ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

北国の寿司花ぶさ

2023年05月04日 | 北海道

寒流 4800円

北国の寿司花ぶさ 北海道千歳市美々987 新千歳空港ターミナルビル3F

帰りの飛行機の出発が遅めの時間なので新千歳空港でなにか食べて帰ることにしました。
前回ここに来た2021年3月には閉じている店も多くて閑散としていたのがウソのようにめっちゃ賑わっています。
多くの飲食店には行列ができていて、普通のGWに戻ってきたなあという感じでした。
比較的すぐに入れそうなお寿司屋さんに入り、たらこの山わさび漬けやアスパラをつまみにちょっと飲んで、にぎり寿司でシメました。
北海道らしいネタを無難においしくいただいて、満席のAIRDOで羽田へとGO!


たらこ山わさび漬け 1080円
お酒と辛いたらこ、サイコー


アスパラガスバターホイル焼き 880円
旬のアスパラもなかなかですな

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

SOUP CURRY KING 本店

2023年05月04日 | 北海道

チキン野菜カレー4辛+プレーンラッシー 1700円+400円

SOUP CURRY KING 本店 北海道札幌市豊平区平岸三条16-1-1

札幌ステイ2日目のランチは再びスープカレー。
スープカレー好きが聖地札幌に来たら連日食べるのは当たり前ですよね。
ということで南平岸にあるKINGの本店に開店時間のちょっと前に到着しました。
開店と同時に席に案内され、メニュー選びに悩んだ末に定番のチキンカレーに11種の野菜が加わったチキン野菜カレーをたのんだけれど、納豆挽肉カレーも捨てがたく最後まで逡巡しましたよ。
ここのスープカレーは、鶏ガラ・ゲンコツのスープと昆布や鰹の旨味が強い和風ダシのWスープだそうで、鰹のニュアンスが強く感じられる独特な味わいが最大の特徴です。
コクと深い旨みと4辛を指定した辛さの程度がちょうど良いスープがうめえ!
野菜やスープの旨味が強いのでもうちょっと辛くしても良かったかなあ。
人気店ゆえすぐに満席になりましたが、紙ナプキンに書かれたThank you! のサインも和むし、おねえさんの溌剌とした接客も心地良い、いいお店だと思います。
やっぱりスープカレーはおいしいですね。


この後支笏湖へ


ウポポイにも行ってみました

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

RITARU COFFEE

2023年05月04日 | 北海道

リタルロール

RITARU COFFEE 北海道札幌市中央区北3条西26丁目3-8 N2ビル 1F

札幌ステイ2日目の朝
おいしいモーニングコーヒーを求めて自家焙煎の燻製珈琲が名高いというリタルコーヒーを訪れました
さすがGW、人気のお店は朝から混んでいます
テイクアウトで香り高いコーヒーと名物のリタルロールを購入しました。

「年輪をイメージしたリタルロールは

珈琲と合わさることでさらに引き立つ。

珈琲は時に名脇役になる。」

のだそうです・・・


コーヒーは外でいただきましたが・・・

リタルロールは冷凍のものを買うしかありません。
Seriaでワンウェイのカトラリーとオシャレな柄のペーパープレートを購入して解凍された頃合いを見ていただく作戦!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幸せのレシピスイートPlus

2023年05月03日 | 北海道

チーズスフレパフェ 笑顔の猫のひみつ 1680円

幸せのレシピスイートPlus 北海道札幌市中央区南7条西3丁目 第32桂和ビル5F

ビール園でいい気持ちになった後、ロープウェイで藻岩山に登り札幌市内の夜景を眺めてみましたよ。
ロープウェイの待ち時間がヤバくて体が冷え切ってしまったのに、夜をシメパフェで締めくくるという・・・。
すすきのにある雑居ビルの5階にある夜パフェの店に行ってみたら深夜なのにほぼ満席とは驚きます。
パフェと紅茶を楽しんでお店を後にしたときにはテッペンを回っていました。


藻岩山展望台から望む夜景
メッチャ寒かった!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サッポロビール園ライラック

2023年05月03日 | 北海道

漬けラムセット 1830円 ほか

サッポロビール園ライラック 北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10 サッポロガーデンパーク内

これまでに二十回以上は北海道に渡っている私ですが、いわゆるベタな観光名所には意外と行ってなかったりします。
今回の札幌ステイのテーマは「ベタな場所に行ってみる」にしましたよ。
昼は羊ヶ丘展望台のクラーク像、夕方はサッポロビール園、夜は藻岩山展望台と、典型的な観光スポットながら未訪問の場所を訪ねる大作戦!
札幌ステイ1日目の夕方はサッポロビール園。
千葉県のサッポロビール船橋工場にもビール園は併設されていますが、やはり本場のビール園の雰囲気を経験してみたいところ。
連休中は混むだろうと数週間前に予約を入れた時点で、風情のあるケッセルホールやトロンメルホールはすでに満席とのことで、次善の選択としてライラックホールのテラス席を確保しました。
すべてのテーブルが人で埋まり、みな思い思いにジンギスカンを焼きビールを楽しむ喧噪の中、無邪気に楽しまないともったいない!
ライラックホールオリジナルの味付けジンギスカンを焼いてみたり、勢いでじゃがバターをたのんでみたりして、サッポロクラシックやハーフ&ハーフを流し込むのは存外愉快なものでありました。


北海道をかたどったジンギスカン鍋がすごい!
収納場所に困りそう・・・。


サッポロクラシック樽生
半分くらい一気飲み・・・。


漬けラムセット+塩ラム+肩ロース
さて焼きますか!


ビール園のラム串 一本200円
もっとクミンをまぶしてもええんやで


ハーフ&ハーフ


雰囲気あるケッセルホールの様子


ビール博物館


逢魔が刻のライラックホール

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラマイ札幌本店

2023年05月03日 | 北海道

スープカレー(ヤサイ+チキン+エナックブロッコリーアゲアゲ+プダス)+ラマッシー
1250円(+270円+170円+50円)+200円

ラマイ札幌本店 北海道札幌市豊平区月寒東1条17-5-48 有田不動産ビル1F

2023ゴールデンウイーク後半は札幌近郊ショートトリップ。
成田発LCC便にビジネスホテルをなんとか押さえたけれど、さすがGW全然安くないぜ!
さらに千歳空港のレンタカー窓口の大混雑にはびっくり!
コロナの5類への移行(2023年5月8日)も決定済みで、社会生活は完全に平常運転に戻ってきたようです。
レンタカーを借りるのに予想外に時間を要したので、まずは腹ごしらえということで札幌ドームの近くにあるラマイというスープカレーのお店に行くことに決めました。
指定の駐車位置にクルマをとめて、まずはウェイティングリストに名前を記入してクルマの中で待つこと数十分、さすが連休で混んでます。
名前が呼ばれ店内へ。照明がかなり暗くて目が慣れてくるのに時間がかかります。
さあ、どうたのもうかしら。メニューを見て注文の構想を練るのがスープカレーの楽しみのひとつです。
熟考の結果、基本の野菜スープカレーにチキンと揚げブロッコリーを追加して、生唐辛子を使った有料の辛さ増し、という注文になりました
プダスというのが生唐辛子を使った辛さUPの名称のひとつで10~11辛相当だそうです。
生唐辛子だけに、フレッシュでキレのある爽やかな辛みで、通常のスパイスを使った辛さ増しとは別のおいしさになるのでこれは強くオススメしておきます。
また、エナックブロッコリーアゲアゲはたのんで大正解!香ばしく揚がったブロッコリーにスープが絡んでとてもおいしいですよ。
スープの旨さ、辛さ、野菜の旨味が渾然一体となって、自分はこういう味が好きなんだなと、心に思い描くスープカレー像の輪郭がよりはっきりしたような気がします。


実は横浜にもお店があるそうですよ


札幌の観光スポットとしてベタ中のベタですが、今回初めて訪問した羊ヶ丘展望台

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

lavi 新千歳空港店

2021年03月06日 | 北海道

チキンto野菜カレー(オリジナルスープ仕立て;40辛)+フィッシュフライ 1460円+200円

lavi 新千歳空港店 北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル3F

北海道出張最後の食事は空港でのスープカレー。
夕刻の新千歳空港がこんなにもガラガラなのは気の毒と言うか、徹底されているというか・・・。
スープの種類、具材の種類、辛さをカスタマイズするのがスープカレーの楽しみのひとつだけれど、初めてのお店だとギャンブル性も出てくるので要注意というお話。
スープの種類はオリジナル、焙煎えびスープ、ココナッツの3種で、これは基本のオリジナルスープに即決。
具材は、大人気のおすすめメニューのチキンto野菜に揚げ物をひとつ追加しておこうかと。
そして辛さをどうするか。
こちらのお店では0~50の範囲で辛さを指定できるシステムになっています。
0~5がmild spicy、6~10がmedium spicy、11~30がspicy、31~50がextra spicy とのことでありました。
これまでスープカレー専門店で注文する際には5段階中の3~4段階を選ぶことが多いという経験則を準用して、50段階なら30~40で良かろうと考えたのが運の尽き。
颯爽と40辛でお願いしますと発注したのはいいけれど、運ばれてきたカレーの様子を見てこりゃヤバイ、と。
スープカレーなのにスープがサラサラしていないほどに辛さの元が投入された40辛は、それはもう辛かったのであります。
それでもヒーハーしながらほぼ完食。
辛いけれどその奥に旨さがあるスープカレーの真骨頂ではありますが辛かった。
トッピングのフィッシュフライがマイルドな味だったので、これをたのんでおいて良かったなあ。
このお店での自分的辛さストライクゾーンは少なくとも30以下だということはわかりました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょいす静内店

2021年03月06日 | 北海道

サーモン二重握り 270円(税別)

ちょいす静内店 北海道日高郡新ひだか町静内末広町2-1-10

国道235号線を延々走って静内の街までやってきた。
小腹が空いたと思っていたところで回転寿司の店を見かけた。
北海道の回転寿司はおいしいという話も聞くし、ためしに入ってみることにした。
適当に3皿たのんでみたけれど、千葉の回転寿司であるやまとや銚子丸も決して負けてはいないと思います・・・。


いか二重握り贅沢うに乗せ


牡蠣岩塩レモン

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

せんりゅう

2021年03月06日 | 北海道

つぶラーメン 950円

せんりゅう 北海道様似郡様似町大通1-13-10

天候は快晴ではあるけれど風が強くて気温は低い。
僻遠の地を走る国道336号線の様似の街中に黄色い建物が目立つせんりゅうというラーメン店に入った。
店内はスナック風であり、実際夜はスナックのように営業しているのであろうと思われる。
しかし、壁に貼られたお品書きにはラーメン千龍という店名とラーメン各種のメニューが書かれているのであった。
その中でも随一の異彩を放つメニュー、つぶラーメンを注文した。
黄褐色のライト豚骨塩スープと中央にはツブ貝がたくさん入っていて、北海道ならではのビジュアルが嬉しい。
北海道らしさにあふれた磯の香りのするラーメンもいいんじゃないですかね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はげ天本店

2021年03月05日 | 北海道

特選豚丼(4枚) 1000円(外税)

はげ天本店 北海道帯広市西1条南10丁目5

帯広市内のビジネスホテルに投宿し、宿の近くで夕食を済ませることに。
この時期の帯広では、飲食店の営業時間短縮やアルコールの提供自粛も要請されておらず、積雪の残る寒い夜にもかかわらず週末の賑わいが感じられました。
早くこんな普通な日常が帰ってくるといいなあと思います。
飲食店の多いエリアを一巡して良さげなお店の様子をいくつか確認した後、はげ天というお店に入ることに決定。
手指を消毒し、ディスタンスが確保された落ち着けそうな客席に案内されました。
はげ天という名の天ぷら店は銀座が有名だけれど特に関係はなさそうです。
しかし、いずれも禿頭の店主に由来するネーミングという点は共通です。
まず北海道らしいものを少しつまみたいと考え、アスパラの天ぷら、ホタテのバター焼き、それとサッポロビール。
やはりお店で飲むビールは格別ですね。
〆は帯広名物の豚丼。
ちょうどよく肉4枚の小盛が用意されていたので発注。
甘辛いタレをまとい、黒胡椒が効いた豚肉うめぇ!
特に脂身のあるバラ肉が超うまかったです。


アスパラ天+生ビール(小)
この時期の帯広はアルコール類提供はOKだし営業時間の制限もないようでした。それならちょっと一杯・・・


ホタテ貝バター焼き

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

味の大王室蘭本店

2021年03月05日 | 北海道

カレーラーメン 830円

味の大王室蘭本店 北海道室蘭市中央町2-9-3

北海道の主だった都市のなかでも室蘭市は港湾・工業都市ゆえスルーされがちです。
関東地方のPCB廃棄物は室蘭まで運ばれて処理されていることは知る人ぞ知るので、その筋の方には知られているかもしれません。
積雪が残る室蘭の地に降り立ち、ご当地名物というカレーラーメンをいただきました。
斜陽都市の雰囲気溢れる年季の入った室蘭市役所を訪れ、用務を済ませた後、午前11時を少し回った頃合に味の大王室蘭本店に到着しました。
カウンター席と小上がり席のある地方都市にありがちな店内は、まだ空いていますがカウンター席に案内されます。
きっとこれから混んでくるのでしょう。
極寒地仕様のかさばるダウンジャケットを隣の椅子に置き、いちおうメニューを確認しました。
普通に塩・醤油・味噌のラーメンがあって、そのほかにカレーラーメンがあります。
あらかじめ決めていたのでカレーラーメンを即座に注文しました。
そんなものをたのむのはヨソモノだけなのではないかしら、などと一抹の心配もあったのだけれど、後からやってくる地元風のお客さんが口々にカレーラーメンを注文するので安心しましたよ。
さて、地元からの熱い支持を集めるカレーラーメンが運ばれてきました。
丼全体がカレールーのようなスープに覆われ、チャーシューなどの具材のみがスープの上に覗く状態です。
スープは想像を超えたスパイシーさがあるうえ、ダシの旨みも加わってこれはウマい!
麺は縮れが強い中太で、濃い目のスープに負けない食感があり、縮れのおかげでスープを絡めとるのでこれまた良い感じ。
そしてチャーシューも地味にうまいのです。
なんだかんだでスープもほぼ全部飲んでしまうという結果になりました。
予想以上においしかったなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

弟子屈ラーメン新千歳空港店

2016年06月27日 | 北海道

魚介しぼり醤油ラーメン(スモール) 600円

弟子屈ラーメン新千歳空港店 北海道千歳市美々987-22 新千歳空港ターミナルビル3F

札幌での用務を終えて新千歳空港で喉の渇きを癒しました。
ついでに弟子屈ラーメン。
JRの駅名が弟子屈から摩周に変わってしまった今、「弟子屈」とは良い店名です。


行者にんにく餃子とサッポロクラシックの生というナイスなセット 650円

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スープカリーイエロー

2016年06月27日 | 北海道

チキン野菜カリー(辛さ4番ムクティナート) 1100円

スープカリーイエロー 北海道札幌市中央区南3条西1丁目12-19 エルムビル1F

いま自分が札幌で食べたいものといえば、スープカレーがナンバーワンなのです。
辛さと旨みが渾然一体となったスープがクセになり、すっかりスープカレー好きになってしまいました。
辛さは無料で選べる最大の4辛にして、基本メニューのチキン野菜カレーをたのんでみましたよ。
熱い!ウマイ!辛い!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寿司竜

2016年06月26日 | 北海道

刺身(おまかせ)

寿司竜 北海道稚内市中央3-2-3

10年ぶりに訪れた北の果て稚内。
JRの駅はまったく新く見違えるほどに立派になっていたが、街は寂れているようだった。
日曜の晩ということもあって夜の街もかなり寂しげで、6月というのに冷え込む中、ノレンを掲げていた寿司竜という店に這入ることとなった。
カウンターの隅に座り、熱燗で体を暖めて北の海の幸を堪能。


遠目に猫がいると思って近付いたら野良狐でした。
市街地なのにびっくりしたなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

だいまる

2014年11月02日 | 北海道

美瑛カレーうどん(びえい牛乳つき) 850円

ファミリーレストランだいまる 北海道上川郡美瑛町中町1-7-21

現実に戻りたくない気分で一日、美瑛でボケッと過ごした。
でも現実にはお腹が減ってくる。
美瑛の街の中にある個人経営のファミリーレストランだいまるに入ってみた。
お品書きを見ると「店主おすすめ!新ご当地グルメ」と書いてある「美瑛カレーうどん」が目立つ。
美瑛でカレーうどんの脈絡ははっきりしないけれど、地元のものを使っているのは間違いないだろうと、たのんでみた。
カレー味のつけ汁にうどんや具材をつけていただく方式で、間違いなくうまい。
隣のテーブルに座っていた女子2人もカレーうどんをキャッキャと食べている。
最初気付かなかったが、彼女らの言葉は日本語ではなかった。
中国人の北海道好きも相当なものだな、となんとなく思う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする