ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

lavi 新千歳空港店

2021年03月06日 | 北海道

チキンto野菜カレー(オリジナルスープ仕立て;40辛)+フィッシュフライ 1460円+200円

lavi 新千歳空港店 北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル3F

北海道出張最後の食事は空港でのスープカレー。
夕刻の新千歳空港がこんなにもガラガラなのは気の毒と言うか、徹底されているというか・・・。
スープの種類、具材の種類、辛さをカスタマイズするのがスープカレーの楽しみのひとつだけれど、初めてのお店だとギャンブル性も出てくるので要注意というお話。
スープの種類はオリジナル、焙煎えびスープ、ココナッツの3種で、これは基本のオリジナルスープに即決。
具材は、大人気のおすすめメニューのチキンto野菜に揚げ物をひとつ追加しておこうかと。
そして辛さをどうするか。
こちらのお店では0~50の範囲で辛さを指定できるシステムになっています。
0~5がmild spicy、6~10がmedium spicy、11~30がspicy、31~50がextra spicy とのことでありました。
これまでスープカレー専門店で注文する際には5段階中の3~4段階を選ぶことが多いという経験則を準用して、50段階なら30~40で良かろうと考えたのが運の尽き。
颯爽と40辛でお願いしますと発注したのはいいけれど、運ばれてきたカレーの様子を見てこりゃヤバイ、と。
スープカレーなのにスープがサラサラしていないほどに辛さの元が投入された40辛は、それはもう辛かったのであります。
それでもヒーハーしながらほぼ完食。
辛いけれどその奥に旨さがあるスープカレーの真骨頂ではありますが辛かった。
トッピングのフィッシュフライがマイルドな味だったので、これをたのんでおいて良かったなあ。
このお店での自分的辛さストライクゾーンは少なくとも30以下だということはわかりました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょいす静内店

2021年03月06日 | 北海道

サーモン二重握り 270円(税別)

ちょいす静内店 北海道日高郡新ひだか町静内末広町2-1-10

国道235号線を延々走って静内の街までやってきた。
小腹が空いたと思っていたところで回転寿司の店を見かけた。
北海道の回転寿司はおいしいという話も聞くし、ためしに入ってみることにした。
適当に3皿たのんでみたけれど、千葉の回転寿司であるやまとや銚子丸も決して負けてはいないと思います・・・。


いか二重握り贅沢うに乗せ


牡蠣岩塩レモン

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

せんりゅう

2021年03月06日 | 北海道

つぶラーメン 950円

せんりゅう 北海道様似郡様似町大通1-13-10

天候は快晴ではあるけれど風が強くて気温は低い。
僻遠の地を走る国道336号線の様似の街中に黄色い建物が目立つせんりゅうというラーメン店に入った。
店内はスナック風であり、実際夜はスナックのように営業しているのであろうと思われる。
しかし、壁に貼られたお品書きにはラーメン千龍という店名とラーメン各種のメニューが書かれているのであった。
その中でも随一の異彩を放つメニュー、つぶラーメンを注文した。
黄褐色のライト豚骨塩スープと中央にはツブ貝がたくさん入っていて、北海道ならではのビジュアルが嬉しい。
北海道らしさにあふれた磯の香りのするラーメンもいいんじゃないですかね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はげ天本店

2021年03月05日 | 北海道

特選豚丼(4枚) 1000円(外税)

はげ天本店 北海道帯広市西1条南10丁目5

帯広市内のビジネスホテルに投宿し、宿の近くで夕食を済ませることに。
この時期の帯広では、飲食店の営業時間短縮やアルコールの提供自粛も要請されておらず、積雪の残る寒い夜にもかかわらず週末の賑わいが感じられました。
早くこんな普通な日常が帰ってくるといいなあと思います。
飲食店の多いエリアを一巡して良さげなお店の様子をいくつか確認した後、はげ天というお店に入ることに決定。
手指を消毒し、ディスタンスが確保された落ち着けそうな客席に案内されました。
はげ天という名の天ぷら店は銀座が有名だけれど特に関係はなさそうです。
しかし、いずれも禿頭の店主に由来するネーミングという点は共通です。
まず北海道らしいものを少しつまみたいと考え、アスパラの天ぷら、ホタテのバター焼き、それとサッポロビール。
やはりお店で飲むビールは格別ですね。
〆は帯広名物の豚丼。
ちょうどよく肉4枚の小盛が用意されていたので発注。
甘辛いタレをまとい、黒胡椒が効いた豚肉うめぇ!
特に脂身のあるバラ肉が超うまかったです。


アスパラ天+生ビール(小)
この時期の帯広はアルコール類提供はOKだし営業時間の制限もないようでした。それならちょっと一杯・・・


ホタテ貝バター焼き

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

味の大王室蘭本店

2021年03月05日 | 北海道

カレーラーメン 830円

味の大王室蘭本店 北海道室蘭市中央町2-9-3

北海道の主だった都市のなかでも室蘭市は港湾・工業都市ゆえスルーされがちです。
関東地方のPCB廃棄物は室蘭まで運ばれて処理されていることは知る人ぞ知るので、その筋の方には知られているかもしれません。
積雪が残る室蘭の地に降り立ち、ご当地名物というカレーラーメンをいただきました。
斜陽都市の雰囲気溢れる年季の入った室蘭市役所を訪れ、用務を済ませた後、午前11時を少し回った頃合に味の大王室蘭本店に到着しました。
カウンター席と小上がり席のある地方都市にありがちな店内は、まだ空いていますがカウンター席に案内されます。
きっとこれから混んでくるのでしょう。
極寒地仕様のかさばるダウンジャケットを隣の椅子に置き、いちおうメニューを確認しました。
普通に塩・醤油・味噌のラーメンがあって、そのほかにカレーラーメンがあります。
あらかじめ決めていたのでカレーラーメンを即座に注文しました。
そんなものをたのむのはヨソモノだけなのではないかしら、などと一抹の心配もあったのだけれど、後からやってくる地元風のお客さんが口々にカレーラーメンを注文するので安心しましたよ。
さて、地元からの熱い支持を集めるカレーラーメンが運ばれてきました。
丼全体がカレールーのようなスープに覆われ、チャーシューなどの具材のみがスープの上に覗く状態です。
スープは想像を超えたスパイシーさがあるうえ、ダシの旨みも加わってこれはウマい!
麺は縮れが強い中太で、濃い目のスープに負けない食感があり、縮れのおかげでスープを絡めとるのでこれまた良い感じ。
そしてチャーシューも地味にうまいのです。
なんだかんだでスープもほぼ全部飲んでしまうという結果になりました。
予想以上においしかったなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

弟子屈ラーメン新千歳空港店

2016年06月27日 | 北海道

魚介しぼり醤油ラーメン(スモール) 600円

弟子屈ラーメン新千歳空港店 北海道千歳市美々987-22 新千歳空港ターミナルビル3F

札幌での用務を終えて新千歳空港で喉の渇きを癒しました。
ついでに弟子屈ラーメン。
JRの駅名が弟子屈から摩周に変わってしまった今、「弟子屈」とは良い店名です。


行者にんにく餃子とサッポロクラシックの生というナイスなセット 650円

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スープカリーイエロー

2016年06月27日 | 北海道

チキン野菜カリー(辛さ4番ムクティナート) 1100円

スープカリーイエロー 北海道札幌市中央区南3条西1丁目12-19 エルムビル1F

いま自分が札幌で食べたいものといえば、スープカレーがナンバーワンなのです。
辛さと旨みが渾然一体となったスープがクセになり、すっかりスープカレー好きになってしまいました。
辛さは無料で選べる最大の4辛にして、基本メニューのチキン野菜カレーをたのんでみましたよ。
熱い!ウマイ!辛い!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寿司竜

2016年06月26日 | 北海道

刺身(おまかせ)

寿司竜 北海道稚内市中央3-2-3

10年ぶりに訪れた北の果て稚内。
JRの駅はまったく新く見違えるほどに立派になっていたが、街は寂れているようだった。
日曜の晩ということもあって夜の街もかなり寂しげで、6月というのに冷え込む中、ノレンを掲げていた寿司竜という店に這入ることとなった。
カウンターの隅に座り、熱燗で体を暖めて北の海の幸を堪能。


遠目に猫がいると思って近付いたら野良狐でした。
市街地なのにびっくりしたなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

だいまる

2014年11月02日 | 北海道

美瑛カレーうどん(びえい牛乳つき) 850円

ファミリーレストランだいまる 北海道上川郡美瑛町中町1-7-21

現実に戻りたくない気分で一日、美瑛でボケッと過ごした。
でも現実にはお腹が減ってくる。
美瑛の街の中にある個人経営のファミリーレストランだいまるに入ってみた。
お品書きを見ると「店主おすすめ!新ご当地グルメ」と書いてある「美瑛カレーうどん」が目立つ。
美瑛でカレーうどんの脈絡ははっきりしないけれど、地元のものを使っているのは間違いないだろうと、たのんでみた。
カレー味のつけ汁にうどんや具材をつけていただく方式で、間違いなくうまい。
隣のテーブルに座っていた女子2人もカレーうどんをキャッキャと食べている。
最初気付かなかったが、彼女らの言葉は日本語ではなかった。
中国人の北海道好きも相当なものだな、となんとなく思う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カフェドラペ

2014年11月02日 | 北海道

ラクレット 2200円

Cafe de La Paix (カフェ ド ラペ) 北海道上川郡美瑛町美沢希望19線

雄大な大自然を擁する美瑛も、冬枯れの11月に訪れる人はまばらです。
そんな季節にぴったりなのが、林の中の山小屋風カフェでいただくラクレットです。
もう、非日常感がすごくて現実に戻りたくなくなります。
脱サラして美瑛あたりでカフェやペンションを開いてしまう人の気持ちが少しだけわかるような気がします。


ここがお店の入り口・・・。マジか?


落ち葉を踏みしめて歩く。間違いではなさそう・・・。


白樺の木に囲まれた右側の小屋がカフェです。
なんということでしょう・・・。


スイス製専用ホットプレートの上段で具材を焼き、下段でチーズを温めます。


おじいさんがアルプスの山小屋でハイジに作ってくれたラクレットを思い出します。


具材も焼いて


チーズをオン!


そして、これ。
ハンドルキーパーがいてこその幸せ


またここに来れる日がくるのでしょうか・・・。


閑散とした青い池

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鮨みなと

2014年11月01日 | 北海道

お好み

鮨みなと 北海道旭川市3条本通5丁目左9号

旭川は内陸の都市ではあるけれども、北海道に来たら海の幸もいただきたいところ。
そこで、おすすめの寿司屋さんを紹介してもらいました。
地元の蔵元、高砂酒造の「風のささやき」と北海道の海の幸、最高でした。


まずはお通しから


縁側


絶妙の火の通り。そしてキモのほろ苦さがいい。


ガレージ(笑)


北海道らしく、タチ(白子)。尿酸値のことは忘れました。


本ししゃもといえば鵡川産。


ツブ旨し


握りはイカから


津軽海峡のまぐろ


キンメの脂、じゅるる


大助(おおすけ)
勘でマスノスケ?と尋ねたら「よく御存知で」と言われました。


なんと美しいイクラ

 
ホッキは炙ると味が濃くなります。


旭川のお寿司屋さんでミシュランの星を獲得した唯一のお店だそうです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カフェマンナ

2014年11月01日 | 北海道

りんごとクルミのベイクドチーズケーキ 430円

カフェマンナ 北海道旭川市東旭川町倉沼155 南果樹園内

開園の9:30から午後4時まで。動物園をめいっぱい楽しんでしまいました。
体も冷えたので、コーヒーでも飲んで温まろうと思って、スマホに向かって「近くのカフェは?」と訊いてみてたどりついたのがここ。
すごい細道を進み、たどりついたのはリンゴ園でした。
収穫されたリンゴが山積みになっていて、リンゴの甘い香りが漂います。
その果樹園の一角にカフェがありました。
窓からは夕暮れのリンゴ畑、そして温かいコーヒーにリンゴを使ったチーズケーキ。


コーヒーに「気まぐれプリン」も追加してしまいました。


果樹園内のカフェです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モグモグテラス

2014年11月01日 | 北海道

MOGMOGプレート(3品) 1300円

モグモグテラス 北海道旭川市東旭川倉沼 旭山動物園東門2F

評判にたがわず、旭山動物園の展示は非常に面白かった。
特にお勧めしたいのはカバ。あんな活発に動くカバは初めて見た。
オランウータンの綱渡りとかシロクマのダイビングとか、空いていたから見放題!
開園から動物を見まくって、気付けば午後2時になってしまいました。
東門にあるカフェテリア方式のレストラン、モグモグテラスで遅めのランチです。
メイン料理10種の中から3品選べるプレートで、知床鶏のスープカレー、北海道産玉葱フランク、ビーフシチューパイの3種を選んでみました。
動物園のレストランにしてはスープカレーがおいしい。
これだったら「選ぶ3品全部スープカレー、というのはアリだったのかしら」などと愚考。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジュンドッグ

2014年11月01日 | 北海道

ジュンドッグ(エビフライ) 390円

旭山動物園くらぶパン小屋 北海道旭川市東旭川町倉沼 旭山動物園内

土曜日の朝イチでかの有名な旭山動物園に行ってみた。
11月の北海道は相当寒いゆえ、週末とはいえ朝イチでやってくる客はさほど多くはなかった。
開門と同時に入園し、動物を見るより先にパン屋さんで朝食を買うことにした。
旭川名物のB級グルメ、ジュンドッグが売られていたので、エビフライ入りを1本購入てみた。
レンジでチンしてくれた直後のジュンドッグは熱過ぎる。少し蒸らしてからおもむろにいただいた。
寒い朝にはちょうど良かった。


これがジュンドッグか・・・。熱くてさわれない!


少し冷ましてから剥いてみた。棒状だから食べやすい。


パンもおいしいよ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一蔵旭川本店

2014年10月31日 | 北海道

鮭ぶしらーめん(しょう油) 900円

一蔵旭川本店 北海道旭川市三条通7丁目 山田ビル1F

旭川市内で飲んだ〆にラーメン。
22時30頃訪問したのに満席近い盛況の一蔵(いちくら)というお店です。
鰹節ならぬ鮭ぶしを使ったラーメンは900円と値が張りますが、独特の上品な旨みに満ちたスープがおいしい!


連れが注文した「一蔵らーめん」(900円)もなかなかです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする