志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

Strike For Education With The Free University!  Occupy Wall Streetは前進している!大学を解体!?

2012年04月30日 12時50分07秒 | グローカルな文化現象
          (ニューヨーク市の自由大学!沖縄にはニライ大学など色々あるね!ニューヨークに負けない?) システムとしての大学は解体できない。だけど一日、自由大学をマディソンスクェアーMadison Square Parkで実現する試みのようだ!つまりあらゆる自由、平等に反する歯車の機能を止めて、99%が集まりLearning can only happen through interact . . . 本文を読む
コメント

国際言語文化 日本東洋文化・琉球アジア文化専攻卒論中間発表はなかなか鋭いね!

2012年04月29日 07時17分32秒 | グローカルな文化現象
                     (ベランダのブーゲンビリア) 36人の学生たちの卒論中間発表である。熱心にコメントする赤嶺守先生や狩俣茂久先生がおられた。全部を拝聴したわけではないが、学生たちが先行研究をしっかり見据え、参考文献や資料を数多く掲載していること、論文を書く基本的な姿勢に改めて「いいなー」「しっかりしているなー」などと思っていた。 関心があったのは「法制史関係資料からみる . . . 本文を読む
コメント

ジェンダーをからめると、問題が起こるのだろうか?ジュリ(尾類)の表象をまとめる!

2012年04月27日 08時32分45秒 | ジュリ(遊女)の諸相:科研課題
                    (植木鉢の中の春の花) これは生きている内に一冊の本にしたいと考えている。鏡寺での祈りと約束のようなものかもしれない。人の宿命のありよう、歴史や文化のありよう、揺れ動いてきたもの、があり、人はどれだけ、自らの心に感情に沿って生きていけるのだろうか、など年月を重ねても少女のような80代の母の顔が浮かぶ。 アウトラインができてそれにそって書いていくのだが、ア . . . 本文を読む
コメント

やっとテーマ設定が絞れそうである!どうしても辻遊郭と芸能は外せない!

2012年04月26日 18時02分57秒 | 琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他
                     (早稲田演劇博物館にて、4月1日) 辻遊郭が焦点になる。では仲島、渡地はどうしたのか?と聞かれそうである。来年の3月までに書けるように集中せざるをえない。 足元を掘る、ある種の鼓動とともに5月が始まる。 いつでも鷺のように川辺を自由にとびはねたい。いつでも眼差しを浴びたい。いつでも聞き . . . 本文を読む
コメント

HPの表がすべて文字化けだと友人のメール!内部攻撃?原因はブラウザの不適合!

2012年04月26日 06時37分01秒 | グローカルな文化現象
                         (この花をあなたに!) ネット界は戦争である。HPやブログやツイタ―なとやっていると、その事がよくわかると思うのだが、攻撃もクラッキングにもあう。ネット界のイデオロギー対立も凄い!というか、利害対立も凄いということになる。 ネット戦場のグラスルーツは可能性があると思うが、プロバイダーや内部から攻撃されることもありえる。それらとどう対峙したらいい . . . 本文を読む
コメント

インドと中国の競争はUSに利あり?!インドから核ミサイルが北京や上海に飛べる時代!

2012年04月25日 22時21分31秒 | 政治の潮流
               (野の花に癒される!わたしの白鷺さんたちは今を闘っている!未来を見据える?!) The India-China Rivalry by Robert D. Kaplan(このエッセイは後で少し要約したいと思う!) April 25, 2012 | 0857 GMT By Robert D. Kaplan As the world moves into . . . 本文を読む
コメント

変わらない足枷、きな臭い国境の島々、一夜にして変わることのない世界?!闇と光

2012年04月24日 19時52分10秒 | 散文詩
                                    (わたしの好きな白鷺さんたちへのプレゼント、駐車場横のタンポポの花)     ≪シロとタロウは仲良し≫       むじゃきな顔が笑って      ことばが走る      シナ人と言い捨てる顔が      日本男児の看板、それが      21世紀の日本で      テロを受けて尚、宗主国に      . . . 本文を読む
コメント

反自然、全く風景が出ない小説、サディズムとマゾヒズムの話が面白かった!沖縄ロマン派研究会!

2012年04月22日 22時39分39秒 | グローカルな文化現象
                    (相棒のわんちゃん) 「幼児狩り」ですね。森川さんのご発表は女性の視点の面白さを感じた。 異常性愛を描いた河野多恵子さんについてのその小説の中からうかがい知れるロマンティックアスペクト、についてのお話だが、その小説を読んでいなかったので、サドとマゾの具体性がイメージできなかった。グーグルさんでも彼女についての論文もほとんどないところからすると、人気がない . . . 本文を読む
コメント

組踊におけるロマンティックアスペクトをまとめるのにたいへん!改めてロマン主義=革命的精神

2012年04月21日 08時28分12秒 | グローカルな文化現象
ここ1週間、ロマン主義の著作や詩篇を読んだり、昔から手元にあったそれらの文献を覗いていた。そして組踊である。今頃明日の発表のために8000字ほどはまとめたいと思い性急にPCの前でことばを紡いでいる! やっていると面白いのだが、西洋の自然観や日本、アジア、琉球の自然観やアニミズムや祖先崇拝などはどうなっているのか、なども気になってきて、宇宙と地球、そして森羅万象はどうなっているのか、御嶽信仰やうな . . . 本文を読む
コメント (1)

ハムスターのケ―ジを持って少女はまたやってきた!

2012年04月19日 21時46分55秒 | 散文詩
     ≪行き場なく彷徨う≫ 18歳の身体が細く陰のよう息を殺し  ハムスターのケージをもって立った   どしたの?     んんどこにも行き場がなくって      余計者なんで        何も言えなくて         愛くるしいハムスターが赤い眼を向ける          その眼の色のような顔、           その眼の色のような髪              働かざるも . . . 本文を読む
コメント