ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2022年5月24日のチュン(お町内ツバメ情報)

2022年05月24日 17時23分49秒 | Weblog

立派な4羽のツバメ(2022年5月23日)

お町内の大きな家のツバメが、ずい分大きくなり
今にも飛びそうだ

全部で4羽。
皆、しっかりした元気な子だ

環境が良いのか、ここの子はいつも優秀だ

そしてもう1軒。
裏のお宅にもツバメが巣を作っている

今年はこの辺りでは、あまりツバメを見ないので
来ていないのかと思ったら、糞受けの段ボールが
敷いてあった。

ここはカラスからも見えにくい、非常に良い場所だ

「来年は、おばちゃん家に来るんやで」
「新築物件、家賃タダやで

巣の前を通るたび勧誘する、お姉ちゃんのセリフも
すっかりこの季節の風物詩となった
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年5月20日のチュン(チュンへの戒め)

2022年05月20日 17時20分43秒 | Weblog

「チュンを探せ」状態だ(2022年5月3日)

今のチュンは「御一行様」というだけあって
とにかく数が多い

これだけの数が集まれば、ご飯を食べる上での
ルールも必要になってくる

チュンは和風の鳥なので、「戒め」という言葉で
7つの決まりを考えてみた

1.食事中にケンカするべからず
2.譲り合って食べるべし
3.密になるべからず
4.定員3羽で対角線に座るべし
5.食事処で糞をするべからず
6.車道に出るべからず
7.ご飯をくれる「変なおばさん」に感謝するべし

特に大事なのは、最後の感謝するべしだ

しかし、どれもほとんど守られることはない
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年5月15日のチュン(子スズメ来たる)

2022年05月15日 09時47分57秒 | Weblog

マフィア軍団(2022年3月20日)

今年も子スズメがやってきた

黄色い口で、羽をバタバタさせて
餌を食べさせてもらう。


体の大きさは、親とほとんど変わらず
餌を待つ間は、自分でも食べている

この季節ならではの光景だ。

「ここに来たら、変なおばさんがご飯くれるで
「ちゃんと自分で「ご飯ちょうだい」て言いなさい」
などと、親に教えられるのだろう

餌をねだる独特の仕草は、子供らしくて可愛いが
その子供も、しばらくするとマフィアになる。


子スズメが来るのは、マフィア予備軍の誕生
でもあるのだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年5月8日のチュン(鳩は神の使い)

2022年05月08日 13時45分14秒 | Weblog
「チェーーーーッ

早朝からハトを追っ払う、お姉ちゃんの
大きな声が響く

糞は大きいし、チュンのご飯を横取りして
独り占めするし、何もいい事はない

しかし、左京区の三宅八幡宮では、狛犬ではなく
鳩が祀られている

他にも全国の「八幡宮」と名の付く神社では
鳩は神の使いとして崇められている

さらに平和の象徴でもある。

何かと嫌われることが多いが、実は神聖な
生き物だったのだ

それでも軒先に鳩が来ると、お姉ちゃんは
「チェーーーーッ」と追っ払うだろう
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年5月2日のチュン(雨に映えるリーゼント)

2022年05月02日 17時01分14秒 | Weblog

「なぁ、ご飯まだやろか
「そやなぁ。遅いなぁ」(2022年4月28日)

昨日は朝から雨が降っていた

チュンの羽も、濡れてボサボサになる

頭のココアボールは、ピンとはねてリーゼント
みたいになっていた。

雨の日ならではの面白い光景だ

新緑に光り輝くココアボールも美しいが
雨に映えるリーゼントも、また乙なものである
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年4月28日のチュン(我が家の主)

2022年04月28日 17時30分14秒 | Weblog

前へならえ!(2022年4月28日)

軒先にチュン御一行様が来るようになったのは
2015年の夏。

早いもので、もうすぐ7年になる

そんなに経った気が全然しないなぁ

今では、チュンが来るのが当たり前の日常になり
家族のようである。


チュンはチュンで、網戸に貼り付いたり
モアイになって家を覗き込んだり
遠慮というものを知らない。


自分たちの方が、人間より偉いと思っているのか
すっかり家の主みたいだ。


それに合わせるわけではないが、人間も
チュン優先主義になっている

どう見ても変な家である
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年4月23日のチュン(元気のシンボル)

2022年04月23日 16時38分35秒 | Weblog

マフィアの会(2022年3月20日)

前のイチョウが、日に日に芽吹いて
緑が深くなっていく

満開の桜も良いが、新緑もまた好きな季節だ

チュンが枝にとまると、緑に溶け込み
よく馴染んでいる。


さらに日が射すと、ココアボールが
美しく光り輝いている
こんなチュンの姿を見ると、元気が出てくる

チュンは元気のシンボルなのだ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年4月18日のチュン(ケンカのセリフ)

2022年04月18日 17時24分43秒 | Weblog

ホバリングチュン(2022年3月20日)
羽の広がりが綺麗に撮れた

チュンはいつでもお構いなしにやってくる。

まるで家族の一員のような顔で「ご飯まだ」と
モアイになったり、網戸に貼り付いて催促する。


朝の忙しい時に、人間のご飯とチュンのお給仕を
するのは大変だ。


ご飯の催促をされると「あんたら、うるさい
つい声が大きくなる。

昔のチュンには「あんたは、誰に育てられたんや」と
言ってよくケンカをしたが、今のチュンには
このセリフである。

当のチュンは、そんなセリフなどまったく
気にしていないだろうが
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年4月13日のチュン(車道に下りるべからず)

2022年04月13日 16時36分51秒 | Weblog

超マフィア軍団(2022年3月20日)

ドアを開けて外に出ると、車道に何やら
茶色っぽいものがある

「まさか・・・」
近づいてみると、嫌な予感的中。

スズメが車に轢かれたのだ

大人か子供か判別つかないが、大抵は
行動の遅い子供であることが多い。

「車道はやめなさい」と、いつも口を酸っぱくして
言っているのに、まったくわかっていない

大人の行動を、子供は真似するのだ

亡くなった子は、ティッシュに包んで
植木鉢に埋めてやった


スズメとわかる状態で埋めてやれたのが
せめてもの救いだ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年4月7日のチュン(2022年初ツバメ)

2022年04月07日 15時23分35秒 | Weblog

キリっとカッコいいむっちゃん
もう15年前にもなる
(2007年6月11日)

郵便局へ行く途中「ヂュルル ヂヂー」と
特徴ある声が聞こえた

「もしかして」と思い、上を見たら
電線に2羽のツバメが居た

今年初のツバメである。

去年も巣を作った、お町内の立派なお家の前だ

またここで子育てをするのだろうか。

ここはカラス除けのロープが張ってあり安心だ

早朝の見張り番は、もう勘弁してほしい

本当は我が家に来るのが1番なのだが
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする