ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2015年10月30日のチュン(見んといて)

2015年10月30日 22時01分46秒 | Weblog

キリっとしてちょっと知的なチュン(2005年11月30日)

今日も朝7時過ぎに、お姉ちゃんはモーニングの
ご飯を撒きに行った

早朝の空気は気持ちのいいものだ
ついでに玄関の掃除もしようと、張り切って掃除を始めた

すると向かいの電線からチュンがやってきた

一旦イチョウの木に止まり、歩道に下りてご飯の方へ
トコトコ歩いてきた

少し離れたところで、その様子をじっと見ていたが
玄関の前まで行くとユータンして、また向かいに
飛んで行ってしまった

見られていると感づいたのだろうか
「もう嫌やなぁ。見んといて」という気持ちだっただろう。

チュンの邪魔にならないよう、その後すぐに退散する
お姉ちゃんだった
コメント

2015年10月27日のチュン(午前7時のモーニングサービス)

2015年10月27日 15時43分24秒 | Weblog

子スズメのように可愛いチュン(2007年11月21日)

今のチュンは早起きで、夏だと朝5時頃から「チュンチュン」と
聞こえてくる。

普段はお母さんが朝早くに「モーニングサービス」の
ご飯を撒くのだが、今は中国へ出かけている

よってお姉ちゃんが、7時にモーニングサービスをしている
前の晩にも撒いておくのだが、それでは足りないらしい

「チョキチョキチュッピー」と変わった鳴き声で朝はアクティブだ。


チュンのお陰で必然的に早起きになり、健康にはいいかもしれない

コメント (3)

2015年10月23日のチュン(硬いご飯がお好き?)

2015年10月24日 13時04分09秒 | Weblog
お昼ご飯を食べていると、ガレージにチュンがやってきた
ちょうど新しいご飯を撒いてやってところだ

しかし新しいのは食べずに、時間が経って硬くなったのを
一生懸命つついている

「チュンちゃん、新しいのが食べなさい」
そんな言葉は耳に入らず、黙々と硬いご飯を拾っている。
近くを人が通っても我関せずだ

この間も3羽来て、相方と謎の1羽は新しいのを食べて
さっさと飛んでいったが、チュンだけ延々と硬いご飯を
食べ続けていた。

歯ごたえがあって美味しいのだろうか。

お年寄にとっては食べにくいだろうが、今のチュンは若く
なったので、こっちのご飯の方が好みなのかもしれない
コメント (1)

2015年10月19日のチュン(千鳥屋の栗餅)

2015年10月19日 22時11分54秒 | Weblog

10月のザウルスの日は、千鳥屋の栗餅が登場した。
右手前はチュンサイズのハンバーグ(2015年10月19日)

今日はザウルスの日をした

メニューはお姉ちゃんの特製ハンバーグだ。
ソースはホールトマトにきのこと赤ワインを入れて
煮詰めたオリジナルである

デザートは駅前の千鳥屋で、25日まで限定の栗餅
わざわざ前日に予約して買ったのだ。

「お姉ちゃんのハンバーグは当然美味しいな
「栗餅はお姉ちゃんが予約したんやで

予想はしていたが、やっぱりこのセリフが出てきた
飽きもせず、よく毎回同じセリフが言えるものだ。

相変わらず、進歩のないお姉ちゃんだ
コメント

2015年10月15日のチュン(チュンと呼ばれる)

2015年10月15日 22時27分36秒 | Weblog
もう巣立ったが、今のチュンには子供が2羽いる

まだ口の黄色い頃は、一緒にガレージに来て
羽をバタバタさせながら、ご飯をおねだりしていた。


本当は自分でも拾えるのだが、食べさせてほしいのだ

「チュンは子供に何と呼ばれているのだろう
ふとそんなことを考えた。

普通なら「お父さん(お母さん)」だろう。

しかしチュンのキャラクターからすると、きっと子供にも
「チュン」と呼ばれている気がする

「チュン、ご飯まだ
「チュン、食後のケーキはないの
といった具合だろう。

そして「誰がチュンやのちゃんと呼びなさい
「チュン何怒ってんの
こんな会話をしているのではなかろうか。

チュンはどこまでいっても「チュン」なのだ
コメント

2015年10月10日のチュン(家ランチの悲劇)

2015年10月11日 00時02分32秒 | Weblog
土曜の昼は、家でちょっと手の込んだランチを
食べるのが恒例となっている

先週はスパゲティ、その前はピザだった
全部手作りで、作るのはもちろんお姉ちゃんである。
ピザの生地とソースまで全部手作りだ。


今日のランチは和風で牛丼だった
シメジとまいたけが入り、よそにはない味だ
ちゃんとタマゴもついている。

チュンも一緒に、楽しい時間である

しかし、そんな楽しいランチタイムにも、お決まりの
「お姉ちゃんの作ったランチが、美味しくないわけがない

お昼までノドに詰まるセリフを聞かされ、チュンには
悲劇のランチタイムとなった
コメント

2015年10月8日のチュン(木の上のリサイタル)

2015年10月08日 22時51分41秒 | Weblog
天使の歌声。(2011年11月15日)
お年寄とは思えない綺麗な声だ

近頃よく、イチョウの木から「チュチュチュッ」と
歌が聞こえてくる

チュンが歌っているのだ

2階の窓を開けると、目の前にイチョウがあって
今日の昼はチュンの姿を見ながら、リサイタルを
聴くことができた

「チュチュチュッ ピピッ チュチュッ
「チュンちゃん、ええ声やね

時には「ヂーッ」とベースラインも忘れない
ああやっぱりチュンだ
もしかしたら、前より上手くなったかもしれない

素敵なチュンの歌を独り占めできるなんて、贅沢だなぁ
コメント

2015年10月6日のチュン(抜け羽コレクション2015)

2015年10月06日 16時13分37秒 | Weblog

珍しくキリっとしているが、ちょっとサブちゃんチックだ
(2005年11月7日)

秋はチュンの羽が生え換わる季節だ。

ガレージに来るチュンも同様で、時々ご飯粒の近くに
羽が落ちていることがある。


コレクション好きなお姉ちゃんは、拾った羽を日付ごとの
ビニール袋に入れて飾っている

カチッとした翼の羽が3本、ふわふわのお腹の羽が2本だ。

他人が見たら、けったいな光景だろうが、再び抜け羽
コレクションができることに、幸せを感じるお姉ちゃんだ


コメント

2015年10月1日のチュン(目が合った)

2015年10月01日 23時43分45秒 | Weblog
スズメ大ゲンカ
野生は凄まじい。皆マフィア顔だ。


お姉ちゃんが3階で用事をしていると、近くから「チュンチュン」と
聞こえてくる

「あれはチュンだ
窓から前のイチョウを覗くと、電線へ移りこちらへやってきた

ちょうどお姉ちゃんの正面になり、目が合う形になった
お陰でチュンの顔をじっくり見ることができた

ずい分キリっとしている。しかし、マフィア顔とは違う。

今のチュンは、若くてカッコいい青年なのだ
もっとも野生で生きていくには、トロっとはしていられない

今は相方がいて子育てまでして、あのチュンからは想像もつかない
コメント