美楽韓

カムスヘアのブログ、美楽韓(ミラッカン)へようこそ♪韓国の女の子、男の子みたいなヘアスタイルにしてみませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チョリウォン最高~!!

2016年03月30日 | └ 妊娠・出産・育児

チャ病院の病室で二泊した後、産後調理院(以下チョリウォン)に移動しました。
個人の荷物もチョリウォンの看護婦さんが運んでくれます。
ここから既にサービスが始まるんですね。

こちらが私が泊まった一般ルーム。
あまり広くないけど、清潔感があって明るいです。
VIPルームもありますよ♪



赤ちゃんのベッド。
汚れたらチョリウォンのスタッフがきれいに掃除をしてシーツを替えてくれます。



窓際にはサンプルがいっぱい。
母乳にいいお茶もありました。
何かあったら電話一本でスタッフがすぐに部屋に来てくれます。



ふかふかのベッド。
こじんまりとしていてとってもかわいい。

チャ病院の授乳クッションはビニール製。
授乳中赤ちゃんがおっぱいを吐いちゃったりしても、タオルですぐ拭けるから意外と便利でした。



必要ないと思っていたのに、大活躍だった円座クッション。
このクッションのお陰で、お尻が救われました。

ベッドに座って授乳するときに使う踏み台。
こちらも大活躍。



トイレ。
すごく狭いけどきれいです。



産褥パッドは看護婦さんに言えばくれるし
トイレットペーパーは掃除のおばさんが補充してくれます。



下着や靴下などの私用の洗濯物は洗濯ネットに入れて指定のかごに入れておけば洗濯してくれるんですが
ネットのまま乾燥させるので、しわくちゃになるのがちょっと残念。



廊下はこんな感じ。
掃除のおばさんが毎日掃除してくれるのでいつもぴかぴか。
赤ちゃんの泣き声は少し聞こえるけど、防音もしっかりしてました。



ちょうど真ん中あたりにあるホール。
チョリウォンのママ友達と話をしたり、なぜかここで赤ちゃんをみる人も。



マッサージ器も何台かありました。
私は一度も使わなかったけど・・・。



お腹が空いたときに食べるパン。
ナンピョン(夫)も食べることができます。^^



すごくお世話になったマッサージ&講義室。
マッサージはこの奥で受けることができます。



チャ病院のチョリウォンの料金は2週間で410万ウォン。(一般室)
チャ病院で出産すると10%OFFしてくれるので、私は369万ウォンでした。

一泊で計算すると26万ウォンぐらいですが、大満足!
看護婦さんたちがすごく優しいし、サービスがいいし、安いぐらい。

特にチャ病院のチョリウォンの場合は、病院とチョリウォンが同じ建物にあるので
なにかあったらすぐ診断を受けにいけるし、安心して過ごすことができました。

でも一番良かったのは、夫以外は立ち入り禁止だったこと。
友達はもちろん、家族も入ることができないんです。

産後の疲れた体で赤ちゃんの面倒をみながら人に気を使うのは大変。
チョリウォンにいるときは自分と赤ちゃんのことだけを考えていられたので
それがすっご~く良かったなぁ。

チョリウォンはどこもだいたい満足度が高いよう。
サラリーマンの一ヶ月分の料金ですが
下手にトウミアジュンマを雇うよりずっといいかなと思いました。

人生で一番安らかに過ごせた場所、チョリウォン。(笑)
これから出産する方はチョリウォンおススメですよ~^^



ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

コメント

料金はスイートルーム並みだけど・・・

2016年03月29日 | └ 妊娠・出産・育児

無事に出産を終えた後、2時間ほど分娩室で休み、病室へ移動しました。

「個室にしたから」と主人。

え?個室!?
絶対団体部屋だと思っていたのに。

最初は出産に立ち会わないと言っていた夫。
さすがにへその緒は切らなかったけど
赤ちゃんが産まれる瞬間を見てすごく感動したみたいです。


こちらがチャ病院の個室。
なんと、一泊38万ウォン。(汗)
料金はスイートルームだけど、内装はビジネスホテル。
でも、ベッドや机などの備品は日本製のものが多かったです。



病院だからこんなもんなのかな。
日本だったらもっときれいな気がするけど。





チャ病院は個室か6人部屋しかないんだそう。
6人部屋は保険がきくから一泊2万ウォン。
個室は30万ウォンと38万ウォンと50万ウォン。
ものすごい差。
50万ウォンの病室はどんな感じなのかな。
よくドラマに出るあんな感じかな?(笑)

ちょっと痛い出費だったけど、出産後はけっこうデリケートなことが多いので
個室にしてよかったです。


食事は朝昼晩の3回。

↓朝ごはん。
妊婦必須のワカメスープ。
鶏の煮付け。
野菜関係のおかず2種類と水キムチ。
それからヤクルト。




↓昼ごはん。
ワカメスープ。
豚肉と野菜の炒め物。
豆腐。
もやしのナムル。
白キムチ。
妊婦用のココア。




↓晩ごはん。
サムゲタン。
魚の煮付け。
魚の練り物の炒め物。
キャベツサラダ。
ニンニクの茎とらっきょうの炒め物。
水キムチ。



病院食っていうとまずいイメージがあるけど、私はおいしかったかな。
出産した日はさすがに食べられませんでした。
ご飯がおいしく食べられるって幸せなことだなぁ。


入院するにあたって準備したものは以下の通りです。

1. 歯ブラシなどの洗顔グッズ
2. ティッシュ
3. タオル
4. 基礎化粧品
5. 下着
6. 靴下
7. カーディガン
8. 室内履き
9. 保護者の寝具
10. ステンレスボトル
11. 紙コップ
12. 退院するときに着る服
13. 骨盤ベルト
14. サプリメント
15. 携帯充電器
16. 大きな紙袋ORビニール袋(服やゴミなどを入れるので)
17. 手洗い用石鹸(チョリウォンにはあるけど、病院にはないです)
18. 爪切り
19. 使い捨てのスプーンと箸(保護者用。意外と使います)
20. 授乳クッション
21. おくるみ(속싸개)
22. 冬用のおくるみ(겉싸개)
23. ウェットティッシュ(赤ちゃんのお尻拭き)
24. ハンカチ(赤ちゃん用)
25. 赤ちゃんの服(배냇저고리)

これだけ持っていって、必要なかったのはステンレスボトル。
洗うのが面倒くさいので紙コップを多用しました。

チョリウォンに入るなら授乳クッション、おくるみ、赤ちゃんの服が
チョリウォンに準備してあるので必要ないです。

あと、冬だけど部屋がかなり暑かったので
保護者の寝具は薄い毛布一枚で十分でした。


チャ病院の病室で二泊した後、チャ病院のチョリウォンに入りました。
その話は次の記事で。^^



ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村 

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

コメント (2)

無痛注射を打って出産♪(無痛分娩)

2016年03月25日 | └ 妊娠・出産・育児

40過ぎの初産。
出産は先生の指示で無痛分娩になりました。

本格的な陣痛が始まり、子宮口が7cmほど開いたとき、
「無痛注射の準備をしますね」と看護婦さんが入ってきました。

「体を横にして膝をかかえて、背中を丸めてください」と言われたんですが
お腹が大きい上に陣痛の痛みもあってなかなか背中を丸めることができなくて。

「背中を丸めないと針を入れることができないですよ!」と先生。

そ、そんなこと言われてもお腹がじゃまで・・・。(ToT)

看護婦さんに手伝ってもらってなんとか背中を丸め針を入れることができたんですが
あまりの辛さにこのときだけ涙が出ました。

針を入れるときの痛みはゼロ。
先生が上手に入れてくれたようです。

針を入れた後、すぐに麻酔を注入。
陣痛の痛みが半分ぐらいになり、楽に出産することができました。
無痛注射をしなかったら、痛みで気を失っていたかも。

無痛と言っても痛みが全くないわけではないのでいきむタイミングもわかるし
産後の回復も早いから高齢出産の方にはおススメです。^^

無痛注射の費用はなんと、2万ウォン!
こんなに安いとは。
5年ぐらい前に無痛分娩で出産した友達は
注射代が高かったと言っていたような気がするんですが
保険が適用されるようになったのか
それとも高齢出産だったからかすごく安くすみました。



陣痛で苦しんでいる写真。
普通こんな写真を撮るか、夫よ。

この部屋は夫婦同伴可の分娩室で一泊7万ウォン。
陣痛から分娩まで移動せずにできるので
やっぱり高齢出産の方におススメです。^^


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

コメント (2)

韓国で出産♪

2016年03月24日 | └ 妊娠・出産・育児

2015年の12月。
お気に入りのチャ病院に通いながらなんとか無事に臨月を迎えたのですが
出産予定日の5日前にした内診の結果から
陣痛促進剤を打って出産することになってしまいました。

なんでも子宮の膜?が弱いとかで、自然な陣痛では出産が難しいとのこと。
高齢出産だからなにかあるだろうなと思っていたので、やっぱりなって感じ。

出産に関しては特にこだわりがなかったので、先生の判断に任せて
出産予定日の朝に入院し、陣痛促進剤を打って出産することになりました。

ところが出産予定日の前日の午前5時ごろ。
お腹の痛みで目が覚めました。

既に10分間隔の陣痛。
2時間ほど様子を見ましたが、定期的に陣痛がきていたので
シャワーを浴びて朝ご飯を食べながら主人に陣痛が来ていることを話しました。

「病院に行く?」と主人。
病院は家から車で1時間かかるので、すぐにでも出なければならないんですが
なぜか体を起こしていると陣痛が30分おきに来るんです。

横になると7、8分。
体を起こすと30分という変な陣痛。

行くべきかそれとも予定通り明日の朝行くべきか。

迷いに迷って、病院に行くことにしました。

午後3時半。病院到着。
病院に行くとき車の中で陣痛が一回、病院に着いてからは陣痛が全く来なくなってしまったので
その日は入院して、翌日、予定通り陣痛促進剤を打って出産することになりました。

まさかのフライング。
ああ、恥ずかしい・・・。

やっぱり明日来ればよかったな・・・とベッドに横になりながら考えていたそのとき、

ぷつっ!じゅわ~~~~

なんと、破水してしまったんです!
それと、同時に陣痛が!!

そして3時間半後。













じゃん!
赤ちゃんが産まれました!!゜(゜´Д`゜)゜
産まれたてほやほやの写真。
口から泡吹いてます。(笑)


(注:老人ではありませんw)

男の子に見えますがれっきとした女の子です。
プレートに「나는 공주입니다(私は姫です)」って書いてありますね。
これがなければ女の子には見えないなぁ。(笑)

40過ぎの初産だったので、難産になるだろうと思っていたのに
思っていたより早く出てきてくれました。

自然分娩で出産できたのはよかったけど
やっぱり高齢出産は後々いろんなことが起こりますね・・・。(ToT)
でもまぁ、とりあえず無事に産まれてくれてよかった~。

3,050gの我が家の姫。
これから赤ちゃんとのドタバタの生活が始まります。^^



ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

コメント

韓国のおススメ産院

2016年03月23日 | └ 妊娠・出産・育児

ソウルの長い冬が終わり、暖かい春がやってきました。
寒いのが苦手なので春になるのはとっても嬉しいんですが
미세먼지(PM2.5)がちょっと気になるんですよね。
ほぼ毎日나쁨(悪い)レベル。
でも散歩には絶好の気候なので、もうすぐ三ヶ月になる赤ちゃんを抱っこして
ときどき近所を散策しています。

赤ちゃんはかわいいと思っていたけど、自分の子はまた特別ですね!
一日に何度も「かわいい~」を連発してしまいます。
子供がいる幸せは今までの幸せとは比べ物にならないというけど
なるほど、これかって感じです。
うん、確かに格段の差がありますね。^^

でも忙しいせいか、それとも歳のせいか
赤ちゃんとの楽しい思い出も日が経つにつれてだんだん薄れてしまうんです。

今が一番かわいいときなのにもったいない!

そこで備忘録と情報共有の意味も込めて
ときどき赤ちゃんの話をアップしていこうかなと思っています。
カムスヘアの話とは全く関係ありませんが、しばしお付き合いを。^^

まずは憩いの場だった産院のお話から。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

妊娠してまず悩むのがどこの病院に行けばいいか、ですよね。
私は2つの病院に行きました。(何度か流産したので・・・涙)

一つ目は近所にある장스여성병원
バスで10分かからないところにある病院なので
初めて妊娠したとき迷わずこちらの病院に行きました。

↓こちらがチャンス女性病院の母子手帳。妊娠8週のときにもらいました。







ほとんどはエコー写真を張るページで
日本のように妊婦や赤ちゃんの情報を書き込むページはありません。

チャンス女性病院は普通に愛想が悪かったかな。(笑)
私はそんなに気にならなかったんですが、主人が不親切だってかなりプンプンしてました。

不親切は慣れっこだけど、気に入らなかったのは行く度に先生が変わること。
担当医のシステムではないようで、行く度にカルテを見て名前を確認、
状態を確認するのは正直不安でした。

それ以外はまあまあだったかな。
チャンス女性病院は初めて妊娠したときだけ通いました。


2回目以降はカンナムにある강남차병원に行きました。
こちらはチャンス女性病院とは違ってかなり大きい病院。
家からはちょっと遠いけど、思いっきり高齢出産だから
大きい病院のほうがいいかなと思いチャ病院に通いました。

チャ病院には4年ほど通いましたが、めちゃくちゃ満足しています♪
とにかく親切!
やさしい!
施設の位置もわかりやすい!
日本の病院よりいいかも。

特に担当医だったキムスヒョン(김수현)先生がとってもやさしくて、でもはきはきしていて、
妊娠期間中は先生に会いに行くことだけが楽しみだったと言っても過言ではないぐらい。
あ、キムスヒョンと言っても男性ではなく、女医さんですよ。(笑)
(キムスヒョン先生のプロフィールはこちら。)



チャ病院の母子手帳はバインダー式。
何度も流産したので、母子手帳をもっている妊婦さんが羨ましくて。
もらったときは本当に嬉しかったなぁ。





チャ病院の手帳も半分はエコー写真を張るページで、チャンス女性病院と違う部分は
スケジュールが書き込めるページがあること。
あとは、施設の説明や妊婦さんに必要な情報なんかが載っていました。

韓国の母子手帳は母と子で分かれているのが一般的なようで
退院するときに赤ちゃん用の手帳をもらいました。
ちなみに韓国では母子手帳のことを산모수첩(産母手帳)と呼び
赤ちゃんの手帳を아기수첩(赤ちゃん手帳)と呼びます。



赤ちゃん手帳も産母手帳と同じように治療記録などを書き入れる欄はなく
体重、身長などの身体を記録するページと予防接種をしたか記録するページがあるだけ。
かなりぺらっぺらの手帳です。

チャ病院には不妊治療科もあります。
親切で駅から直通で行けるので個人的には超おススメですが
日本語ができないので、ご注意を。
でも外国人けっこう多かったなぁ。

4年間もお世話になったのにきちんと挨拶ができなかったのが心残り。
これからも定期的に通う予定なので、日本に帰国したときに
おいしいお菓子でも買ってきて、ご挨拶に伺おうかなと思っています。^^



ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

コメント