ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


【リレー落語会・ベートーベン編】へ行って来ました

2018-08-15 | 読書、文学など

先日の土曜日に、東京まで落語を聞きに行ってきました。

【リレー落語会・ベートーベン編】と云う、変わった名称の落語会があったのです。
http://blog.livedoor.jp/colonelparty-rakugo/archives/51968673.html

しかも、前座を務めるのは、高座を見てからすっかりファンになった駒六さんです

これは私の為にある落語会と、勝手に思い込み、暑い中上京した~と云う訳です。

 

日暮里の駅から程近い会場に入りましたら、ベートーベンの音楽が静かに流れていました。

落語会なのにクラシックが流れていると、ワクワクしました。

さて、当日の演目は~

【運命】にちなんだ噺   金原亭駒六(二ツ目)『辰巳の辻占』

【英雄】にちなんだ噺   三笑亭夢丸(真打)『荒茶』

【皇帝】にちなんだ噺   雷門小助六(真打)『はてなの茶碗』

【田園】にちなんだ噺   雷門小助六(真打)『馬の田楽』

【悲愴】にちなんだ噺   三笑亭夢丸(真打)『浜野矩随(はまののりゆき)』

 

ベートーベンにちなんだ噺とは?~と、ワクワクしながら聞いたのですが、

【皇帝】にちなんだ噺の時は、小助六さんが、途中で陛下の口調の真似をしたり~

【田園】にちなんだ噺とは、田舎を舞台にした噺だったり(笑)~等

ベートーベンの名前に釣られて行った落語会だったのにもかかわらず、
ベートーベンとは、まったく関係の無い噺でした~と云うオチがつきました(笑)

それでも落語家さん達の話術に引き込まれて沢山笑い、愉快な2時間となりました。

ひいきにしている駒六さんの落語も間近で聞けたし、
真打の落語家さん達の素晴らしい話芸にも触れることが出来たので、行って良かったな~と思ったのでした

コメント

是非お薦めしたい本【日本史の中の世界一】

2018-07-05 | 読書、文学など

(昨日の続きです~

ところで、最近、とても素晴らしい本を読みました

【田中英道編集:日本史の中の世界一】と云う本です。

16名の識者の方々が執筆されていて、ひとつひとつが短いので、非常に読みやすいです。

 

目次の一部をご紹介させて頂きます。

★世界最古の老舗 ~ 金剛組

★世界最古の木造建築 ~ 法隆寺

★世界最古の印刷物 ~ 百万塔陀羅尼経(法隆寺)

★世界最古の国歌 ~ 「君が代」

★世界一の経済大国 ~ 16世紀の日本

★江戸時代の教育水準は世界一

★世界初の国民皆(医療)保険制度

★世界一犯罪率の低い文明国

★日本のマンガ・アニメが世界をリードする!

★世界最長の王朝、万世一系の天皇

 

読んでいきますと、

出雲大社は古代、高さが48メートルもあったんだなぁ~とか、

日本は世界最古の国2番目のデンマークより千年以上も古い国なんだ~等、

日本史の授業では習うことのなかった、日本の素晴らしい諸々を知る事が出来ました。

そして、日本って世界に誇れる素晴らしい国なんだなぁ~と、再認識することが出来ました。 

是非、お薦めしたい本です
コメント

矢部太郎さんの「大家さんと僕」

2018-06-21 | 読書、文学など

お笑い芸人の矢部太郎さんが出版された漫画【大家さんと僕】が、
手塚治虫文化賞を受賞されました。

矢部太郎さんは、「進ぬ!電波少年」に出演されていた時からのファンでした。

番組の中では、11ヶ月で、スワヒリ語、モンゴル語、韓国語、
コイサンマン語(アフリカの一部で話されている言葉)の4か国語を学習。

学習したら現地に行き、現地の言葉でお笑いライブをする~と云う企画でした。

矢部さんの学習の様子や、呟きが面白くて、毎週楽しみに観ていました。

その後も矢部さんは、気象予報士の資格を取られ、
TBSの「はなまるマーケット」では、気象コーナーで活躍されていました。

矢部さんは知性派の芸人さんで雰囲気が柔らかく、
小柄な身体や素朴なご性格が、独特な雰囲気を醸し出しています。

芸人さんの中では、貴重な存在なのですが、
最近は、あまりテレビでお見かけすることも無く、残念に思っていました。

ところが今回、本を出版されたので、先月購入して読んでみました

読んでみましたら、想像以上に良い本で、一気に読みました。

 

矢部さんは、元々2世帯住宅として建てられた2階に、間借りをしています。

その下に住んでいらっしゃるのは、
「ごきげんよう。」とご挨拶するような上品な大家さんです。

そんな大家さんとの日常を、ほのぼのとした漫画で描いているのですが、
ページをめくる度に心が癒やされて、こちらも穏やかで優しい気持ちになります。

90歳に手が届きそうなお歳ながら、可愛らしい大家さんの雰囲気も好きですし、
それに応える、矢部さんの優しさも素敵です。

 

以下、手塚治虫文化賞授賞式の、
矢部さん自身のスピーチを紹介させて頂きます。

~~~~~

   この度は手塚治虫先生という「漫画の神様」のお名前がついた賞を受賞させて頂きまして、大変光栄です。神様をも畏れぬことを思い切って言わせて頂きますと、手塚先生はどんなに売れっ子になられても、若い作家の先生の作品を読んで嫉妬されることがあったというお話を聞いたことがありまして、天国の手塚先生に、僕の本を読んで頂き、そしてほんの少しでもいいので嫉妬して頂けたら、嬉しいです。この賞がそういうものだったらいいな、と思います。

 僕はいま40歳で、38歳のときに漫画を描き始めました。38歳で漫画家になると言ったら、普通は周囲が全力で止めると思うのですが、僕の場合は、「作品にした方がいいよ」と言って下さった方がいました。倉科遼先生は僕の漫画をとても褒めて下さって、自分が自費出版してでも出したいと言って下さいました。相方の入江くんもすすめてくれて、入江くんの方は僕はあんまり覚えていないんですが、本人がそう言うので、そうなんだと思います。
 だから、新しいことに挑戦するのが苦手な僕ですが、描き始めることができました。他にも、デジタルで描いているので、文明の利器に助けられたということもあると思います。

   でも一番は、大家さんがいつも、「矢部さんはいいわね、まだまだお若くて何でもできて。これからが楽しみですね」と言って下さっていたのですね。ご飯を食べていても、散歩をしていても、ずっといつも言って下さるので、本当に若いような気がしてきて、本当に何でもできるような気がしてきて……。これはあまり人には言っていないのですが、僕の中では、38歳だけど18歳だと思うようにしていました。だからいま、20歳(ハタチ)なんです。何を開き直っているんだと思われるかもしれませんが、これは本当に効果があって、10代だと思ったら大概の失敗は許せました。

 人生何があるか分からないとよく言いますが、中学生の頃、図書室でひとりで『火の鳥』を読んでいた僕が、いまここにいるなんて思いもよらなかったですし、芸人になって長く経ち、次第にすり減り、人生の斜陽を感じていた僕がいま、ここにこうしていることも、半年前には想像もつきませんでした。
 それでも、あの頃、全力で漫画を読んでいたこととか、芸人として仕事をして創作に関わってきたこととか、子供の頃、絵を描く仕事をする父の背中を見ていたこととか、なんだかすべては無駄ではなく、繋がっている気がしています。それは僕だけじゃなく、みんながそうなのではないかとも思います。

 お笑い芸人が僕の本業なのですが、人前でうまくしゃべることが苦手です。そんな「うまく言葉にできない気持ち」を、これからも少しでも漫画で描いていけたらと思っています。
 本日は本当にありがとうございました。

コメント

高尚だけど色っぽい~金原亭馬生師匠の落語

2018-06-08 | 読書、文学など

先週の金曜日、友人のよーこさん(仮名)と、国立演芸場へ行って来ました

よーこさんは、最近、落語にハマっていて、
何と カルチャーセンターで落語を習い始めたとのこと。

そんな よーこさんが、すっかりご贔屓になったという
金原亭 馬生 さんの落語を聞きに行ったのでした。

 

さて、この日(6月1日)の演者さんは~

落語(前座) 金原亭駒六

~~~

落語         古今亭始
                         
落語         
金原亭馬玉    
                
声帯模写   丸山おさむ

落語          吉原朝馬

落語          柳家小里ん

       ―  仲入り  ―

漫才          笑組           

落語          五明樓玉の輔          

奇術          マギー隆司

落語          金原亭馬生          
"先代馬生三十七回忌追善 金原亭馬生十八番 「王子の狐」
     

          

前座を含めて3時間半の寄席でしたが、本当に楽しくて、
あっと云う間にお開きの時間になりました。 

どの演目も楽しかったのですが、私が特に気に入ったのは、
前座を務められた金原亭駒六さんと、トリを飾られた金原亭馬生さんの噺でした。   

 

駒六さんは、まだお若い噺家さんで、おそらく20代前半~
ウチの息子達と同世代でしょう。 

馬生さんの6番目のお弟子さんらしいのですが、
素人目にも、練習(稽古)の跡がよく見えて、落ち着いた話しぶりでした。

若いのに、間の取り方や表情が素晴らしく、
「たらちね」と云うとぼけた噺ながら、駒六さんの品の良い面白さが伝わってきました。

まだお若いので、これからの活躍が楽しみだな~と、おばさんは思いましたよ  (笑)

 

トリを飾られた11代目 金原亭馬生さんの噺は、さすがでした。

先代(10代目)馬生師匠の追善の為に「王子の狐」を演じられたのですが、
最初から最後まで、ずっと引きこまれました。

前々から、よーこさんから、
「馬生師匠の噺には、色気があるんだよ。」と聞いていましたが、
何となく分かる気がしました。

す~っと引き込まれる、不思議な魅力があるのです。

それでいて、文学的な薫りも漂わせているのですから、
高尚な雰囲気も漂い、非常に品格のある噺家さんだと思います。

高尚だけど色っぽいのですから、私も、すっかり馬生師匠の虜になってしまいました。

 

3時間半も笑わせて頂き、2,100円とはお安いなぁ~と思いました。

これから、寄席の常連さんになりそうな予感がします  

コメント

湊かなえ著【豆の上で眠る】

2017-08-06 | 読書、文学など

アンデルセン童話に【エンドウ豆の上に寝たお姫様】というお話があります。

本当のお姫様は、何十枚も敷かれたお布団の下に、
たった一粒のエンドウ豆があるだけで、眠れなくなってしまう~
と云うあらすじだったと思います。

えっ  お姫様は、お布団の下に小さな豆があるだけで、
眠れなくなっちゃうの

じゃあ、私は、やっぱりお姫様じゃないわねと、幼かった私は
しみじみと思ったものでした。

 

小さな頃の、そんな思い出がありましたので、
本屋さんで【豆の上で眠る】と云う文庫本を見つけた時は、
思わず手に取り、購入しました。

著者の湊かなえさんは、人気の作家さんで、推理小説を得意としています。

私はあまり、推理小説を好みませんので、湊さんの小説を読むのは初めてでした。

【あらすじ】

小学3年生の時、突然失踪してしまった、大好きな万佑子お姉ちゃん。
家族は必死に捜し出そうとするものの、見つからぬまま、2年が経ちます。
そんな折り、万佑子は見つかり、家族の許に戻ります。
久しぶりに戻った姉に対して、違和感を感じ続ける妹の結衣子。
そして、少しずつ真相が明らかになり、意外な結末へ~

 

私が1番心打たれたのは、登場人物の心理描写です。

1年生の妹、結衣子の気持ちが、手に取るように描かれていて、敬服しました。

1年生くらいの女の子は、大人が思っている以上に、
複雑なことを考えていたり、真実を見極めているものです。

そういう意味では、6歳の女の子は、侮れない部分もあるのですが、
反面、幼い思考故の、妄想も膨らむものです。

そのあたりの描写が、あまりにも素晴らしく、
つい、小説の中に引きこまれてしまいました。

また、娘を捜す為に、猫を使った小芝居を打つ母親の狂気も、
鬼気迫って胸を打ちました。

妹の気持ちになったり、母親の気持ちになったり、
色々な思いを抱きながら、一気に読み進みました。

そして、小説の最後に、結衣子がつぶやく
“本ものって、何ですか ” と云う言葉には、深い余韻が残りました。

小説の随所に描かれる、アンデルセン童話のエピソードも、
姉妹の思い出に奥行きを与えていて、効果的だったと思います。

久しぶりに、寸暇を惜しんで一気に読んだ小説でした。

 

--------------------

1時間15分

コメント

メッセージ

メッセージを送る