ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

安亀商店秋田駅トピコ店

2018年07月07日 | 東北

男鹿産岩ガキ

安亀商店秋田駅トピコ店 秋田県秋田市中通7-2-1 トピコ1F

JR秋田駅の駅ビルでお土産を物色していたら、鮮魚を扱うお店で岩ガキが並んでいるのを見つけた。
店先に小さなテーブルとイスが置いてあったので「ここで食べてもいい?」と聞いてみた。
快諾されたので気を良くして「また後で来ます!」と言い残して、上のフロアの酒屋に走り、飛良泉の小瓶を買って戻ってきた。
新鮮な岩ガキに用意してくれたポン酢を1滴たらして、じゅるりとすすりこみ、酒をぐびりとやった。
これはすこぶるうまい。ついもう1個所望してしまう。


森岳産の生じゅんさいをお土産に購入した。
サッと茹でて氷で締めてワサビ醤油で食べてみたが、その鮮烈なおいしさには驚愕した。
少々値が張るだけのことはあった。機会があればまたぜひ買いたい。

コメント

チャイナタウン

2018年07月07日 | 東北

みそチャンポン+半熟煮卵 860円+100円

チャイナタウン 秋田県秋田市卸町2-2-1

これまでいろいろな地域でさまざまなちゃんぽんを食べてきたけれど、秋田でも独特のみそチャンポンが人気だそうです。
秋田市の郊外にあるチャイナタウンというお店が人気だそうなので行ってみましたよ。
まず食券を買うのだけれど、自販機の横にみそチャンポン、しょうゆチャンポン、しおチャンポンの3種のメニューの説明がデカデカと書いてあって、みそチャンポンは「御存知定番秋田名物」とだけ書いてあります。
まあ、そこまでお勧めされるまでもなく、みそチャンポンを食べる気満々でやってきたのであります。
さっそく自販機に千円札を投入し、いちばん左上のみそチャンポンのボタンを押したのでした。
カウンター席に案内され、待つことしばし。
運ばれてきたみそチャンポンは、丼の縁ギリギリまでなみなみと注がれた赤茶色のスープに様々な具材が見え隠れする、インパクト十分なヴィジュアルでした。
みその旨み、ベースのスープの旨み、具材の野菜や魚介から染み出た旨味が混然一体となって、こりゃうまい!
長崎チャンポンとはまったく別の料理の秋田チャンポンも、アリアリですね。

コメント

駅そば しらかみ庵

2018年07月07日 | 東北

白神豚とかきあげそば 600円

駅そば しらかみ庵 秋田県秋田市中通7-1-2 JR秋田駅

古来、鉄道駅のファーストフードはそばなのだ。
JR秋田駅の改札近くに駅そばしらかみ庵がある。
新幹線駅ともなれば駅そばがあるのは当たり前だと思っていたが、一時期、秋田駅には駅そばがない時期があったそうだ。
2017年にこのお店がオープンし、駅そば不在が解消されたとのことである。
ともあれ、時間に制約のある中で嬉しい駅そばをいただくことにした。
昨今は駅そばといえども地域色を出していて、秋田ならではの白神豚という豚肉を使ったおそばをたのんでみた。
おつゆも麺も具材も、およそよくできている。
昨今の駅そばのレベル向上はたいしたものだ。

コメント

駅前飯店

2018年07月06日 | 東北

ラーメン 550円

駅前飯店 秋田県大館市常盤木町9-11

大館市内の焼鳥屋で日本酒を楽しんだが、予想以上に酔った。
にごり酒のアルコール度が少々高かったのかもしれぬ。
店を出て寂れた裏通りを進み、あまりの寂れっぷりに浜田省吾のMoneyを口ずさんだりして、東大館駅近くのラーメン屋にたどりついた。
その名も駅前飯店だ。駅前だから賑やかかというとさにあらず。
ひっそり閑と静まり返る闇夜に輝く看板に安堵し、のれんをくぐった。
厨房には年配のおやじさんがひとり。
運ばれてきたラーメンは、これぞ中華そばという懐かしいビジュアルで、呑んだ後にはこれだなあと思った。
全然コクのないスープとか、酢酸エチル臭のするチャーシューだとかは、まあ、たいした問題ではない。
呑んだ後に食べるラーメンは正義なのだ。

