TEAM 連合艦隊と愉快な仲間たち

「TEAM 連合艦隊」代表の艦長の釣行記などいろいろ。

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ← シーバスフィッシングが楽しいと思う人,クリックお願いします。デカいシーバスを釣ってみたいと思う人も,もちろんOK! いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!

最近の釣果

2020-10-25 22:56:35 | ’20 釣行記
最近の釣果

みなさん,ご無沙汰しております。

頑張って更新しようと思ってましたが,さぼってしまいました・・・

で,とりあえず写真だけでもアップしようかと。

5月から7月まではあまり釣果はありませんでしたが,天候が安定した8月から河川内でヒラスズキ&ヒラフッコが好調でそこそこ楽しめました。

ここ2回の釣行の写真をアップします。

2020.10.17(土)





落ちアユパターンでリップルポッパー115ファクトリーに出た,46cmのキビレ。





57cm:TKLM90





76cm:TKLM90


2020.10.23(土)





63cm:フィードシャロー128

2.7kgと丸々してました。

以上,最近の釣果です。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ← そろそろ落ちアユパターンだと思う人クリックお願いします。寒くて釣りは行きたくないと思う人も,もちろんOK!
いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント

釣行記(2020年5月5日)の補足&アカメについて思ったこと!

2020-06-07 17:36:48 | 艦長の思うこと
釣行記(2020年5月5日)の補足&アカメについて思ったこと!

先日のアカメの釣行記で,書き忘れたこと,書けなかったこと,アカメについて思ったことを書いてみたいと思います。
アカメについては,私の個人的な意見,考えなので参考程度にお願いします・・・

まず,ヒットした瞬間ですが,水中で首を一瞬振った感じがしました。
最初はシーバスだと思いましたが,その後の走りは重々しく「あっ,サメだ」と直感しました。

アカメはサイズにかかわらず,エラ洗いをする個体としない個体がいると思います。
今回は口のすぐ近くにフッキングしていたにもかかわらず,エラ洗いは一度もなかったです。

河川であればすぐにアカメと判断できたのですが,サーフは色々な魚が釣れるので・・・
明るいうちであれば青物も可能性があるし・・・

また,5月のアカメは,1年の内で一番引きが強い時期だと私は思っています。
産卵に向かってウエイトも乗ってくる時期だし,水温もまだそんなに高くも低くもないからだと思います。

水温が高くなると,水中の酸素が少なくなるし,4月の初めだと水温が低く動きが鈍いのかな?

実際,3月や4月に釣った個体は大きさの割に引かなかった。(3月過去記事参照4月過去記事参照))
また,2月に河川内で釣ったときは,逆に意外に引いたと感じた個体も・・・(2月過去記事参照

ゴールデン・ウィークがアカメシーズンの始まりだと言われていますが,まさにその通りだと思います。
この頃にヒットしたアカメはファーストランが強烈で,何度もヒットさせましたが,この強烈なファーストランでルアーが外れた経験が何度もあります。

この時期以外は,ルアーがすっぽ抜けたりすることはあまりないように思います。

フッキングの位置についても,アカメの場合はかなり重要な要素です。
みなさんのアカメの記事を見ると,そこそこ高い確率でルアーを丸呑みされています。

私の場合,ルアーのリトリープのスピードはデッドスローが基本ですが,運が良いのかどうか分かりませんが,過去のデータを見ると,今回で29尾目ですが,丸呑みされたのは1回しかなかったように思います。

その他は全てルアーが口から一部が出ているか,外掛り(口の周り)でした。

私はリーダーがフロロの6号(25ポンド)ですが,これでもキャッチできているのは,フッキング位置が良いからだと思っています。

ランディングしてから思ったことは,まず「デカい!」でした。

体高もあったし,体の幅(泳いでいる魚を上から見た位置)の厚みが凄かった。
腹の部分がプックリ膨れていた。

そして,鱗が一枚も剥げていない綺麗な見た目でした。
河川内(浦戸湾内)でキャッチされた個体の写真を見ると,何度か釣られたのか体に傷があったり,鱗が剥げていたりする個体が見られますが,今回釣った個体は本当に綺麗でした。

写真についは,全部で5枚しか撮らなかったのですが,もう少し撮っておけばよかったと後悔しています。

以前,シーバスの自己記録115cmを釣ったときに,パープルヘイズさんでデザイン魚拓を作ったので,今回もデザイン魚拓のことが頭に浮かびました。

しかし,魚を一刻も早くリリースしなければ・・・との思いが強く,魚拓用の写真を撮りませんでした。

120cmを超えるアカメは,今後,私が釣る確率はかなり低いと思います。
そう考えると,3分割での写真を何枚か撮る時間ぐらいはあったのではないかと・・・

今でも,嬉しい思いより,後悔の思いのほうが強く,釣った実感があまりありません。
現認者がいないのもあると思います。

釣ってから日数が経っているので,まとまりがありませんが,こんな感じです。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ← アカメを釣りたい思う人,クリックお願いします。アカメを釣ったことがある人も,もちろんOK!
いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント

釣行記(2020年5月5日)

2020-05-29 19:41:33 | ’20 釣行記
釣行記(2020年5月5日)

5月5日(水)。単独で釣りに行った。今年6回目の釣行。
新コロナで自粛中ですが,家から釣り場までどこにも寄らずに往復です。

高知県では外出自粛が7日から解除となるとの発表があり,新しいロッドを買ったこともあって,フライングで行ってしまいました・・・

前回の釣行は3月の半ばだったと思うので,約2か月ぶりの釣行です。

最近はほぼサーフでの釣行で,河川内の釣行は2月にバチ抜け狙いで行ったくらいかな?

今日の潮は中潮。満潮が16:40ぐらい?

少し早い夕食を食べ,家を17時ぐらいに出て釣り場へ向かう。

最近,釣行回数は少ないですが,小さいながらも半分くらいの確率で魚はゲットしています。

サーフで5割って結構いい確率だと思います。

今日も当然サーフです。磯が点在するだけの純粋なサーフ。
河口絡みも行きますが,冬はシラスウナギ漁があるのでもっぱら普通のサーフ。

今日は先日買ったニューロッド,ヤマガブランクスのバリスティック92ML TZ/NANO。

2020年に製造終了が発表され,以前から気になっていたので・・・

今までのメインロッドは,河川がヤマガブランクスのアーリープラス92XML。
サーフが,今はロッドから撤退したダイコーのイノセントSS106M。

この2本のロッドは,私にとってかなりパワーがあります。
以前使っていたダイコーのアルテサーノ93のような「曲げて捕る」ロッドが欲しかったので,今回のバリスティックです。

バリスティックに関しては,また日を変えて・・・

で,初卸のロッドで夕マヅメのサーフを攻めていきます。

波は少し高めで,狙いの砂ヒラが出そうな雰囲気ですが,全く反応なし。

20時を過ぎて潮もかなり引いてきた頃・・・

ガツンと気持ちの良いアタリ!

合わせると一瞬首を振って,一気に走り出した。

春先からのこの時期,磯際のサーフはサメが多く,去年も同じような感じで磯まで一気に走られラインブレイクした苦い経験が・・・
今回もおそらくサメ。

ニューロッドの初物がサメとは・・・

磯までは約70mくらい。

ルアーのフックは純正のSP-MH-#6。この状況で強引に走りを止められるはずもなく,止まるのを待つ。

ドラグはサメを想定してかなり緩めで,ラインはラパラのラピノヴァ1.5号を150m。

今回はロッドが新しいのでラインも新品に巻き替えての釣行。
下糸(1.2号)150mと合わせてジャスト300m。

去年はパワーのあるイノセントSS106Mで,魚もロッドの強さに反射的に走り出して止まらなかった・・・?と考えている。
今回はそれも踏まえて少しパワーの無いロッドをチョイス。
いわゆる,魚とケンカをしない考え方。

300mラインがあるので障害物さえなければ,サーフから釣れる大抵の魚は取れるんじゃないかな?と思っている。(もちろん例外もあります)

ローパワーのロッドが良かったのか,磯に着く前に止まったようだ。

しかし,油断はできない。水中には磯から伸びた岩が点在しているので場所によってはすぐにラインブレイクしてしまう。

とにかく,磯から離れなければ・・・

無理をせずに魚の頭を磯と逆方向に向けて,ゆっくりと自分が歩いてリールを巻かずに移動していく。

頭の方向を180度変えるということは,ラインの方向が変わるということで,サメの鋭い歯にリーダーが当たる可能性があり,向きを変えるのは相当なリスクがある。
フッキングがどの位置か分からないので,賭けである。

その間にもユルユルのドラグは魚の重さに耐えられず,ジリジリと音を立てて少しずつラインを放出していく。

少し移動すると,また魚は走り出す。を何度も繰り返し,10分ほどのやり取りで磯からはかなり離れて,やっと安全圏にきた。

その後も走られては寄せてを繰り返し,岸から20mほどにあるブレイク付近まで寄せてきたが,魚がブレイクにビビったのかそこから全く寄ってこなくなった。

この時点でヒットから30分ほど経っているだろうか?

しかし,ここからが長かった。

寄せ波に乗せるべくブレイクを越そうと頑張るも,20mほどの走りを繰り返し,全く寄せられない。

そのうちに潮が引いてきてブレイクにラインが擦れる感覚が・・・
どうやらブレイク付近にも磯の岩があるようで,波が当たってサラシのように見える。

そこを避けるために魚の向きを変えてまた安全な場所へ移動を試みる。

そして,何度かの走りと寄せを繰り返し,やっと波打ち際に横たわった魚は・・・








なんとサメではなく,アカメだった!

オーシャングリップで掴もうと,近寄ってその大きさに呆然とした。

アカメの口は分厚く,グリップは何とか口を掴めたが,グリップを開いて無理やりねじ込んだ感じだった。

とにかく波の来ない場所へ移動させなければ・・・

持ち上げられるはずもなく,サーフを引きずって安全な場所へ。

ルアーはタイドミノーSLD125F。
125mmのルアーがかなり小さく見える。






サイズは123cm。

自己ベストの109cmを14cm更新!

しかし,正確な数字ではない。

手持ちのメジャーが今日に限って撮影用のメジャーしかなく,120cmまでしか測れなかった。

このサイズになると1人で測るのはかなり難しく,口元に合わせて尻尾に行き,メモリを正面から見ようとすると口元の手が動くのだ・・・

しかも,アカメの場合は尻尾の真ん中が一番長く,尻尾の下側で119cmだったので,真ん中だと,もしかしたら125cmぐらいはあったかかも・・・

あとは目分量と誤差もあるので少なめに見て,語呂合わせのよい123cmで(笑)

重さに関しては,体高も高くお腹もかなり膨れていたので30kgぐらいはあるのかな?
これに関しては,ネットで120オーバーの個体の重さを量った人のを参考に書かせてもらっています。

産卵前なのでこんなものかと?

ルアーは運よく外掛りで,フックはフロントが1本折れていて,他の2本は伸びていた。
真ん中は,1本が若干開いていただけで,リアは問題なし。



リーダーはダイワの船ハリス6号(25ポンド)で,1.5mだったのですが,岩に擦れたのか?ブレイクの砂に擦れたのか?アカメの口で擦れたのか?分からないが,スナップからPEラインとのノット部分までまんべんなく擦れていて,部分的にはささくれ立っていました。



いつメインのPEライン,リーダーが切れてもおかしくない状態でした。

ファイト時間に関しては,開始時間を見ていないので大体ですが,50~60分ぐらい?

物持ち写真に関しては,広いサーフでセルフ撮影できるわけもなく・・・(カメラを置く場所がない)
まず,重くて持てない(笑)

普通こんなメモリアルな魚が釣れると誰かに連絡して来てもらうのですが,高知市内からかなり遠く,広いサーフのど真ん中で,車からはかなりの距離を歩かなければならない。

しかも,魚をストリンガーで繋ぐにしても,サーフの波がけっこう高く長時間は無理がある。
そして,ファイト時間も1時間近くと長く,魚はかなりのダメージがあると考えられる。

ということで,誰にも連絡せずにランディングしてから5分ほど?でリリースしました。
撮影した写真はデジカメで5枚。スマホで3枚。

夢のような時間は5分ほどで終わったのでした。

久しぶりの投稿なので変な文章でスミマセン・・・

以上,釣行リポートでした。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ← デカいアカメを釣ってみたいと思う人,クリックお願いします。デカいシーバスを釣ってみたいと思う人も,もちろんOK!
いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント

近況報告

2020-05-28 19:23:31 | その他
近況報告

みなさん,ご無沙汰しております。
約3年ぶりの更新です。

かなり間が空いてしまいましたが,なんとか元気です。
釣りのほうはというと,2017年が41回,2018年が29回,2019年が15回と年々釣行回数は減っています。

一番の理由は,2018年9月よりソルティが休刊(廃刊?)になり,夕グラ(夕マヅメグランプリ)が終了したことです。

それにより,ほぼ週一で行っていた釣りも回数が減り,去年にいたっては月一ペースとなってしまいました。

「TEAM 連合艦隊」は夕グラに参加するために作ったチームだったので,解散しようかと悩んだのですが,メンバーも2人なのでとりあえず解散はしていません(笑)

二番目の理由は,2016年2月から高知龍馬マラソンに出るためにランニングを始めたことでしょうか・・・
今は釣りよりもランニングを優先しています。特に土日の天気が良い日は釣りよりランニング。土日両方晴れたら,ランニングと釣り両方とか。

走り始めて3年,2019年3月の「とくしまマラソン」で4時間を切ることができました。マラソン用語で言うと「サブ4」です。

釣りはトレーニングの一環でもあるので,出来れば週一で行きたい気持ちはあります。

しかし,以前よりも雨の日は釣りに行かなくなりました。
雨の方が釣れると思うのですが・・・

これが今の状況です。

できるだけ釣行記もアップしていく予定ですので,よろしくお願いいたします。

↓いつも訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
コメント (2)

久しぶりです!

2020-05-25 20:17:11 | その他


↓ デカイと思った人はクリックお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村
コメント

釣行記(2017年9月9日)

2017-09-11 19:30:27 | ’17 釣行記
釣行記(2017年9月9日)

9月9日(土)。単独で釣りに行った。今年30回目の釣行。
9月になって朝晩涼しくなってきました。

9月で釣行回数が30回とは・・・
以前に比べたら激減しています。

色々と忙しいということで(笑)

今日の潮は中潮。満潮が19:56,潮位は198cm。干潮が翌日の2:51,潮位は48cm。

今回も前回と同じホームの天然河川。

開始時間は日没後の19時ぐらいから。

満潮前で水位がかなり高い。
表層系からスタートして3投目であっさりヒット。

慎重にランディング。





56cmのヒラスズキ。

ルアーはフィードシャロー128。

今日はたくさん釣れるかも・・・

が,その後は全く反応なし。

満潮を過ぎて流れが出始めるも,1回アタリがあったのみで乗らず。

23時が過ぎ,帰ろうかと考えていると,フッコがシャローでボイル。

ベイトはサイズがかなり小さそうなので,小型のシンキングペンシルを投げるとヒット。





サイズは42cmのヒラフッコ。

ルアーはワンダー80。

今まで12cmクラスのルアーを投げていたので,シンペンで広範囲に探ると・・・

3投目でヒット。

今度はサイズアップのようだ。

しかし,エラ洗い連発でフックアウト・・・

10分ぐらい投げるも反応が無いので,ラスト1投と思い投げるとヒット。

慎重にやりとりしてランディング。





今日3尾目のヒラ。
サイズは63cm。
ルアーは同じくワンダー80。

もう一度投げようかと思ったが,気分良く帰りたいので終了。

先週の夕グラは釣れずに,どうでもよい今週に釣れるとは・・・
やはり夕グラで釣るのは難しい。

以上,釣行リポートでした。

↓ 最近朝晩涼しいと思う人,クリックお願いします。昼間はやはり暑いと思う人も,もちろんOK!
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント (1)

‘17 夕マヅメグランプリ(第9回大会)

2017-09-04 22:13:03 | ’17 夕グラ
‘17 夕マヅメグランプリ(第9回大会)

2017年9月3日(日)夕グラ第9回大会の日です。今年29回目の釣行。
この数日,朝晩がかなり涼しくなってきました。
早くも秋・・・

今日の潮は中潮。満潮が17:04,潮位は177cm。干潮が22:42,潮位は96cm。

入った場所は,ここ何回か釣れているホームの天然河川。

しかし,ベイトも少なく流れも全く流れず・・・

移動を考えたが,最後まで粘ることを選択。

日没から2時間半粘るも,40ぐらいのセイゴがヒットするも即バラシ・・・

その後は何の反応も無いまま,21時にノーフィッシュで終了。

大会になると釣れないのはいつものことですが,今日は市内に行ったほうが良かったのか?

来月は何とか・・・

以上,釣行リポートでした。

↓ 絶対釣りたいときには釣れないと思う人,クリックお願いします。適当に釣ると釣れると思う人も,もちろんOK!
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント

釣行記(2017年8月26日)

2017-08-27 20:14:59 | ’17 釣行記
釣行記(2017年8月26日)

8月26日(土)。単独で釣りに行った。今年28回目の釣行。
今回も前回同じホームの天然河川へ・・・

今日の潮は中潮。満潮が20:46、潮位は184cm。干潮が翌日の3:04、潮位は68cm。

日没から暗くなるタイミングでポイントに入る。

先週よりもベイトが多く確認できる。
前回と違い上げ潮でのスタート。

下げでは狙い所がわかっていたが、上げでは結果がイマイチ・・・

詳しくは書けないが、流れが複雑で流れの方向が分からず、表層と中層・ボトムの流れが逆の場合もあり、地形での狙いしかできない。

地形での狙いとは当然ブレイクラインであるが、流れでの攻略ができればもっと釣れるはず!

ということで、流れを読みながら投げるもイマイチ反応がない。

魚が入ってきているのかどうかも分からない中での回遊待ちは、狙って釣ったとは言いにくい。

試行錯誤を繰り返して、ルアーをアクションの大人しいものに変えると、いきなりあたりがあるも乗らず・・・

その後、時間は過ぎて下げ始めて1時間ほどして、流れが安定して下げ始めた頃。

アップでブレイク沿いをドリフトさせていると「ゴン!」と気持ちの良いアタリでヒット。

しばしのやりとりでランディング。





前回に続いてヒラスズキをゲット!

サイズは60cm。
ルアーはTKLM120。

その後は反応が無く、下げはあまりやるつもりにしていなかったので、23時に終了。
これから良い感じの潮位だったのだが、疲れたので(笑)

来週は夕グラです。
下げ潮なので期待していますが、釣れそうな時は必ず釣れないのが私の「ジンクス」
さて、どうなるのか?

以上、釣行リポートでした。

↓ 釣りに行く前に「縁起」や「ジンクス」を気にする人,クリックお願いします。最初に投げるルアーが決まっている人も,もちろんOK!
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント

釣行記(2017年8月19日)

2017-08-20 20:27:54 | ’17 釣行記
釣行記(2017年8月19日)

8月19日(土)。単独で釣りに行った。今年27回目の釣行。
先週も釣りに行きましたが、ノーフィッシュ。
今週はホームの天然河川へ・・・

今日の潮は中潮。満潮が16:58、潮位は184cm。干潮が22:35、潮位は100cm。

川に降りると、水は若干濁りがあるが良い感じ。

暗くなるまではバイブレーションとトップウォーターを投げるも反応なし。
ベイトはほとんど確認できず。

暗くなって1時間くらい過ぎた頃。
目の前の水面が騒がしくなってきた。

20cmくらいのイナッコが、何かに追われて水面を逃げまどい始めた。
追い回されて2つくらいの群れが水面を広範囲に逃げまどっている。

この場所でこの光景は初めてだ。

ベイトのサイズからしてアカメではと思いながら、とりあえずルアーを投げる。

すると、何投かして「ガツン」とルアーをひったくられたが乗らず・・・

その後はベイトの群れが頻繁に移動するので狙いが絞れない。

諦めムードが漂う中、足元まで引いてきたルアーをピックアップする寸前に「バシュッ」と水面炸裂。

今度はヒットしたがエラ洗い1発でフックアウト。

まだ水面を追われている群れが居るので、ルアーを変えて投げていると、ヒット。

足元まで寄せてライトを照らすもエラ洗いでフックアウト。

アカメが追い回していると思っていたが、ヒットした魚はシーバスだった。
群れで追いかけているような感じだが、ここでは今まで見たことのない光景で「こんなこともあるんだ・・・」と思ってしまった。

その後は、水面は静かになりゴールデンタイムは終わった。

魚が川に入っているのは分かったので、気分を変えて投げているとヒット。

しばしのやりとりでランディング。



久しぶりのヒラスズキ。
サイズは67cm。
ルアーはフィードシャロー128で、ランディング後に外れた。

更に1時間ほど経って50cmぐらいのシーバスがヒットしたが、ランディングしようと岸にズリ上げる寸前にフックアウト。

21時半に終了とした。

最初はベイトがほとんどいなくて諦めていたが、意外にも魚は川に入っていた!

やっぱりベイトは大事ですね。

以上、釣行リポートでした。

↓ 目の前でベイトが追われていると興奮する人,クリックお願いします。そんな時は大体釣れないと思う人も,もちろんOK!
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント

‘17 夕マヅメグランプリ(第8回大会)

2017-08-06 20:01:50 | ’17 夕グラ
‘17 夕マヅメグランプリ(第8回大会)

2017年8月5日(日)夕グラ第8回大会の日です。今年25回目の釣行。
2週間前も釣りに行っていましたが、ボウズ。
釣行記をアップするつもりでしたが、忘れていました・・・

今日の潮は大潮。満潮が17:32、潮位は174cm。干潮が23:01、潮位は99cm。

明るい内はトップと思っていたが、徳ちゃんと車で話し込んで開始時間は18時半ぐらい。

入った場所は、ホームの市内河川。

台風の影響で南風が強く、天然河川には入るのを断念。

この1,2年この時期は、市内河川はシーバスの活性も悪く、アカメ釣りのアングラーが多いのであまり入らないのだが、風裏になる場所でタコ粘りの予定。

ベイトを確認しているので、何らかの反応はありそうだが期待はしていない。

暗くなるまでは岸際を小型のポッパーでラン・ガンするも反応なし。

暗くなって、下げ潮がかなり効き始めたタイミングで護岸から水が無くなり絶好のタイミングとなった。

ブレイクからシャローになっている場所を攻めていると「ガツン!」とヒット。

しかし、エラ洗いは無く様子がおかしい。
ルアーがフィードシャロー128ということもあって、チヌと分かるまでにかなりの時間を要した。





サイズは38cm。
フィードシャロー128でチヌを釣ったのは初めて。

その後は反応がなく、流れが護岸に当っている場所に移動。

この場所は最近障害物が無くなって、直接護岸に流れが当たるようになった場所。
以前は、障害物のヨレに魚が着いて良い場所だったが、無くなってガッカリしていた。
しかし、意外にも流れが当たって良い場所になっていた。

流れの当った場所の下流にヨレができているので、その場所で回遊待ちを決めこむ。

マッチ・ザ・ベイトでフィードシャロー128をそのまま投げてデットスローで引いているとヒット。

50cmあるなしの微妙なサイズなので慎重にやり取りしてランディング。





サイズは47cm。
この時期この場所はサイズが出ない・・・
出ても60cmまで。

気を取り直して投げていると、同じ場所でヒット。

しかし、エラ洗いは無し。
チヌっぽい引きだったが数秒でフックアウト・・・

その後は、流れが止まって反応がなく、夕グラの終了時間になった。

イマイチ不完全燃焼だったのと、流れが出れば「まだ釣れるかも・・・」と、少し粘ることに。
釣れれば、嬉しい反面悔しいけど、そのまま続行。

再び流れが出て下げ始め、5分ぐらいして同じ場所でヒット。

アワセの直後に重々しいエラ洗い。

直感でランカーか?

夕グラ終了後なので、少しやっちまった感があるものの、思い通りのヒットに顔がにやけながらのやり取り。

が、魚の位置を確認するためにライトを照らすと・・・

「奴」だ!

水中に光るオレンジの目。

しばしのやり取りでランディング。





正体はアカメ。
サイズは75cm、5キロ。

同じサイズのシーバスより同等かちょっと引くぐらい?
重さは産卵後なのか通常よりかなり軽い。

ルアーはフィードシャロー128。

水面直下のヒットとアカメらしからぬ引きで、完全にシーバスと勘違い。

まだまだ粘れは、魚は回遊してくる可能性はあるが、ここで終了とした。

来月の夕グラもかなり厳しい時期。
何とかポイントを取りたいですね。

台風が過ぎるとシーバスは活性が上がるかも?

以上、釣行リポートでした。

↓ 台風直後はシーバスが釣れると思う人,クリックお願いします。ゴミが多くて釣り辛いと思う人も,もちろんOK!
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!
コメント