TEAM 連合艦隊と愉快な仲間たち

釣り雑誌「Salty」の夕マヅメグランプリに参戦中の「TEAM 連合艦隊」代表の艦長の釣行記などいろいろ。

ブログ村ランキング参加中

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ← 最近朝晩涼しいと思う人,クリックお願いします。昼間はやはり暑いと思う人も,もちろんOK! いつもクリックありがとうございます。ランキング参加中です。クリックするとシーバスブログがたくさん!

‘08 夕マヅメグランプリ(第12回大会)

2008-12-08 21:47:26 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第12回大会)

2008年12月6日(土)夕グラ第12回大会の日です。今年48回目の釣行。
早いもので,今年の夕グラ最終戦。
4シーズン目の夕グラは,今のところ過去最低の結果の6ポイント。

今日は日中の予想最高気温が8度。
夕方の予想は4度。
河川敷は3度以下・・・
更に風が吹くと体感が2度ぐらい下がるので,1度前後!

シーバスを釣るというより,寒さの我慢比べのような気が・・・

今日の潮は小潮。満潮が12:15,潮位は146cm。干潮が18:40,潮位は81cm。
微妙な潮ですが,個人的にはこれぐらいの潮が釣れる気がする。

本日はオープンエリアなので,風が強い。
そして,気温の低下でメッチャ寒い!
さっきも書いたって・・・

徳ちゃんとコンビニで待合わせて14:45開始。
予想通り風が強く,車から出ると戦意喪失。

追い風に乗せて遠投するだけが楽しく,あとはひたすら寒い。
まあ,こんな感じであまり書くことがない・・・

その後,残り30分でいつものポイントに徳ちゃんと移動。
そこは風裏になっていて,快適に釣りができた。
30分ですが・・・

最後の5分ぐらいで,徳ちゃんに40cmぐらいのシーバスがヒット!
しかし,堤防の上でフックが外れ,ジ・エンド。
結局,最終戦もノーポイントで終了。

しかし,今回は別行動の「機動部隊」が大活躍。



コンボイさんが,55cm,60cmを釣り,2で割って9ポイントを獲得!
おめでとうございます。



場所が離れていたため,スケールの写真はありません。
ブツ持ちも,コンボイさん提供の携帯写メです。

それから今回「TEAM 連合艦隊」は4年目にして,初の皆勤賞をゲットする予定!

来年は今年より良い結果を残したいですね。

以上,釣行リポート?でした。
コメント (7)

‘08 夕マヅメグランプリ(第11回大会)

2008-11-13 22:25:44 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第11回大会)

2008年11月9日(日)夕グラ第11回大会の日です。今年45回目の釣行。
前日にはT1グランプリに出場しましたが,久しぶりの2日連続釣行。
今日も仕事でしたが,無理を言って強行出場。

しかし,スタートは開始から3時間後の17:40ぐらい。
辺りが暗くなった頃からなので全然問題ないが,水位が若干低めかな?

前日にバラシ場所に絞って回遊待ちする予定。
雨が上がって雰囲気的には良い感じだが,今日の日中の気温が低く,水温も低下した恐れがあり不安要素もある。

今日の潮は若潮。満潮が15:09,潮位は164cm。干潮が21:28,潮位は60cm。
水はほぼクリアー。

釣り場に着くと,日は落ちて潮も流れて良い感じ。
最初はいつものように,ブラス100を投げる。
が,一投目から思ったより流されて,水面にわずかに出ていた杭に引っ掛かってしまった・・・

スナップの結び目から切れたのでリーダーはそのまま使えるが,これはこれでノットが弱いので今後の課題となる。

ルアーをロストして凹んだ状態でスナップを結ぼうかと思ったら,ベストに着けていたスナップを通したリングが,丸ごとなくなっていた。
いつ落としたか分からないが,スナップの予備が全部なくなってしまった。
更に凹む・・・

仕方なく,リーダーに結んでストックしている物をワザワザ切って結んだ。
解説すると,私はリーダーを1ヒロ(1.7mぐらい)スナップを結んでビニールの小袋に入れてポンド別に3種類(20,25,30ポンド)を5セットほど胸ポケットに入れている。

釣りの方はと言うと,見る見るうちに潮が引き,水もクリアなので底がかなり沖まで見える始末。

シャロー系のミノーを中心に目ぼしい場所を攻めるが,全く反応は無い。
深みにバイブレーションを投げてみるも,音沙汰なし。

約2時間,色々試したが全くダメ。
そのまま終了時間となりノーフィッシュで終了。

昨日の感じなら何かしらの反応はあると思ったのですが,思ったより水位が低く,ベイトも少なめだったので仕方ないですね。

以上,釣行リポートでした。
コメント (2)

‘08 夕マヅメグランプリ(第10回大会)

2008-10-06 22:13:45 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第10回大会)

2008年10月4日(土)夕グラ第10回大会の日です。今年40回目の釣行。
今年の夕グラも早いもので10回目。
未だにポイントゲットできず・・・
機動部隊も1月にポイントを取ってから,その後は沈黙。

今年40回目の釣行なので何とか釣りたい。
いや,1ポイントでも取りたい。

集合時間に少し遅れて行くと,チームのみんなとこうかつさんがいた。
キーワードと集合写真を撮って,みんな思い思いの場所へ・・・

今日の潮は中潮。干潮が14:06,潮位は102cm。満潮が19:46,潮位は177cm。

前日の雨で朝は水がカフェオレ状態に濁っていたが,今は少し落ち着いてきている。
昼前に少し川を偵察した時はベイトがあまり確認できず,濁りが出て状況が良くなった訳でもないような気がした。
濁って沈んでいるだけかもしれないが,夏のようにシャローで群れているところを最近見かけない。

今日は少し期待していたが,昨日の雨で濁りすぎたような気がする。
これで一気に釣れる気がしなくなった・・・

徳ちゃんと私は集合場所で釣ることにしたが,徳ちゃんは前日飲み会だったため車で休憩。
開始時間から1時間ほどトップを中心に攻めるも反応なし。
そして,場所移動。

次は濁りが入った時に実績のある場所。
これだけ濁っていると昼も夜もあまり関係ないと思うが・・・
しかし,ここでも全く反応なし。

日没時間に移動&夕食。
残り2時間半は回遊待ちの予定。

辺りも暗くなってヤル気モードになったかというと,そうでもない・・・
雨の影響か,草やゴミがポイントに浮いている。
「マジかよ・・・さっきの場所がまだマシか?」

しかし,上潮で何とかゴミが動いている。
ゴミの間をキャストしながらゴミが去るまで我慢した。
それでも何かしらの草がルアーに引っかかる。

18:40ぐらいに,レンジバイブ70でブレイクを攻めていると足元でのボトムノックに「モゾモゾ」と,押さえ込むように怪しい反応。
半信半疑でロッドを軽くあおると,生命反応アリ。

そのまま水面に出てエラ洗い。
ドラグを鳴らして少し走る。
この時点で「もしかしていいサイズ?」

しかし,その後はあっさり寄って来てライトを照らすと,サイズは50~60cmぐらいに見えた。
フッキングの位置を見るとかなりヤバイ。

リールを巻くか?自分が動くか?
ロッド1本分ぐらいしかラインが出ていないので一瞬考えたが,すぐに激しいエラ荒いでラインのテンションが無くなった・・・

最初のアワセが決まらなかったのがバレタ原因。
ボトムに当たっているときはアワセが難しい。

その後,ヒットルアーのレンジバイブが殉職(泣)
ローリングベイト77に換えて探っていると,先程と全く同じパターンでヒット!

これもアワセは強く入れられない。
ボトムにゴツゴツと当たっている最中に押さえ込むようなアタリ。
聞きアワセの後,本アワセ。

今回は先程ほど引かず,水中での首振りもエラ洗いもしなかったので,すぐにチヌだと思った。
ロッドでためた感じも軽い。
すると,ようやくエラ洗い。
「シーバスじゃん!」
秒殺でランディング。

今回フッキングは完璧。フックは36#6。
レンジバイブ70はノーマルの46#8。
やはり,36はフッキングが良い。

見た目は痩せて50cmあるかないか・・・
水位が高く,検量&撮影ができないのでストリンガーに繋いで試合終了間際に測ることに。

その後は,ブレイクをバイブレーション系で手を変え品を変え攻めるも反応なし。
そして,試合終了時刻が近づいて検量すると・・・







サイズは以外に大きく61cm。
頭でっかちのガリガリ君。
写真撮影&検量を済ませて久しぶりに編集部へポイントゲットの報告。

やっとポイントを取れました!
私自身は去年の1月以来のポイント。
チームは去年の6月に徳ちゃんがポイントを取って以来。

6ポイントですが,次に繋がるポイントでした。
ここ最近,魚はヒットするがバラシの連発。
最初の魚も同じぐらいのサイズだっただけに,捕れていれば・・・

とにかく,久しぶりに夕グラのポイントなので大変嬉しいです。
最近,何かコツを掴んだような気が・・・するだけか?

以上,釣行リポートでした。
コメント (5)

‘08 夕マヅメグランプリ(第9回大会)

2008-09-08 22:13:44 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第9回大会)

2008年9月7日(日)夕グラ第9回大会の日です。今年36回目の釣行。
最近,ネタが無いので更新をサボっていました・・・
こんなに間が開いたのは初めて。

さて,今回の夕グラも全く釣れる気がしない。
ベイトは居るのですが,水の色が悪く活性も低そう。
去年の9月と同じ状況。
事前の情報でも時合いは短く,場所も特定の場所でしか食わないようだ。

集合場所に時間より早く着くと,アムズさんが自転車で登場。
「Jam」の集合も同じ場所のようだ。
少しして,てっつぁんさんとつかぽんさんも到着。
うちのチームもコンボイさん,ショウちゃんが到着して早速雑談タイム。

しかし,約一名まだ到着していない。
いつもの徳ちゃんだ・・・
電話すると,もうすぐ着くようだ。

徳ちゃんが来てすぐに,こうかつさんが来た。
最近の釣果情報や下ネタで盛り上がって,開始時間を過ぎた頃みんな思い思いのポイントに向かった。

今日の潮は小潮。干潮が15:31,潮位は122cm。満潮が21:22,潮位は162cm。
試合時間は15:54~20:54。
下げいっぱいから,ほぼ上げいっぱい。
潮位差は40cmなのでほとんど潮は動かない。

最初に入ったのは,ここしばらく行っていない場所。
岸際をトップ系とバイブレーションで探っていくが,日没近くまでやって10cmぐらいのチヌがチェイスして来ただけ・・・

18時に場所移動。
途中,国分川に大勢の人が・・・
今日は小沼正弥氏と泉 裕文氏の釣りセミナーがあり,夕方は実釣セミナーがあるとのことだった。
大盛況のようですね。

徳ちゃんを待っている間に夕食を済ます。
久しぶりの深場でストラクチャー狙い。
ベイトはボラが大量に水面で暴れている。
しかし,追われて暴れているわけではない・・・

表層からレンジを下げていくが,ベイトには一度も触らない。
追われている様子が無いので,レンジは中層を中心に投げる。
更に,ボトムをバイブレーションで探る。

そして,ロスト・・・

更にロスト・・・

やる気もロスト・・・

結局,バイトはローリングベイトのフォール中に一度あっただけ・・・
しかも,チヌっぽい。

ノーフィッシュで終了。

その後,コンボイさんとショウちゃんの釣っている場所へ。

そこには,やまちゃん,ビルマンさん(この呼び方でいいのか?)も居た。
そして,こうかつさんとHAMAさんも!
22時前まで,HAMAさんとこうかつさんと話をして帰った。

大変有意義な45分でした。
昔の話,今の話,興味深く面白い話でした。
またお会いできるのを楽しみにしています。

しかし,今日は大勢の知り合いに会った。
みんな集まると,面白い話が聞けますね。

以上,釣行リポートでした。
コメント (6)

‘08 夕マヅメグランプリ(第8回大会)

2008-08-04 21:24:08 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第8回大会)

2008年8月2日(日)夕グラ第8回大会の日です。今年33回目の釣行。
最近,毎日のように昼過ぎから曇り始めて夕立があります。
今日も何だか曇りがちで,一雨ありそうな予感。
携帯のレーダーには雨の降りそうな情報はないので,このまま降らないかも・・・

16時集合とみんなに連絡したが,徳ちゃんには15時に確認の電話をかけてみる。
毎度毎度,色々やってくれるおじさんなので・・・
今回徳ちゃんは前日に飲み会。
夕方起きていない可能性があるので「モーニングコールをかけてくれ。」とのこと。
夕方なのに「モーニングコール?」

15時過ぎに携帯にかけると,案の定反応なし。
更に10分後,反応なし・・・
多分,寝ている(怒)

20分後,徳ちゃんから眠そうな声で電話があった。
集合時間には間に合うとの返事。
この調子だと「車がない」と,泣きが入るパターンかな?

不安をよそに,時間どおりに集合していたようだ。
逆に,私が15分ほど遅刻・・・

今日の潮は大潮。昼の干潮が12:43,潮位は8cm。満潮が19:19,潮位は197cm。更に,夜の干潮が翌日の0:57,潮位は83cm。

今日の開始時間は16:35~21:35まで。
本格的に潮が下げだすのが20:30ぐらいだと思うので,下げの時間帯は実質1時間程度。

最初に入った場所は,シャローとのブレイクに杭の絡む場所。
ベイトはシャローに大量に居るので,杭絡みでも居るはず。
水位は既に護岸を超えようと,相当な勢いで上げている。

いつものように,最初はトップ系。
開始から20分ぐらいで,徳ちゃんにキビレがヒット!



久しぶりに徳ちゃん登場!
サイズは38cmほど。ルアーはTKLM90。
トップじゃないんかい!
で,即リリース。

上げの流れはかなり強く,そのヨレを狙うが反応なし。
1時間程投げて場所移動。

次は深場の杭周りでの回遊待ち。
今は上げているが,潮止まりから下げで何かあると考えての回遊待ち。
ベイトは岸際で結構な数見られ,シーバスが付いていてもおかしくない状況。

ここでも,暗くなるまではトップ系。
暗くなってからは,杭の上を通すようにシャローランナー。
干潮時に下見もしているので,杭と杭の間をバイブレーションやワームを引いたりもしたが,ワームにチヌらしきアタリが一度あったのみ・・・

下げに入っても,状況は変わらず・・・
上潮に比べて,下げ潮はイマイチ流れが出ない。
予想通り足元の護岸から水位が下がる直前にタイムアウト。
釣れるのだったらこの後か・・・

毎回毎回,時合の前に終了してしまうのが今の高知の潮。
場所によっては問題なく釣れる場所もあるのでしょうが,私には分かりません。
今回は潮位がかなり高いので,杭の上を引いて実績のあるこの場所を選んだのですが,他の候補場所なら釣れたかも?
こればっかりは,やってみないと分かりません。

今回の経験も無駄にしないように経験値として蓄積し,次回の釣りに役立てたいですね。
今日はかなり頑張ったので,移動は少なかったけどメッチャ疲れました・・・
終了後のお疲れさん会にも顔を出さずに帰ってしまいました。スミマセン。

以上,釣行リポートでした。
コメント (7)

‘08 夕マヅメグランプリ(第7回大会)

2008-07-07 21:29:35 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第7回大会)

2008年7月6日(日)夕グラ第7回大会の日です。今年29回目の釣行。
四国地方は梅雨も明けて,メチャクチャ熱いです。

この熱い中,夕方に夕グラもあるのに,朝から船で釣りに出かける「おバカさん」が約1名。
狙いの魚は「キス」
そして,釣れた魚は「ソゲ」のみ・・・
何をやってんだか・・・
さすが,「釣りバカ隊」のメンバー。
総長の「デンタル北澤氏」が泣いて喜びそう(笑)

このおバカさんの名前は、言うまでもなく「徳ちゃん」です。
おまけに舟釣りから帰って車を放置している間に,家族に車を乗って行かれて軽トラでのご出勤。
しかも遅刻。

そんなこんなで幕を開けた夕グラ第7回大会。
今回も前回の6月の潮とほとんど同じ大潮の上げ。
最近上げで釣れる気がしません。
毎年,春から夏までは結構上げで釣れていたのですが,今年に限っては結果が出ていません。(私の場合)

今日の潮は大潮。干潮が14:23,潮位は13cm。満潮が21:01,潮位は183cm。
ここ最近,潮位が数値以上に高いので,このクソ熱いのに先日フェルトを貼り換えたウェーダーを装着。
この時期は熱いので,太ももの付け根までのタイプなのだが・・・
ベイトについては,ほとんど見られない。

キーワードと集合写真を撮って開始。
今回も前回同様,機動部隊と同じエリアでトップを中心に日没まで粘り,後は個々に好きな場所へ行くパターン。

いつものように,岸際をトップで攻めるパターン。
しかし,いつものように出ない・・・
チヌらしきアタリが2度ほど。
「バシュッ!」と・・・

1時間もすると4人居たメンバーは私一人に。
他の3人は別の河川へ。

日も傾いて,足元まで水位が上がってきた。
これが唯一の時合か?
ベイトが護岸に上がるタイミングを狙って,トップ系を投げるも全く反応なし。

途中でコンボイさんから,チヌゲット!のメールが来た。
電話すると,徳ちゃんもチヌを釣ったようだ。

辺りが暗くなって水位がブーツの上ぐらいまで込んできた頃。
アクシデント発生。
半袖なのに虫除けスプレーを噴くのを忘れて,何ヶ所か蚊に食われて釣りにならない。
更に,ウェーダーにも異変が・・・
これは後日詳しく書きます。

あまりに痒くて我慢できないので,一度車に戻って虫除けスプレーをふき,ウェーダーを太ももまでのものに交換。
そして,水分を補給して仕切り直し。
思ったほど潮位が上がらないので助かった。

再び釣り場に戻って,表層から中層まで攻めるも反応なし。
ボトムは根掛りしそうなのでパス。(ウソ)
と言うか,このポイントは中層までで釣れそうなので・・・
根拠のない自信。

残り1時間となって場所移動。
早ければ下げ潮が効き始める時間帯。
そして,この場所は下げ始めが割と早い場所。
川に降りると,やはり下げが効いる。
表層からボトムまで攻めるも反応なし。
ここは,ボトムもきっちり攻めた。

そのまま終了時間となり,今月もノーフィッシュ。
機動部隊と徳ちゃんがチヌを2尾ずつ。
ここまでやって釣れないのならしょうがない。
まぁ,今年は気楽にいきましょう!

以上,釣行リポートでした。
コメント (3)

‘08 夕マヅメグランプリ(第6回大会)

2008-06-09 21:30:40 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第6回大会)

2008年6月7日(土)夕グラ第6回大会の日です。今年25回目の釣行。
先週の釣行で状況が良くなってきているように思ったので,今回の夕グラは期待できるかな?と思っていたが,潮は上潮一杯まで。

今日の潮は中潮。干潮が14:42,潮位は4cm。満潮が21:36,潮位は170cm。
試合時間は,16:44~21:44。

この時期も,やはり下げ潮が有利。
上潮なら干潮から上げ5分ぐらいまでが過去の実績で言うと良いように思う。
更に,天気予報では夕方から雨が降るようだ。
何とか終了までもってくれれば良いが・・・

さて,今回は「機動部隊」も参加できるので,最初に入る予定の場所に集合した。
集合場所には,同じく夕グラに参戦のやまちゃんさんのチームも居た。
今回もビルマンさんと参戦のようだ。

キーワードの「ハンドル」と集合写真を各チームで撮って,開始時間を少し過ぎて試合開始。
やまちゃんチームは別の場所に移動。

とりあえず,みんなが思い思いの場所に散ってトップ系を中心に攻めていく。
時折小雨がぱらつく中,トップとバイブレーションを交互に投げながらラン・ガン。
ブレイク付近を攻めても反応が無いので,橋脚を攻めてみる。
緩やかに上げているがほとんど流れは無い。

そのうち雨が強くなってきたので橋の下で雨宿りをしながらキャスト。
全く反応が無いので,まだ明るいが18時半に移動を決定。
他のみんなと別れて最近の実績ポイントに移動。

車の中で夕食を済ませ,ポイントに入ると意外と水位が高い。
杭と護岸との間3mぐらいにトップを投げながら本命ポイントに向かう。
ただ,今回の本命ポイントは下げで実績があり,上げではイマイチ。

下げの時に流れがぶつかる場所なので,今回は少しポイントをずらして攻めることにした。
本命ポイントに着くと予想どおりほとんど流れは無い。
少し離れたシャローとのブレイク付近に上げの流れが当っているようなので,そこで回遊待ちをすることにした。

しかし,ブレイクの沖に流れがあり,シャロー側にゴミが大量に溜まっている。
下げ潮の時にはほとんどゴミは溜まらないのに・・・
立ち位置を変えて,ゴミの無い場所にキャスト。
最近の実績ルアーのブラス100から順番にレンジを下げていく。

ゴミの無い場所と言っても,小さい葉っぱや草の切れ端がワンキャストごとに引っ掛かって,全く釣れる気がしない。
頼みのベイトに関しても,3cmぐらいのイナッコが小さい群れで護岸の際に居るだけで期待は持てない。

移動を考えていた時,護岸の上から
「どう?」
と,声がした。
不意をつかれてかなりビックリした。
声の主は徳ちゃん。

「移動を考えている」と話すと,「せっかくここまで来たから、もう少し釣ろう」と言う事になった。
そう言えばここ何ヶ月も徳ちゃんと並んで釣ったことが無かった。
「久しぶりにここで最後まで回遊待ちしようか?」
と,残り2時間弱をここで粘ることにした。

やはり2人だと時間の経つのも早い。
色々話しながらのキャストは楽しかった。

結局,終了時間まで全く反応が無くノーフィッシュ。
今回は釣れそうな気がしていただけに残念だが,久しぶりに徳ちゃんと楽しい釣りが出来たので「良し」としよう。

今年の始めにも書いたが,今年の夕グラの潮は大潮中潮が多く一見釣れそうに思うが,下げの時間が少なく予想どおり苦しい展開。
来月もほとんど同じような展開の潮回り。
あとは雨がらみで良くなることに期待しよう。

以上,釣行リポートでした。
コメント (2)

‘08 夕マヅメグランプリ(第5回大会)

2008-05-07 20:26:07 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第5回大会)

2008年5月4日(日)夕グラ第5回大会の日です。今年20回目の釣行。
今回の釣行で今年20回目。
去年の今頃の回数よりも,かなりのハイペースで釣行しています。
この分だと週一釣行の年間52回は達成できそうです。

今回は「機動部隊」の2人は私用があり不参加。
久しぶりに徳ちゃんと2人だけの参加となった。

このコンビでは過去に何度も失態があり,特にこの季節は要注意だ。
そんな不安もあって徳ちゃんに15時に電話。
いつもの軽の箱バンを確保して置くようにとの電話だったのだが・・・

私:「今日,車は大丈夫?」
徳:「何が?」
私:「何が?じゃないで!今日の夕グラの車は?」
徳:「またまた,夕グラ来週じゃないが?」
私:「今週って,ゆうちょったろう!」(訳:今週って,言ってただろう!)
私:「で,今どこにおるが?」
徳:「海の上・・・」
私:「とにかく16:20までにいつもの場所に来て!」

と言うやりとりがあった。
徳ちゃんは夕グラが来週だと勘違いして,朝から船でキス釣りに行っていた。
こんな時なので当然キスの釣果は貧相なものだ。

集合場所には,はむはむさんとさっしーさんと香川から夕グラに参加のチームが居た。
この場所は最近みんなが待ち合わせに使うので・・・
今回は,はむはむさんのチームにさっしーさんが助っ人で出るようだ。
みんなに挨拶をして話をしていると,徳ちゃんがいつもの言い訳をしながら時間ギリギリに登場!
はむはむさんに集合写真を撮ってもらい,いざ出発。

今日の潮は大潮。満潮が17:30,潮位は180cm。干潮が23:20,潮位は57cm。
ゴールデンウィーク真っ盛りの大潮。
おそらく大勢のアングラーが高知入りしているはず。
しかし,各河川がイマイチ不調と言う情報が流れているらしく,香川の夕グラ組の人も言っていた。

今回は,唯一釣果の情報がある河川に行ってもよかったのだが,大勢のアングラーが来ている可能性もあるので,先日バラシた場所に入ることにした。
移動も考えているが,おそらく最後まで1ヵ所で粘ることになるだろう。

途中のコンビニで早い夕食を食べ,17時にポイントに到着。
満潮までは30分。
先行者は上流に1人とチヌの餌釣り師が1人。

私は先日と違った立ち位置の場所で心中を決意。
徳ちゃんは私の前回の立ち位置で勝負。
ベイトはボラがたまに水面で跳ねる程度で,期待は出来ないので本当の回遊待ち。
水はほとんどクリアーだがイマイチ水の色が悪い。

開始から30分後,意外に早く潮が動き出した。
上流から大量の草やゴミが流れてくる。
岸際をトップやシンキングミノーを引いていたので,しばらくは釣りにならない。

ゴミをやり過ごしながらのキャスト。
流れの強い部分と弱い部分がはっきり分かれているので,その境を中心に明るいうちはボトムと表層,暗くなってからは全体的にレンジを攻めていく。

日没前に堤防を下りてくる2人組み。
1人はスキンヘッド。
もしかして,ありがたいお方か?
すると,離れた場所から「艦長さん!」と,声が掛かる。
やっぱりそうだ!
やまちゃんさんとビルマンさんだ。

この2人も夕グラ参戦組みである。
このチームも反応はないが「暗くなってからが勝負」とやる気満々だ。
しかし,イカ釣りの時がもっとやる気満々のような気が・・・
10分ほど見物して別の場所へ移動していった。

今日のタックルは,シューティングスター85とセルテート2500の組合せ。
以前にこの組合せは自分には意外とマッチしていると書いたが,やはりいい感じ。
ラインはキャストアウェイPE1号をRCS2508に巻いているのだが,サスケ裂波を軽く投げても気持ち良く飛んでいく。

明るい時間帯にスプールに目をやると,スプールの底のシルバーの部分が見えて残りのラインは数m・・・
かなりヤバイ。
フルキャストは封印することに。浅溝タイプはイマイチ残ラインの感覚が分かりづらい。
車まではかなり距離があるのでスプール交換に帰っている間に,他のアングラーに入られると困るのでこのまま続行。
最近は予備のスプールを持ち歩かなくなっている。

暗くなってからも表層でのベイトはほとんど確認できない。
流れは相変わらず強烈に流れていて,ルアーの引き抵抗もかなりのものだ。
レンジバイブ90をスローで引いてきてもボトムを取るのは難しい。
途中でフォールしてもかなり浮いている。

そんなこんなで表層からボトムまでを丁寧に調べていくが,ある程度ボトムの形状が分かった程度でシーバスからの反応はない。
ボトムの形状もテンションフォールのカウントダウンで調べたので,流れの強い場所と弱い場所ではフォールのスピードが違うのでおおよその目安でしかない。

夕グラも終盤になった20時過ぎに,東京から遠征に来た釣りバカ隊総長のデンタル北澤氏と馬場崎氏が,コンボイさんと応援に駆けつけてくれた。
実はコンボイさんは宴会だったらしく,そこにデンタル一行も加わり既に一杯やったらしい。
コンボイさんはお酒を飲まないので運転手でご案内のようだ。

この他にも,このブログにもコメントをしてくれるトッティさんも高知入りしている様子。
アカメがボツボツ上がっているようなので,アカメ狙いのアングラーもかなりいるようだ。

デンタル一行が別の場所に移動してからも全く反応がない。
結局,21:20になりノーフィシュで終了。

前評判どおり激渋でした。
しかし,アカメの釣果も聞かれるなど,釣れる場所では釣れていたようです。
この状況がいつまで続くのか?
今はじっと我慢の釣りです。

この後,デンタル一行に合流。
この時の話は後日アップします。
良型の○○○が釣れています!
うらやますぃ~

以上,釣行リポートでした。
コメント (9)

‘08 夕マヅメグランプリ(第4回大会)

2008-04-07 20:12:36 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第4回大会)

2008年4月5日(土)夕グラ第4回大会の日です。今年14回目の釣行。
今回は「第4回 釣りバカ隊 東京湾奥シーバスカップin東京湾&浦戸湾」(以下このブログでは08‘T1グランプリ第2戦)の大会と同時開催となりました。

今回も我が「TEAM 連合艦隊」は「機動部隊」と2チームでの参加。
今回で丸3年が経ち,4年目に突入です。

思い起こせば3年前,徳ちゃんと2人でノーポイントという現実にかなりのショックを受けたのを思い出します。
今回はその時の屈辱を晴らせるのか?
過去に4月にポイントを取ったのは一昨年の58cmのみ。
何とか,ポイントを取らなくては・・・

開始時間ですが,夕グラは15:59~20:59まで,「T1グランプリ」は17時~25時までの8時間です。
「T1グランプリ」はダブルエントリーOKの太っ腹です。

いつものように,キーワードと集合写真を撮り試合開始!

最初に入った場所は,最近52cmを釣った場所。
干潮時に釣ったのだが,ベイトもボラ以外のものが居るので満潮からの下げまで粘るつもりでエントリー。

釣り始めたのは試合開始から30分を過ぎた16:30。
今回の潮は大潮。満潮が17:41,潮位は180cm。干潮が23:48,潮位は25cm。日没は18:29。

毎度のことながら,最近の大潮の夕グラは良い思いをしたことが無いような気が・・・
日没の時間帯に満潮が重なるので,潮が動く頃には試合終了ってことがほとんど。
今年は大潮,中潮が多いのでかなりの苦戦が予想される。

相変わらず田植えの濁りがきつく,濁りの色も白っぽい。
国分川の下流域では上潮によって一時的に濁りも緩和されているようだが,中流から上流域ではあまり関係ないようだ。

今回入った場所も例外なく白っぽい濁り。
満潮が近いせいか流れもなくイマイチ。
おまけに,岸際には大量の草や流木などが張り付き,攻めるに攻められない。

それから,金曜日から喉が痛く風邪っぽいせいもあり,頭がボーっとして思考能力がゼロに近い。

この状況でどこを攻めるか?
とりあえず,目に見えるストラクチャーをランガンし,岸際を攻められる場所を攻めながら上流に移動する。

途中,近くの橋脚でしばらく粘る。
表層から一通り攻めた後,R-32に替えて底を引いてくると,1投目から「ゴン」とヒット!
魚は抵抗するどころか,こちらに向かって真っ直ぐに泳いでくる。
リールの回転が追いつかずラインが緩む。
やっとラインにテンションが掛かると,エラ洗いであっけなくフックアウト・・・

エラ洗い時に見えた魚体は,黄色掛かった茶色・・・
ナマズだった。

それから満潮が過ぎ,辺りが暗くなって潮も下げ始めるまで何の反応も無い。
この時点でベイトの気配もほとんど無く,場所移動したほうが良いのか迷ったが,体がだるいので夕食を食ってしばらく粘ることに。

夕食後も思ったほど流れが効いてこないので,残り一時間で場所移動を決定。
いつものホームポイントで心中することに。

ポイントに着くと,別行動だった徳ちゃんがいた。
状況は全くアタリも無く,ゴミだけが釣れるとぼやいていた。

1時間粘ったが魚らしい反応は全く無かった。
そのまま20:59になり終了。

今回は何らかの魚は釣れると思っていただけにかなりショックだった。
それから移動時に感じたことだが,要所のポイントには必ず人が入っており,大潮の力を思い知った。

今の時期はマイクロベイトに着いた個体が多く釣りにくいので,あえてマイクロベイトのいない場所での勝負にでたが,肝心のベイトがおらず完敗。

今回の試合は,風邪の影響もあるが自分の釣りが出来ずかなり悔しい内容となった。
しかし,次への課題も見えてきたので次回こそはポイントを取りたいものだ。
って,毎回このコメントを書いているようだが・・・
これを書いている今も,風邪でしんどく内容がかなり変な気が・・・

次回は「‘08 T1グランプリ 第2戦」のリポート予定です。

以上,夕グラ釣行リポートでした。
コメント (9)

‘08 夕マヅメグランプリ(第3回大会)

2008-03-11 20:51:39 | ’05~’08 夕グラ
‘08 夕マヅメグランプリ(第3回大会)

2008年3月9日(日)夕グラ第3回大会の日です。今年9回目の釣行。
久しぶりの二日連続の釣行。
前日は23時まで「T1グランプリ」第1戦に参戦。
目星をつけていた場所はことごとくノーフィッシュ。
今日は一体どうなるのか?

今日の潮は満潮が19:17,潮位は182cm。干潮が翌日の1:24,潮位は19cm。
試合時間は15:39~20:39の5時間。
今回も大潮だが,満潮の潮止まりを挟むいつもの釣れないパターン。

そして,毎年3月~4月はマイクロベイトを捕食しているらしく,ルアーへの反応はイマイチ。
釣れてもサイズは50cm前後・・・
上手い人はサイズも数も釣るのでしょうけど・・・

いつものように,徳ちゃんが私の自宅に迎えに来た。
ここで,久しぶりのハプニング。
徳ちゃんが家にロッドとリールを忘れてきた。
おいおい,普通忘れるか?!

実は,徳ちゃんが悪いわけではなかった。
前日から車に準備していた道具を,おやじさんが何故かロッドとリールだけ降ろしていたのだった。
他の道具は車に積んだままだから,ちょっと見ただけでは気がつかない。

それを取りに一度徳ちゃんの家に帰って,集合場所に着いたのは開始時間を5分ほど過ぎた15:45。
まあ,こんなことは1度や2度ではないので慣れているが,他の2人はどう思っただろう?

しかも,今日は雨の予報。
去年は「嵐を呼ぶ男」などと,ある人が来ると大雨が降るジンクスがあったが,今年はその人がフル参戦です(笑)

案の定,集合写真を撮っていると,ポツポツと雨が降り始めた。
今回のキーワードは「ベイト」
今回からキーワードの写真をアップすることにした。
あまりに魚が釣れなくて写真が無いのが理由。



バナナをベイトにイメージしたものだ。
川のボラでも撮ろうかと思ったが,ひとひねり入れてベイトを食う「ショウちゃん」(笑)

で,今回も前置きが長いと言うことは,釣れていない?
気にせず最後まで読んでください(笑)

雨の降る中ポイントに着き,早速トップで岸際を探る。
徳ちゃん,ショウちゃん,コンボイさんは別の場所へ。

船の下に良型のシーバスが・・・
ミノーに反応は示すものの,ヒットには至らない。
スレてきたのでR-32を通すも,近づいてくるだけ・・・
1尾は70cmオーバー。

諦めてラン・ガン。
前日の場所で,日没までルアーをローテーションして粘るも,反応は無い。
雨も強く降ったり止んだりの繰り返し。

18時半に徳ちゃんと合流して夕食タイム。
その後,場所移動して下げの時間帯に賭ける。

ようやく,19:40に潮が下げ始めた。
チャンス到来とばかりに,この場所で唯一の障害物をピンで狙う。
下げが効いてきたので辺り一面でセイゴサイズのボイル。
しかし,このサイズに用は無い。
が,中には50cmクラスのボイルもあるので,ワンダー60などの小さいサイズを投げるも反応なし。

結局,ボイルを見ながらタイムアップ・・・
今回も,ノーフィッシュ。

まあ,毎年3月はこんなもんでしょう。
同じく来月も・・・

以上,釣行リポートでした。
コメント (9)