野の花だより

ご覧いただいてありがとうございます。日々のこと、へなちょこ思索、筆文字ポエム、音楽など、のんびり綴っています。

笑顔

2017年11月30日 | あしあと


どうやったら喉がつよくなるのかなぁ。

負担がかかるようなことが続くと
喉が赤くなって腫れてしまいます。
十代の頃からずっと。

負担がかからないようにする(v^ー°)
これに限るのかなぁ(*^^*)

喉の痛みと熱に
食器棚のガラスに映った顔が
元気がなくて
あらあら(;^_^A
その顔に、ますます意気消沈してしまいそうf(^_^)
にっこり笑顔をつくって
ガラスに映る顔を見たら
やっぱり笑顔がいいな\(^-^)/と
元気がむくむくっと湧いてきて
本物の笑顔になりました。
きっと免疫力アップ間違いなし(^_-)

笑顔って
自分のことを元気にしてくれるんだなぁ。

ゆるゆる(* ´ ▽ ` *)と
にこにこ(*^^*)とで
扁桃腺とも
上手におつきあいできますように(^人^)




















  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちくちく糸で描いてゆくのが楽しい

2017年11月29日 | あしあと


先日、初めて
「刺し子」というものをして
ひとつ仕上げたのですが
とっても好きでした(* ´ ▽ ` *)

たくさんのまんまるを
にじいろの手縫い糸で縫っていきました。
それがとても楽しくて
続きがしたいなぁと待ち遠しいくらい。
ちょこっとの時間でも
縫いかけのものを手にとって
ちくちく ちくちく。

糸で描いてゆくのが
こんなに楽しいなんて(* ´ ▽ ` *)
してみてよかったなぁ。

いま、二つ目の模様をしています。
木の枝葉と木の実を
緑と赤の手縫い糸で
ちくちく ちくちく。
またまた楽しんでいます(*^^*)


***


「また明日がくるのが楽しみ(*>∀<*)」
っていうものがあるって
嬉しいことですね(*^^*)










  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

温かい人が好き

2017年11月28日 | あしあと


単細胞だからか
年齢を重ねると
そういうものなのか

見た感じから優しくて
ほんとに優しい

っていう温かさがいいな
そういう優しさを求めちゃう(*>∀<*)

やっぱり
お顔に映ると思うの

あぁわたしも少しでも少しずつでも
そんなお顔になれるよう
優しい心根でいるよう
つとめようっと(*^^*)




















  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

わたしらしいあらふぃふのはじまり!?

2017年11月26日 | あしあと
寒かった今日。
1日、どこかに出掛けることもなく
家で家族と過ごしました。

のんびり感
まったり感を
満喫しながら(* ´ ▽ ` *)

ストーブには
お鍋をのせました。
お湯を張って
ユーカリのオイルをぽとんと落とし
なんだか体に優しそう(*^^*)

お昼には
冷蔵庫にあった「せり」を
お蕎麦にのせて
あつあつのおつゆをかけて
せり蕎麦にしてみました。
いい香り(*^^*)

こたつにはまって
子どもたちとおしゃべりしながら
ちくちく手縫い。
コースターを縫ったり
刺し子の続きをしたり。


・・今日をふりかえれば
こんな具合に始まった
わたしのあらふぃふライフ(* ´ ▽ ` *)
なにも急ぐこともない。
なにもたくさんすることもない。
ひとつひとつ
マイペースに
ひとつひとつ
愛でて味わって
愉快に過ごしたいなぁ(*^^*)










  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木の葉のおてがみ

2017年11月25日 | あしあと


ありがたいな。
じーん( T∀T)

まるでトトロの森から届いたような
かわいい木の葉のおてがみ♪
友達が届けてくれました。

大きな木の葉に
お誕生日おめでとう
って書かれてあって
手作り切手がちょこんと貼られて
郵便受けに入っていました。

わざわざ
届けてくれたんだ((T_T))

いろんなこと、特に数字関係、覚えるのが苦手だから
お誕生日とか、わたし、ちっとも覚えられないのに(;^_^A
覚えててくれたんだ
ほんとにありがたいなぁ( T∀T)

と、じーん( T∀T)

夜、友達にお礼が伝えたくてラインしたら
かわいいスタンプ
どしどし送ってきてくれるものだから
大盛り上がり。
いっぱい笑いました。
たのしい時間ももらいました。

ほんとにほんとに
ありがたい気持ちでいっぱい。


















  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

わいわいとにぎやかに

2017年11月24日 | あしあと



だんなさんが飲み会の夜。
外食が好きではないだんなさんなので
なかなか家族で外に食べに行くことはありません。
これはチャンスです(*^m^*)
かねてから「ラーメン食べに行きたいね~♪」と子どもたちと話していたので
決行するとしましょう(^o^)/

三人で鼻の頭に汗をかきながら
ずずずっとおいしいラーメンを食べました。

「ふぅ~おいしかったね!」「おなかが苦しい~!」
口々に言いながら
少し寄り道。
本屋さんに行きました。
みんな本好きなので
長居となりました!
選んだ本を兄弟で披露しあっています。
たのしい時間。

次男もおそらくあと1年と少しで
他県に行くのではないかなって思うのです。
きっとあっという間だと思います。
なので
おうちで囲む食卓も
こうして
おそとで楽しむ食事も
それから
わいわいとときを楽しむのも
ひとつひとつを大切にしたいな。











  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ありがとう

2017年11月23日 | あしあと


ライン~♪
軽やかな着信音が鳴りました。

誰かな?
見てみると・・県外にいる長男からでした。

「勤労感謝の日。
父さんと母さんに感謝が絶えません。
恩返しできるように尽力します。」

といったメッセージが
そこに書かれてありました。

ありがとう・・は
母さんの方です。
恩返しだなんて・・
母さんこそ、そんなふうに思ってくれる子に
はずかしくない日々を重ねてゆかなきゃなりません。

ありがとう。
親としての背筋を伸ばさせてくれて。
ありがとう。
優しい人に育ってくれて。





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うれしい出会い

2017年11月23日 | あしあと


いつでもいつでも
本を読んでいたい本の虫。

またまたうれしい出会いがありました。

西篠奈加さんの「まるまるの毬」。

こころがほんのり温まる本が読みたかったのですが
まさにそんな本でした。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ささやかなごほうび

2017年11月22日 | あしあと


「よしっ!準備OK\(^-^)/
さぁ、発送してこよう(^o^)/」

朝からせっせとしたくをしていて
ようやく荷づめまでできました。
おやおや、もうすぐ夕方です。
急いで行かなくては。

荷造りできた郵便物を送りに
郵便局へ行きました。

窓口でお願いをして
これにて発送もOK。

ふぅ~ひと安心(*^^*)

がんばったなぁ
なにか
ささやかなごほうびをお買い物して帰ろうかなぁ
ぐるりと思いめぐらせるけれども
これといって思い浮かぶものもなく

なによりのごほうびは・・これ(* ´ ▽ ` *)

いつもの山道に行きました。

雨にしっとりと濡れる
山道をしきつめる落ち葉や・・

目をこらすけれど
正体がいっこうに見えない
木々がうっそうと繁る奥の方や・・

そんな
ちょっぴりマニアックなところ(?)を眺め(*^m^*)

それから
下ってゆき
街の様子を眺め・・

あらあら、学校帰りの子ども達だ。
うちの子も帰ってくるね。

さぁ、我が家へ帰りましょう(*^^*)

と、帰路についたのでありました。


***


わたしは
各駅停車の鈍行列車が好き

がたんごとん
がたんごとん
のんびり前にゆきましょう

あの駅
この駅
とまりながら

いろんなお空を見上げながら
いろんなお空に見守られながら

がたんごとん
がたんごとん
ゆっくり前にすすみましょう
















  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

つれづれなるままに

2017年11月21日 | あしあと
毎日のように通る山の道。

「ずいぶん葉が落ちたなぁ
もうじき裸木になりそうだなぁ」
と木を見上げました。

いつの頃からか
ひとつひとつの季節のうつろいを
山の風景に感じるたび
こころに沁みるようになりました。
自然に触れると
厳粛な気持ちになるのでしょうか・・。

決して悲観的に思うわけではないけれど
やはりいのちの持ち時間というものがあるから
そして、もう折り返しているから
「今年も、きれいな秋の木々を見ることができたなぁ」
「あと何回、こうして見ることができるかなぁ」
「精一杯生ききった○○さんも、こんなふうなこと、思ったのかなぁ」
と、いのちについて思いがよぎり
「・・大切にかみしめよう」
と改めて思うのでした。


***


今日は筆を持ちました。

だんだんと字が変わっていくように思います。

わたしの好きな字は
良寛さんの字。

なんの気負いも飾りもない
素直な
(わたしには専門的なことは
まるでわからないけれど)
なにも計算されていないような
もしも計算されているのならば
偉そうじゃないように・・
謙虚に・・
っていう思いの計らいがあるのかもしれないけれど
自然体の字がとても好きです。

少しでも
そういう字になりたいな。












  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする