野の花だより

ご覧いただいてありがとうございます。日々のこと、筆文字ポエム、音楽など、のんびり綴っています。

梅ちゃんたち

2022年06月24日 | 野の花だより
いつも行くスーパーで
青梅を見かけました。


1キロ580円。


先日、初めて梅を漬けて
楽しさを知っちゃったわたし
漬け込みたい気持ちがムクムク湧いてきました。
うーむ・・迷いながら・・梅を横目に・・通り過ぎました。


次の日
その梅が400円に値下げされていました。
うーむ・・うーむ・・惹かれる・・でも今、わたし、ゆとりない(T_T)


また次の日。
その梅は300円になっています。
そして、よく見ると、1、2個、傷みかけている様子です。
このまま残ったら、もしかして捨てられちゃうとかある?(・・;


連日見守って
親しみも湧いてきている梅ちゃんたちです。
とうとうかごに入れました。


この前は
氷砂糖に漬けたから
今度ははちみつに漬けてみよう。


もう青くなくて
少し色づいて
杏みたいな香りがしている子もいます。


お水で洗うのも
へたをつまようじで取るのも
ひとつずつ丁寧にふくのも
とっても愛おしい梅ちゃんたち。


かわいく並んだ梅ちゃんたちに
はちみつをたっぷりかけて
瓶のフタを閉めました。
どんなふうに漬かるかな。


傷み始めていた子は
傷んだところをとって
別の小さな瓶で
はちみつにひたしました。
おいしくなぁれ。


梅ちゃんたち、ありがとう。
楽しかったよ♡
楽しみだよ♡


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゆとりのひととき

2022年06月21日 | 野の花だより

長男がくれた写真。
空から見た長男が住んでいる街。


なんだかとても疲れていて・・


お風呂に入ってさっぱりした後で
お布団にごろんと横になって
目を閉じて
頭も心もからっぽにしました。


そうしたら
不意に


あぁ気持ちいいなぁ


働ける仕事があるって
ありがたいなぁ


あったかい仲間がいてくれて
ありがたいなぁ


家族がいてくれて
友達がいてくれて
ありがたいなぁ


歩けて
動けて
自分でトイレに行けて
お風呂に入れて
おいしく食べたり飲んだりできて
お買い物にだって行けて


すごく幸せだぁ〜(T_T)


ありがたさが心にあふれました。


体もゆるめて
頭も心もからっぽに
そんなゆとりのひとときって
大切だし大好きです。






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅の氷砂糖漬けとらっきょ漬け

2022年06月19日 | 野の花だより
一つ前の記事に書いたように
なるべく「楽ちん♡」を選ぶようにしたおかげで
生まれたゆとりで・・


お休みの日を
ちょっぴり楽しめるようになりました。


先週は
初めて梅の氷砂糖漬けを作りました。
季節の仕事ってものすごくハードル高く感じていたけれど
難しいことはなく
もっと早くしてみたらよかったなぁと思ったくらい楽しかった♡


そして今週は


らっきょを漬けました。
(と言っても
こちらもものすごく簡単なやり方で漬けたから
こうして書くのは申し訳ないくらい!)


これまでは
母が漬けてくれていたんです。


毎年、出来上がると
「できたよ〜いる〜?」
「いるいる〜できるの待ってた〜♪」と
やりとりするのが常でした。
(書いていて泣けてきちゃう(T_T))


母が亡くなったばかりの去年は
できなかったけど
今年は自分で・・。


母が漬けたのは
なじみのある好きな味。
もっとちゃんと作り方を聞いておくんだったなぁ。


ともあれ
お初の梅とらっきょ。
おいしくできますように♡


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽ちんがいい♡

2022年06月19日 | 野の花だより
長男がくれた写真。
飛行機から見た半島。


仕事の休みの日は
ただただ体を休めるだけでした。
けれど
ちょっぴりゆとりが生まれてきたように思います(*˘︶˘*).。.:*♡


コツは
「楽」を選ぶこと。


仕事を始めたばかりの頃は
勤務時間に合わせたバスに乗って行っていました。


けれども
ちょうど通勤通学の時間帯なので
バスも駅も人が多く・・
天気の悪い日は一層人がごった返しています。


私は人ごみがとても苦手で
人の多いところにいる
それだけで疲れちゃうことに気づきました。


それで


早いバスに変えてみました。
そうすると
通勤通学のラッシュと重ならないことがわかりました♡


朝の出発が早いけれど
心身はとっても楽ちんです。


私の勤務時間より
1時間以上も早く職場に着いちゃいますが(*^m^*)
1時間以上も落ち着いて過ごせます♡


バス停から職場の建物まで
ゆっくり空や木々や草花を眺めながら(朝さんぽしながら)行ける。
ゆっくりパソコンを立ち上げてメールチェックもできる。
ゆっくりお部屋を整えることもできる。
お湯を沸かしてお茶を淹れて、ほっとすることもできる。
・・そうして仕事の始まる時間を迎えられます。


おまけに


同じように人ごみが苦手で
早朝から来ている人とも出会えて♪
お仲間のような親しみを覚えて
朝のひとときをご一緒したり。


バスを早めたことで
とってもhappyです。


帰りも同じ。
なるべく楽をして帰れるようにバスを選んでいます。


なにごとも無理をしないことですね。
楽な方
楽しい方を選んでいくと
こんなにhappy♡



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

優しい運転手さん

2022年06月14日 | 野の花だより

写真はウィキペディアからお借りしました。


朝夕、市営バスにお世話になっています。


運転手さんの
運転もアナウンスも
それはそれはこまやかに丁寧で・・
乗っていて心地よく
日々感謝なのです。


ある日のこと。


バス停には
ご年配の方や体の不自由な方が
4、5人いました。


そこにやってきたバスは
高校生の人達で
すでに満員です。


バスに乗ると・・
何人かの高校生さんが
さっと席を立ってくださるのが見えました。


私を含めて
高校生さんにお礼を言って
座らせてもらったのですが


お一人は、座られずに、つり革につかまってお立ちになるご様子でした。
(段を上がったところにある後部座席に行かれるのをためらわれたからかもしれないなぁと思いました)


席を譲ろうとしていた高校生さんは
所在ない様子で立っておられます。
そこに
運転手さんのなんとも優しいアナウンスが入ったんです。


ご協力くださった生徒さん
どうもありがとうございます。
おかけになる方は
もういらっしゃらないようですので
どうぞ元の座席にお座りください。
ご協力に感謝します。


、声をかけてくださったんです。


うわぁ〜優しい〜救われる〜と
じーんとしました。


高校生さんもほっとした様子で
元の座席に座られて


なんだかあったかい空気が車内を満たす中
バスは発車しました。


運転手さんの優しさはまだ続きます。


高校生さん達が
バスを降りるときもまた
ご協力ありがとうございましたと
声をかけていらしたのです。


高校生さん達
心がほんわりふんわりされたんじゃないかなぁ♡
見聞きしていた私も
こんなにほんわりふんわりしたんだから(*^^*)



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする