ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

銀座かなわ

2023年04月29日 | 東京都中央区

オイスタープレート 1700円×2

銀座かなわ 東京都中央区銀座6-7-7 第三岩月ビル1F

2023年のゴールデンウイーク前半は旅行の予定もないので、東京でおいしいものを食べようと決めていました。
広島の平和記念公園横を流れる元安川に浮かぶ「かき船」で名高いかなわが銀座にもお店を出しているのを知り、昭和の日の晩に行ってみましたよ。
かき料理を中心にアラカルトで注文して、シメにかきカレーやかきリゾットまで堪能してひとり9000円ほど。
広島に旅行することを考えれば安上がり、と考えるのが幸せです。


竹原市の酒 誠鑑 幻 純米吟醸


天然鯛の刺身


穴子たれ焼き


かきブルゴーニュ焼き


かきフライ


かきとアスパラのバター炒め




かきカレー(ハーフ)


かきのクリームリゾット

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かめや

2023年04月11日 | 東京都中央区

しょうゆラーメン 580円

かめや 東京都中央区日本橋大伝馬町4-4

中華で呑んだ後に小伝馬町駅の近くでまだ営業している立ち食いソバの路面店を見かけ、つい入ってしまいました。
そば・うどんのほか、ラーメンやカレーライスもあって、ランチタイムには界隈の忙しいサラリーマンで賑わう光景が目に浮かびますが、閉店15分前の19時45分では閑散としているのもやむなしでしょう。
温かいおそばでもすすろうと思っていたけれど、お品書きを眺めると意外とラーメン推しでもあるので、しょうゆラーメンをたのんでみました。
本当に立ち席しかない客席でひとり寂しくラーメンをすする春の晩。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

金華楼

2023年04月11日 | 東京都中央区

特製鶏肉四川風炒(小) 590円(外税)

金華楼 東京都中央区日本橋小伝馬町20-5

またもや仕事終わりに小伝馬町の中華居酒屋に入ることに。
中華居酒屋だと思って入店したし、店にいた他のグループも中華居酒屋風に利用していたけれど、実は料理は本格志向で「日本の四季の食材、新鮮な肉・魚・野菜を用いて、長年横浜中華街で勤め上げてきた敏腕シェフ2名とともに作り上げる、中国伝統×日本の恵みのモダン中華をお楽しみください。」というのがお店のモットーだそうです。
その割にビールと料理2品の晩酌セットは1180円とお手頃価格だし、おいしくて安価な良いお店です。


1180円(外税)でビールと麻婆豆腐とピータンの晩酌セット

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

張記餃子房小伝馬町店

2023年03月28日 | 東京都中央区

上海焼きそば 825円

張記餃子房小伝馬町店 東京都中央区日本橋小伝馬町15-16 大竹ビル1F

仕事終わりに小伝馬町の中華居酒屋的なお店に入りました
流れで適当に入った店だし、注文もテキトーで(笑)
税込み1080円で生ビール一杯に餃子3個、唐揚げ2個、お好みの料理1品がつくというビールセットが最もお得でテキトーに思えたのでまずはこれを注文です
セットだけでほぼ満足だったけれど、シメに何か食べたくなって上海焼きそばを追加
そこそこウマくて安く飲めるのが中華の良いところですね


お好みの料理は8種から選択します
で、回鍋肉を選択


セットなのにお通しも出てきます


セット料理の回鍋肉
ビールによく合う濃い味付けが良い


唐揚げ
なぜか和皿での提供。無難にウマい


「餃子房」を標榜していますが、わりかし普通の餃子です
味は悪くないですよ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

#カツ丼は人を幸せにする #とじないカツ丼 日本橋本店

2023年03月18日 | 東京都中央区

#とじないカツ丼(上ロース・国産ハーブ豚)+黄身乗せ(龍のたまご) 1900円+200円

#カツ丼は人を幸せにする #とじないカツ丼 日本橋本店 東京都中央区日本橋蛎殻町1-37-9 ライオンズマンション日本橋第2 1F

「とじないカツ丼」というのが一部で話題になっているそうなので、自宅から比較的近い日本橋本店に行ってみることにしました。
とじないカツ丼というネーミングが話題作りに一役買っているようですが、世の中には玉子でとじていないカツ丼は珍しくないですよね。
ソースカツ丼タレカツ丼デミカツ丼などは玉子でとじられていないけれど、これらのカツ丼は玉子自体が使われていません。
その一方で、こちらのカツ丼は玉子を使っているのに玉子とじではない、というところが新しいようです。
まずは店頭の自販機で食券を購入し、その後店内に進んでカウンター席に着くというスタイルです。
これは牛丼チェーンと同じスタイルじゃなイカ!
オフィス街という周辺の状況や店舗の広さに応じて最適化した結論がこれだったのでしょうね。
さて、カツ丼は、並ロース(三元豚)1300円、上ロース(国産ハーブ豚)1900円、極上ロース(東京エックス)3300円の3階級に区分されています。
どうせなら極上いっちゃう?と一瞬よぎりましたが、初めてなら真ん中をたのんでおくのが無難かと、上ロース(国産ハーブ豚)を選択。
さらにトッピング用の生卵を追加しましたよ。
はみ出たとんかつの大きさでフタが閉まっていないという、カツ丼店でたまに見る演出がなされた丼が運ばれてきました。
一見すると醤油ダレのタレカツ丼のように見えます。
丼を開けるとごはんとカツの間にスクランブルエッグのような玉子が挟まれていて、とじられてないですね。
生卵を割ってセパレータで黄身だけをカツの上に落としたところが上の写真です。
いい肉を使った厚切りのロースカツにタレが染みているので、それだけで十分ウマいし、さらに生の卵黄にふわふわの玉子が一体となって、確かにこれはうまい。
このロースカツを使って玉子とじのカツ丼を作ったら同じくらいウマいのでは、という気もしますがそれを言うのはヤボというものですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京餃子楼コレド室町2店

2023年02月24日 | 東京都中央区

スープ餃子(辛味噌) 480円

東京餃子楼コレド室町2店 東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町2B1F

東京メトロ三越前駅直結のコレド室町で簡単に食事を済ませて帰ることにしましたよ。
三軒茶屋に本店のある東京餃子楼が出店していたのを見つけて餃子とビール、これ最高。
定番の焼き餃子は突出した特徴はないけれど食べやすくてビールのお供に最適。
スープ餃子もなかなかでした。


前菜にピータンをたのんで冷たいビールを!


焼餃子(ニラにんにく入り) 320円
無難にうまいです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Columbia8東京八重洲地下街店

2023年01月26日 | 東京都中央区

花火 1200円

Columbia8東京八重洲地下街店 東京都中央区八重洲2-1-1 八重洲地下街 TOKYO CURRY QUARTET

2022年6月に初めてこのお店を訪れた際に、初来店の場合はキーマカレーを注文するよう店員から強く慫慂され、素直に従ってキーマカレーを食べたのでありました。
珍奇な盛り付けと辛さはさほどないのに容赦のないスパイス感のインパクトはすごく、また食べたいと思ってしまう自分がいます。
というわけで2回目の訪問となる今回は、胸を張って基本のキーマカレー以外のメニューをたのむことができます。
じゃあ、辛口のキーマカレーという触れ込みの「花火」とやらをたのむしかありませんね。
カレーに花火と名付けるセンスもなかなかですが、花火のように美しくて印象に残るカレーと解釈しておきましょう。
右手にスプーン、左手にシシトウというこのお店の流儀に則り、スパイスがたっぷり盛られたまあまあ辛いシャバシャバなカレーをいただきました。
あいかわらず個性が突き抜けていて、まさに無双のカレーと言わざるを得ません。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ますたにラーメン室町店

