ランチ王ブログ

千葉中央ランチ王、虎ノ門・霞ヶ関ランチ王を僭称する、ランチコレクターみぶのブログです。ランチ以外の食生活も暴露。

焼鳥日高稲毛西口店

2019年04月10日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

肉ネギつけ汁うどん+かき揚げ 500円+120円

焼鳥日高稲毛西口店 千葉市稲毛区稲毛東3-19-20 市川ビル1F

JR稲毛駅で手早くランチを済ませることになり、西口の駅前ロータリーを見ると焼鳥日高がありました。
以前、蘇我駅前の焼鳥日高で武蔵野うどん風のつけうどんうを食べてまあまあ気に入ったことを思い出し、再びつけ汁うどんをたのんでみましたよ。
強めの食感があるうどんに豚肉、かき揚げも追加して食べ応えもあって、讃岐うどんとは違う満足感です。

コメント

野呂パーキングエリア(下り)スナックコーナー

2019年02月23日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

かき揚げ天そば 490円

野呂パーキングエリア(下り)スナックコーナー 千葉市若葉区野呂町1515-7 千葉東金道路下り線野呂PA内

寒い季節にパーキングエリアで食べる温かいそばは実にいい。
七味をたっぷり振ったかき揚げをつゆに浸してドロドロにして食べるのもまた良し。

コメント

太閤園

2019年02月08日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

チャーハン 750円

太閤園 千葉市稲毛区稲毛東3-16-6 エヴァーグリーン稲毛1F

稲毛駅でランチにまとまった時間がとれそうだったので中華の太閤園に入った。
この日もかなりの混雑でテーブルに相席となった。
壁に貼られたお品書きを見て、麺類にするか定食にするかを思案する。
メニュー選びは大衆中華店に入ったときの楽しみのひとつだ。
このお店は特定のメニューに人気が集中するのではなく、どのメニューにも支持者がいるような総合力の高いお店なので、いろいろ考えたけれどチャーハンに落ち着いた。
注文から約25分、ようやく運ばれてきたチャーハンをいただく。
調理手順が単純なチャーハンにしては時間がかかったが、混んでいるし、一人で調理しているので止むをえまい。
味は無難にうまかった。
わざわざ遠くから来て食べるほどではないかもしれないけれど、近くにあればランチタイムの第一次選択希望店として指名候補に挙げても良さそう。

コメント

大まる千葉宮野木店

2018年12月24日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

鮮魚三貫(ブリ・たちうお・さわら) 270円

魚さばき回転寿司大まる千葉宮野木店 千葉市花見川区朝日ヶ丘5-35-9

用務の帰り、自分の日常的な行動エリアでは見慣れない回転寿司のお店を見かけ、夕食を軽めに済ませたい気分とマッチしたので入ってみた。
休日の19時頃といえば郊外型の飲食店では最も客が多くなくてはならないはずだが、いくつも空席があってすぐに案内された。
クリスマスイブに回転寿司を選ぶファミリーは多くはないということだ。
このお店はカウンター内にいる職人が握ってくれる方式で、税別150円・250円の2種に絞られているのが特徴だ。
さらに、シャリに赤酢を使っているとか、1皿に2種のネタを乗せることが可能だとか、錦糸町や亀戸では最強と呼ばれる回転寿司「もり一」とコンセプトがモロにかぶる。
飲食業界ではよくあることだが、二番煎じであろうが客にとっては安くておいしいのが正義とされがちだ。
100円均一のロボット店と違って、人が握る寿司にはばらつきがあるけれど、シャリは確かにふんわりしてウマい、ような気がする。
普段の週末はもっと混んでいるに違いない。

 

コメント

食事処ほのか

2018年05月03日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

若鶏の半身揚げ

食事処ほのか 千葉市中央区川崎町51-1 フェスティバルウォーク蘇我 湯の郷ほのか内

フェスティバルウォーク蘇我にある温泉施設、湯の郷ほのかに行ってみました。
南国コロニアル風のインテリアは、過去に同じ場所で営業していたスパビューナ時代のままで、お風呂の方はちょっと微妙な感じもありつつ、ゆっくりと温まった後に施設内の食事処ほのかで夕食をとりました。
北海道を中心に展開する施設だけに、メニューも北海道に特有のものがある上、謎の地方メニューがいろいろあるのが楽しいですよ。
上の写真は小樽名物、鶏の半身揚げです。


明石焼きwith新じゃが
兵庫県と北海道のコラボ?


札幌ラーメンサラダ
千葉ではなかなかお目にかかれません。


鉄板de卵とナポリタン
鉄板ナポリタンは名古屋名物のはずですが?

コメント

いろり庵きらく稲毛店

2018年04月18日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

かき揚げそば 420円

いろり庵きらく稲毛店 千葉市稲毛区稲毛東3-19-22 JR稲毛駅改札外

稲毛駅の立ち食いそば店「いろり庵きらく」で、かき揚げそばで手早く済ませた。
食券を提出しようとしたら、見覚えのある姿と聞き覚えのある声がする。
千葉駅西口の菜の花そばにいる店員さんであった。
グループ内で異動があるのかシフトなのかわからないが、こういうこともあるのですね。
おそばのほうは、NREグループらしい無難な仕上がりでした。

コメント

せん吉

2018年03月25日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

鶏水炊き鍋(1人前) 2800円

せん吉 千葉市中央区道場南2-15-4

ランチでは鶏スープが絶品のラーメンで名高い「せん吉」ですが、本来は鳥料理のお店です。
鳥スープがおいしいのだから、夜の鳥料理も当然おいしいに決まっているから、いずれ訪れてみたいと思ってはいましたが、ようやくその機会を手繰り寄せました。
水炊きをメインに据えて、その他の料理も楽しもうという構想のもと、お店のお勧めにしたがい、水炊きは人数の半分の1人前、そして焼き物、揚げ物という注文になりました。
焼き鳥も、水炊きも、事前に想定していたレベルを軽々と超越したおいしさに大いに満足したうえ、〆の雑炊までいただけば大いに満腹であって、お会計のほうも意外に手頃とくれば、なんていいお店なんだろうと再認識しました。


ビールによく合うお通しです


焼物は盛合せの8本


軟骨唐揚げでさらにビールを・・・


箸休めに自家製お新香を発注


さて、水炊きの始まりです。


〆のお雑炊。最後まであますことなくうまい。

コメント

利久加曽利店

2017年09月09日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

冷しうさぎそば 970円

利久加曽利店 千葉市若葉区加曽利町25-1-1

国道126号線の東金街道をほんの100メートルほど進めば中央区になる、準千葉中央ランチです。
そば処利久の都町本店は2016年9月で閉店してしまいましたが、こちらの加曽利店は健在です。
加曽利店は初めて利用しましたが、お品書きは以前利用した都町店とほぼ同様のようで、「冷しうさぎそば」という珍しいメニューに見覚えがあります。
これも何かの縁かと思い、見覚えのあった冷しうさぎそばをたのんでみました。
冷しうさぎそばとは、要するに揚げ餅が乗ったおろしそばであって、冷たいおそばと揚げ餅の相性や如何にというところですが、意外と違和感なくおいしくいただきました。
揚げ餅のおかげで腹持ちが良いというおそばですね。

コメント

ウエスト東寺山店

2017年08月05日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

うどん+カレーセット 760円

ウエスト東寺山店 千葉市若葉区東寺山573-8

道路の向かいは中央区なので、準千葉中央ランチと言ってもいいでしょう。
福岡県内のロードサイドに数多立地しているうどんのウエストですが、なぜか東日本ではほぼ千葉県内にしか展開していません。
この日は、やわやわの博多うどんとカレーのセットをたのんでみましたよ。
優しい食感のうどんと何の変哲もないカレーの組み合わせが実にしっくりきます。
大衆的で実によろしい。

コメント

2017年07月30日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

うな重(上) 3280円+税

 千葉市若葉区桜木4-11-1

訪れた日、座敷では宴会が営まれていて、テーブル席に客はまばらであった。
ここにやってきた理由はひとつ、うなぎを食べたいこと。
並、上、特上、極の4段階用意されているうな重から、上を注文した。
甘すぎず辛すぎない、ちょうどいいタレをまとったふんわりしたうなぎがうまかった。

コメント

シタール

2017年02月18日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

チキン・ド・ピアイザー&キーマ・マタール・カレー&ベジタブル・カレー

シタール 千葉市花見川区検見川町1-106-16

本格インド料理を初めて口にしたのは銀座のイーストラニーという店だった。
それまでに経験のないスパイスのおいしさを知った。
その後インド料理に対する蒙を啓いてくれたお店と言えば検見川のシタールだ。
2011年以来の訪問になるが人気のほどはあいも変わらず、左隣の空き店舗のスペースを待合室として使うようになっていた。
しばらく待ってカウンター席につき、マライティッカと泡の出る黄色い飲み物で喉を潤し、各種カレーを堪能した。
チキンと香味野菜、玉ねぎのチキンドピアイザー、挽肉と豆のキーママタールカレー、そしてベジタブルカレーの3種。
どのカレーも味に深みがあって納得のおいしさだ。
雨後の筍のように増殖中のぽっと出のインド料理店とはやはり格が違う。


マライティッカ

コメント

美弥和パルコ店(閉店)

2016年08月12日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

串揚げ

美弥和パルコ店(閉店) 千葉市中央区中央2-2-2 千葉パルコ8F

2016年11月限りで閉店が決まっているパルコの最後の夏休みにしては客の入りは寂しいものでした。
8Fレストラン街の美弥和で串揚げをつまんで帰りました。

 

コメント

長谷川食堂

2016年08月10日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

海鮮丼 1080円

長谷川食堂 千葉市美浜区高浜2-2-1 千葉市地方卸売市場関連C棟2F

欧州からの来訪者のアテンドで千葉市地方卸売市場にやってきました。
今や日本の市場は海外にも名の知れたメジャー観光スポットで、インバウンド向けガイドブックにも築地市場内食堂の海鮮丼が写真付きで紹介されており、市場に海鮮丼を食べに行こうという提案は大いに歓迎されたのでありました。
市場のピーク時間を過ぎていたこともあって、関連棟の2階にある食堂街はおおむね空いており、元々大衆中華店なのに海鮮系料理も名高い長谷川食堂で海鮮丼のランチです。
税抜き1000円という値段で鮮度のいいネタが満載の海鮮丼にはもちろん、観光客向けでない普段使いの食堂の雰囲気にたいへんご満足いただけたようで、お連れした甲斐があったというものです。

コメント

天つるりPasar幕張店

2016年03月28日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

かけうどん+ちくわ天+とり天 712円

天つるりPasar幕張店 千葉市花見川区幕張町2-2651-1 Pasar幕張

京葉道路下り線の幕張パーキングエリア、パサール幕張でうどんランチ。
いりこの出汁が強くて少しエグ味を感じますが、おおむねうまし。

コメント

リンガーハットパサール幕張上り店

2016年03月05日 | 千葉市(千葉中央ランチ以外)

長崎ちゃんぽん(麺1.5倍) 626円

リンガーハットパサール幕張上り店 千葉市花見川区幕張町2-2621

土曜日の19時頃、いろいろあって疲れたので京葉道路上り線の幕張PAで夕食を済ますことにした。
行楽帰りの客で混んでいるかと思いきや、フードコートは拍子抜けするほど空いている。
お店もいろいろあるけれど、間違いないところでリンガーハットのちゃんぽんに決め、注文すると液晶ディスプレイの付いた呼び出しベルを渡された。
注文の品が届く間、いろいろなPR映像が流れるという仕組みである。
技術の進歩はとどまるところを知らないなあ・・・などと思っていると程なくベルが鳴動し、ちゃんぽんの完成を告げた。
食べ慣れたリンガーハットの長崎ちゃんぽんだけど、やっぱりうまいと思う。

コメント