ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

ビルボード 全米 Top40 1983年11月19日付 The Fixx - One Thing Leads To Another

2019-11-17 21:05:25 | 1983年ビルボードTop40
1983年11月19日付ビルボード All American Top40、2週目の1位はLionel Richieの"All Night Long"。Lionel Richieですが、The Commodores時代から数多くのヒットを持っていますが、The Commodores時代には"Three Times a Lady"と"Still"、ソロになってからもDiana Rossとのデュエットで1位となった"Endless Love"、ソロの1位"Truly"に続くこれで通算5曲目の1位となりました。

2位は4位からアップ、Paul McCartney and Michael Jacksonの"Say Say Say"。Paul McCartneyもMichael Jacksonも説明することありません、ソロでも数多くの大ヒットを持っています。この二人のデュエットとしては、Michael Jacksonのアルバム『Thriller』に収録の"The Girl Is Mine"が最高位2位を記録していますので、それに続く大ヒットとなりました。
3位は前週と変わらず、Billy Joelの"Uptown Girl"。Billy Joelですが、Top40ヒットは1974年の"Piano Man"からこの曲で通算19曲目、Top3ヒットは1977年の"Just the Way You Are"以来、No.1ヒット2曲を含めこの曲で5曲目となります。
4位は2位からダウン、2週間の1位を記録、Kenny Rogers with Dolly Partonの"Islands In the Stream"。カントリー界の大御所二人のデュエットです。両者とも50年代から活躍していますが、Kenny Rogersについては1980年の"Lady"以来、Dolly Partonについては1980年の"9 to 5"以来、両者とも2曲目のNo.1ヒットです。
5位は7位からアップ、Quiet Riotの"Cum on Feel the Noize"。70年代中頃から活躍していますが、シングルでは初めてのヒット、もちろん初めてのTop5ヒットです。

この週6位からダウンして8位はThe Fixxの"One Thing Leads To Another"。
最高位は11月5日付の1週間の4位。最高位は4位、Top40には13週滞在する大ヒットでしたが、年間チャートは年度の途中にかかってしまい残念ながら圏外でした。

The Fixxですが、1979年にデビューしたイギリス出身のニューウエイブロックグループ。
初めはシングルのみの発表でしたが、1980年代に入ってからファーストアルバム『Shuttered Room』をリリース。このアルバムはイギリスでは多少ヒットしたようですが、アメリカでは全く話題にならず。
初めてヒットチャートに顔を出したのはセカンドアルバム『Reach the Beach』から。このアルバムからのファーストシングル"Saved by Zero"が初めてのTop40ヒット、1983年8月13日付で最高位20位を記録します。

そしてこのアルバムからのセカンドシングルがこの曲"One Thing Leads To Another"で、4位を記録する彼ら初めての大ヒットとなりました。
曲の作者はメンバー4人の共作。プロデューサーはRupert Hine。Rupert Hineは彼自身もミュージシャンですが、Chris De BurghやTina Turner、Howard Jonesなどのプロデューサーとしても有名です。
"One Thing Leads To Another"ですが、カッティングギターというのでしょうか、なんといってもギターが特徴的で印象に残ります。曲もミステリアスな雰囲気がなかなか良いですね。

The Fixx、この曲が彼らの最大のヒットでしたが、その後も1990年代初めまで数曲をアメリカのヒットチャートに送り込みます。
現在も活動を続けているようです。


今週 先週 song / artist
1 1 ALL NIGHT LONG / LIONEL RICHIE
2 4 SAY SAY SAY / PAUL MCCARTNEY & MICHAEL JACKSON
3 3 UPTOWN GIRL / BILLY JOEL
4 2 ISLANDS IN THE STREAM / KENNY ROGERS with DOLLY PARTON
5 7 CUM ON FEEL THE NOISE / QUIET RIOT
6 5 TOTAL ECLIPSE OF THE HEART / BONNIE TYLER
7 13 LOVE IS A BATTLEFIELD / PAT BENATAR
8 6 ONE THING LEADS TO ANOTHER / FIXX
9 10 SUDDENLY LAST SUMMER / MOTELS
10 17 SAY IT ISN'T SO / DARYL HALL & JOHN OATES
11 8 DELIRIOUS / PRINCE
12 15 HEART AND SOUL / HUEY LEWIS & THE NEWS
13 18 P.Y.T. / MICHAEL JACKSON
14 19 CRUMBLIN' DOWN / JOHN COUGAR
15 11 TELEFONE (LONG DISTANCE LOVE AFFAIR) / SHEENA EASTON
16 9 MAKING LOVE OUT OF NOTHING AT ALL / AIR SUPPLY
17 22 CHURCH OF THE POISON MIND / CULTURE CLUB
18 16 TONIGHT, I CELEBRATE MY LOVE / PEABO BRYSON & ROBERTA FLACK
19 14 MODERN LOVE / DAVID BOWIE
20 28 WHY ME? / IRENE CARA
21 12 TRUE / SPANDAU BALLET
22 21 IF ANYONE FALLS / STEVIE NICKS
23 25 SEND HER MY LOVE / JOURNEY
24 42 UNION OF THE SNAKE / DURAN DURAN
25 26 TENDER IS THE NIGHT / JACKSON BROWNE
26 30 IN A BIG COUNTRY / BIG COUNTRY
27 27 HOW MANY TIMES CAN WE SAY GOODBYE / DIONNE WARWICK & LUTHER VANDROSS
28 32 MAJOR TOM / PETER SCHILLING
29 29 AIN'T NOBODY / RUFUS & CHAKA KHAN
30 31 MIRROR MAN / HUMAN LEAGUE
31 23 LOVE IS STRANGE / EURYTHMICS
32 38 TWIST OF FATE / OLIVIA NEWTON-JOHN
33 36 SOULS / RICK SPRINGFIELD
34 41 SYNCHRONICITY II / POLICE
35 35 THE SMILE HAS LEFT YOUR EYES / ASIA
36 37 JUST GOT LUCKY / JOBOXERS
37 45 OWNER OF A LONELY HEART / YES
38 46 I GUESS THAT'S WHY THEY CALL IT THE BLUES / ELTON JOHN
39 48 UNDERCOVER OF THE NIGHT / ROLLING STONES
40 20 KING OF PAIN / POLICE
コメント (6)

David Bowie - Modern Love(1983年の洋楽 Part41)

2019-11-14 22:49:11 | '83年洋楽
1983年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart41はDavid Bowieの"Modern Love"。
最高位は11月12日の第14位。年間チャートは残念ながら圏外でした。

David Bowie、1960年代から活躍するイギリス出身のロック歌手、グラムロックの先駆者として世界的人気のミュージシャンです。
初めてのヒットは1969年にリリースしたアルバム『David Bowie』。イギリスでは17位、アメリカでは16位を記録します。
シングルもそのアルバムに収録された"Space Oddity"がアメリカではヒットしませんでしたがイギリスで第5位を記録。人気ロックミュージシャンとなります。
この"Space Oddity"は1973年に再リリースされ、アメリカで15位を記録。このシングルはアメリカでも初めてのヒットとなります。

その後も特にアルバムを中心に大ヒットを続けますが、彼の9枚目のスタジオアルバム『Young Americans』収録の"Fame"がシングルカットされついにアメリカでNo.1を記録、年間チャートでも7位と大ヒットとなります。

続いて1976年に"Golden Years"が10位のヒット、その後はしばらくアメリカでもイギリスでもシングルヒットが途絶えますが、アルバムは全世界で続けてヒット、1981年にQueenとのコラボシングル"Under Pressure"がアメリカで29位を記録します。

そして彼の14枚目のアルバム『Let's Dance』、1983年にリリースされ、全世界的に大ヒット、アメリカでは最高位4位でしたが特にヨーロッパを中心に各国で1位を記録します。アメリカでも超ロングセラーアルバムとなり、83年に28位、84年に64位と2年連続年間チャートに入りました。
このアルバムのプロデュースは、David BowieとともにNile Rodgers。
Nile Rodgersも皆さんご存知ですよね、Chicのギタリストでもあり、様々な大ヒットアルバムを手掛けた敏腕プロデューサーです。Nile Rodgersがプロデュースを手掛けると、切れの良いダンサブルでおしゃれなサウンドが加わります。最近でも、2013年にリリースされたダフト・パンクの「ゲット・ラッキー」が世界中で大ヒットしたのが記憶に新しいところです。

"Modern Love"ですが、アルバム『Let's Dance』からの3枚目のシングルカット曲。作者はDavid Bowie自身、もちろんプロデュースにはNile Rodgersが加わっています。個人的にはこのアルバムで最も好きな曲です。
コメント (12)

ビルボード 全米 Top40 1983年11月12日付 Stevie Nicks - If Anyone Falls

2019-11-10 20:10:39 | 1983年ビルボードTop40
1983年11月12日付ビルボード All American Top40、1位の交代がありました、2位から上がっての1位はLionel Richieの"All Night Long"。Lionel Richieですが、The Commodores時代から数多くのヒットを持っていますが、The Commodores時代には"Three Times a Lady"と"Still"、ソロになってからもDiana Rossとのデュエットで1位となった"Endless Love"、ソロの1位"Truly"に続くこれで通算5曲目の1位となりました。

2週間の1位からダウンしての2位はKenny Rogers with Dolly Partonの"Islands In the Stream"。カントリー界の大御所二人のデュエットです。両者とも50年代から活躍していますが、Kenny Rogersについては1980年の"Lady"以来、Dolly Partonについては1980年の"9 to 5"以来、両者とも2曲目のNo.1ヒットです。
3位は5位からアップ、Billy Joelの"Uptown Girl"。Billy Joelですが、Top40ヒットは1974年の"Piano Man"からこの曲で通算19曲目、Top3ヒットは1977年の"Just the Way You Are"以来、No.1ヒット2曲を含めこの曲で5曲目となります。
4位は6位からアップ、Paul McCartney and Michael Jacksonの"Say Say Say"。Paul McCartneyもMichael Jacksonも説明することありません、ソロでも数多くの大ヒットを持っています。この二人のデュエットとしては、Michael Jacksonのアルバム『Thriller』に収録の"The Girl Is Mine"が最高位2位を記録していますので、それに続く大ヒットとなりました。
5位は3位からダウン、4週間の1位の大ヒット、Bonnie Tylerの"Total Eclipse of the Heart"。Bonnie Tylerですが、1977年に3位を記録した初めてのヒット曲"It's a Heartache"以来2曲目のTop40ヒットがNo.1獲得です。

この週21位はStevie Nicksの"If Anyone Falls"。
最高位は前週11月5日付の1週のみの14位。年間チャートは残念ながら圏外でした。

Stevie Nicks、説明する必要はありませんね、フリートウッド・マックの歌姫、というよりも、アメリカを代表する女性ロックボーカリストです。
全米1位を記録した彼女のファーストソロアルバム『Bella Donna』に続いてリリースされたセカンドソロアルバム『The Wild Heart』から、最高位5位を記録した"Stand Back"に続く2曲目のシングルカットがこの曲"If Anyone Falls"です。

"If Anyone Falls"ですが、作者はStevie Nicksとこのアルバムにシンセサイザーとバックボーカルでも参加しているスタジオミュージシャンSandy Stewartとの共作。この曲にはほかにもギターにWaddy Wachtel、ドラムスにはRuss Kunkelと、有名スタジオミュージシャンが参加しています。
このアルバムには、ほかにもTom PettyやSteve Lukather、Don Felder、Princeなど凄いメンバーが参加しています。
プロデューサーはJimmy Iovine、Jimmy Iovineは『Bella Donna』もTom Pettyとともに手掛けていましたね。


今週 先週 song / artist
1 2 ALL NIGHT LONG / LIONEL RICHIE
2 1 ISLANDS IN THE STREAM / KENNY ROGERS with DOLLY PARTON
3 5 UPTOWN GIRL / BILLY JOEL
4 6 SAY SAY SAY / PAUL MCCARTNEY & MICHAEL JACKSON
5 3 TOTAL ECLIPSE OF THE HEART / BONNIE TYLER
6 4 ONE THING LEADS TO ANOTHER / FIXX
7 12 CUM ON FEEL THE NOISE / QUIET RIOT
8 8 DELIRIOUS / PRINCE
9 7 MAKING LOVE OUT OF NOTHING AT ALL / AIR SUPPLY
10 11 SUDDENLY LAST SUMMER / MOTELS
11 9 TELEFONE (LONG DISTANCE LOVE AFFAIR) / SHEENA EASTON
12 10 TRUE / SPANDAU BALLET
13 17 LOVE IS A BATTLEFIELD / PAT BENATAR
14 15 MODERN LOVE / DAVID BOWIE
15 18 HEART AND SOUL / HUEY LEWIS & THE NEWS
16 16 TONIGHT, I CELEBRATE MY LOVE / PEABO BRYSON & ROBERTA FLACK
17 19 SAY IT ISN'T SO / DARYL HALL & JOHN OATES
18 20 P.Y.T. / MICHAEL JACKSON
19 21 CRUMBLIN' DOWN / JOHN COUGAR
20 13 KING OF PAIN / POLICE
21 14 IF ANYONE FALLS / STEVIE NICKS
22 26 CHURCH OF THE POISON MIND / CULTURE CLUB
23 24 LOVE IS STRANGE / EURYTHMICS
24 22 BURNING DOWN THE HOUSE / TALKING HEADS
25 30 SEND HER MY LOVE / JOURNEY
26 31 TENDER IS THE NIGHT / JACKSON BROWNE
27 32 HOW MANY TIMES CAN WE SAY GOODBYE / DIONNE WARWICK & LUTHER VANDROSS
28 37 WHY ME? / IRENE CARA
29 43 AIN'T NOBODY / RUFUS & CHAKA KHAN
30 44 IN A BIG COUNTRY / BIG COUNTRY
31 36 MIRROR MAN / HUMAN LEAGUE
32 46 MAJOR TOM / PETER SCHILLING
33 23 THE SAFTEY DANCE / MEN WITHOUT HATS
34 35 QUEEN OF THE BROKEN HEARTS / LOVERBOY
35 41 THE SMILE HAS LEFT YOUR EYES / ASIA
36 45 SOULS / RICK SPRINGFIELD
37 39 JUST GOT LUCKY / JOBOXERS
38 49 TWIST OF FATE / OLIVIA NEWTON-JOHN
39 42 MY TOWN / MICHAEL STANLEY BAND
40 40 SPICE OF LIFE / MANHATTAN TRANSFER
コメント (16)

Agnetha Faltskog - Can't shake loose(1983年の洋楽 Part40)

2019-11-07 22:25:55 | '83年洋楽
1983年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart40はAgnetha Faltskogの"Can't shake loose"。
最高位は11月5日付の1週のみの29位。年間チャートは残念ながら圏外でした。

Agnetha Faltskog、アメリカでのソロシングルではこの曲が初めてのヒット曲ですが、洋楽ファンの皆さんなら彼女の名前はよくご存じだと思います、世界中で人気の偉大なポップスグループABBAのメンバーです。

70年代、世界中で数多くの大ヒットを生み出したABBAですが、1982年、最高位27位を記録した"When All Is Said And Done"が最後のヒット曲となり、その1982年に活動を停止、解散してしまいました。

ABBAでの活動停止後、まずは2枚ボーカルのひとりFridaの"I Know There's Something Going On"が最高位13位のヒットとなります。
そして続いてのヒット曲が二人目のボーカルAgnetha Faltskogの"Can't shake loose"となります。

Agnetha Faltskogですが1983年にソロでの英語版の初めてのアルバム『Wrap Your Arms Around Me』を発表、そこからのシングル"The Heat Is On"がヨーロッパで大ヒットします。
そして次のシングル"Can't shake loose"がアメリカでもヒットチャートを上がってきました。
この曲の作者はあのRuss Ballard。Russ Ballardといえば先にシングルを出してヒットしたFridaの"I Know There's Something Going On"の作者でもあります。Russ Ballardは他にも数々のヒット曲を生み出してきた素晴らしいソングライターです。
そしてこの曲のプロデュースはMike Chapman。彼もまた敏腕プロデューサーです。BlondieやSuzi Quatro、Pat Benatarなどのプロデュースで数多くの大ヒット曲を生み出しています。
大ヒットにはなりませんでしたが、Fridaに続いてアバの曲がチャートを上がってきてうれしかったです。ギターソロが意外にもカッコイイ曲でもありました。さすがRuss Ballardです。


Fridaの"I Know There's Something Going On"についてはこちらをどうぞ→→→

ヨーロッパでは数々のソロヒットを持っていたAgnethaですが、アメリカでのソロでのHot100ヒットは2曲のみ、1988年に最高位は93位とぎりぎり100位以内に入ったのが"I Wasn't the One (Who Said Goodbye)"。なんとPeter Ceteraとのデュエットソングです。
コメント (15)

ビルボード 全米 Top40 1983年11月5日付 Kenny Rogers with Dolly Parton - Islands In The Stream

2019-11-03 22:22:09 | 1983年ビルボードTop40
1983年11月5日付ビルボード All American Top40、2週目の1位はKenny Rogers with Dolly Partonの"Islands In the Stream"。カントリー界の大御所二人のデュエットです。両者とも50年代から活躍していますが、Kenny Rogersについては1980年の"Lady"以来、Dolly Partonについては1980年の"9 to 5"以来、両者とも2曲目のNo.1ヒットです。

2位は3位からアップ、Lionel Richieの"All Night Long"。Lionel Richieですが、The Commodores時代から数多くのヒットを持っていますが、ソロになってからもDiana Rossとのデュエットで1位となった"Endless Love"、ソロの1位"Truly"に続くTop3ヒットです。
3位は2位からダウン、4週間の1位の大ヒット、Bonnie Tylerの"Total Eclipse of the Heart"。Bonnie Tylerですが、1977年に3位を記録した初めてのヒット曲"It's a Heartache"以来2曲目のTop40ヒットがNo.1獲得です。
4位は5位からアップ、The Fixxの"One Thing Leads to Another"、2曲目のTop40ヒットで初めてのTop5入りです。
5位は10位からアップ、Billy Joelの"Uptown Girl"。Billy Joelですが、Top40ヒットは1974年の"Piano Man"からこの曲で通算19曲目、Top5ヒットは1977年の"Just the Way You Are"以来、No.1ヒット2曲を含めこの曲で5曲目となります。

この週2週目の1位はKenny Rogers with Dolly Partonの"Islands In the Stream"。
No.1はこの2週間、年間チャートは年度の途中になってしまい1984年の56位でしたが、Hot100に25週、Top10に12週間滞在する大ヒットでした。

さて、Kenny Rogers と Dolly Parton、両者とも紹介する必要がないほど1950年代から活躍し、数多くの大ヒットを持っている大スターです。
まずはKenny Rogers、1950年代から活躍しているカントリー界の大御所歌手。初めはバンドを組んでいましたが、1970年代中頃にソロ活動をはじめ、1977年にリリースした"Lucille"が初めてのTop40ヒットとなり、最高位5位の大ヒットになります。その後は数多くのTop40ヒットを出し、この曲で17曲目のTop40ヒットとなります。中でも"Lady"は6週間のNo.1、1981年の年間チャート3位の大ヒットとなります。その後、90年代以降はHot100のシングルヒットこそなくなりましたが、カントリー界を中心に活躍を続けるまさにアメリカを代表する国民的な歌手です。

そしてDolly Parton、こちらも50年代後半から活躍するカントリー界を代表する国民的な大歌手。
レギュラーチャートこそ初めてのヒットは70年代中頃ですが、カントリーチャートでは70年代初めころから沢山のNo.1ヒットを持っています。
Top40では1977年の"Here You Come Again"が初めてチャートインして最高位3位を記録、"Islands In the Stream"で7曲目のTop40ヒットになります。"9 to 5"が2週間の1位を記録して年間9位の大ヒットになっています。

さて"Islands In the Stream"ですが、この曲はKenny Rogersのアルバム『Eyes That See in the Dark』に収録。このアルバムはThe Bee Gees3兄弟が全面参加、プロデュースや作詞作曲を手掛けています。
もちろんこの曲もBarry, Robin & Maurice Gibbの作によるものです。さすがBee Gees、いい曲作りますね。


こちらはビージーズバージョンです。


今週 先週 song / artist
1 1 ISLANDS IN THE STREAM / KENNY ROGERS with DOLLY PARTON
2 3 ALL NIGHT LONG / LIONEL RICHIE
3 2 TOTAL ECLIPSE OF THE HEART / BONNIE TYLER
4 5 ONE THING LEADS TO ANOTHER / FIXX
5 10 UPTOWN GIRL / BILLY JOEL
6 11 SAY SAY SAY / PAUL MCCARTNEY & MICHAEL JACKSON
7 6 MAKING LOVE OUT OF NOTHING AT ALL / AIR SUPPLY
8 8 DELIRIOUS / PRINCE
9 9 TELEFONE (LONG DISTANCE LOVE AFFAIR) / SHEENA EASTON
10 4 TRUE / SPANDAU BALLET
11 12 SUDDENLY LAST SUMMER / MOTELS
12 14 CUM ON FEEL THE NOISE / QUIET RIOT
13 7 KING OF PAIN / POLICE
14 15 IF ANYONE FALLS / STEVIE NICKS
15 16 MODERN LOVE / DAVID BOWIE
16 17 TONIGHT, I CELEBRATE MY LOVE / PEABO BRYSON & ROBERTA FLACK
17 20 LOVE IS A BATTLEFIELD / PAT BENATAR
18 19 HEART AND SOUL / HUEY LEWIS & THE NEWS
19 30 SAY IT ISN'T SO / DARYL HALL & JOHN OATES
20 23 P.Y.T. / MICHAEL JACKSON
21 27 CRUMBLIN' DOWN / JOHN COUGAR
22 13 BURNING DOWN THE HOUSE / TALKING HEADS
23 18 THE SAFTEY DANCE / MEN WITHOUT HATS
24 25 LOVE IS STRANGE / EURYTHMICS
25 24 THIS TIME / BRYAN ADAMS
26 40 CHURCH OF THE POISON MIND / CULTURE CLUB
27 21 TELL HER ABOUT IT / BILLY JOEL
28 29 FOOLIN' / DEF LEPPARD
29 31 CAN'T SHAKE LOOSE / AGNETHA FALTSKOG
30 33 SEND HER MY LOVE / JOURNEY
31 34 TENDER IS THE NIGHT / JACKSON BROWNE
32 38 HOW MANY TIMES CAN WE SAY GOODBYE / DIONNE WARWICK & LUTHER VANDROSS
33 28 DR. HECKYLL & MR. JIVE / MEN AT WORK
34 36 AUTOMATIC MAN / MICHAEL SEMBELLO
35 35 QUEEN OF THE BROKEN HEARTS / LOVERBOY
36 39 MIRROR MAN / HUMAN LEAGUE
37 46 WHY ME? / IRENE CARA
38 22 SEXY + 17 / STRAY CATS
39 41 JUST GOT LUCKY / JOBOXERS
40 42 SPICE OF LIFE / MANHATTAN TRANSFER
コメント (14)