2023年01月14日 | 東京都中央区

ラーメン(並) 850円

ますたにラーメン室町店 東京都中央区日本橋室町4-3-14 日本橋北村ビル1F

1994年に東京日本橋に進出以来はや30年、東京進出後だけでひとかどの老舗と言える京都発祥のますたにラーメンに行ってみました。
旧東急百貨店の裏手、旧たいめいけん向かいの路地にあった旧店舗のあたりは現在大規模再開発の最中で面影も跡形も微塵もありません。
ますたにラーメンの独特のスープが好きでときどき食べたくなるのだけれど、近年はますたに元店長が独立開業した錦糸町の「一途」に行きがちなので、ますたにを訪れるのは何と2010年以来でした。
スープの表面は背脂の甘さ、中層はさっぱりした醤油味、底層はピリ辛と三層に味が変わるスープが好きで、この日もノーマルのラーメンをたのんでこのスープを味わいました。
ベースとなる醤油味のスープは至ってシンプルで押しつけがましさがなく、そこがかえって良いように思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あげづきコレド室町テラス店

2022年12月09日 | 東京都中央区

松阪ポーク特上ロースかつ 2925円

あげづきコレド室町テラス店 東京都中央区日本橋室町3-2-1 コレド室町テラス1F

金曜の晩なので、さすがに飲食店に賑わいが戻ってきています。
とはいえ、コレド室町テラスのとんかつ専門店あげづきには空席も目立っているような状況でありました。
神楽坂に本店がある人気のお店だそうですが、そんなことも知らずにフラリと入ってしまいました。
カウンター席についてお品書きを開くと「当店看板肉」の数量限定南の島豚は入荷未定と書いてあります。
まあそんなこともあるでしょう。次善の選択として松阪ポークのロースかつをたのんでみましたよ。
壁面の案内文によれば、肉の旨味を最大限に活かすための特殊な揚げ方をしていて提供に時間を要するとのことであります。
とんかつが出てくるまでの間ハイボールを飲みながら待った時間はきっかり30分でした。
低温で揚げているのかかなり白っぽい衣をまとったとんかつは、しっとりとした独特の食感に仕上がっていて肉の旨味も独特に感じます。
肉を熟成させて呈味成分が最大化するようにしているのかもしれませんが、自分がとんかつに求める味はこれじゃなかったようです。
とんかつにはアミノ酸の旨味より脂肪酸の適度な旨味があって欲しいんだなあと自分の好みを認識した次第です。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

汁なし担担麺ピリリ

2022年12月08日 | 東京都中央区

汁なし担担麺(白胡麻)+パクチー 950円+100円

汁なし担担麺ピリリ 東京都中央区日本橋人形町2-15-17 海老原ビル2F

そろそろ辛いものを補給したくなってきたので水天宮前にある汁なし担々麺を看板に掲げるピリリというお店に入ってみました。
讃岐うどんの谷やが1階に入っているビルの2階にあって、カフェ風のシックなインテリアが特徴的です。
まずは自販機で食券を購入します。
看板メニューの汁なし担担麵にパクチーを追加。
ナッツ多めのきれいな盛り付けですが、これを一気に混ぜてパクチーをオン!
適度な痺れと辛さに旨味も十分ですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

更科

2022年11月25日 | 東京都中央区

カレーせいろ 850円

更科 東京都中央区日本橋本町3-7-9

日本橋の小伝馬町あたりで夕飯をとって帰ることになり、なんとなく界隈のおそば屋さんを検索しました。
古くからのビジネス街だけにおそば屋さんはいくつかあって、その中の更科というお店のカレーせいろがおいしいという情報が気になったので行ってみましたよ。
18時を少し回った頃という、グループでお酒を呑み始めるには少し早い微妙な時間ということもあって、お店は空いていて席は選び放題。
カレーせいろをたのもうと決めてはいたけれど、テーブル席に座って念のためお品書きを眺めると、温冷の各種おそばに丼物とセットメニューもあって、いかにも典型的
な昔ながらの町のおそば屋さんですね。
あと、夜なので各種のお酒とおつまみも揃っています。
さて目当てのカレーせいろはというと、多数のお品書きの中に特に目立つでもなく普通に「カレーせいろ850円」と書かれています。
あらかじめ調べていなければ、これが人気メニューとは知る由もないのでありました。
そしてひと息ついたところでおもむろにカレーせいろを発注。
しばらくして湯気がもうもうのカレーせいろが運ばれてきました。
せいろに盛られたおそばは、大盛りはたのんでいないのに十分な盛りで、カレー汁も塗り物の器にたっぷり入っています。
カレー汁にはネギと豚肉もたんまりと入っていて、少し辛口で鰹の風味も感じられておいしいです。そして熱い。
ちょっと肌寒い季節にちょうどいいアツアツのカレーせいろでお腹いっぱいになりました。
なるほどこれはとても良いカレーせいろですね。人気なのも頷けます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

めん屋そら東日本橋分家

2022年09月21日 | 東京都中央区

醤油九条ねぎラーメン 930円

めん屋そら東日本橋分家 東京都中央区東日本橋3-6-12 加藤ビル1F

馬喰町駅周辺で軽くラーメンでもすすって帰ろうと思い入ったのがめん屋そらというお店。
情報を知らずに訪れたので、まずは店頭に掲示されていたお品書きを確認しましたよ。
醤油味、しお味の2種類のスープに九条ネギやチャーシューなどのトッピングのバリエーションがあるわけですね。
さらに、つけ麺やまぜそばもあるのかあ、なるほどね。
「軽くラーメン」という思いのもと、ただのラーメンじゃさびしいということで醤油九条ねぎラーメンをたのむことに決定。
黒褐色のスープに麺が沈み、九条ネギがたっぷり盛られた丼が運ばれてきました。
まずスープ。色は濃く鰹出汁が強いけれど野菜の甘みも感じるまろやかで飲みやすいお味でなかなか良いですよ。
細めの麺も悪くありません。
ただ、トッピングの九条ネギの食感が少々固くてラーメンとの相性がよろしくなかった。
九条ネギってこんな味だったかなあとの疑問が浮かんだものの、九条ネギは冬が旬であるという事実に思いが至ったのでした。
そうか、9月なのに九条ネギのトッピングをたのんだのは自分のミスだったのかと。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

老李東京日本橋店

2022年09月20日 | 東京都中央区

麻婆豆腐火鍋 1100円

老李東京日本橋店 東京都中央区日本橋室町1-11-5

2022年2月に開催されたそごう千葉店の春の九州物産展のイートインコーナーに出店していた長崎市の老李というお店の担々麵がおいしかったので、日本橋店に行ってみましたよ。
まずは冷たい麦酒を水餃子で。蒸し暑い晩には最高ですね。
そして四川最高級赤麻椒使用を売りにしているアツアツの麻婆豆腐に紹興酒。これまた刺激的で美味しいです。
最後に担々麺の小盛りでシメました。


元祖台湾肉汁水餃子 400円


担担麺(小) 660円

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソバキチ コレド室町店

2022年09月06日 | 東京都中央区

辛味大根蕎麦 980円

ソバキチ コレド室町店 東京都中央区日本橋室町3-2-1 コレド室町テラス1F

まず冷たいお酒をあおって、おそばで〆るという行為。
カッコつけているようにも見えるけれど、蕎麦前だとか粋だとかは関係なくただ疲れた体を誤魔化す自然な方法なのでありました。
コレド室町テラスのソバキチで串天ぷらをつまんで、呑んで、〆に冷たいおそば。
この日はこれが精一杯でした。


和歌山の酒 紀土


串天盛合せ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

らーめん七彩飯店

2022年08月30日 | 東京都中央区

半チャンらーめんセット 1300円

らーめん七彩飯店 東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街

八重洲地下街で食事を済ませることになり、喜多方風無化調ラーメンで名高い麺や七彩の関連店の七彩飯店という店に入ってみました。
各種のラーメンのほか、東京ソースチャーハンという謎のメニューが気になります。
そういう場合にうってつけのメニュー、半チャンラーメンをたのんでみましたよ。
ソースチャーハンというだけに当然ソース味なのでありますが、意外においしいです。
ごはんにウスターソースをかけただけのソーライスという食べ方も存在するのだからチャーハンにしてもいいわけですね。
半チャーハンくらいの量なので満足でしたが、これで一人前だと少々単調かもしれません。


食事するとメダルを1枚くれます。そしてガチャ。


缶バッチをもらいましたがどうしましょう・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする