野の花だより

ご覧いただいてありがとうございます。日々のこと、へなちょこ思索、筆文字ポエム、音楽など、のんびり綴っています。

サリバン先生

2009年01月30日 | あしあと
昨日、人生四十うん年にして
初めて知ったことに
ちょっとした感動でした。

楽都はただいま伝記を読むのがマイブームです。
読んだ人の話を聞かせてくれるのも、楽都のマイブーム。

昨日、ある人のことを話してくれている最中
楽都本人もあやふやなことがあって
二人でインターネットでさっそく調べてみました。
確認してすっきり♪
楽都は次に、伝記を読み終わって間もない「ベル」という人を検索しました。
電話を発明した人。
次は何気に「ヘレン・ケラー」を検索する楽都。
ヘレン・ケラーときたら、サリバン先生だね。
と、続いてサリバン先生を検索。
すると、すごい発見をふたつしました。
偶然三人を続けて検索したんですが
なんと、ヘレンケラーとサリバン先生を引き合わせたのは、ベルでした。
え~!と驚きました。
そのことにも、それから偶然三人を調べてわかったことにも。
ベルは耳やお話が不自由な子ども達の教育に尽力されていたそうです。
それも知らなかったです!

またヘレン・ケラーのことは子どもの頃から、本やいろいろで知っていたけれど
サリバン先生の人生に思いをはせたことはなかったです。
サリバン先生は子どもの時にお母さんを亡くし
病気の弟と共に施設にあずけられました。
けれど弟は病気のために亡くなってしまい、
サリバンさん本人も病気のために失明します。
小さくして苦しくて悲しいことが続いたからでしょうか…精神病になったサリバンさんは精神病院に入院もしました。
ところが、嬉しいことに、手術により、視力を回復しました。
弱視で太陽の光などは目にきつかったため、サングラスが常に必要でしたが。
そこに、ベルさんが、ヘレンケラーの家庭教師をしてみないか?と引き合わせます。

そのことを知りませんでした。
楽都は、
「サリバン先生の家族はみんな大変だったね。
そうか、自分も大変だったから、ヘレンケラーのことを一生懸命みたのかもしれんね」
と言いました。
私もそんな気持ちがしました。
あぁ知らないことがいっぱい。
知って嬉しいことがいっぱい。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

南の島の「プルワン」

2009年01月29日 | あしあと
本のご紹介です。
どんなことも
「できなーい!」と言っては
なにもやろうとはしない女の子プルワンの物語です。

物語のおしまいにはプルワンのきらきら笑顔に会えるかな?




この本は、スリランカ孤児院建設プロジェクトを応援している本です。
スリランカでは過去約二十年間にわたり、
民族紛争が続いていましたが、
2002年にノルウェーの仲介で停戦合意が成立し、
その後、平和への取り組みが行われています。
が、2004年に発生したスマトラ沖津波により、
スリランカは甚大な被害を受けました。
もともとスリランカには内戦や貧困による孤児が多く、
津波によって、その数はさらに増えました。
この本は、スリランカでボランティアをしていた
日本人スタッフによって物語が書かれ、
それを読んだスリランカの子ども達が絵を描き、本を出版する。
その本著作権料で、自分達、もしくは、
自分達の同胞のための孤児院を建設する。
援助されるだけの立場から、自助活動によって
人生に自信をつけ、将来に展望がみえてくることを願って
(本のあとがきから要旨を書きました)
そうして立ち上げられたプロジェクトだそうです。




おとなも子どもも
初めてのことに出会ったとき
不安だったり自信がなかったりして
できるかなあ?
できなーい
って尻込みしちゃうこと、ありますね。
ゆっくりゆっくり
へたっぴながら
向かってみたら
あら!できちゃった!ということも
ありますね。

やってみようかなあ?
うん、そうしよう
って、向かってみたら
なにかの手応えや気付くことや味わう気持ちに
会えるかも♪ですね。



こんなすてきな絵本で
たくさんの子ども達が安心して生きてゆけるようになったら
なんてあったかでしょう。
子どもは宝だし
子どもの笑顔は希望です。



お友達のたまごさんに
すてきな本をいただいて感謝感謝です。
みなさまにもお福わけいたしますね。
にじのゆめでもお貸し出し&販売の橋渡しを
させていただきますので
どうかご覧下さい♪
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おひさま

2009年01月28日 | あしあと
今朝は霜が降りて
つんと冷えた朝でした。
車の窓も凍り付いていて
その窓にお湯をかけると、たちまちとけてゆく様子に
幸希は大喜び。
そんな幸希に私が大喜び。
子どもといると楽しいですね。


とても冷えているけど
おひさまは出ている今日
洗濯物を外に干すと
たちまち洗濯物から蒸気が白く立ち上ぼってゆきます。
感動しました。
いつも、こうして、おひさまは洗濯物を乾かしてくれているんだね。
おひさまの力は偉大だなぁ…と。

いつもは見えないけど、今日は見えた蒸気が教えてくれたことに
今日も嬉しい発見です♪


さて、
今日はささやかな幸せ言葉の額を作りました。
楽しい手しごとでした。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冬の晴れた日

2009年01月27日 | あしあと
冬の晴れた日は
ことのほか
空気が澄んで
あたりが輝いていて
歩く道々、ときめきます。

アスファルトにできた水たまりも
きらきらと朝の光に輝いて
なんてきれいなんでしょう。

にじのゆめ手帖をこちらにお引越ししました。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

あわせて
大好きで大切な
書くこととちんまりさんを集めた
「ちいさな種」もおしらせさせて下さい。
こちらです・・http://blog.goo.ne.jp/smilehappynonohana

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする