いたい。」と言うのを、 

気を長く持って、待っているのでした。

コメント

特性を考えずに反省。。。

2019-12-02 | 自閉症児 M君の不思議

先日の土曜日は、
マサ君(自閉症・特別支援中2)のレッスンでした。

先々回のレッスンは、私が帰省の為にお休みでしたし、

先回のレッスンは、マサ君のお母様が風邪をひかれ、
マサ君はレッスンをお休みしたのです。

なので、マサ君に会うのは久しぶりでした。

 

普段、レッスンをお休みした場合、
他の日に振替レッスンをするのですが、

マサ君のお家は遠いですし、
中学生なので、平日にレッスンをするのは なかなか困難です。

なので私は、レッスンに来たマサ君に、

「マサ君、今日はちょっと長くレッスンをしましょう。」

と提案しました。

マサ君は、土曜日の最後の枠なので、
ちょうどいいな~と思ったのです。

するとマサ君は、「イヤです」と即答しました。

そう、キッパリと。

 

それからが大変でした。

何時もは集中してレッスンを受けるマサ君ですが、
レッスンの間、ずっと

「長いレッスンはイヤです。」と良い続け、
レッスンも集中出来ない程でした。

 

あ~失敗しちゃったな~

マサ君の特性を考えると、
突然の予定変更は、1番やってはいけない事でした。

もっと、考えてから言えば良かったな~

お母様は「(振替ではなく)お休みにしてください。」

と言われたのに。。。

好意からとは言え、急な提案をしてしまった事を、
深く反省したのでした。

コメント

今朝見た夢がリアル過ぎて

2019-11-30 | ピアノ教室

今朝、すごく変な夢を見ました。

発表会当日の夢でした。

 

    

発表会の朝、目が覚めたら身体の具合が悪く、

どうやら、高い熱が出ているようでした。

これは発表会は無理だな。。。と思ったのですが、

私は、何故か、発表会を行うことにしたのです。

しかも、

「私は自宅で寝ているので、皆さま どうぞ御自由に弾いてください。」

と連絡をするのです。

そして、その日は、朝からずっと寝ていました。

すると、演奏が終わった生徒さんが、

次々と私の家にやって来て、

「先生、ちゃんと弾けました。」とか、

「間違えました。」等と報告をするのです。

私は、その時初めて、

先生不在の発表会の異常さに気が付きました。

そして、「こんな時に、発表会を行うべきではなかった

と反省するのです。

そして、それを冷静に見ている自分が居て

「今頃気が付くなんて、遅すぎるでしょ」と憤慨していました。

      

 

何か、とてもリアルな夢でした。

夢で良かったな~と、しみじみ思いました。

夢が現実にならないように、健康には気を付けなくっちゃね。

 

さて、今からレッスンです

今日も元気に頑張ります

コメント (2)

メッセージ

メッセージを送る