ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2020年10月28日のチュン(感じ悪いお母さん⑰便利な顔編)

2020年10月29日 05時43分05秒 | Weblog



異次元の世界のような京都博物館の庭園
何とも不思議な空間だ(2020年10月24日)


お姉ちゃんの写真を見て、お母さんが
「アイコンチックな顔や

感じ悪いセリフだが、今ではすっかり定番化している

「これなら、簡単にかけるわ
「アイコンの絵かく時は、この写真見たらええ」
「便利な顔やなぁ

これ以上ない、というくらい感じ悪さがプラスされた

どうやらお母さんには、生まれつき感じ悪いDNAが
組み込まれているらしい

同様にお姉ちゃんには、地味なDNAだろう
コメント

2020年10月26日のチュン(歩道の上のモアイ)

2020年10月26日 16時06分27秒 | Weblog

自転車の荷台に並んで、従来の「モアイ像」
(2020年5月9日)

チュンがご飯を催促する方法のひとつ「モアイ」

写真のように、自転車にズラッと並んで
じーっと家の中を覗く

近頃はこれが変化して、歩道の上でモアイになる

茶色いココアボールが、歩道にチョコチョコと
並んでいる

催促のスタイルも、だんだんと変わっていくのだ
コメント

2020年10月20日のチュン(串だんごスズメ)

2020年10月20日 16時41分15秒 | Weblog

縦に並んだチュン(2020年)10月20日
もう少し数が増えると「串だんご」になる

枝にズラッと並んだチュンは「串柿スズメ」
という名で、我が家の流行語大賞になった
2017年12月20日のチュン(流行語大賞)

葉が落ちた枝に横並びになった様子が
冬の風物詩を表わしている。

今は葉が茂っているので、縦バージョンで
並ぶことが多い。

縦に並ぶと「串だんご」だ

茶色い頭、大きさ、みたらし団子に
ソックリである

美味しそうな頭だこと
コメント

2020年10月13日のチュン(誕生日のプレゼントは)

2020年10月13日 17時01分33秒 | Weblog
10月は「変なおばさん」の誕生月である

今年も相方のべあたんが、プレゼントを
しようと張り切っている

そんな様子を、お母さんとのやり取りを
交えてマンガにした。


※クリックでPDFが出ます
コメント

2020年10月10日のチュン(伝説のホウキおばさん)

2020年10月11日 07時35分30秒 | Weblog
斜め前の喫茶に、ランチに行ったお母さんが

「店のおばちゃんが、お姉ちゃんは優しい言うてたで

お隣のツバメの話題になり、おばちゃんが
「お姉ちゃんは優しいなぁ
 ホウキでカラス追っ払ってくれたやろ」

角の喫茶からは、周り一帯が見渡せる

ホウキを持って、走っている姿もよく見えるのだ

おばちゃん経由で、ご近所さんにも「ホウキおばさん」の
存在が知れ渡っているだろう

そして結論
お姉ちゃんは優しい
お母さんは感じ悪い
コメント

2020年10月4日のチュン(アンタ、そこ)

2020年10月05日 06時16分29秒 | Weblog

イチョウにぶら下がるチュン(2020年9月23日)

またもや、意味不明なタイトルだ

これも、ジムの名物おばさん「花子っぺ」のセリフである。

花子っぺとは
「2020年4月16日のチュン(もう要らんし、あげるわ」

アクアのレッスン前、後から来た友達(おじさん)に
指をさして「アンタ、そこ」

その迫力で言われたら、従わざるをえないだろう

単純明快でわかりやすく、短いセリフなのに説得力がある。

「もう要らんし」に続き、またひとつ名言ができた。

花子っぺのお陰で、毎日が楽しい
コメント

2020年9月28日のチュン(感じ悪いお母さん⑯体験学習編)

2020年09月28日 16時51分09秒 | Weblog

ちょうど見頃の、植物園のケイトウ


珍しい紫のツユクサも咲いていた
(2020年9月27日)


これからの季節、京都はどこへ行っても
人が多くなる。

密は禁物だし何より疲れる。

そこで、お隣なのに、あまり知らなかった
滋賀に目を向けることにした

その第一弾は、野洲の「銅鐸博物館」

そのボリュームもさることながら、歴史の深さに
圧倒された

「銅鐸作り」「埴輪作り」「勾玉作り」など
体験学習もある。

サンプルが並べられて、それぞれに対象年齢が
書かれいる。

それを見たお母さんが
「これは幼児向けやから、アイコンでもできるで
「小学生向けは、アイコンには難しいやろ

ここまで来て、感じ悪いセリフ

歴史を堪能している時に、全部ぶち壊しである
コメント

2020年9月23日のチュン(感じ悪いお母さん⑮顔の造り編)

2020年09月23日 16時55分13秒 | Weblog

ケンカをしているのだろうか
(2020年9月10日)

電車待ちをしている時、お母さんがじっと
顔を覗き込んで

「何で顔がアイコンなのか、分かったわ」
「顔の造りがアイコンなんや

「目が丸くて、顔がぷくっとしてて
 鼻と口がちょこっと付いてる」

「まるでアイコンの造りやで
「ようやく謎が解けたわ

次々に感じ悪いセリフが出てくるのは
頭の中に、感じ悪いコンピュータが
インプットされているのだ
コメント

2020年9月19日のチュン(抜け毛でも元気)

2020年09月19日 13時05分46秒 | Weblog

本日もチュン密なり(2020年9月10日)
市のアナウンスが復活しても、効果は無くなった。

チュンの、抜け毛の季節がやって来た

度々、歩道に抜けた羽が落ちている。
昔のチュンは、この季節は大人しかった
しかし今のチュンは、至って元気だ

相変わらずよく食べるし密になってケンカを
するのもお決まりである

抜け毛といえば、昔のチュンが尻尾なしになった
ことがあった。かなり面白かった

そのうち、軒先に尻尾なしスズメが来るのではないかと
密かに期待している
コメント

2020年9月13日のチュン(感じ悪いお母さん⑭ビート板編)

2020年09月14日 05時50分27秒 | Weblog
ビート板でバタ足泳ぎをしていると、お母さんが
「アイコンがバタ足してる。ものすごく面白いわ

さらに「こんな丸い顔が浮かんでる

わざわざビート板を持ってきて、手で作った輪っかをのせる

平泳ぎをしていたら、輪っかを作ったあと両手を広げて
「こんなんやで


二重にも三重にも感じが悪い

絶対に、お姉ちゃんより感じ悪いに決まってる
コメント