沼津西高校サッカー部

沼津西サッカー部の活動を報告します

TG vs沼津東

2020年07月11日 | 日記










今日は、雨、霧の中、沼津東高校とゲームをさせていただきました。
愛鷹多目的競技場の素晴らしいピッチでしたが、ボールが滑るため、コントロールに苦戦していました。
一番気になったのは、かかとをつけ、完全に歩くことが多いことです。
ショートパス、ドリブルを使いながら前進していきたい中で、動きづらい、動きが遅れる状況を作り出しています。まだまだトレーニングの中での習慣化が足りないことが確認できました。

コメント

それでも夢を!

2020年07月10日 | 日記








今日、番組が放送されました。沼津西にきてはじめて送り出した卒業生の鈴木穂波選手の番組です。
彼女は、フェンシングでオリンピック出場を目指して、努力を積み重ねています。
パワーがありあまる元気な高校生でした。彼女は、中学生の時、オリンピックのソフトボールの上野選手の活躍を見て、みんなにパワーを届けられる人になりたいと思い、夢ができました。そこから、頑張り活躍しましたが、スポーツ界はそんなに甘くはありません。もちろん、世の中全てが簡単には進まないのです。
そのような時に、教育実習があり、彼女と再開しました。
オリンピックを目指す。
私にとっては、そのような彼女の姿は刺激的でした。
しかし、彼女は、夢に向かう素晴らしさをわすれかけていました。
その時、たまたま近くに居合わすことが私はできました。

夢に向かうことの素晴らしさを語ることができなければ、指導者にはなれません。
現実から目を背けて逃げてしまっては、大切なことを感じる機会を失います。
守ることとは違うと思います。
子供たちの人生は、子供たちのものです。決めるのは、本人達です。
しかし、周りの人が、夢を語らなくて、何を感じるのでしょうか。
挑戦することの素晴らしさをもっともっと感じてもらいたい。
高校生は、それが許される時です。

今回、改めて、その事を思い出す機会を番組にはいただきました。ありがとうございました。
また、穂波選手からはパワーをもらいました。何もできない先生ですが、応援し続けていきます。

コメント

TG v s吉原

2020年07月05日 | 日記








代替大会前、最後のトレーニングゲームを吉原高校とさせていただきました。
雨でピッチコンディションが変化する中、やりたいプレイとやらなければいけないプレイの判断が困る選手がいました。
サッカー理解につながってきます。
相手とサッカーする。
勝利を目指してプレイする。
その中で、その状況の中で、どのプレイを選択するかを、まだまだ考える必要があります。
また、どのような試合展開になろうと最後までピッチのなかで全力でやりきらないといけません。
それではじめて成長に繋がるし、それが、 沼津西スタイルです。

コメント

朝トレ

2020年07月03日 | 日記





昨日のトレーニングで走りきれなかった一年生。自分たちで話し合い、朝にトレーニング。
悪くない。
コメント

覚悟

2020年07月02日 | 日記


この写真を見て、何をかんじますか?

これは、女子バレー部の練習後の選手ミーティングです。
キャプテンが中心となり、真剣に話しあっていました。
みんなの姿勢を見て、覚悟を感じます。
心一つを感じます。
女子バレー部は、今週末、インターハイに代替大会を迎えます。チーム全員で闘おうとする姿を見て、毎日、刺激をもらいます。
彼女たちの挨拶の素晴らしさから、応援したくなります。
人間の心理は間違いなくそうなるのです。
頑張ってほしいと心から思います。

もし、それを感じることができないなら、素直な心を失っています。悲しい限りです。

試合である以上、結果はでます。
どのような結果であれ、彼女たちに残るのは、本物の充実感でしょう。一生の宝物になることを願っています。
コメント