序破急

片足棺桶に突っ込みながら劇団芝居屋を主宰している爺です。
主に芝居、時々暮らしの中の出来事を書きます。

老衰日記15

2019-05-06 15:13:00 | 老衰日記
平成から令和への移行に伴うお祝いムードのゴールデンウイークも今日が最終日。 何時もの如く、午前中の日課のウオーキング&ランニング。 呑川には鯉のぼりが飾られていた。 気温は20度前後で薄曇りと運動には心地良い天気の中約1時間半の行程で約8,4キロ。 最近では慎重になっている所為かこの二、三年悩まされていた脊柱管狭窄症の再発の気配もなく至って順調。 しかしながら老化の進行はとめようもなく、我が両手 . . . 本文を読む
コメント

老衰日記14

2017-11-25 15:25:26 | 老衰日記
劇団芝居屋第34回公演「バスターミナル」が終演して約一週間。 歳の所為か、ここのところ終演後体調を崩すことが多くなった。 もう三作ばかり続いてただろうか。 今回も残念ながら例によってと言わなければならない。 まあ、簡単に言えば風邪を引くのだ。 抵抗力が随分と下がったものだ。 よく言えば本番に差し障りのないように精神力で抑えていたとも言えるし、ここが限界であったとも言える。 衰えた視力 . . . 本文を読む
コメント

老衰日記13

2017-09-06 15:45:44 | 老衰日記
脊柱管狭窄症も本復し、足腰の筋力も本来のものとなった。 テニスの感覚も戻り、若い者と対等に打ち合えるように戻った。 次回の公演台本も書き終え、チラシ原画もデザイナーに渡した。 まだ頭の方もボケは来てないようだ。 万事が順調と言いたいところだが、やはり老化は着実に進んでいるようだ。 70の歳を聞いたその直後から、朝起きると手がむくみ強張りを覚える様になった。 行きつけの整形外科へ行ったと . . . 本文を読む
コメント

老衰日記その12

2017-07-31 19:34:05 | 老衰日記
明日からは8月。 例の脊柱管狭窄症は主治医から投薬も停止との完治のお墨付き。 一月後半からの発症から6ヶ月、長かった。 間欠性跛行のものの3分で歩けなくなったあの頃を思うと現在のなんと幸せな事。 今日は3時間のテニス。 動きも軽快になって来た。 33℃の灼熱の太陽の元、気持ちのいい汗をかいた。 今一番の気掛かりである次回34回目の公演の台本創りも何とはなしに軌道に乗って来たようだ . . . 本文を読む
コメント