コメント

酉や喜兵衛大館店

2018年07月06日 | 東北

ねぎま(タレ)

酉や喜兵衛大館店 秋田県大館市新町15

秋田県北部の代表都市大館といえば、今知られているのは、大館曲げわっぱとか、比内地鶏とか、ザギトワさんに贈られた秋田犬の産地とか、まあそんなところだと思う。
かつて秋田杉やヒノキの集散地として、また銅などを産出する鉱山の街として大いに栄えていた。
大館鳳鳴高校出身の友人と1980年代半ばに訪れて以来、久しぶりの大館の街は哀しいほど寂れていた。
地域の中心都市とはいえ、かつて隆盛を極めた産業の林業と鉱業の両方が斜陽化してしまっては仕方がないのであろう。
中心市街地の大町も花金(死語)だというのにおよそ人が歩いていない。
2001年に閉店した百貨店の正札竹村のビルがそのままの姿で残っているのがまた、えもいわれぬ寂寥感を醸し出している。
そんな寂しげな大通りにありながら、燦然と営業している焼鳥の店、酉や喜兵衛に入ることになった。
酉や喜兵衛は秋田を中心に展開する焼鳥居酒屋チェーンで、関東ではお目にかかることはない。
寂れた大通りにあるが、店内はなかなかの賑わいだ。
地元民で賑わうカウンターに席を占め、焼鳥をアテに秋田らしく日本酒をいただく。
比内地鶏のご当地でいただくノーブランドの国産鶏だが、タレや味噌の味も良く十分うまかった。


まずはこれで喉を潤して


ささみわさび ワサビ多し!


出羽鶴新酒にごり生酒


名物「秋田竿灯かわ串たれ」三日仕込み五回炙り
1本110円と安価だが、とてもおいしかった。


現代風の店構えです


曇天の大館市大町の夕景

コメント

役場マグステ食堂

2018年07月06日 | 東北

マグステ丼プレミアム 2000円

役場マグステ食堂 青森県西津軽郡深浦町深浦苗代沢84-2 深浦町役場1F

マグロといえば青森県下北半島の大間が有名だが、実はマグロの水揚げでいえば青森県ナンバーワンは津軽地区の深浦港なのだという。
柔道メダリストの出身地だったり、すしざんまいの社長が高額で競り落としたりと、何かと話題になる大間に対し、ネームバリューでは大きく水をあけられている深浦は面白くないに違いない。
そこで深浦町では、新ご当地グルメとして「深浦マグロステーキ丼」なるものを考案し、2013年6月から売り出されている。
今や、新考案のご当地グルメは全国津々浦々において百花繚乱、群雄割拠状態であって、この深浦マグステ丼の存在も直前まで知らなかった。
4月から11月の間、深浦町役場の1階にある喫茶コーナーが「役場マグステ食堂」として営業していることを知り、例によって気ままなふらり旅に出て、はるか深浦の地までやってきた。
夏休み前の梅雨空の平日とあって、お昼時にもかかわらずマグステ丼目当ての人は他にいない。
マグステ丼のほかに選択肢はないものと思っていたが、2018年7月はデビュー5周年記念として深浦牛ステーキをセットした「マグステ丼プレミアム」なる限定メニューが発売されており、どうせならとプレミアムを注文した。
マグステ丼は、深浦町産の天然本マグロを三個の小どんぶり(マグロ刺身丼、マグロ片面焼きステーキ丼、マグロ両面焼きステーキ丼)でいただくという、面倒な 楽しい料理であって、ジンギスカン鍋でマグロをいい感じに炙って、それを丼にのせていただくという寸法だ。
とりあえず卓上に置かれた「食べ方八か条」に書かれた条項にしたがって食べてみたが、正直にいえば刺身がいちばんうまかった。
深浦牛もとてもおいしくて、これで2000円とはかなりお得でおすすめである。
さらに言えば日本酒やワインと一緒に楽しみたかったけれど、役場の食堂だしね。


まずは野菜焼きから


深浦牛!これで500円はおトクです


両面焼きはこんな感じ


役場の喫茶コーナーがマグステ食堂に

コメント

八仙

2017年03月04日 | 東北

焼餃子

八仙 宮城県仙台市青葉区一番町2-4-13

そのむかし、青葉通りを後にして一番町を道行けば、左側には娯楽の殿堂ボンボン会館、その先に文化横丁という妖しい小道があった。
ボンボン会館はすでになくなっていてイーソービックリであったが、文化横丁は健在だ。
その文化横丁に構える餃子の老舗八仙を訪れた。
終末の夜で開店と同時に満席。
カウンターに席を確保し、おばちゃんに声をかけ、ビール、焼き餃子、水餃子を注文。
嗚呼、良き哉。


ローマ字で「笑顔を包む餃子の八仙」と書いてあるのが良いですね。


水餃子

コメント

お魚いちばおかせい女川本店

2017年03月04日 | 東北

特選女川丼 2600円

お魚いちばおかせい女川本店 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-34 シーパルピア女川ハマテラス1

東日本大震災の津波で町内の建物の3分の2が全壊した女川町。
復興もいまだ途上ですが、JR女川駅から海岸までの間は見違えるような新しい街が整備されています。
地元市場ハマテラスは2016年12月にオープンしたばかりの真新しい施設で、地元の魚介類が楽しめる食事処や販売店が入居しています。
その中に入っている「おかせい」でランチをいただきました。
店内はほぼ満席の盛況で相席となりましたが、なんとか席を確保し、特選女川丼という名の海鮮丼をたのんでみましたよ。
丼からこぼれんばかりにこれでもかと盛られた数々の海の幸。
具が盛りだくさん過ぎて、普通盛りだとごはんが足りません!

コメント

そばの神田東一屋一番町店

2017年03月04日 | 東北

野菜かき揚げそば 370円

そばの神田東一屋一番町店 宮城県仙台市青葉区一番町4-3-3 金富士ビル1F

仙台を代表する立ち食いそばの路麺店と言えば神田です。
3月の朝は冷えるのでかき揚げそばで朝食としました。
麺のコシ、つゆのおいしさ、かき揚げのいずれもよくできています。
この内容ならどこに出店しても戦えるのではないかと。

コメント

ひとひら

2017年03月03日 | 東北

せり鍋 (一人前1620円)

ひとひら 宮城県仙台市青葉区国分町2-2-2 ホテルグランテラス仙台国分町B1F

仙台の冬の味覚のひとつにせり鍋がある。
かつて暮らしていた昭和時代には覚えがなく、それほど歴史があるものではないようだが、今やすっかり定着しているそうだ。
そのせり鍋の具材は、鴨とせり。以上。
シンプル極まりないが、絶妙にうまかった。
鴨の出汁で火を通したせりの根、茎、葉。
それぞれ異なる鮮烈な香りが楽しい。
酒と魚とせり鍋で仙台の夜を満喫。


近頃お気に入りのお酒、石巻の日高見


いい酢〆加減です


芹根の天ぷら


さあ、せり鍋の始まりです。
この時点で正直あまりおいしそうに見えませんが鮮烈でうまかった


茎もオツです。


うどんで〆


仙台を代表する景色です。

コメント

仙台かき徳

2017年03月03日 | 東北

かき丼 1080円

仙台かき徳 宮城県青葉区一番町4-9-1 かき徳ビル5F

かつて暮らした仙台の街をゆっくり歩くのは何年ぶりでしょうか。
一番町のアーケード街にあって、その当時は敷居が高かったかき徳でランチをいただきました。
昼からカキ三昧でございます。


かきグルメ焼き
バター醤油の香ばしさが最高にうまい。浦霞を冷で発注してしまいました。


WUG聖地に巡礼

コメント

餃子照井

2016年11月26日 | 東北

円盤餃子 1200円

餃子照井 福島県福島市飯坂町錦町1-21

宇都宮や浜松ほど有名ではないけれど、福島も餃子のレベルが高い町なのだそうです。
福島では円形に盛り付けられた円盤餃子が有名で、夜しかやっていないお店が多いのが特徴です。
そんなわけで、飯坂温泉にある餃子照井の開店時間を狙ってやってきました。
噂の円盤餃子は、さっくりとした食感が楽しい薄めの皮が香ばしく、野菜多めの具材がジューシーです。
これは自分の餃子史上一二を争ううまさと言っていいでしょう。


ぎょうざにはこれ。サイコー!

コメント

和風レストラン田園山元店

2016年11月26日 | 東北

はらこめし定食 1620円

和風レストラン田園山元店 宮城県亘理郡山元町小平字須崎1

宮城県の郷土料理のはらこめしは、鮭の煮汁で炊いたご飯の上に鮭の身といくらが乗る料理で、その旬は10月下旬から12月頃までだ。
常磐道を数時間ひた走り、宮城県南端の山元町にある田園というお店にたどり着いた。
開店と同時に大勢の客が席を埋めていく。
はらこめしを注文する人もいれば、そうでない人も多い。
地域では人気の食事処なのである。
当方の目当てははらこめしであり、他の多くのお品書きには目もくれず、迷わずはらこめし定食を注文した。
いい感じに鮭のダシを含んだごはんがうまい!
そして贅沢にトッピングされたイクラと鮭も当然のようにおいしかった。
おいしいだろうと予想はしていたけれど、その予想を超えるほどにおいしい。
これは季節になったら食べたくなるのもよくわかる。

コメント

番丁ラーメン名掛丁店

2016年05月02日 | 東北

番丁ラーメン 750円

番丁ラーメン名掛丁店 宮城県仙台市青葉区中央1-7-2 アールアイ名掛丁2号館B1F

その昔一番町通りにあった番丁ラーメンが名掛丁に店を出しているのを見つけて入ってみました。
1980年代当時、仙台市内ではそこそこ名の通った店で、やはり飲んだ後に番丁ラーメンを食べた記憶はあります。
しかし、天下一品こむらさきや支那そば屋のラーメンはよく覚えているのに、どうも番丁ラーメンの記憶がモヤモヤしています。
空いているカウンターで番丁ラーメンを注文し、出てきた丼を見ても記憶は蘇ってきませんでした。
味噌風味のあんかけが乗った醤油ラーメンは、独特ながら無難においしく、飲んだ後にも適していました。

コメント

居酒屋さわらび

2016年05月02日 | 東北

油揚げ

居酒屋さわらび 宮城県仙台市青葉区中央1-6-38 ユアーズビル1F

新幹線が開業し、地下鉄工事がたけなわだった頃に住んでいた仙台の街を久しぶりに訪れた。
あまりの変貌ぶりにウラシマ状態というほどではないけれど、見覚えのない風景に戸惑いを隠せない。
WUGの聖地、野外音楽堂を見に勾当台公園に行けば、交差点の角にあったはずの三井ガーデンホテルがなくなっているし、一番町や名掛丁を歩いても街並みに合点がいかなかった。
これが30年という歳月の為せる業かと感心したり当惑したり。
そしてひとり、カウンター席主体の居酒屋で一献。
つまみは懐かしの定義如来名物の三角油揚げ。
こんな旅もいいものだ。


一杯目から石巻の酒、日高見


カツオ旨し

コメント