虚無交換日記

神戸大学将棋部の住人たちによるブログ

勝利の女神が微笑むのは

2006-09-16 20:58:33 | シャオリン
明日はいよいよ新人戦ですね。
1回生の皆さんは頑張ってきて下さい。
上回生も応援に行きましょう~。

新人戦は、番狂わせが非常に多い大会で、
過去、意外と大本命の人が優勝していないことが多いです。
そのため、
「新人王は最も運の良い者が獲得する」
という言葉もあります。

なので、一回生の皆さんも、
対戦相手の24のレートの高さに萎えずに、
集中して全力を尽くして下さい。
春のスパイラル君やタンバ少年の奇跡を思い起こして下さい。
勝負はやってみないと分かりません。
そして、全力を尽くして得られるものは、
きっと、とても得がたいもののはずです。

*********************************

ただ、台風の動向が若干気になりますね。
おそらく、明日は大丈夫だとは思うのですが・・・
皆さんお気をつけて。。
コメント

名言が生まれる瞬間

2006-09-15 14:50:26 | シャオリン
9/11~14の合宿から帰還しました。
今回は阪大、関大、神大、近大、その他ゲストを含めて
総勢60名近くの大所帯の合宿でした。
寝る時間を惜しんで遊んで、
とても楽しかった合宿でしたねー。
いい思い出になりました。


他の皆さんはどうだったでしょうか?
合宿に参加した部員のレポ求む。




**********************************



歴史に残る名言は、本人の何気ない一言から生まれる場合もある。



合宿2日目の夜。
僕は部屋で神将のカミセと
近大のにーおかさんとの練習将棋を眺めていた。
将棋の内容は、カミセ部長の模様が良く、
やがて、にーおかさんは投了。
次のカミセ部長の発言が衝撃的だった。



「いやぁ、意外と強かったですね」




その場にいるメンバー爆笑。
実は、「急戦が意外と優秀だった」という趣旨の発言だったようですが、
壷にはまった部員も多く、
にーおかさんもカミセ部長に勝つたびに、
「いやぁ、意外と強かったですね」と連呼していましたw

I大のMAKE君の
「いやぁ、相手が強かったら負けていましたね」
の発言に匹敵する名言として、
今後も語り継がれていくことでしょう。




しかし、今回の合宿は睡眠不足でテンションが異常に高い人が多く、
特にカミセならぬウワセ部長は
食堂のわりばしでタワーを作るなど、
挙動不審な行動が多かったですね。
普段は純粋な心を持つことで知られるウワセ部長ですから、
きっと、先による発言も、睡眠不足が為せる業だったのでしょう。
大人の行動が必要とされる社会生活を送る上でも、
皆さんは普段は睡眠はしっかり取りましょうね。
コメント

第二代表戦に向けて

2006-09-07 12:42:00 | シャオリン
昨日の和室で久々に部員と指しました。
もりりんさんは大分と復調してきたようですが、
フタマタさん、しもじ氏、スパイラル君の
準レギュラークラスの3人は
あまり強くなっていない様子。
「このままじゃ秋の一軍戦はヤバイですよ!」
と奮起を促しました。
もちろん、現レギュラー陣も頑張って下さい。

秋の一軍戦はC級スタート。
秋のC級は、
和歌山大、神戸大、桃山学院大、
大阪工業大、京都工芸繊維大、大阪学院大の6校。
僕の見積もりでは、現段階では戦力的に
神将は2番手(下手をすると3番手かも…)だと思います。
特に、今の和歌山大はムラムラ君を初めとして戦力が手厚く、
春の勝利も幸運によるところも大きかったので、
和歌山戦はとても厳しい戦いになると予想されます。
新戦力が手強い京都工芸繊維大戦も山場になりそうなうえ、
他の大学も昨年と比較しても軒並み戦力は上昇しており、
いずれにしろ、C級もB級の下位と比べても遜色無いほど
レベルは向上してきています。


なので、部員には一層の奮励を期待します。
盤駒やネット環境が下宿や実家に無いなら、
日々詰め将棋に取り組むなり、
棋譜並べをしたり、定跡本を読むなど、
いくらでもトレーニングの方法はあります。
重要なのは、それを「毎日」こなすことです。
相手と対面して指すのに対して、
上記に挙げたようなトレーニング方法は、
最初はとっつきにくいかもしれませんが、
それが習慣になれば、次第に面白くなってくるものだと思います。
僕も、最近になって
ようやく詰め将棋が面白いと思うようになってきました。
人によって合っているトレーニング方法は異なると思いますが、
いずれにしろ、日々、何かしら将棋には触れておかないと、
決して実力は向上しないと思います。


本当は、秋もA級を目指していきたかったのですが、
こうなった以上、目標を切り替えて、
何としても、秋は第二代表戦に進出したいです。
それが、4回生陣への、
せめてもの贈り物になるかと思います。
部員の皆さん、お互い頑張っていきましょう。
コメント

夏はまだまだ続く

2006-09-02 00:27:54 | シャオリン
皆さんお久しぶりです。
夏休みをいかがお過ごしでしょうか。
こっちは、ようやく西日本大会の修羅場をくぐり抜け、
秋期大会を前に、一息つける・・・と思いきや、
大会日程の調整で、ちょっとばたばたしています。
万人が笑顔で納得できる選択肢があれば良いのですが、
そうもいかないところが辛いところですね・・・


それはさておきとして、
もうすぐ合宿ですね。
今回は3大学合同で60人近くも参加者があり、
今からとても楽しみにしています。
ここまでの人数になると、
合宿中の将棋イベントが将棋の大会みたいになりそうですね。
立場上、大会の進行役になりそうな予感がしています。
それはそうと、来週は合宿イベントの景品を
皆で買いに行きましょう。


あとあと、告知。
以前から行われているネット将棋リーグがまた新たに稼動しました。
参加者を募集しています。
興味のある方はぜひ~。
詳しくは「じょんいる杯」公式サイトをご覧下さい。

あと、このブログのリンク先を変更しましたので、
適宜ご参照下さい。
コメント