ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

1981年12月26日付 ビルボード 全米 Top40 Chilliwack - My Girl (Gone, Gone, Gone)

2017-12-30 15:15:46 | 1981年ビルボードTop40
1981年12月26日付ビルボード All American Top40、6週目の1位の大ヒット、Olivia Newton-Johnの"Physical"。ポップスディスコ調のこの曲で1980年に1位を記録した"Magic"以来のNo.1。1974年の"I Honestly Love You/愛の告白"のNo.1獲得を皮切りにジョン・トラボルタとのデュエット"You're The One That I Want/愛のデュエット"を含めて5曲目の1位獲得です。

2位は前週と変わらずこれで5週目の2位、"Physical"が強く1位になれません、Foreignerの"Waiting For A Girl Like You"。大人気ロックグループForeigner、2位を記録した"Double Vision"に続く通算3曲目のTop3ヒットです。
3位も前週と変わらず、Earth Wind & Fireの"Let's Groove"。1975年に1位に輝いた"Shining Star"、1976年に5位を記録した"Sing A Song"、1979年に2位を記録したソウルバラード"After The Love Has Gone"に続く4曲目のTop5ヒットとなりました。
4位は6位からアップ、Daryl Hall & John Oatesの"I Can't Go for That"。数々の大ヒットを持っている大人気デュオ、2週間の1位を記録した"Private Eyes"に続くTop5ヒットです。
5位は前週と変わらず、Rod Stewartの"Young Turks"。数多くのヒット曲を持っているRod Stewart、1981年2月に最高位5位を記録した"Passion"に続くTop5ヒットとなりました。

この週22位からダウンして29位はChilliwackの"My Girl(Gone, Gone, Gone)"。
最高位は12月12日と19日の22位。年間チャートは圏外でした。

Chilliwackといっても、あんまり知っている人がいない日本ではなじみのないロックグループの登場です。
カナダのバンクーバー周辺出身、「チリワック」はこの地方の観光地(地名)からとったのでしょう。
1970年代初めから活躍していて、カナダでは人気のロックグループでしたが、アメリカのビルボードではHot100に数曲エントリーしていましたが、Top40に入るヒットはこの曲が初めてです。
彼ら通算8枚目のアルバム「Wanna Be a Star」収録曲で、このアルバムからはもう1曲"I Believe"が最高位33位を記録するヒットとなりますが、この曲が最後のTop40ヒットとなってしまいました。

"My Girl(Gone, Gone, Gone)"、この曲、カナディアンロックの名曲ですね。
ギターが実にかっこいいし、ボーカルも変化に富んで曲にぴったり、今でも大好きな曲です


1981年のヒットチャートを追ってきましたが、この週でこの年は最後、あとは年間チャートです。
次の記事は年間チャートを紹介しますね。お楽しみに!

今週 先週 song / artist
1 1 PHYSICAL / OLIVIA NEWTON-JOHN
2 2 WAITING FOR A GIRL LIKE YOU / FOREIGNER
3 3 LET'S GROOVE / EARTH WIND & FIRE
4 6 I CAN'T GO FOR THAT (NO CAN DO) / DARYL HALL & JOHN OATES
5 5 YOUNG TURKS / ROD STEWART
6 8 HARDEN MY HEART / QUARTERFLASH
7 7 WHY DO FOOLS FALL IN LOVE / DIANA ROSS
8 10 LEATHER AND LACE / STEVIE NICKS
9 9 DON'T STOP BELIEVIN' / JOURNEY
10 11 TROUBLE / LINDSEY BUCKINGHAM
11 23 CENTERFOLD / J. GEILS BAND
12 13 YESTERDAY'S SONGS / NEIL DIAMOND
13 14 COMIN' IN AND OUT OF YOUR LIFE / BARBRA STREISAND
14 15 TURN YOUR LOVE AROUND / GEORGE BENSON
15 16 THE SWEETEST THING / JUICE NEWTON
16 21 HOOKED ON CLASSICS / ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA
17 18 TAKE MY HEART / KOOL & THE GANG
18 19 COOL NIGHT / PAUL DAVIS
19 4 OH NO / COMMODORES
20 12 EVERY LITTLE THING SHE DOES IS MAGIC / POLICE
21 25 SOMEONE COULD LOSE A HEART TONIGHT / EDDIE RABBITT
22 17 HERE I AM / AIR SUPPLY
23 27 I WOULDN'T HAVE MISSED IT FOR THE WORLD / RONNIE MILSAP
24 28 SHAKE IT UP / CARS
25 26 STEAL THE NIGHT / STEVIE WOODS
26 30 WAITING ON A FRIEND / ROLLING STONES
27 20 OUR LIPS ARE SEALED / GO GO'S
28 32 SHE'S GOT A WAY / BILLY JOEL
29 22 MY GIRL / CHILLIWACK
30 34 COME GO WITH ME / BEACH BOYS
31 33 UNDER PREASURE / QUEEN
32 40 YOU COULD HAVE BEEN WITH ME / SHEENA EASTON
33 37 LEADER OF THE BAND / DAN FOGELBERG
34 24 HEART LIKE A WHEEL / STEVE MILLER BAND
35 41 TAKE IT EASY ON ME / LITTLE RIVER BAND
36 38 CASTLES IN THE AIR / DON MCLEAN
37 39 MORE THAN JUST THE TWO OF US / SNEAKER
38 29 PRIVATE EYES / DARYL HALL & JOHN OATES
39 31 START ME UP / ROLLING STONES
40 49 LOVE IS ALRIGHT TONIGHT / RICK SPRINGFIELD
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

1981年12月19日付 ビルボード 全米 Top40 Steve Miller Band - Heart Like a Wheel

2017-12-24 20:56:35 | 1981年ビルボードTop40
1981年12月19日付ビルボード All American Top40、これで5週目の1位の大ヒット、Olivia Newton-Johnの"Physical"。ポップスディスコ調のこの曲で1980年に1位を記録した"Magic"以来のNo.1。1974年の"I Honestly Love You/愛の告白"のNo.1獲得を皮切りにジョン・トラボルタとのデュエット"You're The One That I Want/愛のデュエット"を含めて5曲目の1位獲得です。

2位は前週と変わらずこれで4週目の2位、Foreignerの"Waiting For A Girl Like You"。大人気ロックグループForeigner、2位を記録した"Double Vision"に続く通算3曲目のTop3ヒットです。
3位は5位からアップ、Earth Wind & Fireの"Let's Groove"。1975年に1位に輝いた"Shining Star"、1976年に5位を記録した"Sing A Song"、1979年に2位を記録したソウルバラード"After The Love Has Gone"に続く4曲目のTop5ヒットとなりました。
4位は前週と変わらずこれで3週目の4位、The Commodoresの"Oh No"。大人気グループThe Commodores、"Still"、"Three Times A Lady"の2曲のNo.1ヒットを含む通算7曲目のTop5ヒットです。
5位は6位からアップしてTop5入り、Rod Stewartの"Young Turks"。数多くのヒット曲を持っているRod Stewart、1981年2月に最高位5位を記録した"Passion"に続くTop5ヒットとなりました。

この週24位がSteve Miller Bandの"Heart Like a Wheel"。最高位は12月12日と19日の24位。年間チャートは残念ながら圏外でした。

Steve Miller Band、1960年代にサンフランシスコでデビュー、60年代後半から活躍し、グレイトフル・デッドやジミ・ヘンドリックス、フリートウッド・マックなどともツアーを行うアメリカでは歴史の古い大人気バンドです。ボズ・スキャッグスもこのグループに一時在籍していました。
日本ではあんまり人気がなくヒットしませんでしたが、アメリカでは大人気、1974年のNo.1ヒット"The Joker"、1976年のこれもNo.1ヒット"Rock 'N Me"、さらに2位を記録した"Fly Like An Eagle"と、この時点ですでに大ヒットを3曲持っています。1976年に発売された「Fly Like An Eagle」邦題「鷲の爪」は素晴らしいアルバムで300万枚以上売れる大ヒットとなりました。
曲はスティーブ・ミラーがほとんどを作詞作曲、プロデュースまで手掛けており、ワンマンバンドといって良いでしょう、曲は古いんだか新しいんだか、鼻にかかったようなボーカルとシンセサイザーが特徴のなかなか他に真似の出来ない曲が多いです。
この曲"Heart Like a Wheel"も彼の作詞作曲、ギターがレトロっぽいけど適度にポップで、あんまりヒットしなかったですがとっても好きな曲です。


今週 先週 song / artist
1 1 PHYSICAL / OLIVIA NEWTON-JOHN
2 2 WAITING FOR A GIRL LIKE YOU / FOREIGNER
3 5 LET'S GROOVE / EARTH WIND & FIRE
4 4 OH NO / COMMODORES
5 6 YOUNG TURKS / ROD STEWART
6 13 I CAN'T GO FOR THAT (NO CAN DO) / DARYL HALL & JOHN OATES
7 8 WHY DO FOOLS FALL IN LOVE / DIANA ROSS
8 9 HARDEN MY HEART / QUARTERFLASH
9 10 DON'T STOP BELIEVIN' / JOURNEY
10 11 LEATHER AND LACE / STEVIE NICKS
11 12 TROUBLE / LINDSEY BUCKINGHAM
12 3 EVERY LITTLE THING SHE DOES IS MAGIC / POLICE
13 14 YESTERDAY'S SONGS / NEIL DIAMOND
14 15 COMIN' IN AND OUT OF YOUR LIFE / BARBRA STREISAND
15 16 TURN YOUR LOVE AROUND / GEORGE BENSON
16 17 THE SWEETEST THING / JUICE NEWTON
17 7 HERE I AM / AIR SUPPLY
18 19 TAKE MY HEART / KOOL & THE GANG
19 21 COOL NIGHT / PAUL DAVIS
20 20 OUR LIPS ARE SEALED / GO GO'S
21 23 HOOKED ON CLASSICS / ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA
22 22 MY GIRL / CHILLIWACK
23 25 CENTERFOLD / J. GEILS BAND
24 24 HEART LIKE A WHEEL / STEVE MILLER BAND
25 27 SOMEONE COULD LOSE A HEART TONIGHT / EDDIE RABBITT
26 26 STEAL THE NIGHT / STEVIE WOODS
27 30 I WOULDN'T HAVE MISSED IT FOR THE WORLD / RONNIE MILSAP
28 32 SHAKE IT UP / CARS
29 18 PRIVATE EYES / DARYL HALL & JOHN OATES
30 36 WAITING ON A FRIEND / ROLLING STONES
31 28 START ME UP / ROLLING STONES
32 37 SHE'S GOT A WAY / BILLY JOEL
33 35 UNDER PREASURE / QUEEN
34 41 COME GO WITH ME / BEACH BOYS
35 29 THE OLD SONGS / BARRY MANILOW
36 31 ARTHUR'S THEME(BEST THAT YOU CAN DO) / CHRISTOPHER CROSS
37 53 LEADER OF THE BAND / DAN FOGELBERG
38 40 CASTLES IN THE AIR / DON MCLEAN
39 42 MORE THAN JUST THE TWO OF US / SNEAKER
40 48 YOU COULD HAVE BEEN WITH ME / SHEENA EASTON
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

1981年12月12日付 ビルボード 全米 Top40 The Go-Go's - Our Lips Are Sealed

2017-12-19 20:36:31 | 1981年ビルボードTop40
1981年12月12日付ビルボード All American Top40、これで4週目の1位、Olivia Newton-Johnの"Physical"。ポップスディスコ調のこの曲で1980年に1位を記録した"Magic"以来のNo.1。1974年の"I Honestly Love You/愛の告白"のNo.1獲得を皮切りにジョン・トラボルタとのデュエット"You're The One That I Want/愛のデュエット"を含めて5曲目の1位獲得です。

2位は前週と変わらずこれで3週目の2位、Foreignerの"Waiting For A Girl Like You"。大人気ロックグループForeigner、2位を記録した"Double Vision"に続く通算3曲目のTop3ヒットです。
3位も前週と変わらず2週目の3位、The Policeの"Every Little Thing She Does Is Magic"。The Policeですが、Top40ヒットは4曲目、これまでの最高位は"De Do Do Do De Da Da Da"と"Don't Stand So Close To Me"の10位で、この曲で初めてのTop3ヒットとなりました。
4位も前週と変わらず、2週目の4位、The Commodoresの"Oh No"。大人気グループThe Commodores、"Still"、"Three Times A Lady"の2曲のNo.1ヒットを含む通算7曲目のTop5ヒットです。
5位は7位からアップ、Earth Wind & Fireの"Let's Groove"。1975年に1位に輝いた"Shining Star"、1976年に5位を記録した"Sing A Song"、1979年に2位を記録したソウルバラード"After The Love Has Gone"に続く4曲目のTop5ヒットとなりました。

この週20位はThe Go-Go'sの"Our Lips Are Sealed"。最高位は12月12日と19日の20位。
年間チャートは、最高位20位で年度の途中というハンデがありながら63位(1982年度)と高順位、最終的にHot100に30週エントリーするデビュー曲としては珍しい超ロングセラーヒットとなりました。

アメリカの大人気ガールズロックバンド「ゴーゴーズ(The Go-Go's)」の記念すべきデビューシングルがこの曲"Our Lips Are Sealed"です。
The Go-Go'sですが、1978年にベリンダ・カーライル(ボーカル)とジェーン・ウィードリン(ギター、ヴォーカル)が中心になって結成された女性5人組ロックグループ。1981年にファーストアルバム「Beauty and the Beat」を発表、そのアルバムからシングル"Our Lips Are Sealed"が発売され、当初はあまり話題になりませんでしたが、徐々に人気が出てヒットチャートをゆっくり上昇、ついに最高20位を記録しました。アルバムはなんと6週間の1位に輝く大ヒットになりました。
"Our Lips Are Sealed"ですが、The Go-Go'sのジェーン・ウィードリンとイギリスのロックグループファン・ボーイ・スリーのボーカリスト「テリー・ホール」の共作です。


今週 先週 song / artist
1 1 PHYSICAL / OLIVIA NEWTON-JOHN
2 2 WAITING FOR A GIRL LIKE YOU / FOREIGNER
3 3 EVERY LITTLE THING SHE DOES IS MAGIC / POLICE
4 4 OH NO / COMMODORES
5 7 LET'S GROOVE / EARTH WIND & FIRE
6 8 YOUNG TURKS / ROD STEWART
7 5 HERE I AM / AIR SUPPLY
8 9 WHY DO FOOLS FALL IN LOVE / DIANA ROSS
9 14 HARDEN MY HEART / QUARTERFLASH
10 11 DON'T STOP BELIEVIN' / JOURNEY
11 12 LEATHER AND LACE / STEVIE NICKS
12 13 TROUBLE / LINDSEY BUCKINGHAM
13 18 I CAN'T GO FOR THAT (NO CAN DO) / DARYL HALL & JOHN OATES
14 16 YESTERDAY'S SONGS / NEIL DIAMOND
15 19 COMIN' IN AND OUT OF YOUR LIFE / BARBRA STREISAND
16 23 TURN YOUR LOVE AROUND / GEORGE BENSON
17 20 THE SWEETEST THING / JUICE NEWTON
18 6 PRIVATE EYES / DARYL HALL & JOHN OATES
19 22 TAKE MY HEART / KOOL & THE GANG
20 21 OUR LIPS ARE SEALED / GO GO'S
21 25 COOL NIGHT / PAUL DAVIS
22 24 MY GIRL / CHILLIWACK
23 27 HOOKED ON CLASSICS / ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA
24 26 HEART LIKE A WHEEL / STEVE MILLER BAND
25 30 CENTERFOLD / J. GEILS BAND
26 28 STEAL THE NIGHT / STEVIE WOODS
27 32 SOMEONE COULD LOSE A HEART TONIGHT / EDDIE RABBITT
28 10 START ME UP / ROLLING STONES
29 15 THE OLD SONGS / BARRY MANILOW
30 36 I WOULDN'T HAVE MISSED IT FOR THE WORLD / RONNIE MILSAP
31 17 ARTHUR'S THEME(BEST THAT YOU CAN DO) / CHRISTOPHER CROSS
32 43 SHAKE IT UP / CARS
33 34 POOR MAN'S SON / SURVIVOR
34 29 NO REPLY AT ALL / GENESIS
35 40 UNDER PREASURE / QUEEN
36 70 WAITING ON A FRIEND / ROLLING STONES
37 52 SHE'S GOT A WAY / BILLY JOEL
38 39 WRACK MY BRAIN / RINGO STARR
39 31 TRYIN' TO LIVE MY LIFE WITHOUT YOU / BOB SEGER
40 44 CASTLES IN THE AIR / DON MCLEAN
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

1981年12月5日付 ビルボード 全米 Top40 The Police - Every Little Thing She Does Is Magic

2017-12-14 20:06:02 | 1981年ビルボードTop40
1981年12月5日付ビルボード All American Top40、3週目の1位となりました、Olivia Newton-Johnの"Physical"。ポップスディスコ調のこの曲で1980年に1位を記録した"Magic"以来のNo.1。1974年の"I Honestly Love You/愛の告白"のNo.1獲得を皮切りにジョン・トラボルタとのデュエット"You're The One That I Want/愛のデュエット"を含めて5曲目の1位獲得です。

2位は前週と変わらず2週目の2位、Foreignerの"Waiting For A Girl Like You"。大人気ロックグループForeigner、2位を記録した"Double Vision"に続く通算3曲目のTop3ヒットです。
3位は4位からアップ、The Policeの"Every Little Thing She Does Is Magic"。The Policeですが、Top40ヒットは4曲目、これまでの最高位は"De Do Do Do De Da Da Da"と"Don't Stand So Close To Me"の10位で、この曲で初めてのTop3ヒットとなりました。
4位は6位からアップ、The Commodoresの"Oh No"。大人気グループThe Commodores、"Still"、"Three Times A Lady"の2曲のNo.1ヒットを含む通算7曲目のTop5ヒットです。
5位は前週と変わらずこれで3週目の5位、Air Supplyの"Here I Am"。大人気バンドAir Supply、これでシングル5曲連続のTop5ヒットとなりました。


この週3位はThe Policeの"Every Little Thing She Does Is Magic"。
最高位は12月5日と12日の3位。年間チャートは1982年の79位でした。

The Police、いわずと知れたスティングを中心とするイギリス出身の3人組ロックグループ。
2枚目のアルバム『白いレガッタ』が世界的にヒットし、その中のシングル"Roxanne"は最高位こそ32位でしたが、ホワイト・レゲエ調の曲も初めて聞くものでしたし、何よりもスティングの愁いを帯びたシャウトは衝撃的でした。
そのアルバム収録の「孤独のメッセージ - Message in a Bottle 」はアメリカではヒットしませんでしたが日本では、また、世界的には大ヒットしました。

この"Every Little Thing She Does Is Magic"は通算4枚目のアルバム『ゴースト・イン・ザ・マシーン』収録で、初めのころに比べればだいぶ聴きやすく、ポップにはなりましたが、緊張感のある独特な歌声に独特の節回し、さすがスティングです。


今週 先週 song / artist
1 1 PHYSICAL / OLIVIA NEWTON-JOHN
2 2 WAITING FOR A GIRL LIKE YOU / FOREIGNER
3 4 EVERY LITTLE THING SHE DOES IS MAGIC / POLICE
4 6 OH NO / COMMODORES
5 5 HERE I AM / AIR SUPPLY
6 3 PRIVATE EYES / DARYL HALL & JOHN OATES
7 11 LET'S GROOVE / EARTH WIND & FIRE
8 12 YOUNG TURKS / ROD STEWART
9 10 WHY DO FOOLS FALL IN LOVE / DIANA ROSS
10 7 START ME UP / ROLLING STONES
11 20 DON'T STOP BELIEVIN' / JOURNEY
12 18 LEATHER AND LACE / STEVIE NICKS
13 16 TROUBLE / LINDSEY BUCKINGHAM
14 17 HARDEN MY HEART / QUARTERFLASH
15 15 THE OLD SONGS / BARRY MANILOW
16 19 YESTERDAY'S SONGS / NEIL DIAMOND
17 9 ARTHUR'S THEME(BEST THAT YOU CAN DO) / CHRISTOPHER CROSS
18 22 I CAN'T GO FOR THAT (NO CAN DO) / DARYL HALL & JOHN OATES
19 30 COMIN' IN AND OUT OF YOUR LIFE / BARBRA STREISAND
20 25 THE SWEETEST THING / JUICE NEWTON
21 23 OUR LIPS ARE SEALED / GO GO'S
22 24 TAKE MY HEART / KOOL & THE GANG
23 27 TURN YOUR LOVE AROUND / GEORGE BENSON
24 26 MY GIRL / CHILLIWACK
25 34 COOL NIGHT / PAUL DAVIS
26 28 HEART LIKE A WHEEL / STEVE MILLER BAND
27 32 HOOKED ON CLASSICS / ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA
28 31 STEAL THE NIGHT / STEVIE WOODS
29 29 NO REPLY AT ALL / GENESIS
30 35 CENTERFOLD / J. GEILS BAND
31 8 TRYIN' TO LIVE MY LIFE WITHOUT YOU / BOB SEGER
32 44 SOMEONE COULD LOSE A HEART TONIGHT / EDDIE RABBITT
33 33 NEVER TOO MUCH / LUTHER VANDROSS
34 36 POOR MAN'S SON / SURVIVOR
35 13 THE NIGHT OWLS / LITTLE RIVER BAND
36 40 I WOULDN'T HAVE MISSED IT FOR THE WORLD / RONNIE MILSAP
37 14 THEME FROM HILL STREET BLUES / MIKE POST ft. LARRY CARLTON
38 38 TWILIGHT / ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
39 43 WRACK MY BRAIN / RINGO STARR
40 46 UNDER PREASURE / QUEEN
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

Chris Christian クリス・クリスチャン - I Want You,I Need you(1981年の洋楽 Part37)

2017-12-10 20:56:40 | '81年洋楽
1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart37はChris Christianの"I Want You,I Need you"。
最高位は11月21日と28日の37位。年間チャートは残念ながら圏外でした。

クリス・クリスチャン、Top40にチャートインしたのはこの1曲のみでした。
Top40には入りませんでしたがHot100にはもう1曲、最高位は88位でAmy Hollandとのデュエットソング"Ain't Nothing Like The Real Thing"があります。

Chris Christian、このブログに最近有名アーチストが続いていましたが、久々に日本では全く知られていない歌手の登場です。
シンガーソングライターでありますが、アメリカではレコードプロデューサーとしての方が有名でした。
ポインター・シスターズ、パティ・オースティン、アル・ジャロウ、ナタリー・コールなどの有名な方々を手掛けていました。
元々、CCM(コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック;キリスト教系の音楽ですね)のミュージシャンでありましたが、同じCCM系のエイミー・グラントを発掘したのも彼だったそうです。

この曲、"I Want You,I Need you"ですが、これぞAORといってもよいメロウで爽やかな曲です。日本では全くヒットしませんでしたが一度聞いてみてください。いい曲ですよ。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加