ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

当ブログは・・・

2022年10月25日 | その他

千葉中央ランチを中心に、外食の記録を淡々と残すブログです。
ただし、筆者の気力、能力が欠如しているため、速報性、リアルタイム性がありません。
大幅なタイムラグをもって更新は続けています。
季節外れの情報になりますが、遅々として更新は進んでいます。
バラエティに富んだ外食を気軽に楽しめる国に生まれた幸せに感謝。
2022年、本年こそ再び気軽に外食が楽しめるようになることを祈ります。
がんばれ飲食店!
GoTo イート!

訪問済みで未レポート店が溜まっています。

検索:右上にある検索ウインドウで、検索範囲を「このブログ内で」に指定することで検索できます。

コメント (21)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

珍来軒

2022年05月07日 | 中国四国

呉冷麺(小) 800円

珍来軒 広島県呉市本通4-10-1 藤盛ビル1F

広島県呉市の名物という呉冷麺を食べてみようとお店に行ってみると、街自体に人は多くないのに大行列ができていました。
どうやらお店自体が観光目的と化しているようです。
せっかくだから列に並び小一時間ほど待って入店し、自販機で食券を買って案内された席につきました。
ほどなく運ばれてきた呉冷麺。
チャーシュー、千切りのキュウリにゆで卵が乗ったシンプルなビジュアルです。
まずは卓上に書かれている食べ方にしたがい、そのまま混ぜていただきます。
タレ自体の色が薄いけれど、酸味と旨味と辛さが調和した何とも言えない味わいで独特のおいしさがありますね。
ここに卓上に置いてある沖縄のコーレーグースに似た液状の酢辛子をたらすと味に締りが出て、これもまた良し。
呉でしか食べられない、という特別感もあいまっておいしくいただきました。


麺は平打ちです


スープワンタンもたのんでみました
ワンタン 650円


豚骨スープがうまいです


行列のできる店というのはウソではないようです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福住フライケーキ店

2022年05月07日 | 中国四国

フライケーキ 90円×2

福住フライケーキ店 広島県呉市中通4-12-20 加藤ビル1F

びっくり饅頭をつまみ食いしてから、アーケードの「れんがどおり」から右に折れた「パルス通り」沿いにある、フライケーキという謎の食べ物を売るお店にも寄ってみた。
なにはともあれ食べてみようかと2個購入。
要するにサーターアンダギーのようなあんドーナツなのでありました。
あんこ系の食べ物が以前にも増して好きになってきたのはなんででしょうね。


包み紙が渋いですね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

びっくり堂

2022年05月07日 | 中国四国

びっくり饅頭(赤) 110円

びっくり堂 広島県呉市中通3-5-5

連休のイベントは、軍都として名高い呉市に行ってみることにしました。
戦時中には40万人もの人口を擁したという大都市で現在でもかなりの規模の街ではありますが、じっくり訪問するのは初めてです。
アーケード商店街の規模もなかなかのもので少々寂れているのは否めませんが、初めての街を歩くのは楽しいものです。
れんがどおりという名の天井の高いアーケード街に「びっくり饅頭」という看板を掲げる店がありました。
いわゆる今川焼きとか大判焼きとか呼ばれるアレですね。
赤・白・クリームの3つの味があり、スタンダードな小豆餡の「赤」を買って、その場でハフハフといただきました。
うまあい!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

駅弁屋祭グランスタ東京店

2022年05月07日 | その他

大船軒サンドウィッチ 530円

駅弁屋祭グランスタ東京店で購入

ゴールデンウイークの最後に遠征を企てました。
まだまだ国内でも未訪問の場所がたくさんありますのでね。
朝食は大船軒のサンドウィッチ。
昔ながらの薄いハムだけど鎌倉ハムを使ったハムサンドがいいですね。
こういうのでいいんです。


車内販売のコーヒーとともに

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ねぎま家

2022年05月06日 | 千葉中央ランチ

海鮮とろろゆっけ丼 750円

ねぎま家西千葉店 千葉市中央区春日2-21-11 コンド千葉ウエスト1F

西千葉駅南口の「ねぎま家」のランチは開業から10年を超えた今なお、学生を中心とした客層に安定した人気を誇っているようです。
2011年3月以来の久しぶりの訪問となったこの日も若い人を中心に賑わっていました。
日替わり定食がヤマとなっていたほか売り切れの品も出る中、海鮮とろろゆっけ丼をたのんでみましたよ。
にんにくが利いてゴマ油の香りがするタレをまとっているところがユッケ風で、海鮮丼なのにパンチのある味付けを若者向けに考案したのでしょうか。
若者ではないけれど、ごま油のタレと海鮮具材のマッチングは気に入りました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天龍飯店

2022年05月05日 | その他千葉県

サンマーメン 770円

天龍飯店 千葉県八街市八街ほ244-6

心地よい五月晴れに恵まれたこどもの日のランチに八街の天龍飯店という中華料理店に入ってみました。
吊るされたビニールで仕切られたテーブルはコロナ対策とはいえ無粋で心地はよろしくないけれど仕方ありません。
さて、お品書きを見ると品数が多いですね。
麺類の部だけで22種類もあります。
サンマーメンやしいたけそばなど、千葉の郊外ではあまり見かけないメニューもあります。
神奈川では一般的なサンマーメンがある一方で、モヤシソバは別に用意されているというところも気になってサンマーメンに決定。
モヤシなどの野菜あんかけの汁そばは、まさにザ・サンマーメンです。
マルハニチロの冷凍食品の「横浜あんかけラーメン」を愛好するサンマーメン好きの私ではありますが、まさか八街で横浜の味がいただけるとは嬉しい誤算(午餐?)でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

wacca

2022年05月03日 | 東京都中央区

南インドストリートチキンカレー(激辛) 1100円

wacca 東京都中央区八丁堀2-19-7 庄司ビル1F

ゴールデンウイークのさなかだけれどスパイスカレーが食べたくなった。
営業しているお店を検索して八丁堀のwaccaというお店にやってきた。
到着時点でちょうど満席でデリバリーの配達員も待機していた。
少々待ってからスパイスの香り高い店内に入ると、どことなく意識も高そうな雰囲気もあって、それに見合った客層で席が埋まっているように見受けられた。
念願のスパイスカレーということでテンションも上がり、まずは南インドの屋台で提供されるような本格的なストリート仕立てのチキンカレーを激辛で注文。
容赦のないクミンやカルダモンなどスパイスの刺激と名古屋コーチン使用の鶏の旨味に満ちていて、これはうまぁい!
紫の玉葱を箸休めに齧るのが現地風ということで、これもなかなかオツなもの。
連れが注文した復刻ダブルチキンカレーの帯域の広い味わいにも感心。
食べたいものを食べ、とても満足して散歩がてら徒歩で帰宅した心地よく晴れた連休の一日。


復刻ダブルチキンカレー

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ストーン

2022年05月02日 | 東京都台東区

焼きカレー 900円

ストーン 東京都台東区浅草橋1-10-12

GW中だけど平日なので焼きカレーで有名な浅草橋のストーンに行ってみました。
店頭には焼きカレーのほか、焼きスパゲティ、焼きハンバーグ、焼きロールキャベツ、焼きタコライスなど、なんでも焼けばいいと思っているのかとツッコみたくなるほど「焼き」メニューばかりが書かれていたのでした。
或る意味清々しいほどの焼き推しです。
というわけで素直に焼きカレーをたのんでみましたが、まあ普通においしいよねという範疇の味でした。
ムリに焼かなくてもいいのでは?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

朝天門

2022年05月01日 | 東京都台東区

香辣炸鶏(半羽) 858円

朝天門 東京都台東区浅草橋1-18-9 山上ビルB1F

浅草橋で昼から呑んでいい気持ち。
ニンニクとスパイスの利いた鶏肉はお酒に合いますよ。


よだれ鶏と紹興酒で


春巻


ピータン豆腐


重慶碗炸麺(ワンザー麺)
エンドウ豆の肉味噌が乗った辛い麺で重慶を代表する麺料理だそうです。



ビルの地下です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バンバン亭

2022年04月30日 | 東京都江東区

ミックスもんじゃ+ベビースター 980円

バンバン亭 東京都江東区千田16-1

地元の老舗もんじゃ焼き店のバンバン亭。
数十年前から変わらずにあるお店だけれど、思い立って初めて入ってみた。
気取らない雰囲気でもんじゃを焼いてサワーを飲むのが楽しいですね。


月島仕込みのもんじゃ焼きテクニックで


噴火口形成


からの、焼き上がり!


サラダをはさんで


焼きポテトもオツですよ


お次はカレーツナチーズもんじゃ


いい感じの土手を形成


完成!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雪月庵

2022年04月29日 | その他千葉県

九十九里丼定食 1350円

雪月庵 千葉県山武郡九十九里町作田5380-4

九十九里町の県道沿いで「麦とろ」の暖簾を掲げるお店に入ってみました。
近ごろめっきりとろろが好きになったので、これはいいですね。
お昼のメニューは和定食の「雪」と「月」や、各種定食や丼物です。
地物の漬け魚にとろろをかけた九十九里丼というのが推しメニューのようなのでたのんでみましたが、思いのほかおいしくて嬉しくなります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダスビリヤニハウス

2022年04月28日 | 千葉中央ランチ

チキンビリヤニ+マンゴージュース 690円+180円

ダスビリヤニハウス 千葉市中央区祐光2-7-1 千葉サニータウン1F

祐光町の老舗インド料理店サンサーラが入っているビルに、インド料理食材専門店「ダスミニスパ」というお店があります。
店内に併設されたイートインコーナーは「ダスビリヤニハウス」という名義でウーバーイーツに登録されていますが、店内で食事をとることもできるそうなので行ってみましたよ。
食料品販売がメインであり、売り場を見ると大きなサイズのスパイスが驚きの安さで売られています。
思わずクミンシードの大袋を買いそうになったけれど自重w
イートインコーナーはとても小規模で、お店の人に断ってから着席してからおすすめと書いてあったチキンビリヤニを注文しました。
土鍋にみっちりと盛られ、もも肉1本が入ったビリヤニはボリューム満点!
そして程よくスパイシーで食べやすくおいしいです。
ここはなかなかの穴場ですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

燕楽

2022年04月27日 | その他千葉県

ロースカツランチ 950円

燕楽 千葉県柏市北柏3-3-3

北柏駅の南口に降り立ってのランチタイム。
スマホのマップで場所を探り、店の様子を実況見分してからのお店選び。
店名でおよそ見当はついていたけれど、藍色の暖簾を見て間違いないと判断したとんかつの燕楽というお店。
御成門の名店と暖簾の意匠が同一なのは、パクリということもないであろうから何らからの縁があるのでしょう。
店の周りは至って静かであったけれど、店内は満席に近い盛況で、やはり界隈では人気のお店のようです。
特上ロースカツを奮発してしまうとお腹が苦しくなって午後の仕事に障りそうなのでおとなしくサービスランチのロースカツを注文。
お昼限定のサービスランチであっても揚げ立てロースカツは上々のおいしさで大いに満足でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

EVERYDAY BURG そごう千葉店

2022年04月26日 | 千葉中央ランチ

名物プレートセット 2178円

EVERYDAY BURG そごう千葉店 千葉市中央区新町1000 そごう千葉店10F

2022年4月13日、そごう千葉店10階のレストラン街に洋食&スイーツを標榜するEVERYDAY BURGというお店がオープンしました。
店名の意味は毎日ハンバーグなのか毎日城砦なのか不明ですが、ともかく「千葉県産の素材をメインに使用した、こだわりの洋食をご提供」をコンセプトにしています。
ちょっと贅沢な洋食ランチを目指すようで、価格帯は税抜き1480円~というお値段ですがどんなものでしょうか。
テーブルに案内され、メニューを見ると美麗な写真入りでおいしそうだけれど、毎日バーグという店名にしてはハンバーグのメニューは少ないよね(笑)
看板メニューの名物プレートセットは、大人のお子様ランチをイメージした品で、オムライス、海老フライ、グラタン、ハンバーグが一度に楽しめるというワクワクする品です。
それぞれ、ふわとろオムライス、有頭海老、蟹と海老のポテトグラタン、ビーフハンバーグという説明があっておいしそう。
これでいいじゃん、というかこれが食べたいとなりましたよ。
盛りだくさんで楽しげなプレートをいざ実食。
味わいのほうはどの料理もわりと普通でしたが、何よりも見た目はすごくいいですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする