Zazen坐禅-in USA-アメリカでの集い

心理学に基づく坐禅の研究-心の風景を眺め、流れていく気持ちの音を静かに聴く(英訳)

肯定年齢Affirmed-Age

2017年07月24日 13時28分40秒 | 生き方

年を数えなくなったのは

40を過ぎてからだ

What I don’t count is my aging

-ever since it was over 40

40を過ぎてから50も60も

大した違いは無いように思える

Since my age over 40’s, those ages in 50s or 60s

-it seemed like there is not much difference to me


私は自分が何才かが気にならない

I don’t mind how old I am

よって、人がいくら高齢だとしても

気にならない

Therefore, no matter how old people are

-it is not my concern


自分の老いを認め

Acknowledging my age processing

消えてしまった若さに未練が無い

I am not lingered at youth which was had gone


人から私の生物年齢が

実年齢より若く見えると

褒め称えてもらっても

People praised me up that my biological age

 -looks younger than my actual age  

そんなに嬉しくもなければ

ありがたくもない

It is neither gleeful nor thankful for me

謙遜して自分を遜下したくもない

I don’t want to modify with humbled for those praises


確か、40代までは

Surely, when at my 40s

シワを見るために鏡を見て

Looked at the mirror to check my winkles

新しく生えた白髪を数えたが

Counted newly grown gray hairs

ある日、それらを死ぬまでやれないと気づき

One day, I realized that I could not doing it till I die

加齢の過程を気に止めなくなった

I became to not care of my aging process


生まれた以上

Ever since I was born

死ぬまで

Till death comes

年は取り続ける

I keep gaining ages


死によって

By death

加齢も止まる

Aging stops

老いも終わる

Getting older also stops


一本の線香に灯がついて

Likely a single incense stick lightened

暫くその命を生き

Lives its life for a while

いずれは灰になり

It becomes ashes

やがてその灰も消えるように…

Such as the ashes will be all gone at last…

コメント (57)
この記事をはてなブックマークに追加

リセット症候群Reset Syndrome

2017年07月17日 14時33分10秒 | 心理学習

機械の後ろを見るとリセットボタンがある

There is a reset button on rear side in machines

それを押すと機械の機能が新たにセットされる

Pressing it, the machine function can be newly set

全てのエラーが無くなり

It makes all errors gone

全てを新しく設定できる

Can set up everything new


成人の中でそのようなリセット行為を繰り返す人がいる

Among adults they do such reset repeatedly

何かのエラーのように問題が発生した時

When a problem accrues something like error  

それらに直面するよりは

Rather than facing on it

その問題が起きた原点に戻ることによって

By returning to the origin point which problem caused

その問題を無かったことにできると思うようだ

It seems like to be thought that the problem can be none


①再出発する

①Do restart


②初心に戻る

②Return to the beginning


③心機一転

③Refresh mind

 

④やり直し

④Redo


⑤始めからもう一度など

⑤One more doing from beginning etc.


ある詰まった状況や不利な状態に対し

改善させたい願望で行う行為でもある

It is a behave against a stacked situation or an unfavorable condition

-with a wish that make it improved


機械工学を専攻した人は

A person who majored mechanical engineering

人の考えも機械的な機能に過ぎないという

-saying that people’s thinking are merely mechanical functions

機械のように電源を入れたら

プログラミングされているように

設定された回路を得て

機能を果たすだけだと観方だ

It is a view point which is like only do to fulfill  

-by turning on power as the way programmed

-and processed upon the circuit setting


 機械は同じ製造過程を得ているのに

不良品や欠損品が出てくる

Machine can produce defective products or lacking

-although they get the same manufacturing progress

物を生産する工場では

In factories which produce stuffs

出荷する前の最後の段階で

-at the last stage before shipping

不良品や欠損品が無いか

検査する人もいる

-there are inspectors who checking to find

-if there is defective or lacking


機械さえエラーを製造している

Even machines are manufacturing errors

人間も生きていく過程で

Human beings are also in the way of living life

どうしてもエラーや機能不全に陥ることは

避けることはできない

-they cannot avoid a malfunctioning or an error inevitably


問題やエラーが発生した時

When a problem or an error occurs

リセットするだけで

-by just doing resetting

その問題やエラーを解決できるだろうか

-can solve those problems or errors?

状況による場合もあり得るだろうが

It may can be case depends on situations

リセットを繰り返すと

その悪循環に陥る恐れもある

-but it can fall into a vicious circle by doing resetting


常に新しい気分になることは

To have a refresh mood always  

ポジティブな姿勢でもあろうけれど

-although it is also can be positive attitude

既に現れた起因を無かったことにはできない

-it cannot make to be nothing happened which

-the cause already has appeared


ある時、これ以上

リセットをさせる時間が無いと

気づける瞬間は必ず来る

The moment must come

-when realize that there is no more time to reset


 

そのリセット機能はもしかしたら

Maybe the reset function is

『一生に一度だけ押せる』ように

Alike『Can press only one time in a lifetime』

既に設定されているのではないかと

思えてならないが…

I can’t help to think that

-it should have set up already…

 

コメント (125)
この記事をはてなブックマークに追加

心の自衛隊Mental self-Defense Force

2017年07月11日 18時22分12秒 | 心理学習

心は外界からの害や刺激に対し

Mind defenses itself initiatively against

自らを率先して守っている

-harm and stimulates from external world

その心の働きを心理学用語では防衛機制といい

The mental function is called Defense Mechanism

-in psychological terms

本能的な自我(イド)と

 3 of them which instinctive ego (id)

超越的な自我(超自我)の間の

-transcendental ego (superego) in between

中間地点的に立つ自我(自己)の3つが

-ego (self) standing at the middle point

認識全般を統制し防衛機能を担っている

These are carrying on defense function

-and control overall cognition

心を守る自衛隊のような組織体系である

They are like an organization system that

 -similar with Self Defense Force to protect mental


防衛規制の活動には

As the activity of defense functions

心が受け止めるには耐えがたい体験や

苦しい記憶、苦痛を伴う経験をした時

-when mind experiencing an unbearable to accept

-or experienced with pain, had painful memory

それらから自らを守る為

-due to protect mind from them

自衛隊(防衛団)が結成される

-the Self Defense Force (defense team) is formed


その自衛隊の構成要因として

①抑圧 ②昇華 ③置き換え ④逃避

①Repression ②Sublimation ③Displacement ④Withdrawal

 ⑤退行 ⑥反動形成 ⑦合理化 ⑧同一化

⑤Regression ⑥Reaction Formation ⑦Rationalization ⑧Identification

⑨投影 ⑩隔離 ⑪不認 ⑫打消しなど

⑨Projection ⑩Isolation ⑪Denial ⑫Undoing

凡そ12項目があるようだ

It seems to have about 12 lists


先ず、①の抑圧とは不快な体験や出来事を

意識させないように無意識に押し込み忘れさせる

First of all, ①Repression is a forgetting for unpleasant experiences

-or episodes so as not to be conscious and push them into unconscious

A≠B


②昇華とは表してはいけないとされる欲求や願望を

社会的、道徳的に望ましい形に転換していく機転である

②Sublimation is a way of wisdom for desires and wishes

-such should not be shown in society and transform them into

-socially acceptable and morally wished forms

A+B=AB


③置き換えとはある人に向けられた特定の感情が

受け容れてもらえない場合に類似した感情を

他の対象に置き換える行動である

③Displacement is a behavioral action that replacing emotions

-in case if a specific emotion is not acceptable to a target person

-it replaced to similar emotion

Negative A → Positive B


④逃避とは現状に向き合うことが困難になり

面倒なことが起きると予想される場合に

それらに目をそらし

別の現実や空想へ目を向ける代案である

④Withdrawal is an alternative plan in case which

-difficult to facing on current situations and it expected

-will cause some troublesome so make it distracted

-to be concentrated to other reality and daydream

Positive≠Negative or Positive


⑤退行とは不安が状況に対し逃避のように

未熟な段階に戻ることによって

不安を避けようとする逆成長行動である

⑤Regression is a reverse growth behavior to avoid anxiety

-by returning to an immature stage against insecure situations

-likely do Withdraw  

Positive Age X → Negative Age Y


⑥反動形成とは内心とは正反対の行動をすることにより

対立を避けまたは好意を得ようとする働きである

⑥Reaction Formation is a function to obtain favor

-to avoid confrontation by an action which is opposite of thinking

±A=±B


⑦合理化とは求めている欲求が満たされない場合

都合の良い理由を付けて正当化していく働きのこと

⑦Rationalization is a justify function which is conveniently

-attached reasons in case seeking desire is not satisfied

(AはきっとBだからCになっているはず)

(A is must be B so it should be C)


⑧同一化とは理想の人や尊敬する人の振る舞いや

言動を真似て自分の体験であるかのように思うこと

⑧Identification is imitating someone’s behavior

-who is idealized or respected and reckon them as if one’s own

A+Ax≒B+Bx


⑨投影とは自分の感情や衝動が受け入れるには

都合が悪い場合、それを相手の感情だと思うこと

⑨Projection is a thinking way in which regarded inconvenient

-to accept one’s emotion or impulses so replace as opponent’s emotion

A=B’A B=A’B


⑩隔離とは自分と関連している事実について

受け入れては困ることに対し

感情を意識しないようにするか切り離すこと

⑩Isolation is a trying not be conscious or cut the emotion off

-against a fact that related oneself and aware

-it would be troubled when if it is accepted

A=0≠B=0


⑪否認とは認めたくない現実や不快な体験を

無かったことにして存在していないようにすること

⑪Denial is an action against an unpleasant experience or

-unwilling reality to admit make it was not existed or was not happened

(A or Bはゼロである)

(A or B is Zero)


⑫打ち消しとは意識されては不愉快になる不安や

罪意識に対し反対の行動をとることで

無効にしていくこと

⑫Undoing is invalidating against unpleasant anxiety or

-guilty feeling when if it comes conscious

-so, take opposite action and make it invalid

(AはBやCによって忘れられる)

(A can forget by B or C) 


上記の12項目はネットから拾った情報で

Above 12 lists information I picked up from Websites

それらを私なりの解釈で書いていると

And while I was writing them with my own interpretation

これら防衛規制とその防衛過程が

-these defensing mechanisms and its process are

仏教でいう煩悩そのものではないかと思われた

-seemed to be thought they are agony itself in Buddhism


 自らを防衛していく過程で

In the process of defending oneself

それ以上の苦しみを作っているのだ

-making suffering more than them


ふっと、坐禅を行えば

Instantly, if do Zazen

それらの面倒で苦しい工程を

-those process troublesome and painful

一気に無くせるだろうと閃いてきたのだが…

-I had flash insight that would be removed at once but…


反面では、坐禅の近道だけでは

On the other side, the shortcut alone in Zazen ways

心の自衛隊ができる自発的なケア過程のように

-like the spontaneous mental care which

-can do by Mental Self Defense Force

怪我した心に包帯を巻き

-bandage on wounded mind

切られた傷に絆創膏を当てるような

-like treating bandage on a cut wound

細かい作業はできないだろうと思った...

I thought that Zazen can’t do such detailed works... 

コメント (60)
この記事をはてなブックマークに追加

無条件の条件Unconditional condition

2017年07月03日 11時31分24秒 | 坐禅

心理カウンセリング治療法の一つとして

As one of Psychotherapy counselling

『非指示的心理療法』という技法がある

There is a technique called 『Non-Directive Therapy』

心理査定のためカウンセラーが

Counselor for psychological assessment

クライエントに接する際に

In a session with a client

カウンセラーの求められる態度として

The counsellor required bellow conditions


無条件の肯定的関心

An unconditional positive regard

共感的理解を持ち

Having empathic understanding

クライエントの自己一致が実現できるよう

Seeking for client’s self-actualizing

『傾聴』という聞き方で援助する治療法である

Helping clients with the therapeutic way of “Listen attentively”


傾聴とはクライエントの話を遮らないようにし

“Listen attentively” means listening client’s speaking without interruption

クライエント自身の内側に焦点を当てられ

Focusing on client’s inside

内観を明確化できるように

To clarify that client can have clear perspective for themselves

心に耳を傾ける技法である

It is the technique to listen mind with ears


今回は上記に示したカウンセラーの態度の中で

On this time, those counselor attitudes shown above

『無条件の肯定的関心』について

About “Unconditional positive regard”

その相互関係性を私個人の経験に照らして書く

I will write its interrelationship upon my personal experience


無条件とは『条件付きではない』あるいは

Unconditional means “Not conditioned” or

『条件が付いていない』

“No condition is attached”

『条件が無い』などの意味がある

“There is no condition”


条件がついていると

If there is a condition attached

AならばBになる

If it is A will be B

BだからAである

It is B so that is A

Aを自己開示、Bを信頼関係だと代入すると

To replace A as self-disclose

B as trust relationship

自己開示するならば(A) 信頼関係になる(B)

If you do self-disclose(A), it will be a trusted relationship(B)

信頼関係になるには(B) 自己開示をする(A)など

To become trusted relationship(B) do self-disclose etc.

何らかの条件A,Bが付いてくる

Some conditions such A and B attached


または、男女関係の例では

Or in cases relationship of man and woman

愛してくれたら(A)愛す(B)

If you love me(A) I will love you(B)

愛されたら(B)愛してあげる(A)などの

Such as if I am loved(B) then I will give love(A)

暗黙の要求の条件A,Bが暗黙で語られている

Those required implicit conditions A, B are implied

無条件とはそれらの条件的なAやBを無くすことを指す

Unconditional refers to eliminating those A, B conditions


『肯定的な関心』とは

“Positive interesting” means

ただの同調ではなく

It is not merely agreement  

相手に関心を持ち

Having interesting to the opponent

相手の生き方に関する如何なる態度も

Any attitude regarding to the opponent’s way of living

受け容れることを前提とする心構えである

-it is the metal attitude presupposed to be accepted

その根底にある思想は

-the idea which underlying of it

相手をありのままの状態で認めることである

-accept opponents as they are


上記の非指示的療法は

Above 『Non-Directive Therapy』is

カール ロージャスによって体系化された

-organized by Carl Rogers


大学時代、私はロージャス派の教授が

Years in my University, I was participated

率いる心理グループ参加したことが

-a psychological group led by a Rogerian professor

切っ掛けになって

-which made me motivated and experienced  

グループメンバーによって

私が無条件的に受け容れられたような体験をした

-I was like accepted unconditionally by the group members


その体験を通して

Through that experience

『自分を社会の枠組みから知る』

“Know myself in the framework of society”

『他人を自他との関係性から知る』のような

 “Know others from the interrelationship between them and myself”

自己に対する肯定感を抱けるようになった

I began to embrace such positive feelings on myself


その肯定的な自他関係性への気づきによって

By the awareness that led to have positive relationship

-between myself and other-self

自分という狭い檻から解放され

I was released from narrow cage which was called myself

他人という束縛からも解されたのである

Also, I was freed from the bondage of others


不思議なことは

What is strange

この非指示心理療法は

This non-direct psychotherapy is

坐禅における自他関係認識を

認識することに直結している

-directly connected to recognition that

-recognize self-other interrelations in Zazen

私が坐禅を研究することになった

原因のルートを辿れば

If I trace the cause which made me studying Zazen

この無条件の肯定的関心を

肌で体験したことが

-those experiences with actual feeling on my skin

-that unconditionally interested positively

源流になっているかもしれない

-they might have been my original flow


坐禅の技法の一つで

One of the techniques of Zazen

『求めない』ことがある

-there is way of “Do not seek”

求めないとは

Do-not-seek means

坐禅を行うことによって『心の安らぎを得る』

“Gain peaceful mind” by doing Zazen

坐禅を行えば『解脱が得られる』など

If do Zazen “Can get enlightened” etc.

AをすればBが持てるとの目的を持たないことである

It is not to have a goal which if you do A can get B


もし心が条件で満たされていると

If a mind is filled with conditions

自分が行う行為に対し見返りを求めることになり

-it makes seeking rewards on behalf of what have done

損をしたとか得を得たとか

-such demerited or merited

心に損得の計りが付くようになる

-the mental calculator will be attached on mind


一方、何も期待せず

In the other way, if don’t expect anything

何も求めずに

-without seek anything

ただ修行を重ねていけば

-by doing just carry on trainings

自ら気が付くこともあれば

-there may be awareness on its way

損も得も幻にすぎないと分かってくる

-will become to know that merit or demerit are merely illusion


つまり、条件無しで

Therefore, without a condition

無条件に坐禅を実行すれば

-do Zazen unconditionally

それらの条件から放たれて

-be released from those conditions

宇宙の摂理によって

By the providence of universal law

自分が無条件に受け容れられたことに

-a self is accepted unconditionally

気がつけるようになるだろう

Will be aware to be

コメント (142)
この記事をはてなブックマークに追加

オイラーの素数と禅素数Euler's prime number and Zen prime number

2017年06月26日 13時22分58秒 | 坐禅

素数は数の原子である

Prime number is atom of numbers

素数についてWikipediaの引用は

About prime number from Wikipedia quoted

『素数とは1より大きい自然数で

“Prime number is a natural number greater than 1

正の約数が1と自分自身のみであるもののことである』

-that has no positive divisors other than 1 and itself”

と書かれている

-written on


つまり、1と自分自身以外で割り切れない正の整数だ

That is, it is positive integer which is not divisible by itself and 1

2017年は素数年

2017 is the prime number year

311、911も素数とは

311 and 911 are also prime numbers

偶然の一致なのだろうか

Would be coincidence?


以下はネットで見つけた

Below numbers found on the Internet

1000万までの素数一覧から

The prime number list up to 10 million

最初と最後の素数部分である

They are parts of beginnings and tails


 2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 …

…9999901 9999907 9999929 9999931 9999937

9999943 9999971 9999973 9999991...


18世紀のレオンハルト・オイラーは

Leonhard Euler of the 18th century

上記の気まぐれに並んだ素数の中に

Among prime numbers aligned capriciously above

宇宙の真実を解き明かす方程式が

An equation that unravels the truth of universe

隠されていると直感し

-he sensed that something is hidden

生涯をかけて素数を研究した結果

-as the result of his lifetime studying

オイラーは素数の方程式

Euler’s Prime number equation

n2 + n + 41を発見した

-he found n2 + n + 41


世の数学天才達は

Mathematical geniuses in the world

気まぐれに並んだ素数の並びから

On the aligned prime numbers line up capriciously

規則性があると信じ

They believed that there must be regularity

何世紀に渡り素数の謎に挑んだ

They contended on the riddle of prime number for centuries

だが、未だに素数について

But about prime number is even still in now

その法則性を解き明かした天才はいない

There is no genius who breaks through of it


ルイ ド ブランジュ博士は

Louis de Branges de Bourcia Ph.D.

素数が解明されれば

If prime number elucidated

宇宙を支配する物理学の法則を

The physic law that controls universe

解き明かすことができると言う

-he says it can unravel


このような人間の知識がまだ及ばない

Like these, human knowledge still does not reach

未知の世界は

-the unknown world yet

坐禅を通して到達すると仮定している

The hypothesis which assumed can reach by doing Zazen

-全てへの『気づき』の法則につながる

-it leads the law of awareness for all  


万仏の摂理について

On a providence of all about

気が付くようになると

If can be aware

不規則の中で規則性を

見つけるようになるらしい

It seems to come to be found that

-regularity in irregularities


その『気づき』によって

By that “Awareness”

全ての自我

All egos

全ての他我

All egos of others

全ての無我

All none-egos

全ての有我

All be-egos

全ての存在の摂理を解き明かせる

It can break through the providence of all beings


その気まぐれな

Such capricious

点々的な気づきが

The awareness like a point and a point

坐禅における素数の並びであろう

It will be a sequence of prime number in Zazen

禅素数であるのだ

It is the Zen-prime number

 

コメント (184)
この記事をはてなブックマークに追加

フェルマーの最終定理と禅定理Fermat’s Last Theorem and Zen-Theorem

2017年06月19日 14時16分18秒 | 坐禅

3以上の自然数nについて

According that no three positive integers

xn + yn = zn となる自然数の組 (xyz) は存在しない

a, b, and c satisfy the equation an + bn = cn

for any integer value of n greater than 2

(Wikipediaから引用)

(Quoted from Wikipedia)


このフェルマーの最終定理は

This Fermat’s Last Theorem

360年間証明されなかったことから

-as the reason which has not been proved for 360 years

定理ではなく

-so, it was not a theorem

フェルマー予想として呼ばれていた

-it was called Fermat’s Conjecture


予想とは

A conjecture is

真実だと思われるが

-although it assumed as to be a truth

はっきりと分からない

-do not know for sure

まだ証明できていないことを指すようだ

-or seemingly pointing something that has not been proved yet


だがその予想とされた数学的真実は

However, the mathematical truth as known as a conjecture is

1986年アンドリュー ワイルズによって

By Andre Weil in 1986

完全に証明され

It is completely proven and became to be called such as

ワイルズの定理あるいは

Weil’s Theorem or

フェルマー・ワイルズ定理に呼ばれるようになったようだ

Fermat-Weil’s Theorem


それらの予想と定理の格つけには

Those classifications between Conjecture and Theorem

証明されたかされなかったかが

決定要因になる

Whether it is proven or not

Become a determinant factor


既に存在している真実を巡って

About the truth which is already existed

未解決である予想に過ぎないか

It is merely a conjecture which unsolved yet

 あるいはピタゴラスの定理

c²= a²+ b²のように

or such as Pythagorean Theorem

 c²= a²+ b²

真実であると証明されたかどうかによって区分している

It is sorted whether proved to be true or not


 これら分類方式は

These classification methods are

 坐禅における真実

 The truth regarded in Zazen

 悟りの世界があるか無いかの

-that if there is an eminence of enlighten or not

 両極端仮説に似ている

 -they are similar with above both extreme hypothesis


 つまり

In other words

悟りの境地は

The eminence of enlighten is

 証明されるまでは

until it is proved

 予想にすぎないということだ

it is merely a conjecture


 an + bn = cn 

3²+4²=5²

5²+12²=13²(25+144=169)

左辺と右辺が一致するとの真実

The truth of coincide left factor and right factor  


aを修行過程、bを至るどころ

cを悟りに代入すると

Substituting two factors

A training course as a, a reached point as b

An enlighten point as c


修行過程+至るところ=悟りとの

予想(仮説)に置き換えられる

They can be replaced such as

Training process + Reached point = Enlighten


それらのある予想が

定理に成り得るためには

To become a theorem for such yet a conjecture

証明が必要なだけだ

It just needs a prove

だが、それらが証明できたら

But if they are proven

どうなるだろうか

What will happen?


フェルマーの予想が

Fermat’s conjecture

フェルマーの最終定理になっても

even it became Fermat’s Theorem

普通の凡人の私の人生に

For me, as an ordinary mediocrity in my life

なんの関りが無い

There is nothing related with me

誰かが悟りの境地に到達しても

Even if someone reached to the enlighten point

普通の凡人の私には

To me who is an ordinary mediocrity

何の影響力が無い

There is nothing influence to me

それが現代社会を生きる現実でもある

That is the reality live in modern society


しかし、数学の定理と

But with a mathematical theorem  

坐禅の目指す到達点が

And a point which aims to reach in Zazen

不思議に繋がっている-この事実は

The fact- they are connected mysteriously

人間の思考を超える

It beyond human thinking

自然の驚異の一つでもあり

It is also one of awe in nature

禅の定理に繋がるだろう

It will lead to Zen-Theorem

コメント (184)
この記事をはてなブックマークに追加

禅の色彩Zen-Hue

2017年06月12日 11時16分31秒 | 坐禅

色彩は光の行為である

Color is an act of light

行為であり、受苦である

It is an act and it is a passion

上記はゲーテの『色彩論』の前書き引用である

Above is preface quote of Goethe’s “Color Theory”


色彩論では In Color Theory

色彩は光の行為として捉えられ

Colors are regarded as acts of light

生けるものとし

As a living thing

語りかける自然であり

It is a nature that speak to us

語りかけるものと

What it says and

語りかけられるものがあって成り立つという

What can be said, must be there generated by collaboration


また、ゲーテは

Also, Goethe wrote

『色』の存在は

The existence of “Color”

光と闇の境界線にあり

It is on boundary line between brightness and darkness

プリズムを通して光を見ても

Even when see the light through prism

色は現れなく

The color doesn’t appear

光と闇の境界の部分にだけ

あざやかに色が並ぶことも発見したようだ

He discovered that color can be lined up vividly

-only at boundary point of light and darkness

 

ゲーテの色彩に関する理論は

Goethe’s theory about Color

ニュートンの光学での

In Newton’s Opticks of

光りは屈折率の違いによって

light depends on refractive index

七つの色光に分解され

-it is decomposed into seven color lights

その色光が感覚中枢の中での感覚になり

-those color lights become a sensor in sensory center

闇は単なる光の欠如にすぎない

-and darkness is merely a lack of light

屈折率の数量的な性質に限定する立場から

From the point which limiting to quantitative

-the nature of refractive index

ゲーテの光と闇の両極性と対立している

-his theory opposed with Goethe’s both polarities

-of light and darkness


ゲーテの色彩論は

Goethe’s Color Theory is

坐禅の禅定の状態、つまり

The state of Zen-meditation stages, in brief

心が動揺するすることがなくなった

一定の状態を保てる定力に似ている

It is similar with a Zen-force which constantly can be hold

-with no mental disturbances


禅定では物質的な領域を

The material domain in Zen-stages

四色定といい4段階に分類している

-it is called Four-color-stage

-and classified into fore stages


その色界の有色の次は無色界であり

The next stage of with color is colorless field

触覚、視覚、物質的な構成要因から

完全に離れる状態で

In which sensory of Tactile, visual

-they be away completely

-from the martial constituent factors


無限の空の領域

The domain of infinite nothingness


無限の識の領域

The domain of infinite knowingness


有るところが無い領域

The domain of none to be


想が非ず、非想にも非ずの領域

The domain of Idea not none, as well as Non-idea not none

4段階に分類される

They are classified four stages


これら禅定の有無色の段階は

These stages of with color or without

ゲーテの光と闇の定義に類似することが多くある

It has much similarities to Goethe’s definition of light and darkness


光りを分析してゆけば

By analyze light

色彩がわかるように

-as getting understand what is color

感覚器官から離れ

Be apart from sensory organs

感覚器官の働きが止め

Make stop sensory functions

感覚としての喜びを捨て

Discard joy as a sensor

楽な状態を止めることにより

By stopping comfort zone

苦もなく楽も無い状態が得られる

Can get a zone which is not a suffer or comfort


禅の色彩は

Hue of Zen is

ゲーテの言う、光の行為

An act, spoken by Goethe

つまり、禅での行為である

In other words, it is an act in Zen

コメント (127)
この記事をはてなブックマークに追加

心の時間Mental Time E=mc²

2017年06月05日 23時37分35秒 | 坐禅

心には心の時間の流れがある

Mind has its own time flow

その時間は人によって相対的である

The mental time relatively differs depending on people

アインシュタイン曰く

Einstein once said

可愛い女の子といる一時間と

One hour with a pretty girl and

熱いやかんに触れた1秒は相対的であると言った

-one second touching on hot kettle are relative


年齢の違いによっても

Also, time depends on aging

10代と50代では時間の長さが大きく異なる

Between teens and 50’s the length of time significantly different


時間が何かについては

About what time is

今の科学でもその真実を解き明かしていない

Even today’s science doesn’t reveal its truth

1秒、1分、1時間、1日

1second, 1minute, 1hour, 1day

1週間、1か月、1年、1光年

1week, 1month, 1year, 1light year

それらの時間を計る単位は

These unites for measure time

人間が便宜上定めた測定方法である

-is decided by humans for convenient way

-to measure time


神がいるとしたら

If there is a God

きっと神の時間単位は

Perhaps God’s time unit 

人間界とは違う単位を持っているだろう

-would have different measurement from human ways

或いは、時間観念を持っていないかも知れない

Or might not have a time concept


人によっては

Depend on people

現在の時間帯に実存しながら

While they authentically existed in current time zone

過去の出来事に留まって生きている人もいる

-they are still staying where some events happened in the past

または現在の時間帯に実存しつつ

Or else, yet they authentically existed in current time zone

未来の幸せを祈り

Praying for a happiness in the future

未来に逃避して生きる人もいる

Some people escape to the future and live there


自分自身がどこの時間帯に生きているかを

特定することはそう簡単ではない

It is not so easy to judge to point out

-which time zone live in and where

ある人が現在に生きながら

While a person lives at present time

過去の幸せだった時や

The time when was happy or

過去の不幸せだった時を忘れられず

 If can’t forget the time when was unhappy

それらをいつも心に思い

Always think those times in mind

常にその出来事を思い出し

Always remind those events

その出来事に感情の変化があるとしたら

If emotion is changed by those events

その人は今を生きることはできない

The one cannot live in current time zone


時には未来への希望も

Sometimes the hope for the future

未来への期待も

The expectation for the future as well

未来への夢も

Even dreams for the future

今を生きることを防ぐ時もある

They sometimes prevent to live in current time


それらの今を生きる術は

Those skills to live current time

人間の限界を超えるものが確かにある

It is certainly beyond the limits of human being


ではどうやって今を生きるようになるだろうか

Then how can we live in current time zone?

そのような特集な方法や技法があるだろうか。

Is there such specific ways or skills?


もしそれらがあるとしたら

If there some ways

時間の経過を絶てることができるだろう

It could be exterminated the time passing

結果的に今を生きることにつながるかもしれない

It may lead to live in current time as the result


ふっと

Instantly

坐禅によって得られる無念の瞬間が

The moment with emptied thought which can get by doing zazen

時間の流れを絶てる無時間感覚かなと

The sense of none-time which can cut off time flow

想いがよぎった

The thought has crossed in my mind

コメント (108)
この記事をはてなブックマークに追加

『心の句点と句切点』Mental period and comma

2017年05月31日 00時22分18秒 | 坐禅

心の句点は何か

What is mental period in mind?

文章の文末に打つ句点『。』は

The punctuation mark used at an end of a sentence『。』 

一連の文脈を終わらせる意味があるように

-as its meaning of making an end at a continuity context

心の句点は

Mental period is

心の思考をある程度の時点で

繋ぎを止めるようなものに似ているかもしれない

-also, it is likely making an end in connections

-which cut mental thoughts off at some points


私は~~である。

I am the ~~.

あなたは~~である。

You are the ~~.

これは~~である。

This is the ~~.

それも~~である。

That is also ~~.

だから~~である。

Therefore, it is ~~.

上記のような『~~である。』は

Such above of 『it is ~~.』

句点を伴い何かを終わらせる

Complete something with punctuation marks


それらの句点が心に多くなると

When those such periodic mind are increased in mind

次に繋ぐ糸が切れる

The connected thread to next breaks

句点を打った瞬間に留まることになる

Would be stuck at that moment when the period is marked


では心の区切点は何か

Then, what is mental comma?

文章と文章の間に打つ区切点『、』は

The comma 『, 』used at between sentences

一連の文章と文章を繋ぎ合わせる意味があるように

-as its meaning of connecting some series of sentences

心の区切り点は

Mental comma is

心の思考の部分的な点と点を

ある時点で突然、繋いでくれる

Can let connect with partial point in mind

-to a point to be a thought at a moment suddenly


私は~~であるか、

am I ~~~,

あなたは~~であるか、

Are you ~~,

これは~~であるか、

Is this~~,

それも~~であるか、

Is it also~~,

だから~~であるか、

Therefore, is it~~,

上記のような~~であるかは

Such above of ‘Is it ~~,’

句切点を伴い何かを繋ぐ

It connects something with a comma


それらの句切点が心に多くなると

When those such mental commas are increased in mind

次に繋ぐ糸で何かを結んでいける

It can tie something with a tread to a next

句切り点を打った瞬間に

The moment when used comma

点と点が繋がっていく

-a point and a point are getting connected


心に句点を打つのは簡単だ

It is easy to put a mental period in mind

“これは~~であれば良い”

“This is good if it is ~~”

“それは~~であるから悪い”など

“It is bad because it is ~~” etc.

決めつければ終わって

When decided, it ends

そこに留まるからである

-and it stays at there


だが、区切り点は

However, the mental comma is

そう簡単に終わらない

-it will not end so easily

“これは~~であるから良いか”

“Is this good because of ~~”

“それは~~であるから悪いか”など

“Is this bad because of ~~” etc.

心が次に繋ぐ何かを考えないと

Unless mind does not think something for coming next

句点を打つことができないから

-it cannot to be connected to be a period

次から次へと思考を繋げようとし

So, it tries to connect thought next to a next

そう簡単には終わらない

It does not end so easily


句点の心『~~だ。』

Mental period 『It is ~~.』

区切り点の心『~~か、』

Mental comma 『Is it ~~,』

その2つの『~だ』と『~か』の考え方の差は

Those thinking differences of 『It is』 and 『Is it 』

心の思考の方向性を根本的に変える

They change the mental way of thinking fundamentally


これらのことから考えると

These things lead to think that

坐禅は

In doing Zazen way

心の句点も区切り点も無くし

Zazen gets rid of period or comma in mind

考えの終わりを無くし

Eliminate fatal thinking in mind

次から次へと繋がる思念も無くす

It also cleans up brothering thoughts which comes continuously

 

心を真空空間へと誘う

It invites to vacuity space

その無念の念であるだろう….

It would be a will to be a none will….

コメント (53)
この記事をはてなブックマークに追加

心の解毒剤Mind Antidote

2017年05月25日 14時51分17秒 | 坐禅

体に有毒なものが蓄積されると

When body filled with poisonous toxin

体は命の危機を感じる

Body gets feel crisis of life

体は命を生きるように設計されているため

Because body is designed to live life

命が危ないと脳から指令を受けると

-if brain orders that life is at a dangerous pinch

人体にサインを送り始める

It starts sending signals to body


そのサインとして

As signals

休んでいるのに疲労感があり

Feel fatigue even while resting

やる気が失せる無気力感や

Or feel apathy that make lose motivation

寝てもすっきりしない怠さなどで表れる

Appear in such neglected feeling when after sleeping


それらの原因は

Those causes are

免疫力のために蓄えた戦う力を

Body’s fighting force that stocked for manage immunity

有毒なものが何かを特定させるための力に変換して

-the force has converted to identify if there is something poisonous

体から排除させるために集中してしまうからである

-so, body has concentrated to get rid of it from body


上記のサインを送っているのに

Although sending above signals

人体が気づかないと今度は二次的なサインを送り始める

If body does not notice, then start sending second signal next

各種のアレルーキ゛反応や皮膚疾患

Some kinds of allergy reactions or skin disease

食欲不振、刺激に敏感になるなど

Such as lose appetite, too sensitive for stimuli so on

眼に見える症状が表れてくる

Symptoms appear visible in sight


それでも人体がサインを読み取れなければ

Even so body still could not read those signals out

今度は心にサインを送り出す

Then, send out another signal to mind

生きるのが嫌になったり

Such as feeling sick live life

生きるのが辛く感じてきたり

Come to feel hardness to live

動くのが面倒くさくなったり

Feel bothersome to work or move

人間関係がつまらなくなり

Get bored to have relationship with someone

話すのも疲れてきたりして

Even talking gets feel tired

動く範囲が少しずつ狭くなっていくようになる

The range of motion gradually getting narrower


動く範囲が限られてくると

As the range of motion gets limited

考えだけが心の中で走り出す

Only thought begins to run in mind

体は何かを動かす必要があるからだ

Because body needs something to activated


心が走り出すと

As mind started to run

過去に起こった出来事を

今現在の状態から再解釈していく

It starts reinterpreting events that-

-happened in the past within current state

過去の記憶を引き出し

Withdrawing memory from past  

今の時点から損得勘定をしていく

Begin to calculate profit and lost at current moment

マイナスになったこと

The thing has got negative

プラスになったこと

The thing has got positive

マイナス+マイナス=マイナス

Minus + Minus = Minus

プラス+プラス=プラス

Plus + Plus =Plus

マイナスがプラスになった事とか

The thing a negative became positive or-

プラスがマイナスになった事とかを

-the things negative became positive

リストアップして

-they are listed up

計算機で数字を計算するように

-as if calculating numbers with a calculator

損と得を整理し始めるのだ

-starting to organize the lost and gains



川の流れの真ん中だけを観て

It is like just looking at middle of river’s flow

山奥のせせらぎ

The babbling in a deep mountain

雨水が蓄積され、それらが集まり

Accumulated rainwater, it has been gathered

川になっていることを観ることができないのである

But cannot see the full range of river flowing

人体に現れた症状も

Symptoms which has appeared on body

心に抱えている問題も

-also, the mental issues in mind

源流を辿れば

-if trace the origin

体に蓄積された毒が原因である事が分かる

Can find out that tainted toxin in body caused all causes

その毒が体と心を汚す源流である

That toxin is the origin flow of poisoned body and mind


ではその毒の解毒剤はあるだろうか

Then, is there an antidote for the toxin?

その解毒剤は

The antidote is

心を空にでき

Can emptied mind

心を掃除でき

Can clean mind

心を洗う洗剤でもある

It can be also a detergent to wash out mind

坐禅の心であろう

It will the mind of zazen


コメント (52)
この記事をはてなブックマークに追加

気づきの過程式Perceive-formula

2017年05月19日 12時36分33秒 | 坐禅

気がつくというのは

Become aware is

気を利かせることにもつながる

-related with mindfulness

何かに気がつくと

When aware something

心が晴れてくるような

-it is like mind gets cleared

視野が広がるような感じもする

-it also feels like expending perspective


何十年も前に私は『気がついた』ことによって

Decades ago, by “did aware”

私の人生が180°変わることになった

My life has changed by 180°


当時私は心に解決できない

多くの問題を抱えていた

At that time, I had a lot of mental issues

-that I could not solve

痩せていて軽かったにも関わらず

Despite my weight was light because I was skinny

体重が重く感じられ

But I felt my weight was heavy

歩きにも重苦しい感じがした

Also felt heavy and gloomy even when walking

大学のカウンセリングも受けたが

I took a few counseling at my University

更なる疑問が増えただけだった

-but it merely made increasing another more questions

体にはあらゆる神経症状が出て

All kinds of Neurologic symptoms appeared on my body

生きている症例であった

-I was like a living mental disease


その最中、大学の教授が主催する

合宿グループに参加したことが切っ掛けで

In the while, I participated training camp which

-has led by my University professor

心に抱えていた重荷を一気に無くせたのである

-and it became the trigger that

-eliminated mental burdens at once which I was carrying

そのグループは3泊4日間

The group had 4days 3 nights’ schedule

約15名が丸く座って人の話を聴いたり

-about 15 people sat around and they listened member’s speaking

話したければ話せるグループセッションであった

-in the group session, if someone wants to speak then could speak out

二日目の昼のセッションで

At the middle session on the second day

『無理をする』ことに関わる体験談みたいな流れになって

The subjects became personal story of “doing an unreasonable”

メンバーの一人が and one of members

『無理をすればことが済むことは分かっているがそれができない』

“Can’t do an unreasonable thing even know that it can solve the problem”

ような悩みを打ち明けた瞬間

At that moment, the member confided her kind of troubled story

私は心に雷が落ちたような

ガーンとする大きな音が鳴った

A loud sound like Bang has rung in my mind

-and I felt like I was hit by a thunder 


その後、一気に心の制御が崩れて

After then, my mental control system collapsed at once

涙が溢れてその場にいられなくなった

Tears overflowed so I could not stay at the session room

あの時は公式的に泣いた

I cried public at that time


無理をしなければならなかった

I had to do the unreasonable thing

無理をしても弱音さえ吐けなかった

I could not say complain while I was doing unreasonable

無理をすることが有一の残された道であった

The only way left for me was doing unreasonable

無理をしないと生きてこれなかった

I could not survive without doing an impossible

無理をして自分を押し殺した

I killed myself for doing impossible

無理をして全てを成し遂げた

I could accomplish by doing impossible

無理をして困難に闘った

I fought for difficulties by doing hard

...


そのようなことに一気に気がつき

I did aware such things at once

その無理をしてきた過程が涙になって

一気に溢れ出た

The processed way which I did hard

-it became tears and overflowed burst

その気づきの後、心が空っぽになり

When after the awareness, my mind has emptied

重かった心が軽くなった

-my heavy mind became lighter


今そのことを振り返ってみると

Looking back what I realized at that time now

坐禅の悟りを得ていく過程に

類似していた感じがする

I feel a similarity on doing zazen

-which the way to get attaining enlightenment


だが、坐禅では外からの刺激を絶つことにより

However, in zazen ways by cutting off stimulations from outside

内なる気づきに覚醒することになるので

-it leads to be awaken with inner awareness

自らの気づきではなかった

-the awareness was not come from my own


自らの気づき

The awareness by oneself

自ずからの気づき

The awareness as matter of a course

確かZさんが以前書いた記事のコメントで

Surely commented by Mr.Z on my previous blog posting  

『自ら』『自ずから』の違いを定義したはず….

He has defined the difference about “By oneself” “By naturally”...


気づきの過程式は

The formula of awareness is  

問題の変数を外か内からかの分析(あるいは刺激)

-analysis (or a stimulate) of variable factors from the outside or inside

により一気に眼が明くことかも知れない

Maybe it can open eyes all the sudden 

コメント (50)
この記事をはてなブックマークに追加

趣のエネルギーCharm Energy

2017年05月11日 12時29分45秒 | 坐禅

気力はどうやって持てるだろう

How can get vitality?

気力が充満している人は

Someone who has vitality enough

光のような明るさが光る

-can shine like a light radiating

その輝きは360°に拡散されているようだ

The radiating is scattering likely 360 degree angles


気力の無い人は

Someone who has less vitality

暗く夏でも寒い気を放つ

-giving off a cold chill energy even in hot summer

小さく萎んでいくような感覚も放つ

It gives sense that likely getting smaller and shrinking


気力は波長の波だろうか

Is energy of vitality would be a wave of wavelength?

そうであれば

If is it so

気力が充満な人の放つ波長は

The rich wavelength flickering from vitality person

周波数が高いはずだ

-its frequency should be high

言うまでもなく気力が無い人は

Needless to say, who does not have vitality

微弱な波長を放つだろう

-its wave is weakened and feebler


360°のどの角度から見ても美人な人もいる

There is a beauty who has beautiful angles which

-seen from every angle in 360°

前、後ろ、横、下、上から見ても

By front angle, back and sides even from the toe to the top

対称が取れていて絶妙な均衡が取れているのだ

-has gotten symmetric and exquisite equilibrium is balanced

この360°美人が放つ気力は

This vitality which given off by beauty who has beautiful 360°angles

安定感があり、波長が波打つような力動性がある

The 360 angles have stability

-also has dynamic wavelength like heaving wave


だが、局所だけ美人な人は

But, a beauty who has just beautiful some parts

前面は美人なのに側面は暗い感じがしたり

Her front face is beautiful but sides are something darken

下から眺めると怖い感じさえ与えることがある

If look up her face from the bottom, even can feel scary

全体性に欠ける不足感があり、不安定な感じがする

It has a shortage which is lacking in overall, gives unstable feeling

 

このような気力は

Such vitality or dynamism is

天性的に生まれ持った性質ではないだろう

It is not given with born neither natural gift

何故なら、若い時は美しく輝いたのに

Because, someone has shone beautifully when young

老いた時は醜くなっている人が割と多いからだ

 There are comparably many cases shows that glow ugly as aging

または、人生の難関を乗り越えた人が

To take another example, someone who overcame difficulties in life

自信に溢れた輝きを放つ例も多くある

-the one giving out brilliance which comes from filled with confidence


ではこのような気力はどこからでき

Then, where the dynamical vitality come from

どうやって受け取ることができるだろうか

-how can we receive it?

自己催眠のように自己暗示するだけでは

Like self-hypnosis merely doing such self-intimating

自己満足で終わってしまうだろうし

It will end up with only self-satisfaction

気功セミナーみたいなワークショップは

Some workshop lectures like super-mind energy seminars

詐欺みたいな騙しみたいな匂いもする

-smelling like cheating or fraud for fishing

気力を人間が人間に与えるようなことから

もう既に間違っている感じもするし…

Such stuffs seemingly already wrong because

-they say can give a dynamical vitality to a human…


この気力の発生源について考え始めたのも

The reason why I started to think about this fundamental vitality  

庭の仕事を始めた時からである

It was come from when I started garden work

土の上に立つと

Standing on the ground

土から優しい手が出て

A gentle hand got out from the soil

私を深奥な広がりのある世界に

引っ張られている感じがする

I feel like pulling out by the hand and

-lead me to a world where deep and expanding

腕を広げ、足を広げて立つと

Standing spreading arms and legs

腕から足から生きている気が広がってくる

-feeling like alive gets enlarge from arms and legs


特に坐禅の座り方をしてなくても

Without doing formal sitting form for zazen

思考を絶つと気を使わなくても

Without mind setting to cut bothering thoughts

自然に無念無想になれる

Can naturally be none-thinking-none-imaginary

土から放たれる気は

The energy emitted from soil

無条件的で限りの無い受容力がある

-have unconditional energy and unlimited acceptance

土は雨、雪、花粉、食物の生命体など

全て受け入れてくれる

The soil in earth, rain, snow, pollen, every life forms of foods of all

-they are accepting at all

人間の雑念までも受け容れて流してくれるのだ

It also accepts and drain us human being’s worldly thoughts

コメント (75)
この記事をはてなブックマークに追加

心の構成要素Composition element of mind

2017年05月05日 16時57分58秒 | 坐禅

心は何で構成されているだろうか

What is mind composed of?

性格、遺伝的要素、経験、癖、行動パータン

Personality, Genetic factors, Experience, Habit, Behavior Pattern

心理学的に定義しようとすれば

If try to define psychologically

グーグルやヤフー、ウィキペディア等を

To Google, Yahoo, Wikipedia, etc.

検索して何時間読んだとしても

Searching and no matter how many hours for reading

全貌を掴めないだろう

Will not be able to grasp the whole picture of mind


心理教育を専攻した私でさえ

Even I majored in psychologic education

未だに自分の心の正体すら明かすことはできない

Still I cannot reveal even my true mental identity

知識で心を解明しようとしても

Even try to elucidate mind with knowledge

人類が誕生してから現在まで

Since history of humankind has begun

或いは、神でさえ

Or even God

人間の心の真相を明かしていないことが分かる

They couldn’t reveal humankind-mind yet


世紀の天才、アインシュタインさえ

The genius of the century, even Einstein

心のエネルギーの法則は見付けられなかった

He could not find mental energy equation

理に叶って私は最初から心を解き明かすと

踏ん張ったことさえ無い

To make sense, I have not even tried to reveal

- or substantiate mental systematic from the beginning


また、心は人によって

Also, mind depends on people

捉え方や扱い方が違って

-way to catch up or way to deal is different

人の置かれた状況や

Depending on which situation people are

職業、年齢、性別によっても

Accordingly, occupation, age, gender

観る角度が異なる

-the viewing angles are different

このことから,私が想い描く心の像のみを書いてみることにする

From this point, I will try to write with my own image only

-that I draw in my mind


心を構成している分子は

Molecules which composing mind are

感じる=水分子

Feeling = water molecule

考える=空気の分子

Thinking = molecules of air

行動する=食べ物の分子

Behavior = molecules of foods

学ぶ=消化する分子

Learn = molecules of digest

体験する=カロリー消費に関わる分子

Experiencing = molecules involved in calorie consumption

病気になる=バクテリア増殖に関わる分子

Disease = molecules involved in bacterial growth

好きになる=ホルモン分泌に関わる分子

Getting like = molecules involved in hormone secretion

嫌いになる=パータン認識に関わる分子

Getting dislike = molecules related to pattern recognition

快感や不快感=ホルモン分泌に関わる分子

Pleasure or unpleasant = molecules involved in hormone secretion

大まかに9項目のカテゴリーに分類してみた

I classified them roughly into 9 categories


そこに特集な心の構成要素である

In there, as a special edition of composition element of mind

坐禅=心を自由にさせる分子

Zazen = molecules which make mind freed

10項目が頂点に置かれる

The 10th category is placed on the top


私は塾で分かることは何かを15年間教えた

I taught what is knowing for 15 years at my after-school

-which is closed year ago

そのことから知識を

他人に与えることはできないことが分かった

From the experience, I found that

-knowledge cannot be given to others

子供達が私に教えてくれたことは

What children taught me was

知識は与えるものでなく

-knowledge is not for given

共有することであるとのことであった

-it is for sharing to each other

説明されて喜ぶ生徒を見たことがない

I have never seen a student who is pleased by explaining

だが、生徒が分かったような感覚を掴めた瞬間

But, the moment a student got a feeling something like understood

生徒の顔から光が光る

-then the student’ face is lightened with light

その光が私の心を照らす

The light lightened on my mind


その私の学習から

From those learning

上記の示した心の構成要素に関する説明は省く

I omit explanation about 10 categories above

-mentioning mental components


書き示した後は

When after write and post it

読んだ者のものになるからだ

It belongs to one who has read

それを私が共有する…

And I will share it…

コメント (67)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの境界点Mete Point

2017年05月02日 11時44分43秒 | 坐禅

幸せになるのは結果である

Being happy is a result

幸せを目的にすると

If aiming to be happy

幸せの状態が状況によって変わるため

Because of a happy state changes by its situations

辿り着いたとしても

Even though has reached to it

過去に描いた幸せとは違っている感じを受けるだろう

It will make feeling that the happiness drew

-at the past became different


幸せの形が状況によって変わり

The form of happiness changes by situations

不幸せの形も状況によって変わる

The form of unhappiness also changes by situations

状況によって変わる幸せを追い求めることは

Pursuing happiness which changes according situation is

川の流れを坂の上に定めるような

It is likely setting a river flow on the top of slope

摂理に逆らう願望かもしれない

Maybe it is a resisting desire against providence

 

逆説なことにも

Paradoxically

私は幸せになることを願えなかった

I could not have wanted to be happy

だが、毎秒幸せになっていると実感している

But I feel in real being happy every second

長年、不幸を乗り越えることを仕事にしていたら

For many years, I worked to overcome unhappiness

いつの間にか

Imperceptibly

その不幸がこの幸せを作った基盤になっていると分かってきた

I found that the fundamental of this happiness

-came from the unhappiness


実際、不幸だったと認識できたのも

In fact, could have recognized that I was unhappy

困難を克服してから気づけたので

-the realizing came when after overcame difficulties

後になって見えてくるようなものである

-so that it is kind of can be seen later

今になって不幸だと認識していた過去を辿ると

At now, I looked back my past

-when I recognized as being unhappy

その時は心に余裕があって

At that time, I had a margin in my mind

不幸や幸せを計算する暇があったような気がする

I feel like I had enough time to calculate

-how I was happy or unhappy

仕事に没頭し、やるべき今日の責務に追われていた時は

When I devoted in work that I was chased

-by tasks must be done

ストレスも生き甲斐のように認識していた

I was aware that stress as my living avail


不幸せは瞬間瞬間姿を変え現れ

Unhappiness appears changing its form

-at a moment and moment

四季の変化のように体で感じる温度差を生じる

As seasons changes in four

-it creates temperature difference on body

幸せになることを強く願うことは

Desire strongly to be happy is

春だけを頑なに願うようなことかもしれない

It might be like wishing stubbornly only to be Spring


この幸せや不幸せの移り変わりに気づけたのも

The reason how I could realize

-these transitions of happy and unhappy

新しい住まいのグランビ―での春を迎え

It because I have incoming Spring

-at my new residence in Granby

生まれて初めて春そのものを見て感じたからである

-see Spring and feeling Spring

-for the first time in my entire life

以前は春でも心に抱えた問題が投影されて

In past even Spring came

-my mind always was reflected by issues

やるべきことが目の前にあって

There were always works to be done in my front

春を見て感じることはできなかった

I could not see and feel Spring

春になったと分かってはいたのだが…

Even though I knew I was in Spring season


やっと今、心に春を受け入れるようになり

At last, now I can welcome Spring to my mind

自然の変化そのものを素直に感じている

I obediently feeling seasoning change as it does



坐禅の求める解脱の境地も

The eminence of deliverance which is a path in zazen

ひょっとしたら

Possibly it is

心が修行によって春になり

Mind became Spring by trainings

心に春を迎えることかも知れない

It might be welcomed Spring to mind

心が冬の寒さに堪えているのに

While mind endures coldness in Winter

心を花咲く春にさせることはできない

It is impossible to have Spring to make a floral mind


坐禅は心の季節変化を

Zazen makes mind for the seasonal changes

自然の季節変化の摂理に合わせてくれる

-and it also makes to be adopted for providence season change

坐禅は幸せと不幸せに偏る走りを止めて

Zazen stops running mind that biased happy and unhappy

または幸せにも不幸せにも偏らない

Or not to be tilt, neither be happy nor be unhappy

その境界点かもしれない…

Zazen maybe the mete-point…

コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

終点Terminus point

2017年04月24日 10時46分37秒 | 坐禅

先週の土曜、引っ越しがやっと終わった

Last Saturday, moving finally finished

新しい住まいで二日目を迎えている

Having second day in my new residence


窓からは何百年の木々が見え

I can see hundreds of years old trees from the windows

春の花が咲き始めている

Spring flowers has begun to bloom


夜になると完璧な暗闇で

When night comes, it is perfectly dark

灯りが全くないから夜空の星が良く見える

Can see stars well in the night sky because of there is no lights

何万億光年前の星の光を見ている

Watching the star light of ten billion light years lighted


この家にいると

Be in this house

『次はより良く』という心の言葉が出てこない

The inner voice of 『Make next better』is gone

死ぬ時が来たら完璧に受け容れられる

When the time to die comes I will accept perfectly

求めてきたものが全て満たされ

What I have been wanting at all are satisfied

居たかった場所に今いる

I am at the place when I have been wanted


夜中の空気は清く澄んで

The night air is purely cleared  

吸うと木の根のように足元から地に延びていく感じがする

When I inhale, it I feel like rooting to the ground from my feet


着くべき終点について

I reached at terminus point where I should be

これからは今まで背負ってきた荷物を降ろしていく

Now on I will do unloading burden that I have been carrying 

コメント (59)
この記事をはてなブックマークに追加