ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2024年5月23日のチュン(ププププッ)

2024年05月23日 17時14分11秒 | Weblog

お母さんの肩から飛び立つ体制(2008年4月26日)
ちょっと勇ましいチュン

昔のチュンは、ある程度の年齢になると
よく口を「ププププッ」とやっていた

口の中が気持ち悪いのか、歯槽膿漏か
あまり嬉しそうではない

お姉ちゃんは、よくこれを真似して
一緒に「ププププッ」とやっていた

どちらが長い時間できるか競争したり
傍から見るとかなり変だ

スズメの真似をする人間なんて、世界中探しても
お姉ちゃんだけだろう

きっと天性で「変なおばさん」の遺伝子を
持っていたのだ
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年5月17日のチュン(取っ組み合いの季節)

2024年05月17日 17時11分45秒 | Weblog
チュンは喧嘩っ早い

先祖はザウルスだし、元々の習性もあるが
夏になると、さらに頻度が高くなる

先日も2羽のスズメが、取っ組み合いをしていた。
それも、けっこう長い時間だ

3羽でグルグル回りながら、ケンカをしていた
こともあった

チュンだけでなく、今日はハトまで取っ組み合いをしていた。

暑くなると怒りっぽくなるのは、チュンに限った
ことではないようだ


スズメ大げんか

雀の喧嘩のそばでオロオロする子スズメ
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年5月10日のチュン(チョコボールの歴史)

2024年05月10日 17時01分47秒 | Weblog
久しぶりに森永のチョコボールを食べた

普段は食べないので、気付かなかったが
パッケージのキョロちゃんが、丸くなっている

昔はもう少し細長かったように思う

調べてみたら、チョコボールにも様々な歴史があり
時代によって微妙に違っている。
チョコボールヒストリー

アニメのキャラクターでも、今と昔で顔が違うのは
よくあることだ

チュンはチョコボールとウリふたつと言われていたが
今は太った丸いチュン

昔のは、細長いヘチマスタイルのチュン
といったところだろう


ウリふたつ(2008年10月12日)


ヘチマスタイル(2008年3月21日)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年5月6日のチュン(大原女べあたん)

2024年05月06日 16時45分43秒 | Weblog
お姉ちゃんのお友達から、ハンカチを頂いた

淡い緑に花柄の春らしい色だ
若草色というのだろうか。

ふと大原女の姿が浮かび、べあたんに被せてみた

※大原女とは

それらしい雰囲気が出ているではないか



ハンカチから大原女を想像するお姉ちゃん。
何とゆかしいのだろう(自画自賛)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月29日のチュン(筋肉量が多い)

2024年04月29日 15時17分08秒 | Weblog

植物園の新緑が美しい(2024年4月28日)

チュンの得意技に、空中停止する「ホバリング
網戸に貼り付く「ヤモリ」がある。

最近は、網戸に貼り付く時間が長くなっている

これは、かなり筋力が必要だ

ホバリングにしても、けっこう筋肉を使う。

チュンは筋肉量が多いのだろう

毎日しっかりご飯を食べていたら、当然のことだろう
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月22日のチュン(恐竜伝説⑫大荒れチュン)

2024年04月22日 16時54分00秒 | Weblog
今も昔も、チュンは怒りっぽい

昔のチュンは理由もないのに、ひっきりなしに
怒っていた
声は大きいし、その怒り方が凄まじい

そんなザウルス全開な動画だ

頭の上で怒りながら巣作りの真似をする

怒りたいのに痒い

いずれも2010年7月3日
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月15日のチュン(束の間の幸福)

2024年04月15日 17時47分53秒 | Weblog
ようやく右手の腱鞘炎が少し落ち着いてきたので
久しぶりにマンガを描いた。

昨年夏に発症し、文字を書くのも痛かったのだ

マンガのチュンは、いつも目がバッテンなので
今回は笑顔を描こうと、こんなネタを思い付いた

※クリックでPDFが出ます
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月9日のチュン(ツバメ住宅事情)

2024年04月09日 16時17分58秒 | Weblog

お姉ちゃんが京都で1番好きな
岡崎疎水の桜


平安神宮の鳥居と桜がマッチする


穴場スポット「真如堂」
桜だけでなく周辺の雰囲気も好きな場所
(いずれも2024年4月7日)

今年もツバメがやってきた

早くも裏のお宅に巣を作っている

ここは毎年ツバメが来る

ところが、最近はツバメの住宅難が起きている
という話を耳にした

昔は古い民家の軒先や土間に、数世帯が住み着く
光景を目にしたが、近年はそんな家が減っている

さらに農耕地や自然も減少傾向にあり、餌を捕る
場所がないという。

それなら、我が家に来ればいいのだ

事務所と自宅と合わせて4軒。
ザルの巣を設置している

巣作りの必要もないし、何よりも家賃がタダ

餌は二条城や、少し遠出すれば鴨川もある

こんな好条件、他にないと思うのだ
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年4月3日のチュン(恐竜伝説番外編)

2024年04月03日 16時59分27秒 | Weblog
チュンが来る前の年、我が家にはシジュウカラの
Pちゃんが居た

目がクリっとして可愛らしく、人懐っこい性格だ

ところがある日、お母さんと2人で留守番
していた時のこと。

お母さんが昼寝をして、しばらくの間1人にされた。


目が覚めると怒って、怒って怒りまくった
その怒り方の激しいこと
チュン以上かもしれない

普段はおっとりした可愛い性格なのに、これが
本性なのだろう

もしかしたら、昔のチュンはPちゃんの生まれ変わり
ではなかろうか


窓際のPちゃん(2000年5月19日)


風雅なPちゃん(2000年6月7日)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年3月28日のチュン(チュンのソックリさん)

2024年03月29日 10時09分43秒 | Weblog

マンガのチュンにソックリなミンジー

市民新聞にチュンのソックリさんが乗っていた

ミンジーという、福祉のキャラクターで
都道府県ごとに、色々なデザインがあるらしい

表情がマンガのチュンに似てるなぁ

このマンガの3コマ目が似ている
悲劇の食卓

マンガのチュンは、ほとんどが目がバッテンに
なっているので、これからは明るい表情の
チュンも載せていこう。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする