ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2016年3月29日のチュン(食欲の春)

2016年03月30日 07時29分31秒 | Weblog

サブちゃんチックなチュンも風雅に見える(2008年4月4日)

桜が咲き始め、季節はすっかり春だ

日が長くなると、チュンの活動時間も長くなる
当然、ご飯の回数も増える

回数もさることながら、よく食べるのだ
昨日はご飯が足りなくなり、とうとう炊く羽目になった

最近は早起きして、6時半頃から町内ウォーキングを
しているお姉ちゃんだがその頃には、夜に撒いた
ご飯はすっかり無くなっている

そして「ご飯がない」と木の上から怒る

元々食いしん坊なチュンだが、春になってますます
食欲旺盛なようだ
コメント

2016年3月25日のチュン(まったく感じ悪くない)

2016年03月26日 07時36分25秒 | Weblog

お母さんの膝で寛ぐ。目がトロトロだ(2008年4月7日)


昨日のブログを見たお母さんが
「まったく感じ悪くない」と驚いていた。

お姉ちゃんのブログは、余計なひと言があったり
とにかく「感じ悪い」のが基調になっている

昨日のは「おはよう」「元気」「幸せ」など、前向きな
キーワードが入って、感じ悪い要素が1つも無いらしい

こんなことは、過去に1、2度しかない。
冬に逆戻りしたような天気は、このせいかもしれない。


そしてまた再び、感じ悪いブログが繰り返されるだろう
コメント

2016年3月25日のチュン(チュンちゃん、おはよう!)

2016年03月25日 07時32分47秒 | Weblog
お姉ちゃんの朝は、町内1周ウォーキングから始まる

先ず神泉苑へ寄って、それから町内を歩くのだ。
早朝の空気は澄んでいて」気持ちが良い。


最近は日の出が早くなり、6時頃はもう明るい

今のチュンは早起きなので、お姉ちゃんが出かける頃には
もう活動を始めている。


たいていは、3羽くらいで前のイチョウの木にいて
ご飯を食べている

チュンの姿を見たら「チュンちゃん、おはよう
と声をかける

1日の始まりに、元気なチュンの姿を見ると幸せだ。
コメント

2016年3月20日のチュン(ケンカする暇もない)

2016年03月20日 23時13分30秒 | Weblog
日の出が早くなると、チュンの朝も当然早くなる

早朝からから賑やかに、イチョウの木に
「スズメ町内会御一行様」が集まっている。

全部で10羽くらい居るだろう
今までの3倍くらいのご飯も、すぐに無くなってしまう

10羽も居ると生存競争も激しくなるので、とにかく
食べるのに必死だ。


前は時々、ご飯を食べながらケンカをしていたが
今はそんな暇はないだろう。

そのうち、丼1杯くらいチュンのご飯になるかもしれない
コメント

2016年3月15日のチュン(スズメ町内御一行様)

2016年03月16日 06時45分13秒 | Weblog

見返り美チュン風(2004年4月3日)

「食欲の春」という言葉はないが、最近、庭のチュンは
アクティブでご飯もよく食べる

たいていは相方と2羽か、+謎の1羽の3羽だったのが
噂を聞きつけたのか、常時5~6羽、多い時は10羽近く
来るようになった

当然ご飯はすぐになくなる。今までの3倍の量だ

きっと、親戚含めて町内一同だろう。

こうなると、誰がチュンなのかわからなくなるが
歓迎の気持ちを込めて、「スズメ町内御一行様」
という立て看板を出そうか
コメント

2016年3月12日のチュン(言ったのを忘れてる)

2016年03月12日 23時19分30秒 | Weblog

「僕カッコええやろ」若い頃のチュン(2006年6月5日)

今日はちょっと贅沢な「家ディナー」の日だ

メニューは純和食で、肉じゃがと自家製お味噌の味噌汁

前の晩から煮込んだ肉じゃがは、新じゃが、新タマネギ
新ゴボウと旬の味覚が豊富だ

「お姉ちゃんが作ったんやから、美味しいのは当然や

言うまでもなく、お決まりのセリフが出てきた

「チュンちゃん、ほんまに嫌やねぇ
「お年寄はすぐ忘れるから、何回言うてもええんや

「自分が言うたの忘れたんと違うの
お母さんだって、感じ悪いのは人の事を言えない。

お姉ちゃんは、そこまでボケていないはずだ
コメント

2016年3月8日のチュン(口も聞かない)

2016年03月08日 23時02分10秒 | Weblog

お母さん大好き膝に貼り付く(2006年6月5日)


お母さんが、写真を整理しながら
「ドバイに行ったのが2009年や

展示会のために行ったのだが、もう7年にもなる

「そうかぁ。あの時はチュンがようむくれてたわ

お母さんが1週間程留守にして、帰ってくるとすっかり
むくれてしまい、ソッポを向いている。

留守番が余程気に入らなかったのだ

よそよそしい態度で、お姉ちゃんの方にばかり来る
当てつけているのである。


こんな状態が3日くらい続き、ようやく機嫌が直った。
まったくお年寄は気難しい

口も聞かないというのは、まさにこういう事だ
コメント

2016年3月3日のチュン(夢の中までこだまする)

2016年03月03日 23時12分33秒 | Weblog

雛人形と桃の花でひな祭。(2016年3月3日)
ちらし寿司と桜餅はすべて手作りだ。

今日はちらし寿司と桜餅で、豪華なひな祭パーティーをした

ひな祭らしく桃の花を飾り、叔母さんが持ってきた
水仙もいい香りだ

お寿司には、ちりめんじゃこと胡麻が入って一段と
グレードアップした。

具のニンジン、干瓢、高野豆腐、しいたけは出汁をとって炊き
すべて手作りで栄養満点だ

そして今年は、初めて桜餅も手作りにした。
食紅は良くないので、色は付けずに白いままで。
桜の塩漬けをのせ、白とピンクの可愛らしい桜餅になった

チュンには炊きたてのご飯とタマゴ焼き。
いつもと変わらないメニューだ

「チュンちゃん、美味しかったね
「お姉ちゃんがお寿司作ったんやで。
 桜餅も作ったんやで。美味しくないわけがない

何日も前から、同じセリフをリピートしてきたが
懲りずに同じことを言うお姉ちゃん

「美味しくないわけがない」が、チュンの夢の中まで
こだましているだろう
コメント