ペーパー・写・楽

ペーパークラフト、京都の写真、カブ、自転車、軽自動車で楽しんでいます。

早朝からサイレンの音、近所で物騒な騒ぎが多いです

2018-05-20 07:17:29 | 日記
 日曜日の早朝6時過ぎにサイレンの音がけたたましく近づいてくる。
あれま~、事件ですか?
耳を澄まして聞いていると、我が家近くでサイレンの音が止まった。
寝床から起きて、慌てて服を着て外に出てみた。


近所の人に事情を聞くと、タクシーから降りようとした客が料金を支払わず運転手を殴り、もみ合いになった後、逃走したらしい。
現場を見てみると、1台のタクシーが止まっていて、運転手と警察官が話をしている。
さらにもう1台パトカーがやってきた。

逃走した男は二十歳代で北側の畑を通って、修学院離宮の方面に走って逃げて行ったとのこと。
ありゃま~、まだ家の近くにいるんですかね。
何だかワクワクしてきましたよ。

パトカーの音を聞きつけて駆け付けた人がこんなことを言っていた。
昨日の暴力団の犯人が見つかったのかと思ったと。
朝刊を見るとこんな記事があった。

京都新聞より
”銭湯出たところ襲撃、暴力団幹部ら3人けが”
 19日午後5時ごろ、京都市左京区一乗寺西浦畑町の路上で、指定暴力団六代目会津小鉄会傘下「いろは会」(左京区)の幹部2人と組員の計3人が、男数人に殴られるなどして、軽傷を負った。京都府警が傷害事件として調べている。

 下鴨署によると、75歳と53歳の男性幹部、男性組員(44)=いずれも左京区=の3人で、同会の近くにある銭湯から出たところを襲われた。催涙スプレーを吹き付けられ、鉄パイプで腹や足を殴られた。襲撃した男たちは逃走した、という。

おやおや、以前よく行っていた「きらら湯」じゃあ~りませんか。
確かにこの銭湯は入れ墨をした方がよく利用していた。
自分が体を洗っている横に「親分」らしき人が座った時もある。
若い衆が親分の体を洗っている。
こちらは石鹸が飛ばないように、ぎこちなく体を洗う羽目になる。
髪の毛を洗うときは「ティモテ」のCMのように、泡が飛ばないように両手で髪を包むように、滑らかに洗うしか手がない。

そんなこんなで、その銭湯の利用は現在していない。

・・・・・

7時半を過ぎても警察官が通りを等間隔で並んで、犯人らしきやつを探している。
放火犯と同じで様子伺いに戻る習性があるのを見越しているかと思われる。

さてさて、お次はどんな事件が発生するのでしょうかね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加