野の花だより **

1日1日を大切に
みんなと楽しく優しい時を
紡ぎたいなぁと思います

また来れる、また会える

2010年03月22日 | あしあと
なんだか、そろそろ会える気がするなぁと
お顔を思い浮かべていた親子さん。
チャイムがなって出てみると
やはりやはり( ^^)Y☆Y(^^ )
やっぱり会えたと、嬉しく想い、お迎えしました。


しばらくお話して、
そののちは、親子お二人でにじのゆめで過ごしていただいて‥ひととき。


お品をお包みして、にじのゆめに戻ると
手には
お母さんの本、
娘さんの絵本。


「また貸して下さい(^O^)
そしたら、また来れる」
って、はにかみながらおっしゃって下さり、
「私も、また会えるから嬉しいです」
って言いました。


なんだか、とっても嬉しくてなりませんでした。


「また」って想っていただけるって
とびきり嬉しい。
泣き虫な私は、涙が出てしまうぐらい嬉しい。


また来れる。また会える。
なんて嬉しいんだろう。

祈り

2010年03月21日 | あしあと
両の手におさまる、小さな額。
小さくささやかだけれど、
とても大切な額。


会ったことはないけれども、
ものすごく大事な大事な人たち。


小さな額を作らせていただくことで、
私の心に、その方は大事な方となって下さいます。


ひとつひとつの額は、
めぐりあいで、そして
私の祈りにほかならないのかもしれません。


くしくも
いのちの輝き、いのちのともしび、
それを想う二つのお仕事を、
続けてさせていただきました。


そして、再びくしくも
同じ日に、ご依頼主の方々から、
小さな額が届けられたご連絡をいただきました。


天に届きますように。
心に届きますように。
そして
若い方達の未来、このいまの輝きがいっそう増す、幸せでありますように。
額をとおしてのめぐりあいに、
すべての方達にとって、一番いいふうになりますように‥と
願い、祈りました。


心から感謝、そして心から合掌。


そして
精魂こめるほどの仕事をさせていただけることを
ほんとにつくづくと感謝しています。
コメント (2)

信頼

2010年03月21日 | あしあと
「うきうきしてます」
「楽しみ」


そんなメールが行き交いました。


友達たちと、ゆっくり会おうと、ずっと話していて
やっと会える
いよいよ♪という朝、
それぞれの携帯メールが行き交う。


日々、それぞれの持ち場でがんばっているから
心待ちにできる。
互いに大事に愉しい時間にしようとできる。


ランチを食べながら、おしゃべりも止まらない。
抱えるものも
優しさや愉しさでくるんで、話し、受け止め、そうし合える
友達たち。
この人達のこと、大好きだぁとかみしめる。


私は、この友達たちが、
人のことを悪く話されたり、批判されたりすることを
何年越しのおつきあいの中で
一度も触れたことがない。
いつも、愛情やユーモアに満ちている。
こんな信頼や、
相手を大切に想うからこそのちょうどよい距離感。
彼女たちに感謝(*^-^*)

ソムリエ

2010年03月21日 | あしあと
にじのゆめの本棚は
かなり偏っています。
だって、私の好きな本ばかりだから。


でも、こんな偏っている本棚だけど
だれかが喜んで下さり
それが嬉しい。


話にすぐに入って引き込まれるような小説が読みたい。
今、ゆっくり活字を読む気力がないから、心が潤う雑誌が見たいな。
感動するお話が読みたい。
古い家が快適になるような雑誌があるかしら。
うちの子は本を読まないから、なにか興味をひくような絵本を読んでやりたい。
うちの子は、絵が描き込んであるような、本のすみずみまで見入るような絵本が好きなんだけど、そんな本はありますか?
などなど
その時のお気持ちや、お好みなど、お話して下さり、
これなんかはどうでしょう?と
本棚から、思いつくままに取り出して、ご覧いただいて
選んで下さる。


ドキドキするけれど、とても嬉しいし、楽しい。
おまけに、次回、
子どもがすごく喜んだんですよ!とか
またなにか貸してほしい、おすすめは?
などと、おっしゃっていただけると
よかった!と、小躍り心地。


季節やお天気の具合や、単に私の気分で、
棚の本を並べ替えるのも、わくわくで、
替えたばかりの本を手にされ、
あら、おもしろそう!などと関心を持っていただけると、
やはり、わ~いと、内心、るんるん。


私の好きな本限定のかなり偏りある本棚には違いないけれど、
ますます、本をこよなく愛し、
これなんかいかがでしょう?と、
お気持ちに合う本を選べる、本のソムリエになれたら
楽しいな。
コメント (2)

本当にしたかったことだけ

2010年03月21日 | あしあと
ふと
あぁ、すごく嬉しい。ほんとに嬉しい。
そう想う瞬間があります。


にじのゆめ。
始めてから三年目。
当初はできなかったけれど
本当にしたかったこと
今はそれだけをさせていただけるようになってる
そう気がつきまして
あぁすごく嬉しい。すごく有り難い。
そう想うのです。


書くこと。
憩っていただくこと。
本当にしたかったこと、それだけをさせていただける今に
感謝でいっぱいです。


両の手におさまること。
自分のはやさで歩めること。
ひとつずつを大切に丁寧にできること。
その範囲内で
ゆっくりこつこつと、これからもしてゆこう。
ゆっくりゆるゆると、くつろいでいただこう。

幸せ

2010年03月21日 | あしあと
ものすごい稲光が、夜の窓を白くして、雷がなり、
風が荒れて、雨が屋根を打ち、
こわがりの私は、心がざわついてたまらない。
ひとつ屋根の下に、家族みんないてよかった。
すうともんちゃんが、無邪気にたわむれていて、
雷鳴やうなる風やうちつける雨と、あまりにアンバランスで
なんだか、ざわつく心がやわらぐ。
日向、楽都、幸希、しんちゃん、それから、すうにもん。
みんなに災いがなく、このまま平穏であったなら、私は幸せだ。
喜んでいただけたらいいなと願いながら、打ち込める仕事もあり、
これ以上の幸せはないなあと想うほど、
今、幸せだ。
私の幸せはそれ。


そう、すごく想った、嵐のような夜のこと。

じゅんぐりじゅんぐり

2010年03月21日 | あしあと
春に、小学校に入学するこうちゃん。


三人目にして初めて、学童クラブにお世話になります。


先日、新一年生の保護者会がありました。
学童クラブの様子や、準備する持ち物などのお話の後、
先生から役員ぎめのお話が。
システムがまるでわからない私は、キョトン!です。


なにせ小さい学校の、少人数の学童クラブ。
新一年生の保護者さんも少人数。
自己紹介でお聞きしたばかりの皆さんのプロフィールを頭でなぞると、
なんとなぁ~く、私?という感触を持ちましたが、
ひっそりと黙って様子を見守りました。
しかし、というべきか、やはり、というべきか、
先生のお顔が、私のところで、ピタリ、またピタリと止まるのです。
山口さん、いかがでしょう?
お兄ちゃん達もいらっしゃることですし、
ギリギリ一番最後に申し込まれたわけですし(なんだかおかしな理由にも思えますが(^o^))。
先生が言われます。
思わず、はい、と、おずおずとうなずいた私なのでした(^^;)


今まで、私は、周りの皆さんに助けられたり、守られたり、かばっていただいたり‥
ほんとにそうして今があります。


いろんな役割がある中で、体に負担がないように、みんなが気遣って下さいました。
山口さんは座ってできる仕事がいいよ!
体が丈夫じゃないから、なるべく体に負担がない役割を、最初にわりふってあげましょ!
下に小さい子どもさんがいるから、夜の会合が少ないものがいいね!
などなど、ほんとに皆さんのお気持ちをいただいて、やってこれました。


だから、皆さんを見渡しながら、
今回は、私?と、とっさに察知して、すぐにお引き受けさせていただいたのでした。


じゅんぐりじゅんぐりですね。

おしらせ

2010年03月15日 | あしあと
いつも、ミクシイからお出かけ下さっている皆さま
ありがとうございます。


三月いっぱいで
ミクシイを卒業(!?)させていただこうと思っています。
なかなかゆっくりとパソコンをできなくて
せっかくいただいた繋がりも、
ふれあえずに、申し訳ない気持ちが、ずっとしていました。


この、にじのゆめからのお手紙、そして
メールにて、
今後とも、ゆっくりゆっくり、ご縁を温めてゆけたら幸せです。
おひとりおひとりのところに、うかがわせていただいておしらせするのが大事ですが、
この場でお礼とおしらせさせていただきたく思います。
どうかよろしくお願いいたします。


ともみ
コメント (4)

頼まれごとは試されごと

2010年03月15日 | あしあと
こんにちは。


久しぶりのお手紙になりました。
その間、たくさんの嬉しいこと、ありました。


なにからお話しましょう。


楽しがり、嬉しがりの師匠、ちこママさんがおっしゃる
「頼まれごとは、試されごと」を思い浮かべる出来事を
続けて経験させていただきました。


いつもお世話になっている、木のふれあい遊館さんで、
義妹の、ネイリスト、のぶちゃんのサポーターとして
のぶちゃんのネイルの傍らで
羊毛を使った手しごとのワークショップを経験させていただきました。
好きでしていることですが、
ひとさまにお教えさせていただくのは初めて。
ドキドキしました。
が、たちまち楽しくなりました。
もう、地のまんまです。
初めてこんなふうにお教えするから、実はすっごくドキドキしています!と、打ち明けましたら、
皆さんがあったかく、教えられて(!)下さいまして、
優しくて楽しい皆さんに助けられました。
そして、実演しながら、ちょびっと説明をした後は、
皆さん、黙々と、ちくちく、つんつん、夢中になさり始めまして
時々、お手伝いに周り、
皆さん同士が、あら、それ、すてき!なるぼど!など
やりとりされる中で、手しごとが深まってゆく様子を
わくわくしながら見させていただいたり‥。
ほんとに楽しかった!の一言に尽きます。
はずかしがりやだけど、私に合ってるかも!またしてみたいな!
そんな気持ちが残る
楽しくて勉強になる経験をしました。


また、昨日は、プラバホールでの演奏会で
初めて、影アナウンサーをさせていただきました。
びっくりしたけど、ちこママさんの言葉を思い出したり、
人生で、なかなか経験できない機会だわぁ!感謝!と
やはり、楽しんじゃえ♪とのぞませていただきました。
これもやはり、あぁ幸せだったぁの気持ちだけが残りました。
舞台のバックヤードは私の夢でした。
やじ馬?田舎者?根性でおはずかしいですが
せっかくの機会なので
バックヤードのお仕事や奏者さんの臨場感を
とくと味わわせていただきました。
ありがたかったです。
またしてみたい!なんて、想った私です(^m^)


ほんとに、勇気を出して楽しんじゃえ♪は
幸せな気持ちや経験に出逢わせてくれるんですね。


こんな貴重な機会をいただいて、
木のふれあい遊館さん、のぶちゃん、お客様、
プラバホールの皆様に
感謝でいっぱいです。


さぁ
また、勇気を出して楽しんじゃえ♪がひとつ。
作品展をしましょう♪とのお話をいただいて
とても嬉しく楽しみです。
顔晴って書いてまいります。


今日もいい日を!

ちいさいちいさい版 野の花だより

2010年03月05日 | あしあと
野の花だより(手書きのおたより)の
22年3月号ができました(*^m^*)

気負わず、のんびり、るるるん♪と書いた
ちいさいちいさい版です。

ご遠方の方へのお届けは
只今、我が家のプリンター不調につき
ローソンさんでコピーしたものを
はがきに貼って郵送させていただきます♪すみません!

おしらせでした^^



コメント (2)