ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

博多とりかわ大臣駅前串房

2022年01月15日 | 九州沖縄

博多とりかわ(たれ) 130円×5本

博多とりかわ大臣駅前串房 福岡県福岡市博多区博多駅前4-5-5

博多では定評のあるとりかわのお店に行ってみましたよ。
各種ある焼き鳥の種類のうち皮は元々好きなので、とりかわのタレ、塩を5本づつ発注。
ビールととりかわ、控えめに言って最高じゃないですか!


キャベツがいいですねえ。


塩もおいしいですよ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

資さんうどん門松店

2022年01月15日 | 九州沖縄

肉ごぼ天うどん 700円

資さんうどん門松店 福岡県糟屋郡粕屋町大字大隈113-1

福岡の三大うどんチェーンは諸説がありそうだけれど、ウエスト牧のうどん、資さんうどん、だそうです。
唯一未訪問の資さんうどんに行ってみようと企て、ロードサイド型の門松店に行ってみましたよ。
昼下がりのオフピークなのでお客さんはまばらでしたが、客席はかなり多めです。
それなのに24時間営業を掲げるのはすごいです。
メニューもうどんだけじゃなく、おでん、丼物、カレー、ぼたもちなど、かなりの品数がありますね。
ひとまず看板メニューとされている肉ごぼ天うどんを注文してみました。
牛肉の甘みと出汁の甘み、長くて歯ごたえのあるごぼ天と、九州らしい優しい味わいのうどんは関東人の自分でも良くできていると思います。
やはり福岡風のうどんは好きだなあ。


テイクアウト用ぼたもちが冷蔵ショーケースに大量陳列


買っちった! 2個260円。
適度な甘さでおいしいですよ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

河口屋本店新天街店

2022年01月15日 | 九州沖縄

ちゃんどん 750円

河口屋本店新天街店 福岡県北九州市八幡西区黒崎2-7-4

北九州市八幡西区の中心の黒崎駅前にカムズ名店街というアーケード街の入り口がある。
そのアーケード街をしばらく進んだ先の河口屋という名のうどん屋さんに入った。
看板には創業天保元年と記されているけれど、天保って江戸時代だよなあ・・・。
楕円形の天保通宝という銭があったなあとか、天保の改革とか、とにかく半端ない老舗だということですな。
そんな半端ない老舗の風格を一切感じさせない、大衆食堂みたいな店構えの河口屋に入ってみた。
店内も至って大衆的であり、ぎっしり並ぶテーブル席は多くのお客さんで賑わっている。
お品書きを見ると河口うどんという名の素うどん400円から、独創的な具材のうどんまでいろいろあるほか、丼物や定食まで手広く揃う本気の大衆食堂だ。
店頭に貼られていた自慢の一品「ちゃんどん」という謎のメニューをたのんでみた。
ちゃんどんは、ちゃんぽんのようなたくさんの具材が入ったうどん、要するにちゃんぽんうどんのことであった。
野菜を中心にかまぼこや肉も入ったあんかけが乗ったうどんはアツアツで体がすごく温まる。
冬には最適なメニュー選びだったようだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

亀山亭ホテル

2022年01月15日 | 九州沖縄

朝食膳

亀山亭ホテル 大分県日田市隈1-3-10

三隈川ほとりの日田温泉、亀山亭(きざんてい)ホテルで温泉につかり、疲れを癒しました。
これといった特徴があるわけではない旅館の朝食膳ですが、朝からおいしい銀シャリをいただくと元気が出ます。


リバービューの客室から望む早朝の三隈川
煙が横にたなびいている様子から、放射冷却で地表付近が冷え込み逆転層が形成されていることがわかります。


リバービューのいい温泉でした


と、エレンが言っておりますが・・・


後日こんな段ボール箱が送られてきました


大分県内対象施設の宿泊者が応募できる「おおいた多美多味キャンペーン」に応募していたのでした。


冠(かんむり)地どり、おいしくいただきました!
大分県庁・JA全農おおいたの皆様、ありがとうございます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三久

2022年01月14日 | 九州沖縄

生玉子入り焼きそば 800円

三久 大分県日田市亀山町1-1

大分県日田市にやってきた。
徳川幕府の天領の雰囲気を今に残す歴史を感じる街をそぞろ歩いてみたが、冬の盆地は夜になると急激に気温が下がってくる。
寒さに耐えながらラーメン・やきそばを二枚看板に掲げる三久というお店にやってきた。
日田名物のやきそばが人気のお店だそうだが、閉店も近い夕刻とあって先客は一組のみ。
誰も座っていないカウンターで生玉子入り焼きそばを注文した。
指先や顔は冷えたけれど歩いてきたおかげで喉の渇きを感じて麦酒も発注。
泡の出る冷たく黄色い液体が喉を通りすぎ一息ついたタイミングで焼きそばがが運ばれてきた。
もやしが多めなのが日田焼きそばらしいビジュアルで、そこにネギと肉が見え隠れしている。
シャキッとした食感をギリギリ残したもやしに、表面が少し硬くなるまで強めに焼かれた香ばしい麺がうまい。
ビールにすごく合う味付けなのもうれしい。
生玉子をまぶしていただけば一体感が増して、さらにおいしさが強まるようだ。
添えられたスープはこのお店のもうひとつのメインメニューのラーメンのスープだそうだが、ちょうどいいコクのあるおいしい豚骨スープだ。
これならラーメンもおいしいに違いない、というかラーメンも追加してしまえばいいんじゃないの?という邪念が沸き上がってきたが、それは多すぎる故自重した。
ほど良くお腹も満たされ、宿に向かって深々と冷え込む街を歩いた日田の夜。


このような熱いレコメンドもある日田焼きそばです


JR日田駅前の兵士長

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大納言

2022年01月14日 | 九州沖縄

だんご汁定食+とり天(ハーフ) 750円+250円

大納言 大分県大分市府内町2-2-1 名店ビル1F

経済を回すのも重要という主義主張を錦の御旗に、感染拡大防止に留意しつつ国内旅行を楽しむのが私の考えです。
異論は認めますが、異論に同調するつもりはありません。
というわけで唐突ですが、大分市にやってきました。
大分市中心部の府内城址周辺には市役所や県庁があり、さらにその外縁には百貨店や飲食店が密集するエリアがあります。
見慣れぬ街をぶらぶら歩くのは面白く興味が尽きません。
そしてお腹が減ったら良さそうなお店で食事を。
古びた雑居ビルの1階に、焼そば、お好み焼、だんご汁、定食・丼物などと書かれた雰囲気のあるお店を見つけ、ここを入店対象の有力候補に据え、さらに界隈を徘徊して結局このお店が良さそうだと入ってみましたよ。
店内は働き盛りからベテランまでほぼ地元勢と思われる客層で賑わっていました。
カウンター席に座り正面に書かれた「お献立表」を見ると、豊富なメニューに目移りします。
せっかく大分に来たのだから大分じみたものを食べなければ面白くないので、大分の名物料理だんご汁の定食にこれまた大分名物のとり天をハーフで追加しましたよ。
だんご汁と言っても団子が入っているわけではなく、すいとんとほうとうの中間くらいの手延べのうどん状の物が入った汁ものです。
ニンジン、白菜、シイタケ、油揚げなどの具材の上に青ネギとカボスが乗っかっているのがさすが大分です。
優しい野菜の旨味とカボスの風味でこれはなかなか冬には良いですね。
このだんご汁に御飯はなくても良さそうですが、そこは追加でたのんだとり天があります。
とり天に醤油をちょこっと付ければごはんのおかずには最高です。
大衆的で実に良いお店でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

牧のうどん博多バスターミナル店

2018年12月26日 | 九州沖縄

ごぼう天うどん 410円

牧のうどん博多バスターミナル店 福岡県福岡市博多区博多中央街2 博多バスターミナルB1F

博多で最後の食事は、減らないうどんで名高いマッキーこと「牧のうどん」です。
牧のうどんの人気ナンバーワンはごぼう天うどんです。
店頭の自販機で食券を購入し、いそいそと空席に着きました。
間もなくお盆に乗ったうどんとやかんが運ばれてきました。
予備知識がなければ戸惑うことでしょうが、やかんにはうどんのダシが入っているのです。
これは後ほど必要になるものです。
さっそくうどんを食べてみます。麺がふわッふわで太いので一本ずつ食べるしかないなぁ。
するとどうでしょう。一本ずつしか進まないおかげで食べるのに時間がかかり、その間ずっとやわやわの麺がダシを吸収し続けるのです。
麺は膨張して一層太くやわやわになり、丼中での体積は食べ始めと変わらないように見えます。
そして麺に吸収されたダシを追加する必要に迫られ、ここでやかんが必要になるという寸法です。
なるほど減らない。これはおもしろい。
そしてまた食べたくなる!


ずいぶん食べたと思ったのに麺が一向に減らない。そしてダシは減る。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

むっちゃん万十西新店

2018年12月26日 | 九州沖縄

むっちゃん万十(ハムエッグ) 180円

むっちゃん万十西新店 福岡県福岡市早良区西新4-9-3 鳥巣ビル1F

福岡では定番のおやつ?軽食?の、むっちゃん万十を食べてみましたよ。
むっちゃん万十は、ムツゴロウの形をかたどった鯛焼きのような粉モノですが、中身がユニーク。
この日訪れた西新店の店頭には、当店人気メニューのベスト3として、1位ハムエッグ、2位カスタード、3位とんとんと書いてあった。
2位のカスタードはともかく、1位がハムエッグ、3位のとんとんに至っては豚の角煮が入っている。
実にフリーダムだ。
それでは1位のハムエッグを食べてみよう。カウンター越しに購入し、店頭の小さなベンチに腰かけて食べてみた。
マヨネーズが効いた半熟卵のハムエッグが確かにうまい。
なるほどこれがむっちゃん万十かぁ。
経験できたことで満足しつつ、追加でテイクアウトして家人への安上がりな土産とした。


二つに割ると半熟のハムエッグがこんにちは。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みやけうどん

2018年12月26日 | 九州沖縄

うどん+丸天 320円+80円

みやけうどん 福岡県福岡市博多区上呉服町10-24

博多うどんの有名店みやけうどん。
平日は夕方の6時半に閉まってしまうのだが、なんとか5時過ぎにたどりついた。
近年博多うどんのおいしさに目覚めてしまいました。
やわらかいうどんが優しい味わいで、気分がほんわかする。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大盛食堂

2018年12月26日 | 九州沖縄

ちゃんぽん 650円

大盛食堂 熊本県宇城市三角町三角浦1160-40

なんだかんだで熊本県の三角(みすみ)港にやって来た。
JR駅もあるし、フェリー港だしで、食事にありつけるところはあるだろうと思っていたが、思った以上に街は閑散としていて危ない危ない。
たった一軒ノレンを出している食堂に入り、お品書きを眺めると時価と書かれた魚料理や丼物一式、麺類などいろいろある。
しかし、お客さんはいない。
どうしたものかと思案した結果、昔、誰か(宮脇俊三氏 or レイルウェイライター氏か?)の著書で読んだ気がする、九州の食堂ではちゃんぽんをたのむのが間違いないというような内容の文章を思い出し、ちゃんぽんをたのむことに決めた。
見た目は雑然としている野菜盛りのちゃんぽんは、しかし、おいしかった。
やはりちゃんぽんは間違いないのは本当であった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラーメン小金太

2018年12月25日 | 九州沖縄

ラーメン 720円

ラーメン小金太 鹿児島県鹿児島市樋之口町11-5 北村ビル1F

郷土料理と焼酎を楽しんだ後、近くの天文館公園で開催中のイルミネーションイベントをひやかしてみた。
キレイだがだんだん体が冷えてくる。南国鹿児島といえども冬は寒い。
というわけでシメのラーメンで暖をとった。
カウンター上に大根の漬物が置いてある。これぞ鹿児島のラーメン店ならでは。


天文館公園で開催中だったイルミネーションイベント「天文館ミリオネーション2019」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かにや

2018年12月25日 | 九州沖縄

刺し盛り(地アジ・地タコ・タカエビ)

郷土料理と地酒の店かにや 鹿児島県鹿児島市千日町2-16 千日扇屋ビル1F

鹿児島市を代表する歓楽街の天文館文化通りで鹿児島らしいものを食べようと入ったお店。
カウンターに座り、普段はあまり飲まない芋焼酎で地魚などを楽しんだ。
タカエビは甘エビのようなエビでうまい。正式名称はヒゲナガエビというそうだ。


きびなごの塩焼き

鹿児島の魚といえばきびなごは外せない。
刺身、天ぷら、唐揚げなどが一般的な料理法だが、塩焼きは初めてだ。これは日本酒でもいいが焼酎にぴったりだろう。


かつおの腹皮焼

かつおの腹皮は枕崎の郷土料理で、脂がのったハラスの部分の塩焼きだ。
濃い目の塩分が芋焼酎に合う。
「村尾」をお湯割りでいただいた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

麺勝都城店

2018年12月25日 | 九州沖縄

肉うどん+かしわめしセット 604円+248円

麺勝都城本店 宮崎県都城市平江町14-14

年末恒例?の地方都市行脚。
本年は九州を巡る旅程で最初の食事は宮崎県第2の都市の都城市と相成った。
街道沿いに全国チェーンのレストランなどが並ぶなか、うどん・そばの麺勝というお店に入ることにした。
チェーン店のようだが地域限定らしい。
こういうお店にいちばん興味が惹かれるのであります。
写真入りのメニューを眺めると、各種うどんそばのほか、定食、丼物一式、カレーと大衆的で豊富な品揃え。
これは地元の人には支持されそう。
いろんなメニューに目を奪われながら最終的に選んだのは、うどんのジャンルで一番人気と書いてあった肉うどん。それにかしわめしセットを追加した。
甘めのつゆに、コシはあまりないもっちりとしたうどんが九州らしい。
かしわめしは、鶏の炊き込みごはんで無難にうまかった。
麺勝を調べてみたが、福岡に本社があり九州一円に焼く50店舗を展開する「うちだ屋」グループのお店なのだが、都城の店がなぜ本店と書いてあるのかはわからなかった。


駐車場完備の郊外型店舗の麺勝都城本店


往路の機内から撮影。
秀峰とはこのことです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天婦羅処ひらお本店

2017年09月02日 | 九州沖縄

天ぷら定食 770円

天婦羅処ひらお本店 福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1

近年、関東方面でも「博多天ぷら」を標榜する天ぷら専門店がじわじわと広がっているけれど、その元祖はここ「ひらお」なのだ。
福岡空港沿いの道路に面した細長い店舗の長いカウンターにはお客さんがずらりと並び、店員さんが揚げたての天ぷらを次々と運んでいる様は壮観だ。
まず自販機で食券を購入し、席に案内されると、ごはん、味噌汁、天つゆが運ばれてくる。
ここで卓上に置いてある食べ放題のいかの塩辛と漬物で軽くごはんをいただくのだ。
塩辛は酒盗のような複雑な味ではなく、ごはんに合うシンプルな味だが後を引く。
そして、テンポよく揚がったばかりの天ぷらが次々と目の前のステンレスのバットに置かれていくから、冷めないうちにいただくのだ。
このシズル感というか臨場感というか、独特の雰囲気もいい。
これで770円というから人気もうなずけます。


何にしようかな♪
基本は天ぷら定食770円。


最初はこの状態。卓上の器から食べ放題の塩辛を小皿にとりました。


キス&サバ


カボチャ、ナス、白身
白身をいただいたところで、海老とピーマンがやってきて、冒頭の写真の状態になりました。


福岡空港沿いなので滑走中の機内からもよく見えます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

井手ちゃんぽん兵庫店

2017年09月02日 | 九州沖縄

特製ちゃんぽん 880円

井手ちゃんぽん兵庫店 佐賀県佐賀市兵庫町藤木1281-25

佐賀市内の国道34号線沿いのロードサイド型のちゃんぽん専門店、井手ちゃんぽんでランチ。
井手ちゃんぽんは佐賀県内では大層有名な店だそうですが、浅学にして寡聞でした。
野菜の盛りが良いことで名高いそうで、ノーマルのちゃんぽんに生卵とキクラゲがトッピングされる特製ちゃんぽんをたのんでみましたよ。
丼の上面からこんもりと山になった炒め野菜の様相は、ラーメン二郎を彷彿とさせるものがあります。
忘れてはいけないのは、これがノーマルのボリュームだということ。
この上に野菜大盛り、麺大盛り、そして野菜めん大盛りが控えており、他の客に出された大盛りちゃんぽんは「オオッー!?」と思わざるを得ないてんこ盛りでした。
野菜の旨みが十分に溶け込んだスープは濃厚ながら後を引くうまさで、体脂肪率や中性脂肪のことを棚上げにしても全部飲みたくなる魔性の味です。
いや、うまかった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする