ご気楽すずめ チュンの生活

2001年7月16日にやってきたチュンに関する日記です。

2017年6月28日のチュン(応援に来たで)

2017年06月28日 21時35分38秒 | Weblog

大きな口と毛づくろい
(2017年5月31日)


向かいのツバメは、毎日せっせとタマゴを温めている。

もう孵ってもいい頃だが、まだ巣の上の座っている

昨日は巣に1羽、台の上に2羽、電線に3羽止まっていた。

数からすると、巣立った第1弾の子供ではなかろうか

去年も第2弾が産まれる前に、第1弾らしきツバメが
電線に並んでいた

弟、妹の誕生を応援に来たのかもしれない

「タマゴが孵ったら、おばちゃんに言いなさい」
親ツバメにはいつも言っているが、果たして第2弾誕生の
報告はあるだろうか
コメント

2017年6月23日のチュン(手乗り作戦)

2017年06月24日 07時24分55秒 | Weblog

ご飯を撒くとすぐにやってくる御一行様(2017年6月21日)

2階の掃除をしていると、エサ場にチュンの
御一行様がやってきた。

窓の向こうにココアボールが並んで、より近くに
チュンを見ることができる

顔はマフィア系だが、どことなく間が抜けている

どうせなら、家の中に入ってくればいいのに。
チュンが家でご飯を食べたら、さぞ楽しいだろう
そして手乗りになれば、さらに幸せ度がアップする

お母さんは「手の上にご飯をのせてやったらええ」というが
保守的なチュンは「変やなおばさんや。嫌や」と
逃げそうな気がするなぁ
コメント

2017年6月19日のチュン(出張演説)

2017年06月20日 06時36分36秒 | Weblog

第1弾の子は、皆しっかりしていた(2017年6月1日)

朝、二条城の周りをジョギングしていると
電線の上に5羽のツバメがいた。

巣立った子供である。
もしかして、向かいの第1弾の子達だろうか

「越冬隊行って帰ってくるんやで
「おばちゃん応援してるで
お姉ちゃんは、その場で演説を始めた

向かいの子なら
「こんな所まで、変なおばさんが来たで

他所の子なら
「これが噂の変なおばさんや」
「朝から悲劇やな

どこへ行っても「出張演説」するお姉ちゃんである
コメント

2017年6月15日のチュン(夏でも肥えてる)

2017年06月15日 22時42分34秒 | Weblog

歩道にテイクアウトする(2017年6月15日)

夏のチュンは細長く、スリムになるのが定番だ。

縦に伸びると、お姉ちゃんは「ヘチマ」と呼んでいる

今まで夏は「ヘチマ」が多かったのだが、今年のチュンは
御一行様全員、丸々と肥えている

子スズメまで肥えて、マフィア顔になってきている。


豪快に食べ、ケンカをして、ザウルスとしか言いようがない。


チュンと風流は無縁なのだ
コメント

2017年6月11日のチュン(リフォーム計画)

2017年06月11日 22時45分31秒 | Weblog

末っ子はいつもお兄ちゃん(お姉ちゃん)にべったりだ。
(2017年6月3日)

向かいの子ツバメ達は完全に巣立ち
親とは別行動となった。

次は第2弾だ
親ツバメは、この間まで我が家の周りをウロウロ
していたが、また向かいの巣に出入りしている。


「今の巣をリフォームしたらええんちゃう
「そやな。変なおばさんが見張りしてくれるし」
こんな会話をしているのかもしれない

「おばちゃん家の方がおススメやで」と
説得しているが、なかなかうまくいかないものだ
コメント

2017年6月6日のチュン(ツバメ邸売約済)

2017年06月06日 17時45分11秒 | Weblog

電線に集合して、飛行練習に出かける(2017年6月6日)
5羽揃っているとホッとする


こちらは親ツバメ。巣作りの偵察だろうか。


子ツバメもずい分飛べるようになり、朝早くから出かけて行った
これだけ大きくなると、見張りも楽である。

しばらくすると、親ツバメが戻ってきて我が家の
周りを旋回している

これは数日前からだが、今日は「チチチチー」と言いながら
何度も行ったり来たりする。

シャッターの上に乗り、そのうち相方もやってきた。
もしかして、第2弾の巣を我が家に作るのだろうか。
それなら大歓迎だ

「その奥がおススメやで
「おばちゃん家やから、遠慮せんでええで

我が家に来てくれたら、今まで以上に楽しいだろう

「ツバメ邸売約済」という札でも貼っておこうか。
お母さんは「板打ち付けて、ザル置いとこう」

チュンを含め、脳天気な一家である
コメント

2017年6月3日のチュン(おめでたい日)

2017年06月03日 16時46分35秒 | Weblog

飛ぼうとする3羽


巣は満員御礼。皆しっかりしている。
(2017年6月2日)


電線に兄弟が勢ぞろいした。
左は不安そうにお兄ちゃん(お姉ちゃんに)ひっつく末っ子


親が来ると、一斉に口開ける(2017年6月3日)


5羽揃って勢ぞろい(2017年6月3日)

末っ子は不安なのか、後ろを向いて
お兄ちゃん(お姉ちゃん)にひっついている

電線でエサをねだる

今日はおめでたい出来事が2つもあった

向かいの子ツバメが、全員飛んだのだ

最後に1羽残っていたので、心配していたが
早朝に無事に飛び立った。

電線に5羽が並び、親にエサをもらっている

最後の1羽は、去年亡くなったツバメの末っ子に似ている。
写真のように、お兄ちゃん(お姉ちゃん)にひっつく姿が
ソックリである。

もしかすると、末っ子の生まれ変わりかもしれない。

そして6月3日は、10年前にお世話したツバメの
むっちゃんの誕生日だ
今日は恒例の手作り餃子でお祝いをした。

今日は米粉をメインに、柏餅風に包んだ蒸し餃子と
初の自家製水無月と新メニューが2つも登場した
これも、めでたい事である

「新メニューが2つもできたで」
「お姉ちゃんが考えた柏餅餃子やで」
「水無月も手作りなんやで

おめでたい日も、こんなセリフで幕を閉じるのであった
コメント

2017年6月1日のチュン(ツバメが飛んだ)

2017年06月01日 22時15分53秒 | Weblog

飛ぼうかな・・・どうしようかな…(2017年6月1日)
4羽は後ろで見守っている。


まだまだ食べさせてほしいのだ


ようやく飛んだ。まだ飛び方が覚束ない。
右下が子ツバメ。

電線に3羽の子ツバメと、親ツバメが止まっていた

5羽のうち3羽が飛んだのだ

「ツバメちゃん飛んだんや

残りの2羽は巣の中でゴソゴソしているが、きっともうすぐ
飛び立つだろう

去年の末っ子のような子はなく、皆元気である。
無事に育ってくれるのが、何よりの喜びだ。


見張り番も一段落したが、完全に巣立つまで気は抜けない。

第2弾もあるので、当分「変なおばさん」は続きそうだ
コメント