レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルーズヴェルト・ゲーム 第1話

2014年04月27日 22時12分22秒 | 2014年ドラマ

「奇跡の大逆転劇!涙の勝負!!感動物語」

内容
青島製作所の役員会議は紛糾していた。
就任したばかりの細川充(唐沢寿明)社長を中心にして、話し合っていた。
専務の笹井小太郎(江口洋介)に意見を求められた細川は、
白水銀行からの融資を継続するため、その姿勢を態度で示す必要があると。
大幅コストカットの第一歩として、野球部の廃部を提案するのだった。
野球部超でもある総務部長の三上文夫(石丸幹二)開発部長の神山謙一「山本亨)
そして営業部長の豊岡太一(児嶋一哉)は、意味があると反対。
製造部長の朝比奈誠(六角精児)経理部長の中川篤(小須田康人)は、
細川に同調し賛成する。
すると笹井は、創業者で、会長の青島毅(山崎努)は、野球部に思い入れがあり
青島会長を説得することが出来れば、賛成すると告げる。
それを受け、細川は、早速、青島のもとを訪ねるのだった。

そんななか、主要取引先の“ジャパニクス”社長の諸田清文(香川照之)から、
海外マーケットの影響から生産調整に入る旨が、細川に告げられる。
その後、生産調整の通達と、値下げ圧力もかかり、
一気に赤字転落の危機に陥ってしまう。

直後、行われた白水銀行によるヒアリングで、
生産調整などの話を、細川は隠し通すつもりだったが、
なぜか、白水銀行の磯部支店長(峰竜太)と林田融資課長(宮川一郎太)が、
生産調整の話を知っていたため、全てを明らかにするしか無かった。

そのころ、名門であるが、負け続きの野球部では、
監督の村野三郎(森脇健児)エースの飯島健太(林剛史)
そして、4番の新田達彦(松藤和成)が、突如退職。
都市対抗野球が始まろうとしている、この時期の退職に、
野球部員たちを困惑させていた。
その野球部に、新監督として大道雅臣(手塚とおる)がやってくる。
大道監督は、スタメンの大幅入れ替えを行い。。。。

敬称略




《下町ロケット》を、《半沢》方面に、少し発展させた感じかな。


実際、原作未読なので、どの部分を強調しているのか分かりませんが。

野球部を前に出していることを考えると、

きっと、原作もそういうようなことをしているのでしょう。

ってことは、いろいろな意味で、

そのあたりが、物語のキーになってくるのでしょうね。


とはいえ、

スタッフがスタッフなので、《半沢》のニオイがプンプン。

こうなると、

原作ファン、半沢ファンで、大きく評価が分かれるかもしれませんね。


個人的には、そのアタリのバランス次第で、

面白いかどうかが、決まると思っています。

あ、どっちに転んでも、きっと楽しいんじゃ無いかな。。。ってね。

そう。どっちでも良いのである。

ドラマを見ていて、“面白い”と思えれば。


ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍師官兵衛 第十七回 | トップ | 花子とアン 第25回 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

ルーズヴェルト・ゲーム #01 (ぐ~たらにっき)
『奇跡の大逆転劇!涙の勝負!!感動物語』
ルーズヴェルト・ゲーム #1 感想 (なんでもあり~な日記(カープ中心?))
ルーズヴェルト・ゲーム 第1話あらすじ とられたらとりかえす! 3点取られたら4点取る 7点取られたら8点取る それがウチの目指す野球だ! 会社パートと野球パートな半沢っぽい ...
「ルーズヴェルト・ゲーム」9回2アウトからの逆転劇1お荷物野球部はリストラ候補!融資打ち切りの話に裏が取れた事で最初の融資打... (オールマイティにコメンテート)
「ルーズヴェルト・ゲーム」は池井戸潤原作の「ルーズヴェルト・ゲーム」をドラマ化した作品で業績不振に陥った製作所が様々な困難に直面し、野球部廃部の危機、会社存続の危機に ...
ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」第1話あら... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
逆転に次ぐ逆転の物語-------------!!満を持して登場となった今期の日曜劇場。同じ原作者・池井戸潤さんの作品。「半沢直樹」と同じ枠で放送って、なんかいかにも~ってことで狙い過...
ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」第1話 あらすじ感想「奇跡の大逆転劇!負けられない勝負!!」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
逆転に次ぐ逆転の物語-------------!! 満を持して登場となった今期の日曜劇場。 同じ原作者・池井戸潤さんの作品。 「半沢直樹」と同じ枠で放送って、なんかいかにも~ってことで狙い過ぎてる感は否めないんですけどね。 それでも役者が揃ってるし、パワーゲー....
ルーズヴェルト・ゲーム (第1話・4/27) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系『ルーズヴェルト・ゲーム』(公式) 第1話 初回拡大スペシャル『奇跡の大逆転劇!涙の勝負!!感動物語』の感想。 なお、原作(池井戸潤氏の小説)は未読。 細川(唐沢寿明)は2年前、創業者の青島(山崎努)に抜てきされ、中途採用ながら中堅精密機器メ...
ロング・グットバイ二話&ルーズヴェルト・ゲーム一話感想 (NelsonTouchBlog)
■ロング・グットバイ二話 これは、かっこいい!なんか日本じゃないみたいだけど、原作はアメリカだもんね。世界観を出すための演出やセットが半端ないです。クルマや建物、机の上の小道具うんぬん、一話からこりゃすごいと引き込まれています。一話完結なのかなって思っ...
ルーズヴェルト・ゲーム (Akira's VOICE)
初回の感想 
ルーズヴェルト・ゲーム 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
東京郊外にある精密機器会社・青島製作所では、役員会が行われていました。 役員会は緊迫した空気に包まれ、険しい面持ちの細川社長(唐沢寿明)を前に役員たちの怒号が飛び交います。 金融不況の影響による景気悪化の波が押し寄せ、青島製作所もその余波を受け始め...
【ルーズヴェルト・ゲーム】第1話プチ感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
「奇跡の逆転劇! 涙の勝負!! 感動物語」 初回(第1話)の視聴率は、14.1%
【ルーズヴェルト・ゲーム】第1話プチ感想と... (ショコラの日記帳)
「奇跡の逆転劇!涙の勝負!!感動物語」初回(第1話)の視聴率は、14.1%(関東地区)でした。『花咲舞が黙ってない』と同じく、『半沢直樹』と同じ原作者(池井戸潤氏)だし、豪華キ...
ルーズヴェルト・ゲーム第1話(4.27) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
『半沢直樹』『鉄の骨』『七つの会議』『花咲舞が黙ってない』の 池井戸潤原作だそうですが、原作未読 経営危機の中堅企業と弱小社会人野球チームが立ち直る姿を描くドラマ 今期一番期待していたドラマ。 細川社長@唐沢寿明率いる青島製作所が存続するには銀行の融資が必...
ルーズヴェルト・ゲーム 第1話 (ドラマハンティングP2G)
第1話「奇跡の大逆転劇!涙の勝負!!感動物語」 2014年4月27日 onair 東京郊外に社を構える年商500億円ほどの中堅精密機器メーカー・青島製作所。社内では毎週1回、恒例で各役員が連絡事項と共に実績と予測について報告する役員会が行われていたが、この日の役員会は緊...
ルーズヴェルト・ゲーム「奇跡の大逆転劇!涙の勝負!!感動物語」 (のほほん便り)
なんだか、キャスティングといい、音楽といい、盛り上げ方といい、思いっきり「『半沢直樹』の夢よ、もう1度!」を感じるツクリでしたが原作が同じ「企業小説でチャンバラ劇」の池井戸潤ですから、仕方なかもしれませんね。でも、スカッとさせてくれる痛快劇自体は大歓迎...
【 ルーズヴェルト・ゲーム 】第1話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
野球で一番面白いといわれてるスコア、知ってるか? いえ… やはり3対2とかそういう…? 8対7。 アメリカ大統領だったルーズヴェルトが言ったそうだ。 「8対7」これが一番だと。 互いに点を取り合うシーソーゲームもいいが、私は大量の点差を一挙に ひ...