ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

翁寿司

2020年05月27日 | 東京都江東区

上寿司 2100円

翁寿司 東京都江東区千田22-5 サンハイツ千田1F

江東深川ランチで訪れた千田町のお寿司やさん。
「こんにちは」と声をかけると「いらっしゃいまし」と返ってくる。
カウンターに腰かければ、まずは「お飲み物は?」と尋ねられる。
脊髄反射で思わず「ビール」と言いそうになるが、グッとこらえてお茶を所望した。
ランチメニューなどはなく、おきまりの上寿司を注文した。
斜になっているカウンターの上に、足が斜めに削られた寿司下駄が置かれた。
ヴェテランの大将が黙々とにぎってくれた寿司だ。
立派な赤貝、中トロ、赤身がうまい。
これぞ江戸前という寿司で、満足のランチとなった。

コメント

Pizzeria e Braceria L'INSIEME(リンシエメ)

2020年05月23日 | 東京都江東区

カラブレーゼ 1700円(税別)

Pizzeria e Braceria L'INSIEME(リンシエメ) 東京都江東区亀戸1-31-7

緊急事態宣言中で飲食店の営業終了が早められている中、それでもおいしいものをいただこうという人で間隔の広まったテーブルはほぼ満席。
ピザのテイクアウトをしていくお客さんも多く見受けられました。
亀戸駅南口方面にあるピッツェリアのリンシエメのこの日の様子です。
直前に電話で席のみ確保して、いそいそとお店を訪れて、グラスワインにサラダ、肉料理を一品いただいて、シメはピザ。
カラブレーゼはモッツァレラ、青唐辛子、揚げ茄子、辛口サラミ、サルシッチャにバジルが乗ったピッツァ。
イタリアのつま先あたりにあるカラブリア州の名産の唐辛子が使われているからカラブレーゼ。
加えて最近知ったのは、チバニアンの前の時代がカラブリアンと呼ばれること。
そんなイタリアのカラブリア風のピザも、店名を冠したチーズたっぷりのリンシエメというピザも、盤石のおいしさでした。


ポルケッタ
豚バラのローストですね。ボリュームあってうまい。赤ワインにベストマッチ


リンシエメ
トマトソース、プロヴォラ(燻製モッツァレラ)、ルッコラ、削りパルミジャーノ

コメント

上むら

2020年05月21日 | 東京都江東区

らーめんミニカレーライスセット 750円

上むら 東京都江東区猿江1-18-13

自宅周辺ランチ王。
目立たない場所にあるおそば屋さんの「上むら」に行ってみましたよ。
場所こそ目立たないけれど、近くにはタクシー会社をはじめ中小の事業所があるので、底堅い需要があるものと思われます。
町のおそば屋さんらしくメニューは膨大で、そば・うどん各種、丼物、中華の部、定食などよりどりみどりです。
で、たのんだのはラーメンとミニカレーのセットという、逆におそば屋さんらしいメニューと言えなくもない品。
スープのダシ感が薄めのあっさりした味わいのラーメンは、単品では少々弱いかもしれないけれど、カレーとのセットで存在感を示すタイプ。
というかカレーはシンプルにおいしかった。

コメント

食工房とび田

2020年05月19日 | 東京都江東区

刺身盛合せ定食 800円

食工房とび田 東京都江東区千田6-2

江東区の千田町に裏通りにある食工房とび田。
ランチは刺身、煮魚、焼魚と魚料理に徹しているのが好ましい。
刺身定食は800円というお手頃価格ながら、マグロ、白身、赤貝、ホタテの4種盛りがうれしい。
こういうお店が近くにあるのは幸運である。

コメント

みかわ是山居

2020年05月17日 | 東京都江東区

おまかせコース

みかわ是山居 東京都江東区福住1-3-1

遠出することがはばかられるのなら、近くでおいしいものでも食べようかと。
家から近い天ぷらの名店、みかわ是山居に思い切って予約の電話を入れたところ、直近にもかかわらず希望の日時ですんなり予約ができてしまいました。
おまかせコースで税別1万9千円はちょっとお高いけれど、ワクワクしながら行ってきましたよ。
その昔、江東区に移転してくる前の茅場町時代に一度訪れたことがあるけれど、備忘録を調べてみたら2004年11月と記録されていました。
時が経つのが早すぎるなあ。
昼間だけどお酒をいただいて、おししい天ぷらを堪能できて、これ以上言うことはありません。


蒸し暑くなってきたので、冷たい飲み物から・・・


天ぷらのコースといえばエビから始まるのが定番です
頭は香ばしくてビールに合いますよ


絶妙なイカ

コメント

天ぷらカレーおうどん byまぁさん

2020年05月11日 | 東京都江東区

鯛ちくわ天鶏温玉カレーうどん 1240円(税抜)

天ぷらカレーおうどん byまぁさん 東京都江東区海辺5-9

緊急事態宣言が5月末まで延長されてしまい在宅勤務ランチ王続行。
昼休みにお店を訪ねてさまよい歩き、たどりついた海辺町。
今は全然海辺じゃないけれど。
以前は普通のおそば屋さんだった場所が一風変わったうどん屋さんになっていました。
天ぷらカレーおうどんを主力に据えるという変わった趣向で、お値段は決して安くはなく、うどんにしてはむしろ高級な部類です。
しかし、お客さんでいっぱいときている。
これは興味深いと思って入ってみました。
メニューの種類がめっちゃ多くて迷うけれど、カレーうどんは外せない前提で選んだのは、鯛ちくわ天鶏温玉カレーうどん。
うどんにちくわ天は定番だけど、カレーうどんに鯛ちくわ天は初めてです。
深い旨みのあるカレースープのうどんは確かにおいしかった。
ちくわ天は鯛の甘みが感じられておいしいけれど、カレーうどんには普通のちくわでもいいかもね。
ともあれ、こんなお店があったんだ、と感心しました。

コメント

さくらんぼ

2020年05月09日 | 東京都江東区

山形牛ハラミ

さくらんぼ 東京都江東区住吉2-10-11

外食はするけれど、会食はしない。
基本、ひとりか家族だけ。
そんなルールでやっていこうかと。
地元の焼き肉店で飲んで、食べて、ひとり5000円ほどのお会計。
こういう日常は無くしたくないものです。


特選上タン、コプチャン


ホルモン盛合せ


山形牛カルビ

コメント

栃木屋

2020年05月07日 | 東京都江東区

本マグロ漬丼 800円

栃木屋 東京都江東区住吉1-13-14

在宅勤務であっても昼休みには気晴らしに外に出て外食をするのはルーティーン化しているので止められません。
住吉の栃木屋は一見さんには厳しい店構えですが、かつてアド街ック天国でも紹介された謎の名店です。
タクシー営業所向けの深夜(早朝?)営業で、出勤時に通りかかる時にノレンが出ているという・・・。
ところが、コロナのおかげか、店主の体調か、前よりは営業時間が短くなっているようです。
そういえば、以前はランチ営業なんてやってたかなあ?
ともあれ、引き戸を開けて入ってみました。
カウンター越しに年配の御主人から聞くに、やはり在宅勤務者が昼食をとりにくるケースが増えているそうです。
このあたりもマンションが増えたので、さもありなん。
いい感じに漬かったマグロの東丼、おいしかったです。

コメント

楽楽

2020年05月03日 | 東京都江東区

冷やし中華 870円

楽楽 東京都江東区森下3-13-2

コロナのせいで大型連休にもかかわらず引きこもり生活推奨。
寝て起きて寝る、それが私の生き様だぁ!ゲーム、マンガ、アニメ!
と、いうわけにもいかず、お腹が減ってきたら自宅近所の中華で昼飲み、そしてシメに冷やし中華。
5月に冷やし中華というと気が早いと思うかもしれませんが、ここのお店は通年冷やし中華を出しているのです。
あと、ねこがかわいい。


いい連休なのか?
まあ、悪いとまでは言えない。


焼き餃子にはビール


酢豚(ミニ)でさらにビール


看板猫は気ままな様子

コメント

味久

2020年04月17日 | 東京都江東区

米なすみそ焼き定食(中落ち小付き) 1000円

味久 東京都江東区扇橋2-20-1

在宅勤務中の昼休み、図らずもランチ王の版図が江東区方面に拡大。
清州橋通りと四ツ目通りが交差する扇橋二丁目交差点そばにある味久に行ってみた。
外出自粛とはいうものの、常連客を中心に意外と客は多い。
界隈では定評ある日本料理のお店だけれど、昼の定食は手頃なお値段で種類も豊富だ。
まぐろの中落の小鉢がつくベイナスの味噌焼きという渋いメニューを選んでみた。
そういえば江東区は豊洲市場のお膝元だったなと思い出す程度に中落ちはおいしく、白いごはんもウマい。
ちょいとばかし味噌がしょっぱいけれどベイナスも悪くなかった。

コメント

三好弥

2020年04月15日 | 東京都江東区

三好ランチ 1030円

三好弥 東京都江東区北砂1-6-7

三好弥という屋号のお店は三河出身の長谷川好弥さんが開いたから「三好弥」で、小石川区柳町に大正時代に開業したお店がルーツだそうです。
東京の東側でよく見かける三好弥は江東区の北砂にもありました。
洋食・中華と書かれた庇、とんかつと染め抜かれたのれんがいい雰囲気です。
カウンター席に座り、お品書きに「三好ランチ」があるのを見つけてすかさず注文。
三好ランチは三好弥に特有の盛合せ定食で、ここの三好弥では何がでてくるのかしらん。
少々待って運ばれてきたのは、キス天ぷら、ヒレカツ、海老フライ、ハムエッグでありました。
揚げ物は揚げたてで、ごはんもうまい。実にいい昼飯だ。

コメント

ふかがわ翁

2020年02月22日 | 東京都江東区

おろしそば 1100円

ふかがわ翁 東京都江東区常盤2-12-12

2020年1月末、江東区高橋の清澄通り沿いに「ふかがわ翁」の看板がかかる新店がオープンしているのを知った。
涼やかな白いノレンがかかるのみで店名以外の情報は一切わからないようになっている。
しかし「翁」の名であれば蕎麦店であることは、知る人ぞ知るのである。
週末の昼、引き戸をガラリと開けて声をかける。
間口の幅しかない客席は細長いカウンター席のみで先客はなし。
お品書きには蕎麦以外の料理もある。
となれば蕎麦前だ。
板わさと烏賊の塩辛をたのみ、お銚子を一本つけてもらった。
ほかに客もいないので、翁という屋号は、あの「翁」ですよね?
という切り口で店主と少し話をした。
蕎麦の探求が昂じて都内から山梨に移転したことでいっそう有名になった「翁」という店があって、わざわざ山梨まで食べに行くのが真の通みたいな風潮があった1990年頃。
まだ好奇心旺盛で若かった自分は、まんまと乗せられて行ってみた。
カーナビもない時代、中央道を長坂インターで下り、雑誌に書かれた雑な案内図をたよりにたどりついた森の中でいただいたおそばはとてもおいしかった。
その翁で修行をされた店主が打つおそばは、繊細なうまさで、やはりおいしかった。


コメント

夢庵江東住吉店

2019年12月15日 | 東京都江東区

特上味噌煮込みうどん(小御飯付) 1264円

夢庵江東住吉店 東京都江東区住吉1-4-2 フレスポ住吉2F

自宅近くの夢庵で夕食
近年夢庵を利用した記憶がないので調べてみたら、2007年10月に千葉中央店を利用して以来のなんと12年ぶりでした
寒い季節にぴったりの味噌煮込みうどんをたのんでみましたよ
千葉方面では「ばんどう太郎」とか「すぎのや本陣」といったお店の人気メニューになっている味噌煮込みうどんが夢庵ではどうなっているのか
なんとガスコンロにかけられた鉄鍋で運ばれてきました
これはこれでインパクトがあるけれど、具材の野菜や麺自体の量は控えめで、味もお上品で小さくまとまっています
ばんどう太郎のような味噌煮込みうどんを期待していたら想定を下回ってきたので少々不完全燃焼な気分になりました

コメント

かつの

2019年11月24日 | 東京都江東区

肉玉イカ天そば 1100円

かつの 東京都江東区大島4-3-12

お好み焼きに関してはどちらかと言えば広島勢を自認しています
明治通りの西大島駅近くにあるかつのというお店でお好み焼きを楽しみました
やはりお好み焼きは広島じゃけえのぉ


たちまち、ビールじゃ


一口餃子


とんぺい焼き


広島といえば赤!

コメント

中華そば ながくら

2019年10月19日 | 東京都江東区

中華そば(並盛)+味付け玉子 750円+100円

中華そばながくら 東京都江東区千田5-10

2019年に入ってから四ツ目通り沿いにオープンした中華そばながくら。
間口が狭く派手な看板もないので見過ごしていましたが、週末の夜に行ってみましたよ。
白い提灯が下がる外観もそうだし、店内も落ち着いた色の壁でシンプルかつ上品な印象。
入り口の右手には製麺室があり自家製麺だとわかります。
自販機にはたくさんのボタンがあるけれどメニューは中華そばと塩そばの厳選2種のみ。
それにトッピングの味付け玉子、チャーシュー、のりとライスがあるだけです。
中華そばに味玉トッピングで注文すると、店主は丁寧に黙々と作り始めます。
そうして運ばれてきた丼をみると、縁の赤いかまぼこの上に黒豆が乗っているという独特な具材が気になります。
おせち料理かよとツッコみたくなる珍しい具材です。
スープはやや濃い目の醤油に優しい旨みを感じる洗練されたもので、細目ながらもっちりとした食感が心地いいストレート麺ともよく合います。
派手さはないけれど丁寧なおいしさが好印象です。

コメント