ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2016年8月29日のチュン(待ってたんやで)

2016年08月29日 22時30分46秒 | Weblog
先週末、2人は城崎へ1泊旅行に出かけた
意外にも近く、最寄駅から特急1本で行けるのだ

ここは浴衣姿と下駄の音が、すっかり街に馴染んで
何とも面白い街だ

温泉に浸かり、すっかり上機嫌な2人である

ひとつだけ気がかりなのはチュンのことだ。

出かける前に、たっぷりのご飯と粟穂を置いてきたが
そんなものでは、到底足りない

旅行中だと、チュンも分かっているようだが
やっぱり気になるものである。

帰ったのは夕方の6時頃だった。
歩道を歩いていると、向こう側にチュンの集団が見える。

「チュンが待ってるわ」
急いでご飯をやると、即座に御一行様がやってきた

「遅いやんか僕ら待ってたんやで

「チュンちゃん、遅くなってごめんね
しっかり2皿ご飯を食べると、納得したようである。
チュンの一族は気が短いなぁ
コメント

2016年8月23日のチュン(尻尾なしさん)

2016年08月24日 07時16分42秒 | Weblog

尻尾なしになったチュン(2006年10月12日)

この数日、尻尾のないスズメが出入りしている。
ちょうど上の写真のようで「尻尾なしさん」と呼んでいる。

子供かと思ったが、1羽で来ているところを見ると
子供ではないらしい

動きが機敏ではなく、人が通っても黙々とご飯を
食べ続けている

ガレージの奥をウロウロしたり、気ままに行動している

これは8月9日のブログに書いた、チュンではなかろうか。
行動からして、チュンのような気がする
2016年8月9日のチュン(チュン見つけた!)

羽の生え換わりで、尻尾が抜けているのだろう。
実に面白い格好だ

「チュンちゃん」と声をかけたが返事はない。

一言「チュン」と言ってくれたら、それだけで人間は
幸せになれるのに
コメント

2016年8月20日のチュン(越冬隊に向けて)

2016年08月21日 09時37分15秒 | Weblog
数日前、2羽のツバメが電線に止まっていた。
あれは向かいの親ツバメだ。

お盆頃になると、めっきりツバメの数が減る。

「子供が世話になってありがとう」
「来年もまた頼むわ」
越冬隊へ行く前に、挨拶に来たのかもしれない

この辺りだと、巨椋池の集結所に集まって行くのだろう。

「僕らの向かいに、変なおばさんが居たんや」
「夜明け前から演説するんやで

「その人、こっちの方でも有名やで」
「かなり感じ悪いらしいわ

集結所では、子供達がこんな会話をしていることだろう

来年7羽の子供が帰ってきたら、1羽は独身だろうと
お姉ちゃんは思っているが、ツバメにとっては
大きなお世話である
コメント

2016年8月17日のチュン(20g×6羽=120g)

2016年08月18日 06時47分23秒 | Weblog
お盆休み最終日は、朝から家の掃除をした

2階の窓を掃除していたお母さんが
「チュンの簾の下が真っ黒や。これはやあかん

簾の隙間から水が落ちて、下が黒くなっていたのだ
何か他の方法を考えよう、ということになった。

「プラスチックの方がええやろ」
「チュンはおデブやから、しっかりした物でないとあかん
「20g×6羽で120gやな」

何故6羽なのか根拠がよくわからないが、チュンの一族は
皆おデブには違いない
コメント

2016年8月14日のチュン(ツバメのなっちゃん誕生日)

2016年08月15日 17時25分40秒 | Weblog

オリジナル餃子でなっちゃんの誕生日。
デザートは都松庵の水羊羹(2016年8月14日)

ツバメのなっちゃんが来たのが、2006年8月16日。

ちょうど、大文字の送り火の日だ
あれから10年にもなる。

今年もお姉ちゃん特製の、手作り餃子で誕生日をした。

焼餃子、水餃子に蒸饅頭まである
具は夏らしく、紫蘇、ナス、キュウリが入っている

生地も上新粉と片栗粉を混ぜて、もちもちツルツルに。
だんだんグレードアップする

「お姉ちゃんの餃子は、志が高いんや。
 当然、美味しくないわけがない

懲りもせず、同じセリフを繰り返す

今年は、向かいの末っ子(残念ながら亡くなってしまった)も
参加したが、紫蘇がノドに引っ掛かってたまらなかっただろう
コメント

2016年8月11日のチュン(スイカを食べよう)

2016年08月12日 07時00分08秒 | Weblog

早朝に電線で寛ぐツバメ(2016年8月8日)
3羽とも無事に巣立ち、親と行動している。



夜のウォーキングをしながら、お母さんが
「今日の月は半月や。スイカみたいやな

すぐに食べ物の発想になるのは、チュンと同じだ

そういえば、今年はまだ一度もスイカを買っていない。

以前はチュンの好物で、しょっちゅうスイカを食べていた。

チュンが美味しそうにがっつく姿を見るのが幸せで
張り合いがあったのだ

年に一度はスイカを食べよう、ということで
お姉ちゃんが買ってきた。

「外のチュンにもあげよう」
お母さんは張り切っているが、保守的でつまらんチュンの
ことだから、果たしてどうだろうか
コメント

2016年8月9日のチュン(チュン見つけた!)

2016年08月10日 06時09分51秒 | Weblog
ご飯を撒こうと外に出ると、1羽のスズメがガレージを
ウロウロしている。

顔はマフィアではなく幼い感じだが、子スズメではなさそうだ。

普通は人間を見ると飛んで行くのに、我関せず

ご飯をやっても知らん顔で、奥の車止めに乗って寛いだり
粟穂の殻をつついたり、気ままに行動している

ようやくご飯に気付いて食べ始めると、仲間が寄ってきた。

きっとこれがチュンだろう。行動がよく似ている。

最近は大勢で来るので、誰がチュンかわからなかったが
ようやく見つけた

肥えているので、チュンに間違いない
コメント

2016年8月7日のチュン(ツバメが飛んだ)

2016年08月07日 09時40分11秒 | Weblog

巣立ち前。すっかり立派になった(2016年8月5日)

朝一番の見張りの時は、3羽そろっていたが
8時前に1羽だけになっていた。

1時間程して見に行くと、巣の中が空になっていた
3羽とも無事に飛んだのだ

辺りに姿は見えないが、親がついてるだろう

3羽ともちゃんと飛んでくれて、やれやれだ
第1弾の末っ子のようにならないかと、気が気ではなかった

夕方には巣に戻り、今朝5時過ぎに親が迎えに来て
また飛んで行った

「越冬隊行って帰って来るんやで」
「あんたらは強い子やから大丈夫や」

相変わらず、変なおばさんを続けるお姉ちゃんだ
コメント

2016年8月4日のチュン(米一俵でも足りない)

2016年08月04日 15時00分15秒 | Weblog

巣立ちはもうすぐだ(2016年8月4日)

今まで我が家では、お米は2kgの袋を買っていた。
2人ならこれで十分間に合う

ところが最近はお米の減りが早く、ほとんど毎日
ご飯を炊いている。

原因ははっきりしている。
チュンとおデブの町内会御一行様だ

多い時は10羽以上来るので、あっという間に無くなる

この間買ったばかりのお米が、もう空になってしまった

2kgでは間に合わないので、とうとう5kgのお米を
買うことになった。

お姉ちゃんが暑い中、自転車にお米を積んで帰った

そのうち、米一俵で買う羽目になるかもしれない
大食漢のチュンなら、一俵でも足りないだろう。
コメント

2016年8月3日のチュン(ツバメの親は偉大だ)

2016年08月03日 06時15分31秒 | Weblog

ツバメらしくなって偉そうにしている(2016年8月3日)


向かいの第2弾のツバメは順調に育っている。

小さな頭をチョコチョコ出していたのが、ずい分大きく
立派になった。おまけに偉そうである

相変わらず、夜明け前から見張り番をするお姉ちゃん

朝の5時前になると、突然「ヂヂヂヂッ」と大きな
声がして、親ツバメが活動を始める。

忙しそうに何度も出入りして、時には4~5羽で
飛び回っている。


親ツバメは、日曜だから休むというわけにもいかず、
毎日休みなく子育てをして、いつも感心させられる

第1弾の子は、ザルの巣でもきちんと巣立った
親ツバメは偉大なのだ
コメント