ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

駒門パーキングエリア(上り線)スナックコーナー

2019年04月28日 | 中部

アメリカンドッ君 250円

駒門パーキングエリア(上り線)スナックコーナー 静岡県御殿場市駒門621

ゴールデンウイークの午後の東名高速上り線は予想通り激しい渋滞でした。
駒門パーキングエリアに立ち寄り、名物のアメリカンドッグを購入。
富士山の伏流水の駒門の名水で練った生地を手巻きしてから揚げるという手作りの一品だそうです。
エリア内の蛇口から出る名水をペットボトルに汲んで、ホットドッ君をいただきました。
そう言われてみるとなんだかおいしいような気がしてきます。

コメント

手打そば処あずみの

2019年04月28日 | 中部

天ざる 1500円(税別)

手打ちそば処あずみの 山梨県南巨摩郡身延町梅平1114

温泉でリフレッシュした翌日は日蓮宗の総本山である身延山久遠寺に参拝しました。
そして門前町で昼食という流れ。
ここは山梨県ですが信州の地名を冠するあずみのというお店でおそばをいただきました。
手打ちのそばは細めでのど越しがよくおいしかったです。


鶏もつ(ハーフ) 500円(税別)
名物料理だそうです。お酒にはとても合いますよ。


身延山のロープウェイ


富士山が美しい


久遠寺の本堂、祖師堂

コメント

慶雲館

2019年04月27日 | 中部

卯月の宴

慶雲館 山梨県南巨摩郡早川町西山温泉

山梨県にある世界最古の宿で温泉と食事を楽しみました。
旅館の夕食はいろいろな料理を楽しむ中で一品くらいは口に合わないものもあったりするのですが、ここの料理はどれもおいしかったことがとても印象的です。


先付け 桜花豆腐
前菜 こごみ胡麻和え、ふき土佐煮、うるいと煮貝の和え物、よもぎ麩クリームチーズ巻き、独活蕃椒煮
お酒がすすみますねえ・・・。


吸い物 木耳、三つ葉のコンソメスープ
コンソメスープとは珍しい。おいしい。


造り 茜鱒、五月鱒、身延湯葉
甲州の山里だけに刺身は渓流魚と湯葉です。


温物 温野菜味噌フォンデュ仕立て
口直し シャーベット
凌ぎ どんぐり麺


焼物 岩魚幽庵焼き
立体的!


焼けた岩魚に胡桃土佐和え
岩魚香ばしい。

ここで冒頭写真の甲州牛溶岩焼きです!
肉はおいしいなあ。


止め椀 宝刀、あみ茸、浅葱の赤出汁 香の物、蓮根御飯


デザート 抹茶のゼリーに茹で小豆
大満足。おいしかったぁ。

コメント

栄昇堂

2019年04月27日 | 中部

みのぶまんじゅう 

栄昇堂 山梨県南巨摩郡身延町角打3024

本日の目的地の宿に向かう前に身延に立ち寄りました。
身延駅前にある栄昇堂でみのぶまんじゅうを10個購入して、近くの富士川沿いのベンチで全部食べてしまって再び追加で買いに走るという行動こそとらなかったけれど、ウマいのに知名度が低いと嘆かれている味を確かめました。
確かにウマかった。


「みのぶまんじゅうだって!」「身延の名物かな?」


「ちょっと買ってくる~」

コメント

さわやか富士鷹岡店

2019年04月27日 | 中部

げんこつハンバーグ+Aセット 1080円+453円

さわやか富士鷹岡店 静岡県富士市久沢847-11

2019年の大型連休は雨で始まりました。
新富士インターで第二東名高速を下り、目指すは静岡県民が熱愛する「炭焼きレストランさわやか」
近年はその人気に拍車がかかり週末の待ち時間はエグいという噂もあります。
お店に到着すると駐車場の前にはカッパを着た交通誘導の係員の姿がありました。
やはり噂どおり混雑するようです。
ぎりぎりクルマを停めることができて入店したのは11時41分。
まず受付機で人数を入力するとQRコードが印刷された50番の整理券が発行されました。


書かれていた目安案内時間は約30分後の12時10分!
30分なら待ち時間としては常識の範囲でしょう。早めに到着できて良かった。
「50番でお待ちのお客様~」と声がかかったのは12時5分ごろでした。
定番大人気メニューのげんこつハンバーグにソースはオニオンソースを選択。
ライスとドリンクのつくAセットにして、さらにオニオングラタンスープを追加しました。


オニオングラタンスープ
オニオングラタンスープといえばロイホが有名だけれど、ここのもなかなかうまい!


牛の意匠の鉄板に球状のげんこつハンバーグが乗って運ばれてきます。
これを水平方向に切断してソースをかけていただきます。
結論。さわやかのげんこつハンバーグ、マジでウマい!
これまで色々なハンバーグを食べてきたけれど、1000円でこのクオリティは驚きです。
これを食べたければ静岡に行くしかないという希少感もいいですね。

コメント

今井商店

2019年03月18日 | 中部

鱒の寿し 1600円

今井商店 富山県富山市石倉町1-30

ます寿し食べ比べの3個目は、雪見通りの雪見橋詰の「今井商店」。
旨味があって、酸味、甘みのバランスもいい。
これが今回の中でいちばんの好みでした。
いやあ、ます寿しっていいものですね。

コメント (2)

吉田屋鱒寿し本舗

2019年03月18日 | 中部

鱒の寿し(一重) 1600円

吉田屋鱒寿し本舗 富山県安野屋町2-6-6

ます寿し食べ比べ、お次は安野屋電停そばの吉田屋。
酸味と甘みのバランスがよく、食べやすくておいしい。
これもうまい。

コメント

前留

2019年03月18日 | 中部

鱒の早寿し 1600円

前留 富山県富山市丸の内1-3-14

富山名物のます寿しは市内を中心に専門店が数十軒もあって、富山市民はそれぞれ贔屓の店があるそうです。
富山には縁もゆかりもないけれど、ます寿しが好きなので早朝から市内各店を巡って買い集めてしまいました。
実は富山駅の「とやマルシェ」に行けば一挙に10種類ほどが入手可能ですが、それではおもしろくないので、きちんと本店で購入することにしました。
まずはます寿し専門店が何軒も集まる市内丸の内の「前留」。
漬けは浅く、あっさりした味わいが特徴です。
これはしみじみとうまい。

コメント

裾花郷

2019年03月18日 | 中部

特上(生そば)きのこそば 470円

裾花郷 長野県長野市大字栗田1038 JR長野駅3・5番線ホーム

駅の立ち食いそばといえども、信州そばの本場である長野駅ホームにあるおそばはさすがにひと味違いました。
通常のおそばに50円追加することで特上という名の生そばに変更できるという、急ぎの人にも味を求める人にも応えるシステムがナイスです。
少々時間があったので、きのこそばの特上をたのんでみましたよ。
細目で滑らかで生らしい腰のあるおそばといい、色はやや薄めだけれどしっかりダシの利いたツユといい、さすがのおいしさです。
さすが長野といったところでしょうか。

コメント

順風屋

2019年03月18日 | 中部

ます寿し(小) 1296円

順風屋とやマルシェ店 富山県富山市明輪町1-220 富山駅きときと市場とやマルシェ内

富山駅で小さなます寿司を購入し電車の中でいただきました。
このほかにも市内の各店でいろいろなます寿司を購入済みです。
後ほど食べ比べるのが楽しみです。


マス寿司は丸いものと思っていましたが、四角いのは食べやすい。
しかもずいぶん赤いマス寿司です。


富山の春は美しい

コメント

立山そばJR富山駅構内店

2019年03月18日 | 中部

とろろ昆布そば 400円

立山そばJR富山駅構内店 富山県富山市明輪町1-227 JR富山駅1F

富山駅の1階に入っている立ち食いそばの立山そばです。
駅弁として名高い「ますのすし」の源の経営のようです。
とろろ昆布そばという富山らしさのあるメニューが目に留まったのでたのんでみましたよ。
関西風の色の淡いダシにとろろ昆布の甘みが加わって独特の味わいになりました。
やはり慣れた関東風のツユのほうが好きだなぁ。

コメント

柳の下末広軒本店

2019年03月17日 | 中部

ワンタンメン 830円

柳の下末広軒本店 富山県富山市総曲輪4-6-9

富山のラーメンといえば富山ブラックが有名ですが、昭和6年創業の老舗末広軒のワンタンメンも有名です。
ホテルの近くにあったので、十数年ぶりに入ってみました。
鶏ガラ、煮干しの醤油味のあっさりスープが優しい味わいです。
こういうのがうれしいお年ごろ。


2006年2月訪問当時

コメント

寿司栄

2019年03月17日 | 中部

おまかせにぎり栄 5500円+税

寿司栄 富山県富山市総曲輪2-8-22

富山市内の繁華街、総曲輪にある寿司栄に入ってみましたよ。
純粋に寿司だけを味わってもらうために、禁酒禁煙というすごいお店です。
禁煙の店は少なくありませんが、禁酒とはなんとストイックな。
お酒を出せば儲かると思うのですが、それを良しとしない心意気、ムスリムでも安心。
それでも人気店らしく、店内で少し待ってから案内されました。
カウンター12席のみの客席に対し付け場には3人の職人さんが握っています。
そして、カウンターの前には手洗い水がチョロチョロと流れています。
なんと懐かしや。このシステムのお寿司屋さんに入ったのは何年ぶりか。
というわけで、お箸は用意されていますが手でつまんで堪能しました。


カウンターに手洗い場のある昔ながらの大衆寿司店は少なくなりました。


最初に大トロ、アオリイカ
初めから大トロを出すとはおそれいりました


甘エビ、白貝
白貝は関東ではあまりなじみがないけれどおいしいネタです。


ネタが大きい分シャリも大きい


ヒラメの昆布締め、アジのゼリー乗せ
富山と言えば昆布締めですね。

この後冒頭写真の白エビとホタルイカの軍艦
いずれも富山名物のネタです。


軍艦3種はカニ、生うに、いくら

コメント

安居(ANGO)

2019年03月17日 | 中部

虎満喜 756円

安居(ANGO) 富山県南砺市城端70

富山県南砺市(ナント市だとフランスになっちゃう・・・)の和菓子屋さんでおみやげを購入しました。
その名も虎満喜(とらまき)。
棒状の生地の中にあんこがぎっしり!
まったく今風じゃないけれど、お茶には合いますよ。


これが虎満喜だ。ずっしり重くて笑う。


洋菓子も売っています。


で、ナント市じゃなかった南砺市の玄関、城端駅(間野山駅ともいう)。


城端駅前に駐車のこれ。P社の公用車っすかねぇ・・・

コメント

鮨歴々百番街店

2019年03月16日 | 中部

料理長厳選握り 5200円 ほか

鮨歴々百番街店 石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街内

意外なことに本ブログで石川県は初投稿です。
ブログ内全都道府県制覇まであとひとつ・・・
というわけで、金沢でおいしいものといえばお寿司ははずせません。
金沢駅直結の商業施設、百番街の中のお寿司やさんです。
カウンター席に案内され、せっかくだからと料理長厳選というおまかせ握りを発注し、その前に刺盛りで一献という算段です。
ヒラメ、〆サバ、ボタンエビをつまみに、お酒は地酒の黒帯悠々特別純米を常温で。
いやこれ最高、このために生きている。
そして、おまかせの握り。どれもおいしゅうございました。

平目、白海老、ボタン海老、バイ貝、メジマグロ赤身、トロ、アジ、柳サワラ、コハダ、ミル貝、桜マス炙り、カワハギ肝乗せ、ヤリイカとウニ、穴子塩、蛤、のどぐろ手巻き


刺し盛りはヒラメ、〆サバ、ボタンエビ。〆サバうまし。


ちょっと減ってしまいました(笑)黒帯悠々特別純米


にぎりの最初はヒラメから


本来富山名物ですが北陸つながりで白エビ

ここで冒頭写真のボタンエビ。大きいしうまい。


バイガイは関東では煮つけで出てきますが、北陸では大型のものを刺身でいただくようです。
濃厚でとてもうまい。


メジマグロのトロと赤身
間違いなし。


アジもいけますよ


柳サワラ
金沢でサワラといえばカジキマグロのことだそうです。
いわゆる鰆(サワラ)は柳サワラと言って区別するのだそうで。


コハダは好き


ミル貝もいい。


サクラマスの炙り
サクラマスといえば富山の鱒寿司が有名ですが炙りもおいしいですね。

 


カワハギ肝のせ
これはお酒に合うヤツだ。


ヤリイカにウニ
イカとウニは合うんです。


煮ハマと穴子
江戸前ですねえ。金沢だけど。


最後はノドグロの手巻き。ノドグロも有名になったものです。

コメント