moon

この月の月はどの月の月

昔なつかし・昭和レトロ キャラクターデザインの先駆者

2018年11月23日 21時21分27秒 | どこかへ

3連休初日。
私は2連休。

人込みを避けて地元の美術館へ。

「土方重巳の世界」展へ

佐藤製薬のsatoちゃんといえばすぐにわかるだろう。
こういう代表作があるってすごいなぁ。

私は「ブーフーウー」が!
実は見たことないのだけれど、幼少の頃
おそらく元は兄のものであったと思われる
ブーだかフーだかウーの絵がかいてあるスプーンを
長く使っていた。

戦争前の柔軟な時代のお洒落な絵と
戦争中の絵と
戦後の可愛い作品たち。
この時代の人たちはほんとにすごいなとぁと思う。

そして、どれも、とても綺麗な状態で保管されており
貴重な資料でもある作品への敬愛が感じられた。

ちょっと懐かしいと思う私と
新鮮味を感じる娘と楽しく鑑賞。

豆乳ラテは思ったより豆腐だった。

コメント

お久しぶりの逢瀬

2018年11月04日 22時43分18秒 | どこかへ

神戸でランチ。
お久しぶりの楽しさでした。
須磨水族園時代の友たちは元気でした。

1人は子育て真っ最中。
それはそれは、大変だろう。
あの、寝たいときに寝れない、
起きたいときでないときに起きなければならない生活は
もう、わたしにはできないだろう。

終わってしまえばあっという間と言うのは本当で
子育ては大変だったことは小出しに思い出す程度で
面白かったこと、嬉しかったこと、楽しかったことが
すぐに思い出される。

すぐに大きくなるんだよ、と言われても
別に今日と明日とで劇的に何かが変わることなど
滅多にないし
わかっちゃいるけれど、
今、この場でごはんをきちんと食べるとか
今、寝るとか、泣かずに帰ってくるとか
そういうことの方がなんか大変。
そういうものだ。

でも、彼がいるから
おそらく見過ごすものに目を止めるし
聞き逃すことにも興味を持つ
暑い、寒い、季節の移り変わりにも敏感になる。

私など菖蒲をお風呂にいれることなど
子どもがいなければ
しなかっただろう。

いろんなことが、彼の血と肉になる。
あなたを感じながら大きくなるのです。

しかし、今の子育ては大変だねぇ。
ラン活て!!!
どうせ、運動場の土の上に平気で置くんだぜ!!!
いや、これも楽しいイベントかぁ。
これこそ、義母に買ってもらいなはれ。

写真はバトンドール、神戸限定プリッツ。
よくこそ、神戸へ!おせぇよ!
あ、友がくれました、ありがとう。

コメント (2)

30分早くでたらきっと・・・

2018年07月27日 00時14分03秒 | どこかへ

娘の大学のグループ展へ。

なんで30分早く出なかったんだろう・・・という日であった。
ちょっと遅くなったけど、今から行けば11時までに到着して
展示観て、他の制作展も観て、帰りは河原町で遅めのランチしちゃうぞ!と思ったのだ。

で、まず、自宅から駅までのバスが渋滞で遅くなった。
JRが遅延しているという情報はあったけれど、そろそろ解消されるかなと思ったし。
今日は京都までJRで、と思ったのだ。
そうしたら、改札で定期を忘れたことに気付く。

げんなりしながら券売機の近くにある安売りチケット売り場で昼特切符を買う。
関西ならではですなぁ。
で、電車・・・乱れてました。
大きく後悔しつつ、これは京都まで行くよりは
大阪で阪急に乗り換えるという方法で行くことにした。

そうしたら、梅田で(梅田(阪急電鉄)は大阪(JR)のことです)タッチの差で
乗り遅れる。
げんなりしながら、暑いホームで待つこと20分。
ようやく特急に乗る。
桂までは順調に本読んで寝る。

桂からさらにバスに乗らねばならないのだけれど、
このバスが!!!
国道で事故があったとかで
もう、全然前に進まない。

学生さんも「歩く速度の三分の一くらいのスピード」と言っていたけれど、
ホントにその通り。
3つ手前のバス停で降りて、歩く!!!
歩いた!!!!暑いのに歩いた!!!20分。
しかも緩いがずーっと坂道。

大学ついて、早速展示室へ。
マジっすか一番上ですか!!!
4階って書いてあるんですけどね、
アトリエ棟というのは天井が高いのです。
だからね、普通の6階くらいの階段昇ってる気がします。

着いたら12時半でした。
1時に授業が始まるのでそれまでに観たかったのでギリでした。
今日は合評というのがあるらしく、
教授と学生で作品についてのお話合いがあるのだそうだ。
それは、もちろん、一緒に聞いてもいいらしいが
気まずいので避けたい。

ということで、何とか間に合って観終わった。
展示についてはまた後日。

で、帰りである。
帰りのバスが!!!
渋滞すぎて運休!!


で、ようやくい動き出し、チケット屋で大阪から京都までの昼特を買っていたので
無駄にしたくないから、JR京都まで行く。

駅で伊勢丹入って
「マールブランシェ」も「都路里」も鬼並んでいたので
パスタを食べた!!!
3時前だった。
京都駅から最寄り駅まで、
本読んで寝て帰ってきた。

もう、めっちゃ疲れた!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント

大山崎山荘美術館、まるでジブリ

2018年06月17日 00時13分04秒 | どこかへ

ウィリアム・モリス展に行きたいと娘が言ってたので
調べてみた。

素敵!これは私も行きたいと思ったので
日を合わせて行ってきた。

梅雨の晴れ間、というのでしょうか、目茶苦茶いい天気。
そして、大山崎山荘美術館は、
どこまでもジブリの絵のような佇まい。

そこにたどり着くまでにトンネル抜けるんだぜ!!!

青い空、赤い屋根、緑生茂る樹木たち。

美術館に入るまでにすでに感動していたけれど、
モリスの展示も素晴らしかった。

ホントに素敵なデザイン。

ピンクを選ばない私も、
こんなに大人っぽいならいいかも、なんて思う。
どこかで見たことがある、という感覚が
多くのデザイナーや芸術家に影響を与えているということを
物語っている。

大山崎山荘美術館は新しく建てられた部分があって
そこは安藤忠雄氏のデザインだそうだ。

やはり、コンクリートの打ちっぱなしでした。
そこで、モネの「睡蓮」も見ちゃったよ。

喫茶室で休憩して、
庭をゆっくり散策して帰ってきた。

いい時間でした。

季節が変わったらまた行きたい場所だなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント

田舎へ参る

2018年06月10日 16時52分02秒 | どこかへ

父方の伯父が亡くなって、
お葬式には父母が行ったのだけれど、
私の従兄弟たちに「今、会っておきなさい」と母が言うので
四十九日に行ってきた。

私が父の田舎に行ったのはかれこれ30年近く前。
あの頃、相当な田舎であったが、今はどうなのだろうか。
そうは変わっていないのだろうなぁ。

車を持たない私は乗り換え案内で行き方を調べる。
北条鉄道なる「テツ」な人には
たまらんローカル線に乗ることになるらしい。
ちょっと楽しみだ。

と、思っていたら、加古川在住の従兄弟が
加古川から車に乗せてくれるらしい。

楽ちんだが、ちょっと残念。

そして、そこは田舎だった!コンビニがあったりするけれど、
やっぱり田舎だった。
そして、集落全体の高齢化がすさまじい。
しかし、田んぼには青々と苗が植えられており
この風景を守るのも大変なのだなぁとしみじみ。

母が、「今、会っておけ」と言ったのはわかる気がするな。
父が亡くなっても、田舎の本家のようなお葬式も法事もしないだろうし
その時に従兄弟たちが来るかどうかはわからないし。

同年代の従兄弟たちは当然のごとく
おっさんになっており、
みんなの子ども達も成人している。
そして、子ども達は、誰も、田舎には住んでいない。

限界集落ってやつか!
あの広い家に従兄弟(長男)は週末に帰って来るらしいが
普段はおばちゃん一人でいるらしい。
足が悪いし、大変だ。
読経してる後ろでも、おじいちゃんたちはほとんどが
正座出来ず、椅子に座ってて、高齢化ってなぁと。。

帰りの電車でしみじみ、
「歩けるように、元気でいるように頑張ろうね」と
父母が話しているのをみると
ホントにそうだなぁと思ったところ。

色々考えた土曜日であった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント

大阪巡りはキタの旅ぃ

2018年05月05日 20時04分45秒 | どこかへ

昨日はいい天気!
だけど、寒かったぁ~

中之島に行って、
五代氏の銅像を写真に撮り
(当たり前だが、ディーンではないのね)


大阪工業大学の梅田キャンパスの食堂でお昼食べて


コーヒー飲んで
たらふくワイン飲んだら
結構、酔っ払った。

帰りはバスの時間が上手くあわず、
タクシーを途中で拾おうと思っている間に
家に到着。

まさしく、飲んで食べて喋った一日。

また、会おうねぇ。
特に旅ということはなかった!
でも、2万歩歩いた!

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント

東京見物

2018年04月13日 23時33分58秒 | どこかへ

息子の引っ越し終わりに次の日が空いたので
東京見物に行く。
娘は日比谷のなんとかって新しいとこに行くよというので
私はスカイツリー見に行こうと思って別行動。
じゃ、東京駅でねって言ってかっこよく別れる。

いやぁ、ビックリした、ガラガラ!
水族館もソラマチも。
春休みなのにね。
あ、スカイツリーは見ただけ。

水族館はクラゲの特集ですが、狭くて小さな水族館だからかどうかは知りませんが
マッピングがあって、本物に脚色していて
ホントの水族に近いのが好きな私には、ごめんなさいイマイチでした。

この狭い東京にたくさんある水族館、生き残りが大変そうですね。
サンシャインが品川に行きたかったのですが、
時間的に無理あるなぁということで
憧れの神保町へ
ああーああー深呼吸!!!!
町にいるだけで幸せでしたが、
本屋をつぶさに物色。
意味不明の専門書も、ワゴンの文庫本も、外国の本も
とても貴重な書物もみればみるほど潤う私。
しかし、注意が必要。
欲しくなってしまう。
買わない、買わない!と言い聞かせながら町巡り。
お腹がすいたので、神保町といえばカレーですな

そうしたら、こんなところにあったあった
共栄堂。旨し!!!
そこでね、俳優の太賀さんを見ました。
顔ちっさ!!!可愛い♪
私の中では個性派という感じで見てましたが
とにかくイケメン。
なので、もっとイケメンな俳優さんはどんな何だろうと思った次第。

そのあとは、加賀恭一郎を追い求めて人形町へ。
ていうか水天宮から人形町。


歩いた歩いた、疲れたよ。


水天宮は意外と都会のお宮さんで思ってた感じと違った。
人形焼きのお店も綺麗になってて、思ってたのと違う。
お煎餅やさんは、思った通りでした。

てな感じで、結構歩いて、ホテルで荷物受け取って
娘と待ち合わせの東京駅へ。

着いたよ~とLINEすると
「今、六本木ぃ、遅れる」という返事
そうかぁ、しかし、私は動く元気なく、
ペットボトルのお茶を飲みながら寝そうになる。
そこで思い出した、私、人形焼を買ったんだ。
思い出した、お煎餅買ったんだ。
食べながら娘を待ち、
職場にバラまくお土産を買い、
娘と落ち合ってビール買って新幹線に乗車。

あー疲れたよ。
次来るときはもうちょっと、ゆっくりしたいねぇ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント

美化しても下衆は下衆

2018年03月18日 22時55分23秒 | どこかへ

歩いた歩いた宇治の旅。

大嫌いな源氏物語の町へ

光源氏ってさ、下衆やんかぁ、キライやわぁ
と思っているけれど、知らなくて嫌いというのは失礼だしね
ということで、宇治十帖モニュメントやら源氏ミュージアムやら
みてきたのであります。

やっぱり下衆やし、
下衆の子どもはもっと下衆やし。。

しかし、考えてみたらたかがフィクションの小説である。
光源氏なんていないのである。
紫の上も葵の上も幼女も美魔女も人妻も継母もいないのである。
なのに、ミュージアムの中は
光源氏の世界を再現しており
宇治十帖の世界が町の中にあったりと
ここでこんな事やらあんなことがぁぁぁっていうのは
もう聖地巡礼の域を超えているね。

男と女のはかなさとかなんだらかんだら
言えばかっこいいけど、なんだかなぁの私。

しかし、平等院を見て、
嫌いな紫式部の像とか見たら
もう、心はさくらパフェが食べたくて食べたくて・・・

出来れば東福寺に戻って行きたいところがあったけれど
心と身体がさくらパフェを求めていたので
あっさり順番待ちする。

  

うまっし!!!!

美味しかったでするぅ、とても。
ありがとー!光っち!!←意味はない

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント

ようこそ日本へ

2018年02月21日 22時15分07秒 | どこかへ

娘とゴッホ展へ。
覚悟はしていたけれど、すごい人。
基本年配者多し。平日だからだね、多分。

やっぱり、自分のペースでみたいなぁという感じは残るね。

そして会場が暗くて、
おば様方が
「暗いわぁ、字ぃ見えへんし」とまぁまぁ声が大きくて
笑えました。

「たゆたえども沈まず」を読んだ後なので
なんだか、亡くなってからその絵が認められることが
悲しすぎてつらかった。

美しい色も不思議な筆運びも浮世絵に影響されていく過程も
悲しくなってしまって
それでも、ゴッホにとって絵を描くことは喜びであったと
思いたい。

そのあとは、平安神宮行って来ました。

河原町に戻ってから、娘と別行動。
寺町をブラブラして帰ってきた。
楽しかったぁ~、めっちゃ歩いたけど。

仏教関係の古本屋でみつけた本を買う。
え?これ?


もう、超可愛いのよ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント

早めのクリスマス気分

2017年11月28日 08時06分57秒 | どこかへ

昨夜はクリスマスマーケットに行きました。
一枚の写真もありませんが・・・

友がワインを売っているので行ってきました。
友の仕事終わりに軽く食べて、飲んで帰ってきましたが

予想以上に酔っ払っていた私。
冷静に冷静に・・・考えてみると

友が仕事している間に
軽く20本のワインを試飲し、
(試飲はもちろん一口ですが、これ、結構きます)
その後、一杯(多め)ワインをいただいておりましたので
その時すでに結構いい気分でした。

いやぁ、参った参った、
今日休みでよかったよ。

 クリスマスマーケットはさほど寒くなく、すいている11月に行くのは正解です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

コメント