青森市子育てサポートセンター

「子育てをしている保護者のみなさんのお役にたちたい!」という熱い思いで、活動に取り組んでいます。

高校生活をサポート~通級による指導がスタート~

2019-02-12 11:13:51 | うとう塾

 

 30年度から始まった高等学校における通級指導教室の内容を知るために、青森県立北斗高等学校に行ってきました。北斗高等学校は、午前部、午後部、夜間部の単位制による三部制の定時制の学校です。

 入学には県立高校の入試を受ける必要があります。また、通級指導を受けるには、入学後に申請、校長が対象生徒を決定するそうです。通級指導教室は、学習上又は生活上の困難を改善、克服することを目的にしています。通常学級に在籍しながら障害に応じた指導(自立活動)を通級指導教室で受けます。北斗高等学校では、小・中学校での通級指導教室の内容とは違い、苦手な教科の学習を補充するための指導は行っていません。

 北斗高等学校は自分に必要な科目を選択して受けるので、教室移動など自己管理能力が必要だと感じました。映像では、先生から依頼された資料作りや職員室での挨拶、先生への言葉遣い、印刷機の使用など、将来の仕事につながる体験を通した細やかな指導を行っていることが分かりました。その他に、調理実習の企画から調理の手順、調理中の友達とのコミュニケーション等、その子の困っていることに寄り添った指導が行われていました。また、アルバイトの面接対策、学校での休憩時間の過ごし方等、多岐にわたって取り組んでいることに驚きました。

 最後に、今年度は県内での通級指導教室は北斗高等学校1校しかなく、中学3年生対象の学校説明会が9月末に、授業公開が11月中旬にあることが分かりました。

北斗高等学校 山田菜穂子先生から説明を受けた後 校内見学をしました。

参加者からの感想

「通級」のとらえ方が小・中学校と違うのに驚いた。入学できた場合は、先生方のきめ細かい指導が受けられるので安心と思った。

教室が決まっていない等、初めて聞くことが大変参考になった。個人に合っている指導をしていると思った。

思っていた「通級」の形とは違ったが、生徒のことを考えて個々に合った勉強の仕方を提供しているのが素晴らしいと思った。

入試の制度がよく分かった。学校の様子もよく分かって大変役に立った。

等など、北斗高等学校に見学して実際に見て・聞いた経験が、自分の子どもの進学を考える機会につながったようです。

コメント

就学指導室ってなあに?

2019-01-08 10:49:46 | うとう塾

講師の山下先生7月19日 青森市教育委員会事務局指導課 就学指導室の山下征子さんを講師にお迎えしてお話を聞きました。

 子どもが、活き活きと楽しく学校生活を送れるように、子どもにふさわしい学びの場を決定するための情報や手続きについて学びました。

 青森市教育支援委員会は、栄町の消防署の上にある青森市教育研修センター内にあります。教育支援室は、就学指導室から名称が変わり、場所や目的・役割をわかりやすくお話してくださいました。

 大事なことは『子ども一人一人に合った指導や支援の在り方、望ましい教育の場を保護者と共に話し合い、考えていくこと』というお話が印象に残りました。そして、支援の場の紹介と手続きについての具体的な流れ等を聞きました。就学先決定に向けた手続きのためのA票は学校や通っている園等にある。そして手続きには、申し込んでから約3ヶ月かかることを聞きびっくりしました。

 気になる事がある場合の問合せ先⇒教育支援室(旧:就学指導室・教育研修センター4階) TEL:765-1507(直通)

参加者からの感想

漠然としてわからなかった、就学の流れが知れて良かった。

グループ内で、皆さんのお子さんの様子・対応を聞くことが、とても参考になりました。

子どもの成長に合わせて、就学先をその都度変更できると聞いて安心した。A票の出し方や、時期に関して具体的に教えていただきとても勉強になりました。

山下先生の優しく分かりやすいお話と、受講者の皆さんの真剣さがとても印象に残り、うとう塾を開講する目的が伝わったようで嬉しい講座となりました。

コメント

うとう塾 特別支援学校を知ろう

2018-07-24 11:42:28 | うとう塾

 

 30年度第2回のうとう塾は、6月13日(水)に『青森県立青森第二養護学校』へ参加者25名の方とサポーター7名で見学に行ってきました。

【湯田教頭先生より】

『家族を応援できるものになればいいなと思います』との挨拶から始まり、ちょっとカタイ話にはなりますが…』と話されて特別支援学校を理解する説明から学校の特徴などの説明がありました。

◎特殊教育と特別支援教育

・H18年に学校教育法が改正になり「特殊教育」から「特別支援教育」へ転換された。

・「特殊教育」という言葉は用いられなくなり、同様に「盲学校、聾学校、養護学校」という学校種別もなくなり「特別支援学校」に一本化され、複数の障害種別を受け入れることができるようになった。

⇒青森第二養護学校の「養護学校」は呼称としての固有名詞であり、学校種別は「知的障害を教育の対象とする特別支援学校」となる。

 

「十分な教育」(「障害者基本法 第16条」)について・・中央教育審議会初等中等教育分科会より

「それぞれの子どもが、①授業内容が分かり②学習活動に参加している実感・達成感を持ちながら、③充実した時間を過ごしつつ、④生きる力を身につけていけるかどうか、これが最も本質的な視点」と説明された。

 *その子にとってどこが一番良い学校なのか。学校にいる意味。この子が参加している実感があるか、どうか。それが生きる力なのではないか。今日、やれたという充実感を感じられる事を目指している。

⇒学校の目的を踏まえ、先生方の子どもたちに対する暖かな姿勢を感じるお言葉でした。

◎どんな子どもが入学しているか?

 知的障害のある子どもや、知的発達の他にことば、日常生活上の動作、運動発達、人との接し方など、教育上の特別な支援を必要とする子どもたちが入学している。

◎どんな学習をしているか?

 子ども達は、積み上げにくい・繰り返して行うことがしにくい・場面が変わるとできないなどの障害が多いので、以下の学習をしている。

・自立と社会参加を目指し、個別の指導計画に基づき、体験的な活動を重視した学習している。

・個に応じた指導を行う⇒「個に応じる」と「一人一人に対応する」は違う。個人の特性にあった指導を数人の生徒がいる環境で行う。

 説明を受けた後、実際に少数に分かれて学校内を見学したことで、子ども達の活き活きとした表情や先生方の生徒の特性に合わせた指導に触れ、心強く思われた様子でした。

目で見える教材や、具体的に物を置く場所をテープなどで表示するなど、一人でも行えるような配慮が家庭での生活にも参考になると思いました。


参加者からの感想

・中学部の作業実習(木工、紙すき等)や高等部の現場実習(掲示物)を見て、本人の自立して生活していく力を伸ばす授業に取り組まれているのだなと初めて知りました。廊下で会った生徒さんたちの笑顔がとても良かったです。

・教頭先生のお話しがとてもわかりやすく、子どもの教育について心から考えていらっしゃる先生方ばかりなんだなと思いました。養護学校のイメージが良くなりました。必ずできることを見つけられると思います。

・個々に合わせて指導していて、生徒がそれを一生懸命がんばっている事が印象に残りました。

・特別支援教育について学べたことと、校内をじっくり見学できてとても勉強になりました!


 

コメント

30年度のペアレント・トレーニング

2018-07-24 11:24:12 | ペアトレ

今年も、9月7日(金)~隔週8回開催します。

募集⇒8名 *新規の方・全回受講可能な方が優先です。

受付⇒8月7日(火)10:00~開始

コメント

H30年度 第1回 うとう塾

2018-05-29 12:36:38 | うとう塾

H30年度のうとう塾が始まりました!!

第1回のうとう塾は「発達障がいってなぁに?~子どもとの関わり方~」というテーマで通信Q&Aでおなじみの鳴海明敏さんを講師としてお迎えしお話していただきました。

 

講座内容から少し紹介いたします

 

 

発達障がいとは、

生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさや凸凹具合と、

 (凸凹とは、発達の早い遅いところ、得意苦手なところの差が大きいこと。凸凹はなくなるわけではなくその人がずっと持って生きていくもの)

その人が暮らす環境や周囲の人とのかかわりのミスマッチから、

社会生活に困難が発生する障がいのこと。  

                     「リタリコ発達ナビ」(井上正彦先生監修)

 

「しかし、環境や周囲との関わり方を工夫・調整していくことで、困難は改善していくことができる。」

 

また、味覚、臭覚、触覚、視覚、聴覚が過敏だったり鈍感だったりする感覚の特異性のお話でも、感覚過敏のある人は「人に触られるのは、痛いしとても怖い」「嫌な音は、掃除機とミキサー、それとたくさんのしゃべり声」「雨は当たると痛い。一つの毛穴に針が何本も刺さるように痛い」など、本人でなければ分からない感覚を持っていて自分でも何が嫌、不快なのかわからない、周りに伝えられないことが多いとのことです。

 

 問題行動の背後に感覚の特異性が隠れていることがあるので、できるだけ早く気づいて、それに基づく環境を調整することが必要です!

 

 感覚過敏のお話には、講師自身の体験や具体例に参加者も「うんうん」とうなづきながら聞いていました。感覚過敏をテーマとした絵本の紹介をしてくださり感覚過敏の子の困難さや親の関わり方も、わかりすく伝わったと感じました

 

続いて、グループトークを行いました

 

 

 各グループからの質問を鳴海先生が答えてくださいました。その中から紹介いたします。

 

未就学グループQ:夫や祖父母への障害の伝え方・理解の違いの溝をどう埋めるか?

鳴海先生A:特効薬はない。地道な努力は必要でしょう。だが、「自分と同じように」ではなく、「考え方は違っていいけど、理解して!」というスタンスで。

 

 

高学年グループQ:男子ですが、学校で女子に触ってしまい大問題になりました。どう子どもに注意したらいいですか?

鳴海先生A:(例を挙げて)女子のお尻を触った男子がいた。男子の親は交番へ行き、署長に訳を話して息子を叱ってくれと頼んだ。署長にその男子は叱られた。その後、彼は同じ間違いをしなくなった。時には他人から注意してもらうことも有効です。


してはいけないことをした時は、①ダメなことは駄目!ときちんと伝える②周りに協力してもらう(理解者を増やす)ことも方法の一つですね(^^)/

 

  グループトークでは時間が足りないほど予想以上に自分の思いや悩みを話していただき、スタッフ一同嬉しかったです



 

 第1回目ということもあり、はじめて参加される方が多かったこと、講座終了後に参加者同士が情報交換をしている姿があったことなど、講座の目的でもある「次のステップに踏み出すきっかけ」づくりのお手伝いができたかなぁ~と思っています。

 

第2回うとう塾も、またお待ちしております

 

            

 

 

 

コメント