カジュアル・アミーガ         本ブログの動画、写真及び文章の無断転載と使用を禁じます。

ある日カッパ姉ちゃんとカメラおじさんの家に一匹の子犬がやってきた。
日々のうつろいの発見と冒険を胸に生きていこう!

夜の散歩

2006年08月30日 | めんちゃん日記
 カッパさんたちの仕事とやらのせいで散歩が
夜になることが多くなったんだ。
 公園の芝生に行くと、いっぱいワンちゃんたち
が遊んだ後の匂いがする。たぶんあずきちゃんたち
の匂いもあったよ。
 明るいのは、サッカー場の芝のグランドだった。
ぼくたちは、ねこ君たちと違ってお日さまが沈んだ
ら遊ばないけど、ねこと人間は夜も遊ぶんだねえ。
そうか。駅前に行くともっと遅くまで遊ぶ明るい
ネオンのお店がもあるよ・・・・。
居酒屋??とか、スナック$$とか云う・・・・
ねこちゃんたちは昼間寝ているけど、人間はいつ
眠るのかなあ・・・
コメント

ナカちゃん殺害事件

2006年08月28日 | めんちゃん日記
 ぼくは、おやつを求めて台所へするりと
入り込んで落ちていた新聞の小さな記事に
肉球がとまったんだ。
「ナカちゃん死す」
ぼくはおやつどころじゃなくなったよ。
そしたら、となりの部屋からラジオの声が
聞こえてきて、
♪徳島県の那賀川に住み着いて人気者だった
アゴヒゲアザラシの「ナカちゃん」が27日
午後6時10分ころ通行人が頭から血を流して
死んでいるところを発見・・・♪
 特別名誉市民にまでなっていたらしいのに、
それが船のスクリューに巻き込まれたみたい・・・

ぼくは、悲しくなってポロリと涙を流したよ。

ナカちゃん住民票http://www.town.nakagawa.tokushima.jp/nakagawa/kankou/azarashi2.html

コメント

真夜中の火事

2006年08月26日 | めんちゃん日記
 二日前夜中に窓から大きなセミくんが入って追いかけ
て遊んだけど、高い本棚の上に隠れたんだ。
 ぼくは、しかたなく寝ていたら、朝に近い真夜中、
サイレンの音がはげしく、ぽっかり目を覚まして、
起きてしまったよ。
ぼくは、消防車とか救急車のサイレンがなると、
つい遠吠えしてしまうんだ。
それも恥ずかしいほど情けない声で。
 今日おじさんと朝散歩したら、それが近くの火事だった
ことがわかったよ。
アルファロメオとか、ムスタングとかの古い外車の修理工場
だって、
わざわざ見物に来ていた男の人がおじさんと話していた。
「漏電らしい」
「貴重な車がもったいない」
「それにしてもすぐ向かいの家が浜木綿子の家だし、一つ
はさんで 小沢一郎の家だもんね」
「危ないところでした」
ぼくは、寒気がしてピーとおしっこした。
今ごろ消化してもおそいかもしれなけどね・・・
コメント

ほめ殺しの立て札(××な看板シリーズ)

2006年08月24日 | 写真コラム
 渋谷の高級住宅街。
ちょうどあの忠犬ハチ公を飼っていた上野教授の元の家の
あった現在は東急本店の配送口のある広場から
まっすぐ2,3分上ったところにあった。
前は、過激な看板だったが、現在のやさしい看板
になったら、まったくフン見かけなくなったそうです。
コメント

斉藤佑樹投手とイケめん(飼い犬は見たシリーズ2)

2006年08月22日 | めんちゃん日記
          
昼おそくカッパ姉ちゃんたちがごはん食べだしたんだ。
ぼくは、オアズケ。
ぼくの後ろでテレビが野球中継してたよ。
カメラおじさん「再試合だって一日休めばいいのに」
カッパ姉ちゃん「野球わかんないから・・」
カメラおじさん「これだけのいい試合って滅多にないっちゃ」
カッパ姉ちゃん「もお、ごきげんように変えてよ。」
カメラおじさん「高校野球って純粋にがんばるからいいよね」
カッパ姉ちゃん「早く8チャンにかえてよ。ゲスト誰かしら」
カメラおじさん「でもこれだけの投手としての才能があり
ながらイケめんっていうのもなかなかないよ」
カッパ姉ちゃん「イケめん?(テレビを覗き込んで)へえーえ」
カメラおじさん「8にするの?」
カッパ姉ちゃん「ちょっと興味でてきた・・・みたい」
カメラおじさん「変える?」
カッパ姉ちゃん「(大きく首を横に振る)早実勝てば初優勝?」

 ぼくも一応いわゆる「イケめん」なんだけど・・・・


コメント

夏の終わりに

2006年08月21日 | めんちゃん日記
 近くに久富神社というところがあって
ぼくは、カッバ姉ちゃんたちと行くことに
なったんだ。
遅い夏祭りがあって盆踊りもやっていたんだ。
 屋台で何やら美味しそうな匂いがして
お腹がぐうぐうなったよ。
ここは、拝殿の前にキツネがいて怖いなあ。
狛犬というけど、どう見てもキツネしか
見えない。
誰かがカメラおじさんと話しているのを聞いた
ことがあるけど秩父神社というところには、
狛犬がオオカミなんだって。
たぶんぼくが思うには、メキシコに行きさえ
すれば、ぼくらチチワが神社を守ってるんじゃ
ないかなあ。
コメント

つらい男気

2006年08月18日 | めんちゃん日記
 今日も大きな犬に向かって吠えた。
髪をカットされてからマスマス男気あふれ
ついつい向かっていくようになってカッパ
さんたちが悲しそうに怒るけど、ぼくの体
はどうにもならないんだよ。
 思えば三ヶ月もしない頃おしっこを片足
高く上げてやっていたら、ブルドッグを連
れた犬の調教師のような若い男の人が、
「ああ!これ、結構気がつよいですね」
と少し将来を危ぶむ顔になったのをハッキ
リと覚えているよ。
「激しい犬だと逆立ちしておしっこする
 男気むんむんのもいるからね」
そんなこんなで怒られ散歩から帰ってくる
とリラックスして、つい、
おんな坐り!
してしまうんだ。恥ずかしい話。
ぼくは、引き裂かれる想いだよ。
こんなとき。


コメント

台風一過

2006年08月16日 | 写真コラム
三軒茶屋の7階から見た南の空。
八月の風ー、
嵐のあとー、
一日が終わります、
コメント

夏の夜の来訪者

2006年08月15日 | めんちゃん日記
少しカッパさんが長い休みに入って夜遅くというか
朝方まで起きているので、ぼくもついつられて夜
家の中で走り回って遊ぶことが多くなっちゃったんだ。
 今日かすかに開いていた窓からカナブンちゃんが入っ
て来て、ぼくはうれしくて追いかけて遊んだんだ。
こんなに小さな奴だけど長い夜のかけがえのない友だち。
友だちがひとつづつふえることって、いいよね。。


コメント

ハッセイの結婚

2006年08月14日 | めんちゃん日記
 休みの夜中カッパ姉ちゃんが古い写真
を整理していたよ。七月にカッパさんの親友
が結婚したんだって。
 やがてその写真が何かのプレゼントになる
らしい。
一応去年ぼくもハッセイちゃんが遊びに来て
撫でてもらったりしてよくよくお世話になったので、
 ハッセイとアンディさん。結婚おめでとう!

かみかみチキンぐらいしかぼくにはあげるものが
ないんだけど・・・・・
コメント

ちびとらの幸福

2006年08月13日 | めんちゃん日記
 1週間前にねこ先生の病院に小学生が捨てられ
た仔猫を拾って持ってきたんだって。
初めノミだらけで汚かった猫がやっと元気に
なった。今日病院に遊びに行って見たよ。
 先生が「ちびとら」とうれしそうに来る人
来る人に「かわいいよ。いらない?」って
すすめるんだ。
病院で亡くなった「ナポちゃん」の代わりに
飼ったらとカッパ姉ちゃんが云うと
ねこ先生の奥さんが、
「病院で飼う猫はフビンな子がいいのよ」
やさしく云うんだ。
「こんなきれいで元気な子、いい人が貰って
くれるからね。たいがい」
ぼくは、ねこ先生と奥さんが
キラキラと
輝いて見えたよ。
コメント

あずきちゃんと10ヶ月ぶり

2006年08月12日 | めんちゃん日記
 やっとあずきちゃんにあったんだ。
ずいぶん時間がたった間にぼくより3倍ぐらいに
大きくなってすっかり別犬かと思ったよ。
他にもいっぱいワンちやんがいて少しなれなかった
のもあったんだけれど、
なんとなくもじもじしたままだったなあ。
カメラおじさんが云うには、
「小学生時代の初恋の娘がいきなり高校生になった
 一人前の姿を目の前にしてなんとなくもじもじ
 するのと同じようなものだよ」って。
ふぅぅぅぅぅぅ・・今度はもっと馴れるよ。


これは、一年前のふたり。
コメント

しっぽの悲しみ

2006年08月11日 | めんちゃん日記
 このごろ、というか、つねづねぼくは、ぼくたちの
習性が自慢できるときと悲しいなあと思うときとが一緒
にくるのがぼくのお尻についてるしっぽなんだ。
 おやつや好きな人とか場所とか、好きなワンちゃんなんか
が目の前にくると自分でもどうしょうもなくしっぽを振って
しまうんだよ。お留守番でケージに閉じこめられるって
わかっていてもおやつでつられるとついしっぽ振って入って
しまうんだ。かなしいかな・・・
 思うんだけど人間もしっぽがあったらもっと分かりやすく
っていいんじゃないかな。
すましても、ついしっぽ振っちゃってさ。
コメント

星野道夫展

2006年08月09日 | 美術館・イベント
 かつての仕事仲間と銀座で「星野道夫展」に行ってきました。
写真がすばらしいだけでなく、その展示の一つ一つのコメントに
関心しました。
 「星空や泣きたくなるような夕陽に感動したとき、
  愛する人にどうやって伝えますかと問われて、
  写真に撮る、画才があれば絵を描く、言葉にする・・
  その人の答えは、自分がそれを見て感動して変わることです」
  と云った意味のことが書かれていました。
 本当の感動には、言葉ではなくレアな自分があることが大切だ
 ということでしようか。
        
 星野道夫展「星のような物語」松屋銀座8階
コメント

散髪めん

2006年08月08日 | めんちゃん日記
 この暑い中、というわけでカッパ姉ちゃんたちが
涼しいところへ行ってる間、ぼくは、おじいちゃん
とこに留守番だったんだ。
 しかもサマーカットとか云って素人ハサミでパチ
パチ髪の毛を切られたんだよ。
前のが、かっこよかった!って云うワンちゃんがいる
というのに・・・・・まったく。


コメント (2)