ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2017年1月31日のチュン(ヒッチコック映画の実写版)

2017年01月31日 17時31分39秒 | Weblog

前世はザウルスというのも頷ける(2006年4月11日)


今日も、ガレージはチュンの御一行様で大盛況
大盛のご飯が、一瞬にして無くなる

日中も多いが、夕方はさらに多くなる。
寝る前の腹ごしらえに来るのかもしれない

多い時は20羽くらい来て、その様子を見たお母さんが
「御一行様すぎるわ

まるでヒッチコック映画の「鳥」の実写版みたいだ。
鳥が人間を襲撃するという、有名な映画である。


この映画は見たことはないが、あらすじを読むと
何とスズメも登場している。

小さいといえど、やはり元はザウルスなのだ

御一行様には、逆らわない方が賢明だ

ヒッチコックの「鳥」あらすじ
コメント

2017年1月29日のチュン(メガネで遊ぼう)

2017年01月29日 07時48分45秒 | Weblog
子供の頃から、好奇心旺盛だったチュンは
よくお母さんのメガネで遊んでいた

メガネを引っ張って落としたり、フレームに乗って
お母さんの目の横をつついていた

これはかなり痛そうだ。まさに、やんちゃ全開である。

こんなことを繰り返していたので、メガネが行方不明に
なった時に、チュンが疑われてしまった。


「チュンちゃんが、落としたんと違う

当人は、事情がよくわかっていなかったようだが
何とも感じの悪い発想だ

ちなみにこれは、お母さんである
コメント

2017年1月24日のチュン(前世は何!?)

2017年01月24日 17時38分41秒 | Weblog

水浴び後のボサボサチュン(2005年2月17日)

聞くところによると、チュンとお姉ちゃんの
おばあちゃん(お母さんのお母さん)の前世は
お城のお姫様ではないが、けっこう高い位にいたらしい

お母さん曰く、お姉ちゃんもその血を引いていると
道理で、志が高いわけだ

きっとお姉ちゃんの前世は、お城の給仕係だったに違いない。


「チュンの前世は何やろ
「当然、ザウルスに決まってるやろ」

性格、行動、どれを取っても、ザウルス以外考えられない

ザウルスでなければ、それはチュンではない。
コメント

2017年1月20日のチュン(変なおばさんや!全員集合!!)

2017年01月20日 23時31分07秒 | Weblog
チュンの間でも、すっかり「変なおばさん」が
定着したお姉ちゃん。

お姉ちゃんの顔を見ると、「ご飯」と条件反射で反応して
向かいの電線から、一斉に集まって来る。

1羽が「変なおばさん来たで。全員集合」と
号令をかけているようだ。

食べることとなると、御一行様意気ピッタリである

そして、木の上からじっとお姉ちゃんの方を見る

御一行様の視線を感じると、ご飯をあげないわけにはいかない。


「変なおばさん」だろうが「感じ悪いおばさん」だろうが
ご飯が食べられれば、チュンはそれでいいのだ
コメント

2017年1月16日のチュン(これ誰の仕事!!)

2017年01月16日 20時40分54秒 | Weblog

キーボードの上も寛ぎの場所だった(2004年5月4日)
それにしても若いなぁ

年末のある日。お母さんはキーボードを掃除した。
一つ一つキーを外して拭く。
中の埃やゴミもそこそこにきれいにする。

「えらい埃やなあ・・・・」
「何でこんなに埃が溜まってるんやろう???」

「チュンがおらんようになってから掃除してなかったんや 
「3年分の埃なんや、、溜まるはずやなあ・・・・」 

チュンはキーボードも好きで、よくキーボードの上で遊んでいた。
キーボードに挟まって寛いでいる写真があるくらいだ。

当然、糞も落としてくれる。
ピーナッツのかけらも落としてくれる。

よってお母さんは、「チュンちゃん!これ誰の仕事!!」
と頻繁にキーボードを掃除していたのだ。

1時間かけてきれいになったキーボードを眺めて複雑な思いの
お母さんだった。

今日で雪が3日続いている。
雪は過ぎた時を静かに思い出させる。
コメント

2017年1月15日のチュン(雪の日のチュンは趣がある)

2017年01月15日 21時54分12秒 | Weblog

チュンのイチョウも雪をかぶっている(2017年1月15日)

この冬1番の寒さで、京都は雪が積もった。
一昨年の元旦以来である。


雪でもチュンの御一行様は、朝7時前にイチョウの木に
集まって来る。時間は正確だ

こんな日はいつもと行動も違う。

頻繁にガレージにやってきてよく食べる
今日はケンカもよくする

滞在時間が長く、普段はあまり来ないガレージの奥や
横の方に広がって、ゆったりと寛いでいる。

寒いので、屋根付のガレージは雪も防げて居心地が
いいのかもしれない

「雪の日のチュンは趣がある。何と文学的な表現やろ
これはお母さんのセリフだ。自分で言ってれば世話はない

趣があるといっても、実態はよく肥えたギャル曽根集団だ
コメント

2017年1月12日のチュン(ギャル曽根軍団御一行様)

2017年01月12日 22時46分48秒 | Weblog

大好きなお母さんの茶色のズボンで、至福のひと時(2007年2月24日)

「チュンの御一行様が、イチョウの上で待ってはった
「ご飯あげたら、一斉に下りてきて全部食べはった

日常会話の中に、毎日1回はこんなセリフが出てくる。

御一行様の数が増え、皆、ガツガツと豪快に食べる。

こんなたくさん食べ切れない、と思っていても何の
心配もなく、あっと言う間に食べてしまう

「2人しかいないのに、しょっちゅうご飯炊いてる
お母さんはぼやいている。

あまりによく食べるので、とうとう「ギャル曽根軍団」
という名前が付いた。久々に聞く名前だ。

大食らいで、肥えていて、マフィア顔でギャル曽根。
物凄い集団である。
コメント

2017年1月9日のチュン(チュン専用ご飯)

2017年01月09日 22時51分47秒 | Weblog

手の中でにぎり寿司状態(2005年5月13日)

近頃、チュンの御一行様の数が増えている。

多い時は、15羽くらいで来ている

人間のご飯はヒノヒカリだが、別にチュン用の
玄米を炊いていた。

それもすっかり無くなり、とうとうチュン用に
お買い得品のお米5kgを、買う羽目になった

それでも十分に美味しい
たくさん炊いて、1日分ずつラップして冷凍している。

ヒノヒカリは、炊きたての時に1食だけ撒いている。
お母さんは「チュンにご飯取られた」と
嘆いている。それも大人気ないなぁ

5kgのお米も、きっとすぐ無くなるに違いない
コメント

2017年1月4日のチュン(マンガ第2弾)

2017年01月04日 22時33分25秒 | Weblog
旅行中は、夕食後に時間がたっぷりあるので
ツバメのマンガを描いた。


わざわざ色鉛筆セットを持って行ったのだ

今回は、親ツバメにスポットを当ててみた

クリックでPDFが出ます


コメント

2017年1月1日のチュン(チュンと初日の出)

2017年01月01日 23時15分57秒 | Weblog


元旦の今日も、夜が明けたらにチュンにご飯をあげる
というスタイルは変わらない

「チュンちゃん、おめでとう
イチョウのチュン達に、新年の挨拶をした。

二条城を散歩しながら、初日の出を見ようと思ったが
建物でよく見えない

赤っぽい東の空を見て、一応それらしい雰囲気を
味わえたので、良しとしよう

午後から2人は、おばあちゃんの家へ出かけた。

2階のエサ場に、ご飯をたくさん撒いておいたが
全然足りなかっただろう

お正月は、チュンはいつも留守番だ
コメント