序破急

片足棺桶に突っ込みながら劇団芝居屋を主宰している爺です。
主に芝居、時々暮らしの中の出来事を書きます。

劇団芝居屋第8回出前朗読劇場目前です。

2015-02-13 21:00:45 | 朗読劇場
まあ、今必死に稽古しております。 今回は出演者が三人という事で、今まで読んでいた物とはそれぞれの読み物の量が違います。 時間が違うんです。 短いものであれば、勢いだとか、熱だとかというもので何とか誤魔化せたものが、それでは持ちません。 今、今回の出演者達は一分一秒の時間が来なくなって居る筈です。 そしてその時間を埋めていく作業がいかに大変なものか実感して . . . 本文を読む
コメント

第二次ワーク終了

2015-02-03 21:36:19 | オーディション&ワークショップ
次回第29回公演に向けて出演が決定した役者さんに向けてのワークショップが終了しました。 今回は非常に具体的な稽古が出来たと思います。 具体的というのは劇団芝居屋が目指す「覗かれる人生芝居」にとって必要な事柄、考えなければならない方向、その場に居る為台本の読み方等事細かに手渡す事が出来ました。 これが本番稽古にどの様に反映されてくるか。 興味津々です。 しかし . . . 本文を読む
コメント