ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

やまみシャポー船橋店

2018年04月07日 | 千葉県

船橋定食 1400円

やまみシャポー船橋店 千葉県船橋市本町7-1-1 シャポー船橋店3F

「博多天ぷら」を標榜するお店がじわりと関東に進出を始めている。
まださほど知られていないと思うが、福岡市にある大人気大衆天ぷら店「ひらお」に代表される、カウンターで揚げたてをいただくスタイルのお店だ。
木場で見かけて今度行ってみようと思っていたところ、船橋にもオープンしたので行ってみました。
本場福岡ほどではないけれど、比較的安価な天ぷら定食がいただけます。
まずは塩辛や明太子などをアテにビールで喉をうるおし、順々に運ばれてくる天ぷらをいただきます。
肝心の天ぷらの出来がもうひとつではありましたが、福岡で人気のスタイルは楽しめました。


無料の塩辛、明太子、高菜をアテに


無料でつまめるおいしいものが壺に。


明太子のやまやが展開する「やまみ」

コメント

うどんZ

2018年04月01日 | 千葉県

鴨付けうどん

うどんZ 千葉県大網白里市季美の森南1-8-15

不退転の決意を示す「Z」を店名に冠し、Z旗の掲揚によって各種ステータスが向上していそうな気合の入ったうどん店です。
休日の昼は混みあっており、少々待った後、鴨付けうどんをたのんでみましたよ。
甘めのつけ汁が個性的で、コシの強いうどんと合わなくもない。
具材の鴨にはそれほどのこだわりはないようでした。
メニュー選びが良くなかったかなと。

コメント

せん吉

2018年03月25日 | 千葉県

鶏水炊き鍋(1人前) 2800円

せん吉 千葉市中央区道場南2-15-4

ランチでは鶏スープが絶品のラーメンで名高い「せん吉」ですが、本来は鳥料理のお店です。
鳥スープがおいしいのだから、夜の鳥料理も当然おいしいに決まっているから、いずれ訪れてみたいと思ってはいましたが、ようやくその機会を手繰り寄せました。
水炊きをメインに据えて、その他の料理も楽しもうという構想のもと、お店のお勧めにしたがい、水炊きは人数の半分の1人前、そして焼き物、揚げ物という注文になりました。
焼き鳥も、水炊きも、事前に想定していたレベルを軽々と超越したおいしさに大いに満足したうえ、〆の雑炊までいただけば大いに満腹であって、お会計のほうも意外に手頃とくれば、なんていいお店なんだろうと再認識しました。


ビールによく合うお通しです


焼物は盛合せの8本


軟骨唐揚げでさらにビールを・・・


箸休めに自家製お新香を発注


さて、水炊きの始まりです。


〆のお雑炊。最後まであますことなくうまい。

コメント

ラーメンハウス福王台店(閉店)

2017年12月16日 | 千葉県

ホワイトガウラーメン 650円

ラーメンハウス福王台店(閉店) 千葉県袖ケ浦市福王台1-28

東京ドイツ村のイルミネーションというものを初めて見た。
きれいだったけれど体の芯まで冷え切ってしまいラーメンでも食べて帰ろうかということになり、適当に袖ケ浦市内の店に入ることになった。
遅めの時間だったので先客はいなかった。
テーブル席に座りお品書きを眺めると、新たなご当地グルメとして売り出したもののいまひとつパッとしないホワイトガウラーメンがあったのでたのんでみましたよ。
地元の牛乳を使用した白いスープは意外に違和感がなく、ラーメンとして成立しているとは思いますが、スープの色合い以外に際立った個性がないというのがいまひとつメジャーになりきれない理由かもしれません。
ともあれ、無難においしくいただき、体も温まりました。


寒かった・・・

コメント

粥 秀記

2017年11月18日 | 千葉県

粥(ピータン) 600円

粥 秀記 千葉県市川市湊新田2-2-2 第一嶋田ハイツ1F

土曜日の昼、所用で行徳を訪れた。
駅周辺で適当な食事処がないか歩くと、すぐに気になるお店が見つかった。
お店の外観は和風の居酒屋風だが、お粥の店だ。
水餃子をたのんで冷たい麦酒で喉を潤す。
シメはピータン粥だ。
いい週末ランチになった。

コメント

グルメ

2017年11月11日 | 千葉県

コロッケとハンバーグの盛り合わせ 1500円

グルメ 千葉県野田市鶴奉4-3 渡辺ビル1F

ガストと個人経営の洋食店が並んでいる場合に、どちらに入るのかは置かれた状況によるけれど、自分は断然後者に入ってみたい。
かつて前者を選ばざるを得ないときがあったが、この日は思惑通り「鉄板焼ステーキレストラン」を掲げる洋食の「グルメ」というお店に入ってみた。
豊富なメニューが揃っており、選ぶ楽しさもある。
そうなると盛り合わせをたのみたくなるのが人情だ。
揚げ物もハンバーグも無難にうまかったというささやかな幸せ。


 

コメント

利久加曽利店

2017年09月09日 | 千葉県

冷しうさぎそば 970円

利久加曽利店 千葉市若葉区加曽利町25-1-1

国道126号線の東金街道をほんの100メートルほど進めば中央区になる、準千葉中央ランチです。
そば処利久の都町本店は2016年9月で閉店してしまいましたが、こちらの加曽利店は健在です。
加曽利店は初めて利用しましたが、お品書きは以前利用した都町店とほぼ同様のようで、「冷しうさぎそば」という珍しいメニューに見覚えがあります。
これも何かの縁かと思い、見覚えのあった冷しうさぎそばをたのんでみました。
冷しうさぎそばとは、要するに揚げ餅が乗ったおろしそばであって、冷たいおそばと揚げ餅の相性や如何にというところですが、意外と違和感なくおいしくいただきました。
揚げ餅のおかげで腹持ちが良いというおそばですね。

コメント

珍来東金店

2017年08月26日 | 千葉県

スーパーうま煮麺 850円

珍来東金店 千葉県東金市台方377

珍来のうま煮麺とは30年来の付き合いですが、東金店のメニューに「スーパーうま煮麺」という品を見つけました。
要はうま煮麺の辛口バージョンというわけです。
うま煮麺のスープの旨さに担々麺のコクが加わって、パンチのある味わいが好ましい一杯です。
さすが珍来、外しませんね。

コメント

ミスターワイズマン東金店

2017年08月16日 | 千葉県

和風ハンバーグセット 1350円

ミスターワイズマン東金店 千葉県東金市家之子798-1

東金市の国道126号線沿いには様々な外食チェーン店が点在していますが、その中にあって手作り感あふれるお店も頑張っています。
そのひとつである、ミスターワイズマンに入ってみましたよ。
思いのほか豊富な洋食メニューが揃っていますが、王道メニューのハンバーグにしてみました。
牛豚合い挽きでざっくりした食感のハンバーグに濃い目のソースがよく合います。

コメント

孫悟空(閉店)

2017年08月06日 | 千葉県

五目ラーメン 750円

孫悟空(閉店) 千葉県東金市小野73-1

東金市から千葉東金道路に向かう国道126号線沿いにある孫悟空に入ってみました。
看板には大きく「らーめん」と掲げられていますがラーメン専門店ではなく、この日、奥の座敷では宴会が営まれていました。
店内は年季の入ったファミレスのような造りで、ゆったりしたテーブル席で五目ラーメンをたのんでみましたよ。
いい感じに炒められた野菜の旨みとスープの一体感があって、期待通りの一杯でありました。

コメント

ウエスト東寺山店

2017年08月05日 | 千葉県

うどん+カレーセット 760円

ウエスト東寺山店 千葉市若葉区東寺山573-8

道路の向かいは中央区なので、準千葉中央ランチと言ってもいいでしょう。
福岡県内のロードサイドに数多立地しているうどんのウエストですが、なぜか東日本ではほぼ千葉県内にしか展開していません。
この日は、やわやわの博多うどんとカレーのセットをたのんでみましたよ。
優しい食感のうどんと何の変哲もないカレーの組み合わせが実にしっくりきます。
大衆的で実によろしい。

コメント

2017年07月30日 | 千葉県

うな重(上) 3280円+税

 千葉市若葉区桜木4-11-1

訪れた日、座敷では宴会が営まれていて、テーブル席に客はまばらであった。
ここにやってきた理由はひとつ、うなぎを食べたいこと。
並、上、特上、極の4段階用意されているうな重から、上を注文した。
甘すぎず辛すぎない、ちょうどいいタレをまとったふんわりしたうなぎがうまかった。

コメント

甚五郎

2017年07月16日 | 千葉県

夏のたぬきそば 830円

甚五郎 千葉県東金市山田1133-103

千葉東金道路の山田インターを降りてしばらく走ったあたりでおそばのランチとした。
夏は夏らしく夏じみたメニューを注文するのよ、という天の声が聞こえた気がしたので、「夏のたぬきそば」という名の冷やしたぬきを発注。
ここの冷やしたぬきは、揚げ玉、ネギ、錦糸卵などの定番の具材のほかに、6種類用意されたオプションの中から好きな3品の追加具材を選べるという変わった趣向だ。
厳選した豚しゃぶ、オクラ、鶏天の3種を加え、バラエティに富んだ具材が揃ったところで、冷たいツユを回しかけてズルズルといただきます。
そば自体がおいしく、趣向も楽しく、いい週末ランチになりました。

コメント

竜ちゃん

2017年06月22日 | 千葉県

うま煮ラーメン 730円

竜ちゃん 千葉県東金市台方495-3

ラーメンの文字が染め抜かれた赤いノレンや建物の様子からは、まったくそそられないのだけれど、店の前には営業車がたくさん駐まっているのがとても気になった。
クルマで現場を回る人たちに選ばれる店なら間違いないだろうと考え、自分も砂利敷の駐車場にクルマを駐めた。
テーブルに着き、小ぎれいに印刷されたメニューを見ると、めんもの、いためもの、ごはんもののほか、ランチセット、定食、丼ものと、すこぶる選択の幅が広かった。
これは迷う。
他の客が食べているものを参考にしようと思いきや、皆様てんでバラバラのものを食べていてまったく参考にならない。
結局、自分が好きなメニューのうま煮ラーメンをたのんだ。
はっきりとした濃い目の味付けのうま煮がスープと混ざり、これはうまい。
大衆中華のうま煮麺はこうじゃなきゃ、という味。
これなら何をたのんでも旨そうだ。
営業車が集まるのもむべなるかな。

コメント

まつや

2017年06月18日 | 千葉県

天もり 1600円

まつや 千葉県市原市潤井戸2297-25

茂原街道沿いのおそば屋さんでランチです。
「まつや」の店名は神田の老舗を連想しますが、関係があるのでしょうか。
のど越しが良くて無難においしいもりそばは2段重ねで、意外にボリュームもあります。

コメント