わしやま

実験的に楽しく、まじめに書き込んでいるブログです!以上書き込み責任者:やましたじゅんいち

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

堕ちて開けたら天国だった・・・

2011-08-26 22:00:00 | わしやま音楽祭Vol.14
お届けするのは

Guns N Roses「Knocking On Heavens Door(天国の扉)」

1985年に結成された、アメリカのロサンゼルスを拠点とするロックバンド。全米で4,200万枚、全世界で1億枚以上のアルバムセールスを記録する。

この曲は、ボブ・ディランが映画「ビリー・ザ・キッド」のサントラ用に作ったナンバーのカバーで、1990年映画「デイズ・オブ・サンダー」(監督:トニー・スコット、主演:トム・クルーズ、ニコール・キッドマンほか)で先行でお披露目をし、1991年アルバム「Use Your IllusionⅡ」に収録されている。

音楽性として

1980年代末に現れたハードロックバンドであり、ファーストアルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』では、普遍的な縦ノリハードロックサウンドではあるが、その中にもハードロック的亜種性が窺える。

音楽的には、ロックンロールやパンク、HM/HRなどの影響下にあったが、草創メンバーがLAメタルの中期にLAにて活動を開始し、LAメタル後期のグラムファッションを牽引し(ガンズ・アンド・ローゼズ自体がLAメタルに内包されるLAグラムに分類されるともいう)、かつ、バンドの中心人物であったイジー・ストラドリンがニッキー・シックスが結成したLONDON(後のD'PRIEST)なるバンドに1980年代初頭に在籍していた経験があるため、この範疇に捉えられることがあった。また、同時期にLAのクラブで活動し、1990年代にかけてブレイクしたバンドに、ポイズン(LAメタル後期の代表格)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(LAメタルではないが、ガンズ・アンド・ローゼズとは別の日に同じクラブに出演していた)、ジェーンズ・アディクション(同/デイヴ・ナヴァロのバンド加入説が根強く(イジーの後任とスラッシュの後任の2度)浮上したのは、アクセルの音楽的志向のみならず、古くからの友人関係にあったともされる)がある。

『ユーズ・ユア・イリュージョン I』 『ユーズ・ユア・イリュージョン II』はハードロックサウンドを基調としているが、その中にもストリングスや打ち込みを使った曲、長編バラードも散見され、その音楽性が広がりを示している。

前述の通り、セックス・ピストルズ等のパンクにも影響を受け、『ザ・スパゲティ・インシデント?』では、彼らがかつて影響を受けたパンクを多くカバーしている。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
« 日焼けした一反木綿 | トップ | 眠りにつく前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

わしやま音楽祭Vol.14」カテゴリの最新記事