序破急

片足棺桶に突っ込みながら劇団芝居屋を主宰している爺です。
主に芝居、時々暮らしの中の出来事を書きます。

劇団芝居屋第28回公演「通る夜・仰げば尊し」のお知らせ

2014-09-28 20:45:58 | 演劇
劇団芝居屋第28回公演のお知らせ 「通る夜・仰げば尊し」 作・演出 増田再起 【あらすじ】 ここは今や消滅危惧地域となっている北国の辺鄙な地ホタムイ。 僻地教育に情熱を燃やし、長年ホタムイ校で教鞭をとっていた園田睦夫が逝去した。 知らせを聞いた歴代のホタムイ校の卒業生が駆けつけたその通夜で・・・ 【劇場内の暗闇にあなたの心で穴を穿ち、この人生を覗いて下さい】 劇団芝居屋 キャスト・ . . . 本文を読む
コメント

東京中低域

2014-09-27 09:42:58 | 舞台
昨夜久しぶりで横浜の街を夫婦で歩きました。 中華街を除いて二人で海側の横浜へ行ったのは二十年ぶりぐらいです。 まあその変貌ぶりを目の当たりにして驚きましたね。 写真や映像でその発展ぶりは観てますが、想像を超えましたね。 私達が目指す場所は赤レンガ倉庫2号館。 実は同じ事務所にいる宇田川寅蔵氏が所属するバリトンサックスだけのグループ東京中低域のライブがあったからなんですよ。 今回 . . . 本文を読む
コメント

屈託のある生活

2014-09-26 16:39:26 | 日記・エッセイ・コラム
東京の母を送って三ヶ月、実母を送って一か月になります。 妻もそうだったでしょうが、この三年ほど救急車のサイレンが聞こえる度にギクッとしたものです、その対象が東京の母ではないかと。 その度ごとに私の脳裏には故郷の母の事が浮かびました。 また家電が鳴る度に、胸の奥の方がサワサワとしたものです。 でも二人の母を送ってからはそういう屈託はなくなりました。 ええ、きれ . . . 本文を読む
コメント

こぼれイクラ

2014-09-23 20:52:02 | グルメ
母の偲ぶ会には家族総出で行きました。 私、妻、娘二人と孫娘が二人といった構成です。 折角漁港の釧路に来たのだから新鮮な魚介を味あわせてやろうと、旅行者には結構名の売れている「なごやか亭」という回転寿司に行って来ました。 回転寿司と言ってもそこは日本でも有数の漁港釧路ネタの新鮮さは抜群です。 二年前に釧路に来た事がある小学一年生の孫娘は、その時食べたこぼれイクラが忘れ . . . 本文を読む
コメント

偲ぶ会

2014-09-22 16:33:41 | 舞台
9月20日母を偲ぶ会が北海道釧路市のキャッスルホテルで行われました。 母は8月16日に他界しました。 その時釧路は盆踊りの真っ最中でした。 釧路の目抜き通り一杯を使って行われる盛大な盆踊りは半世紀前に母が始めたものでした。 母は花柳流の師範でした。 花柳寿登芳(はなやぎじゅとよし)。 母の残した盆踊りをやり遂げる為に密葬し、偲ぶ会を改めて行ったという訳です。 彼女は稀代の踊りの名 . . . 本文を読む
コメント