わしやま

実験的に楽しく、まじめに書き込んでいるブログです!以上書き込み責任者:やましたじゅんいち

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

車検じゃベイベ~

2011-08-23 22:00:00 | わしやま音楽祭Vol.14
お届けするのは

The Who「Shakin' All Over」

メンバーのひとりだったドラムスのキース・ムーンのお誕生日ということであっぷしました。

この曲はジョニー・キッズ&パイレーツのナンバーによるカバーでアップした1969年ウッドストックフェスティバルに出演した時に披露したもの。


そんな太田光代氏と同じ潜在能力のムーンであるが、

1978年に他界するまで、生涯を通じて「変人」「壊し屋」としての名声を欲しいままにした。

彼は、ホテルの窓や友人の家、あまつさえ自分の家ででさえ、高窓から家具を投げ捨て配管に爆竹を仕掛け、廃墟にしてしまった。

彼の隣人だったスティーブ・マックイーンが、彼の悪戯があまりに酷くてノイローゼになった、という逸話も残っている。

彼自身が開いたパーティでもそうでないパーティでも、必ず彼が参加しているパーティはむちゃくちゃに破壊され、本人は必ず全裸になった。

ミック・ジャガーが、とあるパーティに招待されて会場に行ったところ、ムーンの姿を見かけた瞬間逃げ帰った、という逸話もある。車をプールに沈めたという噂もあった。また、多くの女装、ヌード写真が残されている。

ムーンはドラムス破壊のパフォーマンスで特別の熱意を示し、ドラムセットを激しく蹴り、打ち付けることに熱中した。

テレビ番組「スマザーズ・ブラザース・ショー」に出演したとき、彼はドラムセットに火薬を多量に仕込み、「マイ・ジェネレイション」の演奏終了時に爆破させた。

それによってピート・タウンゼントは聴力障害を負い、ベティ・デイヴィスを気絶させた。ムーンのおどけた仕草は「Moon the Loon」の愛称をもたらした。

彼のドラムスとしてのパフォーマンスはロック界において、大親友ジョン・ボーナム(レッド・ツェッペリン)と肩並べるほどの腕を残している。今は天国でボーナムと一緒に酒を呑みながらドラム競演をしていることでしょう・・・

ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 裸の豚 | トップ | あなたを愛するためにここに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

わしやま音楽祭Vol.14」カテゴリの最新記事