ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

中華そば一颯

2021年07月06日 | その他東京都

いぶきそば(小) 880円

中華そば一颯 東京都葛飾区新小岩2-39-4 矢作マンション1F

新小岩にある中華そば一颯(いぶき)というお店に入ってみました。
18時台という早めの時間ということもあり、カウンター席には空席が目立ちます。
まずは自販機で食券を購入。
中華そば、いぶきそば、肉そば、つけそばの4種が基本メニューで、麺の量で小中大を選ぶシステムでした。
よくわからないときは店名を付けたメニューをたのむというマイルールにしたがい、いぶきそばの小に決定。
いぶきそばは、要するに全部乗せというヤツでした。
運ばれてきた丼上には、ワンタン、メンマ、チャーシュー、ほうれん草、煮卵がぎっしりかつ整然と並び、麺がほとんど見えない賑やかな見た目になりました。
スープは魚粉が浮かび煮干しが強めの魚介系。
方向性はわかるけれど、スープの味が強すぎて麺との調和がとれていないように思えました。
結局は強い味に舌が慣れてきて最終的にはおいしくなってくるけれど、ひと口目のインパクトがきついなあ。
昨今はスープの味の強さイコールおいしさみたいな風潮があって、個人的にはちょっと行き過ぎのように思っています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

麺屋あせい

2021年06月14日 | その他東京都

味玉醤油らあめん 900円

麺屋あせい 東京都葛飾区新小岩2-1-23 ソフトタウン新小岩1F

新小岩駅南口からほど近いビルの1階にある麺屋あせいというお店。
スープは鶏ガラと美桜鶏の丸鶏をふんだんに使用し、麺は埼玉県産小麦使用の特注品、国産鶏胸肉と豚肩ロースの低温調理のチャーシュー、等々、素材や調理法のこだわりに関する説明が卓上に置かれていました。
おいしければなんでもいいじゃん、という雑な考えでも差し支えないと思っていますが、おいしいものを提供したいという心意気は伝わってきます。
醤油又は塩のラーメンとつけめんというメニューの基本構成のうち、やはり自分が一番好きな醤油らあめん、そして味玉入りをたのんでみましたよ。
すっきりした旨みのスープは上々です。さすがこだわりの素材という感じ。
麺はパキッとした加水率の低そうな食感で、こういうのもアリかなあという・・・。
いずれにしても、昨今はおいしいラーメンを提供するお店がとても増えたと思うので食べ手としては嬉しい限りです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

元祖ニュータンタンメン本舗新小岩店

2021年06月07日 | その他東京都

タンタンメン(中辛) 830円

元祖ニュータンタンメン本舗新小岩店 東京都葛飾区新小岩1-42-10 MIWAビル1F

川崎市発祥の謎のラーメン、ニュータンタンメンを食べたことがなかったけれど、実は新小岩にもお店があったので行ってみましたよ。
ルミエール商店街に入って間もなく右に曲がったところにこぢんまりとした店舗がありました。
入り口の引き戸には「神奈川の味が新小岩に」と書いてありますね。
カウンターに座り、勝手がよくわからないままに、とりあえず看板メニューのタンタンメンを中辛でたのんでみましたよ。
辛くてニンニクの利いた独特のスープに玉子とじという独特のスタイルで、中くらいの太さの丸麺が滑らかで食感は心地よいですね。
中辛を指定したわりに、結構辛いスープにはごはんが欲しくなります。
これに似たラーメンは全く思いつかないので、ハマったらここに通うしかないですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一徹

2021年04月21日 | その他東京都

中華そば(しょうゆ) 800円

一徹 東京都足立区千住2-52

北千住駅近くで餃子とビールで喉を潤した後、近くで見かけた造りの新しいラーメン店に入った。
オープンから間もないようで鉢植の胡蝶蘭もきれいなままだ。
そのはずで、4月17日にオープンしたばかりだそうだ。
店頭に書かれたメニューは中華そば(しょうゆ・塩)、中華ざるそば、タンメンの3種のみ。
ちょっと呑んだ後だしシンプルなしょうゆラーメンで。
今流行の低温調理の肉が乗っているけれど、これは難しいシロモノで、よほど上手に処理してくれないと筋張った食感が気になるだけに終わってしまう。
スープの方はシンプルな中華そばにしては脂の旨みが強めかな、と。
まだオープン直後なので、徐々にチューニングが進むのでしょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

良記餃子軒北千住店

2021年04月21日 | その他東京都

担々水餃子 530円(外税)

