セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

メッセージ

2017年05月22日 | 映画

エイミー・アダムス主演、地球にやってきた異星人とのコンタクトを描いたSFドラマ。テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。ジェレミー・レナ―、フォレスト・ウィテカーが共演しています。

メッセージ(Arrival)

ある日突然、地球の各地に正体不明の飛行物体が現れます。地球外からやってきた知的生命体の目的は何か。異星人との意思疎通を図るため、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)が抜擢されますが...。

SF映画が苦手なので、本作も見るのを躊躇していましたが、Rotten Tomatoesでの高評価に期待して鑑賞。注目のヴィルヌーヴ監督作品でもあり楽しみにしていましたが、結論からいうと、少々もの足りなかった...映像や展開もやや単調で、時々うとうとしてしまいました。

異星人とのコンタクトに言語学者が抜擢されますが、そもそも言語というコミュニケーションが可能なのか、疑問を感じました。というのも、私自身は異星人との最初の知的コミュニケーションはおそらく数学(=論理)になるのでは、と信じているから。

ピエール・ブールの「猿の惑星」でも、猿が支配する惑星に不時着した人間が、自分が知的生物であることを証明するために、数学理論を絵に描いて見せていたことを思い出します。本作の序盤でも「フィボナッチ数列が通じたか?」というようなセリフがあったので、にやにやしながら見ていたのですが...。

ところが本作に登場する生物の言語は、まさかの墨絵。どうしてまた?と思いましたが、原作者が中国系アメリカ人と知って、なるほどと納得しました。どこか書の世界に通じるものがあり、アートとしても美しかった。でも地球人の言語、それも英語に意味を当てはめるというのは少々無理があるように感じました。

異星人の造形が、何十年も使い古されてきた姿だったのもがっかりでした。地球まで来れるということは、かなりの知能をもつ生命体であるはず。「宇宙戦争」のようにすぐに攻撃してきてもおかしくないのに、粘り強く地球人との話し合いに応じるものわかりのよさも、不自然に感じました。

とはいえ、すべてが円という閉じた図形であることや、12がキーナンバーになっていることは興味深い。そういえば、ストーンサークルの謎にも通じるものがあるような気がします。地球とは違う時間の流れ方があるということが、謎を解くヒントになるかも??

ところで本作の宇宙船が、おせんべいの「ばかうけ」に似ているというのが公開前から話題になっていました。たしかにシルエットだけ見ると”ばかうけ”ですが、実際に映像を見ると、私はポテトウェッジ(potato wedge)を思い出しました。(どうでもいい^^;)

 

他にそう思った人はいないかと探したら、約1名(イギリス人)しか見つからなくて残念。でもほかに、Terry's Chocolate Orangeに似ているという声や、バナナとのコラ画像などもあっておもしろかったです。

 

5 Movie Posters more threatening (and delicious) than ARRIVAL (Film Obsession)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 根岸子規庵と、恐れ入谷の鬼... | トップ | 美女と野獣(アニメ版・フラ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらま~ (ごみつ)
2017-05-22 17:11:44
こんにちは!

実はこれ今日見に行こうと思ってたのですが、やぼようのあれこれで中止したところでした。

絶対に見に行くつもりではあるのですが、セレンディピティさんの評価がかなりイマイチなので、あんまり期待しない方が良いかも?

気が長いと言えば、「ウルトラセブン」のメトロン星人は、四畳半一間のアパートで暮らしながら、人間がじだらくになり自ら滅びるのを待ってたので、それに比べると良さそうです。(笑)

また見たら感想書きますね~。
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-23 08:47:17
ごみつさん、おはようございます♪
ごみつさんも見に行かれるところだったのですね!
私には今ひとつでしたが、世間の評価はかなり高いので...
おそらく深遠な作品なのだと思います。
是非まっさらな気持ちでご覧になってみてください☆
ごみつさんの感想、楽しみにしています。

メトロン星人、最強ですね!
結局最後は粘り強い生物が勝つ、という気がします。^^
数列 (ノルウェーまだ~む)
2017-05-23 17:40:14
セレンさん☆
ちょっとウトウトなさったとは!意外です。でも私の隣の男の子はガッツリ寝てました(爆)
宇宙人との最初のコミュニケーションが数列と信じていらっしゃるなんてさすがセレンさん!
私宇宙人がやってきて数字を書いて見せたら???がいっぱい出てしまい、知的生命体でないことがバレて最初にエサにされる気がしてきました。
でも宇宙には1+1=2ではない理論が存在するかもしれないとしたら、(この作品のように時間の概念が違うとか)適切なコミュニケーションって何なのでしょうね…
こんにちは (ここなつ)
2017-05-23 20:09:37
こんにちは。弊ブログにご訪問&コメントを下さりありがとうございます。
こんなに色んな相似形の形があるなんて…母船…
ではなく、というか、驚きはそこではなく、文系の脳では到底解明できないのだけれど、文系の脳に優しい情緒的なオハナシだったことに驚きました。だって、ドゥニ監督だもの…結構激しい方だと思っておりましたので。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-24 09:32:03
こちらにもありがとうございます。
SFはどうも苦手なせいか、つい夢の世界に入ってしまいました。
数学というとおおげさですが、例えば「どちらの方が量が多いか?」なんていうのは
ユニバーサルに共通する理論だと思うのです。
動物と会話する時も、決してことばに置き換えているわけではない
と思うと、異星人とのコミュニケーションがどういうものになるか
想像が及ばなくて、ちょっとわくわくしますね。
☆ ここなつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-24 09:43:45
ここなつさん、こんにちは。
宇宙船、たしかにシルエットだけ見ると”ばかうけ”ですが
実際には全然違いましたね。
それを「ばかうけから影響を受けた」とおっしゃるドゥミ監督
なかなかユーモアとサービス精神のある方だなーと思いました。
ドゥミ監督作品は「ボーダーライン」しか見てなくて...
あの作品はシビアな世界が描かれていましたが、本作にはロマンを感じました。
こんばんは。 (margot2005)
2017-05-26 20:21:12
この映画素晴らしかったのですが...セレンディピティさんダメでした?
異星人が飛来する映画はファンタジーのイメージで見るので細かいところにこだわらないですね。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ独特の世界というのでしょうか?彼の作る宇宙映画は今までにない趣で素敵でした。
中国系アメリカンの原作者ならではの墨絵も良かったです。
宇宙船はポスターを見て私もバナナ想像しました。
☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-05-27 18:15:39
margotさん、こんにちは。
私には少々合わなかったですが...
ヴィルヌーヴ監督ならではのファンタジーの世界が表現されている
すてきな作品だと思います。
墨絵の文字もアートの感覚で楽しめました。
宇宙船の形状、バナナに似ていましたね。^^
シルエットで見た時とかなり違った印象を受けました。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言......
メッセージ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは......
「メッセージ」☆これこれしかじか (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評判も高く映像も美しい、思わせぶりな映像の連続と謎の宇宙人との緊迫したやりとりに目が釘付け。 重厚そうに見えて実は判りやすい「メッセージ」は良いとして、ラストの着地点......
「メッセージ」第29回東京国際映画祭 (ここなつ映画レビュー)
特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないと......
[映画『メッセージ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・私は、たまに「10年に一度の傑作」と言う言葉をよく使うが、名作は数あれど、そういう場合は特に、物語に「大きな時代の転換点」が付随されたものを言う。 これまでの......
"あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダム...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストその他全般に触れています。『メッセージ』Arrival原作 : テッド・チャン監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演 : エイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト......
メッセージ (Akira's VOICE)
ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。  
メッセージ (風に吹かれて)
異文化交流における選択 公式サイト http://www.message-movie.jp 原作: あなたの人生の物語 (テッド・チャン著/ハヤカワ文庫)監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「灼熱の魂」 
「メッセージ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Arrival」2016 USAある日、宇宙からやって来た巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に現れる。攻撃もせずただ上空にふんわりと浮かんだまま動かない。目的は?何のために地球にやって......
メッセージ はじめにことばありき (Said q winning)
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ あらすじ:巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降......
「メッセージ」 (或る日の出来事)
なかなか地味どしたなあ。
メッセージ (ごみつ通信)
Arrival 2016年/アメリカ (監)ドゥニ・ヴィルヌーヴ (演)エイミー・アダムス ジェレミー・レナー フォレスト・ホィテッカー マイケル・スタールバーグ マーク・オブラ......
メッセージ (だらだら無気力ブログ!)
なんで未来が分るんだっけ?
メッセージ(2016) (映画的・絵画的・音楽的)
 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は......
メッセージ (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からみて、宇宙人とのファーストコンタクトものと思い、実際その通りなんだけど、見終わってみれば生きることの意味や家族とは何かといった哲学的命題を考えさせられる傑......
映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態......
メッセージ (銀幕大帝α)
ARRIVAL 2016年 アメリカ 116分 SF/ドラマ 劇場公開(2017/05/19) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『ボーダーライン』 原作: テッド・チャン『あなたの人生の物語』 出演: エ......