ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


練習してきましたっ!!だから間違えたくないんだ

2018-10-22 | ADHD児 頑張るT君

先日は、T君(小4・ADHD児)のレッスンでした。

T君は、玄関のドアをバーンッと開けて、
靴を脱ぐのももどかしい感じでレッスン室に入って来ると、

「先生練習してきましたっ」と言いました。

先生のお家に入る前は、ちゃんとチャイムを鳴らしてね~と、いつもお約束しているのに、
それさえも省略して、入って来たのです

「あら~ちゃんとチャイムを鳴らして、こんにちは!と言って入ってくるんでしょ?」

「うん、先生、練習してきたよ

T君は、私の問いかけには答えずに、キッパリと言いました。

 

練習して来た曲を聴いてみましたら、確かに練習してきた音色でした。

「T君、本当に沢山練習してきたんだね。先生には分かるよ。」

「うん、練習してきた。」

「T君が練習してきたので、先生、すっごく嬉しい。どうもありがとう

「うん。」

「練習してきた時って、どんな感じ?」

「嬉しい感じ。早くレッスンに行きたいな~って感じ。でも、緊張する~

「あれっ? 練習してきたら上手に弾けるから、緊張しないんじゃないの?」

「せっかく練習したのに、間違えたらイヤだな~って思うから、緊張するんだよ。」

「あっ、そっか。せっかく練習したからには、完璧に弾きたいものね。」

「うん。」

「でも、今日は完璧に弾けていたよ。上手に弾けたね。」

「うん練習したからね

 

練習してきた時のT君は、いつもこんな感じです。

練習してきた事が嬉しくて 自慢したくて 褒めてもらいたくて

そんなT君が可愛くて ピアノの先生は、やめられません

コメント

練習してないと出来たとしても合格にならないんだ

2018-10-08 | ADHD児 頑張るT君

土曜日は夕方から用事がありましたので、何人かの生徒さんを、日曜日に変更しました。

確認の為に土曜日の朝、生徒さん達に

【今日のレッスンを、明日に変更して頂きましてありがとうございました。
日曜日にお待ちしています。】

とメールしました。 

すると、T君(ADHD児・小4)のお母様から

【ありがとうございます。  Tは、38度の熱が出てしまいました。
様子を見て、明日はY(中1)だけになるかもしれません。】

と返事がありました。

 

そして日曜日の朝~

【T君の具合は如何ですか?  心配しています。御無理の無い様にしてくださいね。】

とメールしましたら。。。

【Tは、熱が下がりまして、今日、レッスンを受けたいと言っています。
ちなみにウンザリするほど元気です。
しかも、今の時点で、まだ1回も練習してません。。。】

と返信がありました。

 

【回復して良かったですね。安心しました 
では、「練習しない子は、レッスンに来ないでください。」と、T君にお伝えください(笑)
それでは、後ほど~♪ 】

と、再び送信しましたら

【「練習してないとレッスンで出来たとしても合格にならないんだ」と、
半泣きしながら練習しています。】

と返事がありました。

 

そんなこんなのやり取りがあった後、2時にT君が機嫌良くよくやってきました。

とはいえ、やはり少し具合が悪そうです。

でも、練習してきたことはT君自身も嬉しいらしく、意気揚々と弾き始めました。

時々、つっかかるものの、何時もよりは(笑)上手に弾けました。

私は、練習してきたことを沢山褒めました。

「ららみ先生はね、練習してきました~と云う言葉が1番好きなの。」と言ったら

T君は、何度も「練習してきました」と言ってくれました。

いやいやT君、そこ、違うから   

でも、T君のそんなところが、やっぱり可愛いです 

コメント

練習していない言い訳が素晴らしい!?

2018-09-25 | ADHD児 頑張るT君

昨日は、T君(4年生・ADHD児)のレッスンでした。

T君は、(本人曰く)「ピアノは大好きだけど練習は嫌い」なタイプで、
大抵練習をしないでレッスンに来ます。

昨日も、入って来た時のお顔がドヨ~ンとしていたので
「T君、なんだか元気無いね~どうしたの?」と聞いてみました。

T君は、非常に分かり易いタイプで、
練習していない時は、沈んだお顔で入って来るのです。

「練習が。。。」

「練習が、どうしたの?」と、私はわざと聞いてみます(笑)

「練習が出来なかったんだよ。」

「何で?」

「お客さんが来たり、パパが誕生日だったり。。。」

「だったら、お誕生日パーティーの時に、
パパにピアノを聴かせてあげれば良かったのに。」

「べつにお誕生日パーティはしなかったんだ。」

「あれ? だったら、ピアノの練習と、パパのお誕生日は関係無いよね?」

T君は、ニヤッと笑いました。

 

T君は、練習しなかった時、こうして必ず言い訳をするのです。

その言い訳がおかしくて、私はいつも笑ってしまいます。

あっ、でも、T君の名誉の為に記しておきますが、
時々は(笑)お家で練習をすることもあるのです。

そんな時は、ドアを開けるなり、大きな声で
「ららみ先生 僕、練習してきたよ~」と大きな声で自慢するので、
非常に可愛いです

コメント

夏休みの宿題?それともピアノ?

2018-08-29 | ADHD児 頑張るT君

夏休みも終盤に差し掛かり、全国の小中学生の今の悩みと言えば。。。

ズバリ 夏休みの宿題のことでしょう

先日のT君(ADHD児・小4)のレッスンの時も、その話題が出ました。

「T君、夏休みの宿題は はかどっている?」

「。。。。。」

「あと、どれ位?」

「まだ、全然終わってないんだ。」

「え~っ  じゃあ、頑張らないとね。」

「うん、ピアノに来る前も、漢字ドリルをやってたんだ。」

「そうなの?  そんな大変な時に、レッスンに来てくれてありがとうね。」

「いや、ピアノには来たかったんだよ。」とT君。

「あら、ありがとう。」

「宿題より。。。」

「宿題より何?」

T君は、ニヤッと笑いました。

「あっ分かった  宿題よりも、ピアノがマシだったんだね?」

「そんなことはないよ。 ピアノが好きだからだよ。」とT君は、小さな小さな声で言いました(笑)

 

T君と、こんな会話をしたのですが、
私も小学生の頃は、宿題を、夏休みの最後にまとめてやるタイプでしたので、
T君の気持ちは、痛い程よく分かるのです。

「何で、もっと早くからやらなかったんだろう?。。。来年は、もっと早く終わらせよう

毎年毎年、そう思って夏休みを終えるのです

そんな事も、今思うと懐かしい夏休みの思い出ですが、その頃は深刻な悩みだったなぁ。。。

 

ほとんどの小中学生は、宿題提出まで あと5日

最後の追い込みだ~~っ

コメント

「ピアノは好きです!」と颯爽と手を挙げた

2018-08-06 | ADHD児 頑張るT君

最近、T君(4年生)の様子を記していないことに気がつきました。

T君は、ADHDなのですが、去年からお薬を飲んでいて、症状が落ち着いているのです。

なので、ピアノのレッスン中も、とても集中してくれて、楽しくレッスンが進みます。

6月の発表会でも、本人もご家族も大満足の、素晴らしい演奏を披露してくれました

 

さて、昨日はT君のレッスンでした。

張り切ってレッスン室に入ってきたので、

「おおっ、T君。 張り切っているね。 沢山練習してきたんだね?」

「。。。。。」

「あれっ?」

「忙しかったんだよ。」と小さな声。

「そんなに忙しかったの?」

「宿題が多いからなぁ。」

「勉強ばかりしていたの?」

「うん。」

「T君は、勉強が好きなんだね?」

「勉強は嫌いなんだよなぁ。」

「じゃあ、ピアノは?」

「はいっ ピアノは好きですっ

と、T君は、颯爽と手を挙げました。

「ピアノの、どんなところが好きなの?」

「音です ピアノの音が好きです

そんなT君の様子は嬉しいけど、もう少しお家での練習も頑張ってほしいなぁ。

「今度練習しないでレッスンに来たら、先生のお家にお泊りだよ。
朝から晩まで練習させるよ~」

と言ったら、

「それはヤダ~」と叫んでいたけど、果たして練習してくるかな? どうかな?

コメント

メッセージ

メッセージを送る