良記餃子軒北千住店 東京都足立区千住2-55

東京都内は2021年4月12日から5月11日までの期間はまん延防止等重点措置期間(まん防、まん重?)になったので、外でのお酒は早めの時間に楽しむしかない。
北千住駅の西口駅前にある大衆的な餃子の店を覗いたら非常に空いていたので喉を潤すことにした。
土鍋で供された担々水餃子はスープが煮えたぎっていて、迂闊に手を出すとヤケドすること必定。
冷たくて泡の出る飲み物で口を冷やしながらいただく水餃子は至福でありました。
焼き餃子も普通においしいですよ。
しかし、誰としゃべるでもなく、ひとりで飲んで食べるのさえ制限されるのはやるせないものです。


まずはこれですよね


店名を冠した良記餃子300円+税


アツアツの水餃子とキンキンに冷えたレモンサワー
これ最強。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

四川菜苑

2020年03月21日 | その他東京都

当店自慢!激辛麻婆豆腐 900円

四川菜苑 東京都足立区西伊興4-1-11

埼玉県との県境まであと500メートルほどの足立区の北部で早めの夕食をとる。
この近傍の病院に見舞いに行ったが、感染症対策のため病室には入れてもらえないのであった。
そうして中途半端な時間になってしまったが、その近所でやってそうなお店を探して辿り着いた。
比較的大きな店構えで、地元では定評のあるお店であろうと踏んで入ってみた。
店内はファミリーレストラン風のテーブル席が主体で、落ち着ける雰囲気である。
四川菜苑という店名だけれど、辛いものばかりというわけではなく、ごく一般的な料理も多数取り揃えている。
それでも当店自慢という麻婆豆腐を中心に、定番の料理をいくつかたのんでみた。
どの料理もなかなかよくできていて、レベルが高い。
シメの焼きそばなど、かなりウマかった。
いい晩メシであった。


病院は乾燥しているから・・・


大エビのチリソース
大ぶりのエビがゴロゴロ入ってます。ビールに合う~


酢豚
野菜の火の通り方がいい。酸っぱさもちょうどいい。


五目揚げ焼きそば
かかっている五目あんかけがウマい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

てんぷら・そば門左衛門

2019年12月23日 | その他東京都

月見とろろそば 980円

てんぷら・そば門左衛門 東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田空港第2旅客ターミナルビル3F

年末に地方行脚は恒例化しています
羽田空港第2ターミナルで朝食をとり中国地方へ出発
朝から温かいおそばをいただいていざフライトへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小諸そばEQUiA北千住店

2019年09月30日 | その他東京都

かけそば 290円

小諸そばEQUiA北千住店 東京都足立区千住旭町42-1 東武鉄道北千住駅3/4番線ホーム

東武北千住駅のホームには小諸そばがあったのですね。
小田急の箱根そば、東急のしぶそば、阪急の阪急そばというように、駅の立ち食いそばも自社系列である場合が多いけれど東武は違うのかと違和感を覚えました。
しかも、原則的に東京の都心部にしか立地しない小諸そばとは、北千住は都心認定されたのかと思います。
当初の予定を変更して、朝食としてかけそばを食べてみましたよ。
小諸そばの特徴であるやや細めのそばにダシを利かせた上品なつゆがからみ、スルスルと喉を通りぬけていきます。
久しぶりに食べたけど、立ち食い店も店ごとに工夫があるなあと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はりきりモーリス

2018年03月09日 | その他東京都

日替わりランチ 880円

はりきりモーリス 東京都足立区南花畑2-2-3 サニーS2ビル1F

足立区南花畑などという場所にはおよそ縁がないのだけれど、自動車の名義変更を自分でやってみようと思い足立自動車検査登録事務所に初めて行くことにした。
なんだかんだで手続きを終えておなかが減った。
某番組のゴローさんのように店を探しながらそぞろ歩き、ペパーミントグリーンの看板を掲げる洋食店に入ってみた。
広々とした客席と、豊富なメニューがなかなか好ましい。
ゴローさんのように何をたのもうか思案しても良いのだが、本日の日替わりランチはエビフライ、ハンバーグ、カニクリームコロッケの盛り合わせという、かなり強力な布陣であって、これを上回る選択肢は考えられなかった。
運ばれてきたランチは予想通りの充実ぶりで、豚汁までついている。
ご飯の量は普通と申告したけれど、無料で大盛りにしてもまったく問題ないおかずのボリュームだ。
原作者久住さん作曲の例のBGMが脳内で再生され「これはいいんじゃないの!?」などと心の声で快哉を叫びつつ、バクバクといただいた。
普通盛りのごはんでも十分なボリュームで、相当お腹がいっぱいになった。
ごちそうさま。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箱根そば多摩センター東口店

2017年03月16日 | その他東京都

ラーメン 420円

箱根そば多摩センター東口店 東京都多摩市落合1-11-2 小田急多摩センター駅東口

千葉で箱そばと言えば箱に入ったおそばですが、小田急線の沿線では、箱そばは箱根そばの通称なのであります。
仕事が立て込んで都合よくランチをとる時間が確保できず、出先の駅で箱根そばを見つけていそいそと遅いランチとなりました。
立ち食いそばのお店でたのむメニューとしては邪道ですが、なんとなくラーメンをたのんでみましたよ。
その昔、千葉駅構内にあっただいきんのラーメンを彷彿とさせる懐かしい味です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クンヤー

2016年05月04日 | その他東京都

パネーン(豚肉のレッドカレー炒め) 1350円

クンヤー 東京都豊島区池袋2-4-1 越路ビル2F

秩父から西武線で池袋に戻ってきて夕食。
スパイシーなものを欲していたのでタイ料理店に入ってみた。
大衆食堂のような気取らない雰囲気だが、出てくる料理がどれもおいしくて驚く。
パネーンが旨すぎて皿を舐めたくなる。


ラーブ(鳥挽肉のハーブ和え) 1250円
タイで売っているラーブ味のプリッツがおいしいのは知る人ぞ知る小ネタだけど、本物のラーブもうまい!


トードカティアム(イカカリカリニンニク炒め) 1250円
ニンニク風味のイカ炒め、これまた絶妙なうまさ。


パッキン(鶏肉とショウガの炒め) 1380円
ショウガ、効き過ぎ!


パッドミ-コラード(イーサン風焼きそば) 1000円
イーサンはタイ東北地方だそうだ。初めて食べたけれど、これはおいしい!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

武蔵野うどんうちたて家

2016年05月04日 | その他東京都

肉汁うどん 830円

武蔵野うどんうちたて家 東京都豊島区南池袋3-13-17 あずまビル1F

天気が良かったので連休じみたことをしようと思い立って秩父に行くことにした。
秩父行きレッドアロー号に乗る前に武蔵野うどんで腹ごしらえ。
太くて固いうどんをワシワシと食べる感覚がクセになります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

羽田寿司幸

2015年10月30日 | その他東京都

刺身盛り合わせ

羽田寿司幸 東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル ガレリア3F

羽田空港でお酒を飲んで出発。

おさけはおいしいなあ


ミョウガと白魚がナイスです


コハダ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブロンコビリー北綾瀬店

2015年08月16日 | その他東京都

400gがんこミックスグリル 1782円

ブロンコビリー北綾瀬店 東京都足立区谷中2-5-4

東海地方を中心にステーキ店を展開しているブロンコビリーですが、2015年夏現在で東京都心部には店舗がありません。
環七を走っていて、加平インターチェンジの近くに北綾瀬店があったので入ってみましたよ。
サラダバーやグリルで肉が焼かれている映像がリアルタイムで店内に流れるのは、他の店舗と同様です。
その様子を見ているとステーキを食べたくなりますが、この日はミックスグリルにしてみました。
そこそこおいしいけれど「普通かなぁ」という印象です。
このお店ではやはりステーキのほうが自分の好みに合うようです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いっぺこっぺ

2015年08月01日 | その他東京都

特上ロースカツカレー 2300円

いっぺこっぺ 東京都大田区蒲田5-43-7 ロイヤルハイツ蒲田1F

おいしいカツカレーを求めて蒲田まで遠征しました。
炎暑の最中にもかかわらず、蒲田駅の東口から歩いて数分の路地に大行列ができているお店がありました。
とんかつの有名店「檍」(あおき)です。
その左隣に、檍が出店しているカツカレーのお店「いっぺこっぺ」があって、こちらの方は行列はありません。
さらっと書きましたが、このお店のメニューはカツカレーだけなのです。
ただ、カツカレーの種類は、ロースカツ、メンチカツ、ひれかつ、上ロースカツ、肩ロースカツ、特上ロースカツと、6種ものバリエーションがあり、さすがとんかつ屋の出店です。
カウンターの正面に貼ってあった千葉県東庄町のブランド肉「林SPF」のポスターに触発されて、思い切って特上ロースカツを奮発してみましたよ。
その結果、特上ロースカツ自体は柔らかくジューシーな肉質と衣の食感などすばらしく、いうことなしのおいしさですが、カツカレーとして食べるとカツとカレーの力量が均衡に欠けるきらいがあります。
何というか、カツカレーにするにはカツが旨すぎる。
その点、ノーマルのロースカツカレーのほうが、カツとカレーのバランス的にしっくりはまるように思いました。
いずれにせよ、なかなかのインパクトがあるカツカレーに満足です。


ロースカツカレー 1000円
これで十分にうまいし満足です。一番人気です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする