ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

1982年11月13日付 ビルボード 全米 Top40 Fleetwood Mac - Gypsy

2018-11-17 23:10:59 | 1982年ビルボードTop40
1982年11月13日付ビルボード All American Top40、2週目の1位はJoe Cocker and Jennifer Warnesの"Up Where We Belong"。映画『愛と青春の旅だち』主題歌。60年代から活躍しているJoe Cockerですが、これまでの最高のヒットは1975年に5位を記録した"You Are So Beautiful"、この曲でもちろん初めてのNo.1です。Jennifer Warnesもこれまでの最高が6位を記録した"Right Time Of The Night"ですので彼女にとっても初めてのNo.1です。

2位は10位からジャンプアップ、Lionel Richieの"Truly"。Lionel Richieですが、The Commodoresでは数々の大ヒットを持っています。そしてDiana Rossとのデュエットソング"Endless Love"はご存知9週間の1位の特大のヒットでした。
3位は前週と変わらず、Olivia Newton-Johnの"Heart Attack"。"Physical"をはじめ数々の大ヒットを持っている彼女、5位を記録した"Make a move on me"に続くTop5ヒットになりました。
4位は9位からこちらもジャンプアップ、Laura Braniganの"Gloria"。ソウルの女王ローラ・ブラニガン、この曲が初めての大ヒットです。
5位は7位からアップ、Neil Diamondの"Heart Light"。数々の大ヒットを持っていますが、1981年に2位を記録した"Love On The Rocks"以来のTop5ヒットです。

この週12位からダウンして27位はFleetwood Macの"Gypsy"。
最高位は10月23日から3週間続けた12位。年間チャートは残念ながら100位以下でした。

Fleetwood Macはもう改めて説明する必要はありませんね。私のブログでも今回ですでに8回目の登場になります。
そして"Gypsy"ですが、そのFleetwood Macのアルバム「Mirage」から4位を記録した大ヒット"Hold Me"に続く2枚目のシングルです。
アルバム「Mirage」についてはこちらの記事をご覧ください。

ボーカルはスティービー・ニックス。スティービーがメインボーカルのシングルはアルバム「タスク」収録で7位まで上がった"Sara"以来になります。
スティービー・ニックス、「ロック界の妖精」、「小悪魔」とも呼ばれていますよね。しばらくソロで活躍していましたが、フリートウッド・マックでの彼女のボーカルはソロの時とはまた違った魅力を発揮しています。

曲の作者はもちろんStevie Nicks。ボーカルも魅力的ですが、良い曲作ります。素晴らしい才能の持ち主ですね。


今週 先週 song / artist
1 1 UP WHERE WE BELONG / JOE COCKER & JENNIFER WARNES
2 10 TRULY / LIONEL RICHIE
3 3 HEART ATTACK / OLIVIA NEWTON-JOHN
4 9 GLORIA / LAURA BRANIGAN
5 7 HEARTLIGHT / NEIL DIAMOND
6 2 WHO CAN IT BE NOW? / MEN AT WORK
7 5 JACK & DIANE / JOHN COUGAR
8 8 YOU CAN DO MAGIC / AMERICA
9 4 I KEEP FORGETTIN' / MICHAEL MCDONALD
10 14 MUSCLES / DIANA ROSS
11 6 EYE IN THE SKY / ALAN PARSONS PROJECT
12 36 MANEATER / DARYL HALL & JOHN OATES
13 27 MICKEY / TONI BASIL
14 24 STEPPIN' OUT / JOE JACKSON
15 15 THE ONE YOU LOVE / GLENN FREY
16 18 YOU DON'T WANT ME ANYMORE / STEEL BREEZE
17 17 LOVE COME DOWN / EVELYN "CHAMPAGNE" KING
18 20 AMERICAN HEARTBEAT / SURVIVOR
19 22 NOBODY / SYLVIA
20 23 SOUTHERN CROSS / CROSBY STILLS & NASH
21 21 NEW WORLD MAN / RUSH
22 25 PRESSURE / BILLY JOEL
23 40 SHADOWS OF THE NIGHT / PAT BENATAR
24 11 BREAK IT TO ME GENTLY / JUICE NEWTON
25 29 IT'S RAINING AGAIN / SUPERTRAMP
26 30 LOVE ME TOMORROW / CHICAGO
27 12 GYPSY / FLEETWOOD MAC
28 28 ATHENA / WHO
29 31 GET CLOSER / LINDA RONSTADT
30 33 ROCK THIS TOWN / STRAY CATS
31 35 THE LOOK OF LOVE / ABC
32 55 DIRTY LAUNDRY / DON HENLEY
33 34 I.G.Y. / DONALD FAGEN
34 38 HEARTBREAKER / DIONNE WARWICK
35 42 MISSING YOU / DAN FOGELBERG
36 45 THE GIRL IS MINE / PAUL MCCARTNEY & MICHAEL JACKSON
37 39 I'M SO EXCITED / POINTER SISTERS
38 49 ROCK THE CASBAH / CLASH
39 44 BE MY LADY / JEFFERSON STARSHIP
40 51 YOU AND I / EDDIE RABBITT
コメント (2)

Michael Martin Murphy - What's Forever For(1982年の洋楽 Part38)

2018-11-12 22:33:58 | ’82年洋楽
1982年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart38はMichael Martin Murphyの"What's Forever For"。
最高位は10月9日から5週間も続けた19位。年間チャートは93位。久し振りの大ヒットになりました。

Michael Martin Murphy、70年代からの全米Top40ファンの方ならご存知かもしれません。
1975年の大ヒット曲"Wildfire"が有名です。
アメリカテキサス出身のカントリーシンガーソングライター。
デビューは1972年で、"Geronimo's Cadillac"という曲が37位の小ヒットを記録します。
そして1975年、"Wildfire"が最高位3位(キャッシュ・ボックスでは2位)、年間39位の大ヒットになります。
ヒット曲自体はこの曲"What's Forever For"が最後になりますが、カントリー界ではずっと活動を続け、最近でもアルバムを出すなど、まだまだ第一線で活躍しています。

"What's Forever For"、Rafe VanHoyという人の曲ですが、実にやさしい良い曲です。Michael Martin Murphyの穏やかなボーカルにぴったりですね。
この曲、良い曲だからでしょう、いろんな人が歌っています。初めのレコーディングは England Dan & John Ford Coleyが1978年のアルバムに収録しています。
他にもアン・マレーやジョー・コッカーなどにカバーされています。
こういったカントリータッチの曲は日本ではほとんどヒットしなくって、この曲もほとんどラジオでもかからなかったと思いますが、大変良い曲です。一度聞いてみてください。



こちらはEngland Dan & John Ford Coleyの1978年のアルバム「Dr. Heckle and Mr. Jive」に収録されたバージョンです。これは素晴らしいです。(私はこのバージョンの方がさらに大好きです)



そしてこちらはMichael Martin Murphyの最大のヒット曲"Wildfire"です。
この曲は知っている方も多いのではないでしょうか。
コメント (14)

1982年11月6日付 ビルボード 全米 Top40 A Flock of Seagulls "I Ran (So Far Away)"

2018-11-08 23:18:08 | 1982年ビルボードTop40
1982年11月6日付ビルボード All American Top40、5位から上がってのいきなりの1位はJoe Cocker and Jennifer Warnesの"Up Where We Belong"。映画『愛と青春の旅だち』主題歌。60年代から活躍しているJoe Cockerですが、これまでの最高のヒットは1975年に5位を記録した"You Are So Beautiful"、この曲でもちろん初めてのNo.1です。Jennifer Warnesもこれまでの最高が6位を記録した"Right Time Of The Night"ですので彼女にとっても初めてのNo.1です。

2位は1週のみの1位からダウン、Men at Workの"Who Can It Be Now?"。オーストラリア出身の彼ら、初めてのワールド発売アルバムからのファーストシングルでもちろん初めてのNo.1獲得です。
3位は6位からアップ、Olivia Newton-Johnの"Heart Attack"。"Physical"をはじめ数々の大ヒットを持っている彼女、5位を記録した"Make a move on me"に続くTop5ヒットになりました。
4位は前週と変わらず、これで3週目の4位、Michael McDonaldの"I Keep Forgettin' (Every Time You're Near)"。Michael McDonald、The Doobie Brothers活動停止中に出した初のソロアルバムからのシングルで、もちろんソロとしては初めてのTop5ヒットです。
5位は2位からダウン、4週間の1位を記録した大ヒット、John Cougarの"Jack & Diane"。最高位2位を記録した"Hurts So Good "に続く大ヒットで、もちろん初めてのNo.1ヒットです。

この週16位はA Flock of Seagullsの"I Ran (So Far Away)"。
最高位は10月23日と30日の9位。年間チャートは67位の彼ら初めての大ヒットです。

A Flock of Seagulls、イギリスリバプール出身のニュー・ウェイヴ、ニューロマンティック・バンド。
デビューアルバム「A Flock of Seagulls」からのシングル"I Ran (So Far Away)"がいきなりの大ヒットになりました。
この曲実はイギリスよりもアメリカで大ヒットになりました。アメリカでは9位まで上がりましたが、イギリスでは43位どまりだったのですね。普通、ブリティッシュニューウエイブバンドは本国イギリスで火が付きアメリカに移っていくのが普通ですが、なぜかこの曲、アメリカ人好みだったのです。

この曲、Mike Scoreほか基本メンバーの作によるものです。
なかなか面白いPVになっています。A Flock of Seagullsは「カモメの群れ」でしょうか。特徴あるヘアーは「かもめ」っぽいですが、それが名前の由来なんでしょうかね?


今週 先週 song / artist
1 5 UP WHERE WE BELONG / JOE COCKER & JENNIFER WARNES
2 1 WHO CAN IT BE NOW? / MEN AT WORK
3 6 HEART ATTACK / OLIVIA NEWTON-JOHN
4 4 I KEEP FORGETTIN' / MICHAEL MCDONALD
5 2 JACK & DIANE / JOHN COUGAR
6 3 EYE IN THE SKY / ALAN PARSONS PROJECT
7 10 HEARTLIGHT / NEIL DIAMOND
8 8 YOU CAN DO MAGIC / AMERICA
9 13 GLORIA / LAURA BRANIGAN
10 14 TRULY / LIONEL RICHIE
11 11 BREAK IT TO ME GENTLY / JUICE NEWTON
12 12 GYPSY / FLEETWOOD MAC
13 7 SOMEBODY'S BABY / JACKSON BROWNE
14 18 MUSCLES / DIANA ROSS
15 16 THE ONE YOU LOVE / GLENN FREY
16 9 I RAN (SO FAR AWAY) / FLOCK OF SEAGULLS
17 20 LOVE COME DOWN / EVELYN "CHAMPAGNE" KING
18 22 YOU DON'T WANT ME ANYMORE / STEEL BREEZE
19 19 WHAT'S FOREVER FOR / MICHAEL MARTIN MURPHEY
20 23 AMERICAN HEARTBEAT / SURVIVOR
21 21 NEW WORLD MAN / RUSH
22 24 NOBODY / SYLVIA
23 25 SOUTHERN CROSS / CROSBY STILLS & NASH
24 27 STEPPIN' OUT / JOE JACKSON
25 29 PRESSURE / BILLY JOEL
26 26 SWEET TIME / REO SPEEDWAGON
27 30 MICKEY / TONI BASIL
28 28 ATHENA / WHO
29 31 IT'S RAINING AGAIN / SUPERTRAMP
30 33 LOVE ME TOMORROW / CHICAGO
31 34 GET CLOSER / LINDA RONSTADT
32 32 I GET EXCITED / RICK SPRINGFIELD
33 35 ROCK THIS TOWN / STRAY CATS
34 36 I.G.Y. / DONALD FAGEN
35 39 THE LOOK OF LOVE / ABC
36 42 MANEATER / DARYL HALL & JOHN OATES
37 37 I NEED YOU / PAUL CARRACK
38 41 HEARTBREAKER / DIONNE WARWICK
39 40 I'M SO EXCITED / POINTER SISTERS
40 44 SHADOWS OF THE NIGHT / PAT BENATAR
コメント (22)

Paul Carrack - I Need You(1982年の洋楽 Part37)

2018-11-05 21:14:58 | ’82年洋楽
1982年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart37はPaul Carrackの"I Need You"。
最高位は10月30日と11月6日の37位。Top40はたった2週で落ちてしまいました、という今回はマイナーヒットの紹介の回です。

ヒット曲はマイナーでしたが、Paul Carrack、彼のことは聞いたことがあるかもしれません。元ジェネシスのマイク・ラザフォードが中心となって作ったグループ、マイク & ザ・メカニックスでボーカリストをとっていたミュージシャン、あの全米No.1ヒット"The Living Years"のボーカルで有名なのが彼なんです。

Paul CarrackがTop40に登場するのはこの曲"I Need You"が初めて、この曲を含めたソロ活動を始める前にはイギリスのロックバンドSqueezeにも在籍していました。スクイーズは1987年に"Hourglass"が15位まで上がるヒットになりますが、この時のボーカルはポール・キャラックではありませんでした。

"I Need You"の後、しばらくヒット曲が途絶えますが、1985年にMike + The Mechanicsに参加後はバンドの活動とソロ活動を並行して行い、数々のヒット曲を生み出します。

"I Need You"ですが、Paul CarrackとNick Lowe、Martin Belmontの3人の共作、その中で、Nick Loweですが、1979年に"Cruel To Be Kind"という曲が最高位12位を記録するヒットとなっています。こちらをご覧ください。この曲とっても良い曲です。



共作のニック・ロウとの共演の動画です。
コメント (18)

1982年10月30日付 ビルボード 全米 Top40 The Alan Parsons Project- Eye in the Sky

2018-10-31 22:19:21 | 1982年ビルボードTop40
1982年10月30日付ビルボード All American Top40、2位から上がって第1位はMen at Workの"Who Can It Be Now?"。
オーストラリア出身の彼ら、初めてのワールド発売アルバムからのファーストシングルでもちろん初めてのNo.1獲得です。

2位は4週間の1位からダウン、John Cougarの"Jack & Diane"。最高位2位を記録した"Hurts So Good "に続く大ヒットで、もちろん初めてのNo.1ヒットです。
3位は前週と変わらず、これで3週目の3位Alan Parsons Projectの"Eye in the Sky"。これまでの最大のヒットが1981年に15位を記録した"Time"ですので、初めてのTop3ヒット、初めての大ヒットになりました。
4位は前週と変わらず、Michael McDonaldの"I Keep Forgettin' (Every Time You're Near)"。Michael McDonald、The Doobie Brothers活動停止中に出した初のソロアルバムからのシングルで、もちろんソロとしては初めてのTop5ヒットです。
5位も前週と変わらず、Joe Cocker and Jennifer Warnesの"Up Where We Belong"。映画『愛と青春の旅だち』主題歌。60年代から活躍しているJoe Cockerですが、Top5ヒットは初めてです。Jennifer Warnesもこれまでの最高が6位を記録した"Right Time Of The Night"ですので彼女にとっても初めてのTop5ヒットです。

この週3位はAlan Parsons Projectの"Eye in the Sky"。
最高位は10月16日から3週間続けた3位。年間チャートは32位。彼ら最大のヒットとなりました。

Alan Parsons Project、イギリス出身のロック・バンド。
アラン・パーソンズといえば、ミュージシャンというよりも音楽クリエイターであり、プロデューサー。ビートルズやピンク・フロイドなどの作品も手掛けた偉大な音楽家です。
彼とエリック・ウールフソンの2人がスタジオアルバムを作るときに、スポット的にプロジェクトメンバーとしてセッションミュージシャンなどを集めて作ったバンドです。なので、固定メンバーとしては、アランとエリックの二人だけ。
ただ、"Magic"の大ヒットで有名なロックバンドPilotの元メンバーのデヴィッド・ペイトンとイアン・ベアンソンの二人はほとんどのアルバムに参加し、メンバーのようなものだったということです。
アラン・パーソンズはPilotのプロデューサも手掛けていて、もちろん"Magic"や、日本で大ヒットした"January"も彼のプロデュースによるものです。

"Eye in the Sky"ですが、ボーカルはもちろんエリック・ウールフソン。彼の声は穏やかな声というのでしょうか、独特な声をしています。この曲のようなゆったりとした曲にはぴったりです。というか、彼の曲に合わせてこのような曲になっているのでしょう。地味な曲だと思いますが思いのほかの大ヒットになりました。


今週 先週 song / artist
1 2 WHO CAN IT BE NOW? / MEN AT WORK
2 1 JACK & DIANE / JOHN COUGAR
3 3 EYE IN THE SKY / ALAN PARSONS PROJECT
4 4 I KEEP FORGETTIN' / MICHAEL MCDONALD
5 5 UP WHERE WE BELONG / JOE COCKER & JENNIFER WARNES
6 6 HEART ATTACK / OLIVIA NEWTON-JOHN
7 7 SOMEBODY'S BABY / JACKSON BROWNE
8 8 YOU CAN DO MAGIC / AMERICA
9 9 I RAN (SO FAR AWAY) / FLOCK OF SEAGULLS
10 13 HEARTLIGHT / NEIL DIAMOND
11 11 BREAK IT TO ME GENTLY / JUICE NEWTON
12 12 GYPSY / FLEETWOOD MAC
13 14 GLORIA / LAURA BRANIGAN
14 36 TRULY / LIONEL RICHIE
15 15 HOLD ON / SANTANA
16 20 THE ONE YOU LOVE / GLENN FREY
17 17 DON'T FIGHT IT / KENNY LOGGINS WITH STEVE PERRY
18 29 MUSCLES / DIANA ROSS
19 19 WHAT'S FOREVER FOR / MICHAEL MARTIN MURPHEY
20 22 LOVE COME DOWN / EVELYN "CHAMPAGNE" KING
21 23 NEW WORLD MAN / RUSH
22 24 YOU DON'T WANT ME ANYMORE / STEEL BREEZE
23 27 AMERICAN HEARTBEAT / SURVIVOR
24 25 NOBODY / SYLVIA
25 28 SOUTHERN CROSS / CROSBY STILLS & NASH
26 26 SWEET TIME / REO SPEEDWAGON
27 32 STEPPIN' OUT / JOE JACKSON
28 30 ATHENA / WHO
29 33 PRESSURE / BILLY JOEL
30 34 MICKEY / TONI BASIL
31 - IT'S RAINING AGAIN / SUPERTRAMP
32 35 I GET EXCITED / RICK SPRINGFIELD
33 37 LOVE ME TOMORROW / CHICAGO
34 40 GET CLOSER / LINDA RONSTADT
35 39 ROCK THIS TOWN / STRAY CATS
36 46 I.G.Y. / DONALD FAGEN
37 41 I NEED YOU / PAUL CARRACK
38 38 YOUNG LOVE / AIR SUPPLY
39 42 THE LOOK OF LOVE / ABC
40 44 I'M SO EXCITED / POINTER SISTERS
コメント (16)